「監修 意味」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

週末にちょい手間 “プチ贅沢”料理キットが人気
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 週末にちょい手間 “プチ贅沢”料理キットが人気  時短が「売り」のはずなのに、自宅であえて時間かけて手の込んだ料理を作るキットが人気となっています。  普段は家で作らないソーセージをあえて手作りするための料理キットです。スパイスに、ひき肉。これだけでできます。食材は少ないですが、出来上がりまで1時間かかります。まずは、ひき肉とスパイスに氷水を入れ、温度が上がらないように手早く混ぜるのがポイントになります。手早くかつ根気よくこねること5分。大変な作業は家族で分担しながら手作りを楽しむのがコンセプト。  続いては、ラップを使ってソーセージの形を作っていきます。空気が入らないようにびっちり巻くのがポイントになります。両端をゴムで留め、弱火で15分ゆでます。粗熱を取れば完成です。通常の料理キットは10分ほどですが、これは45分から1時間かかります。  手間を掛けるならレストランのような料理が作りたいという人には、シェフが監修したレシピ付きの料理キット。レシピに野菜、お肉が入っています。フレンチの土切祥正シェフ監修の2品を作ります。カモ肉のソテーは下処理から。パスタはトマトの湯むきから。手間を掛けていきます。もちろんソースも手作り。これがシェフのひと手間。盛り付けは手伝ってもらってきれいに完成。  半年前と比べて注文数は倍。現在、30人のシェフに監修してもらっているそうです。
第103話 禁断の鳥
美味しんぼ 第103話 禁断の鳥 まり子の父、仁木に鳥料理屋に招待された士郎と雄山。だが出された料理は禁鳥のツグミだった。知らずに手をつけた士郎に、雄山は激怒する。
第2話 士郎対父・雄山
美味しんぼ 第2話 士郎対父・雄山 山岡は超一流の美食家をうならせる程の料理通なのに「究極のメニュー」作りは一向に進展しない。その理由は希代の美食家のために家庭を崩壊させられていたから、その父とは・・・。
第3話 野菜の鮮度
美味しんぼ 第3話 野菜の鮮度 父雄山との対決に敗れた士郎は一念発起。「究極のメニュー」作りに真剣に取り組む。ゆう子と山岡は「とにかく新鮮!」をキャッチフレーズにオープンしたデパートを取材。ところがそこで扱われているものは・・・。
第4話 活きた魚
美味しんぼ 第4話 活きた魚 美食で名高い大月エレクトロン社長に招かれてご馳走になっている山岡とゆう子。社員の子供さとるは正直に「ちっとも美味しくない」と言う。怒る社長とさとるをかばう山岡。
第5話 そばツユの深味
美味しんぼ 第5話 そばツユの深味 日本そばの屋台を出した花川だが、うまいそばツユがどうしてもできない。そんな花川に士郎が助け船を・・・。一撤花川が心を開いて作ったツユでソバ通中松警部から営業許可証を取れるか。
第6話 幻の魚
美味しんぼ 第6話 幻の魚 刺身は鯖が一番と胸を張った士郎。雄山をはじめ、同席した他の人々にバカにされ、ゆう子も気が気ではない。彼が自信満々に推す葉山の鯖。その秘密は?雄山との対決に勝利できるか。
第7話 炭火の魔力
美味しんぼ 第7話 炭火の魔力 鯖の老舗「筏屋」も質より量重視でガス調理を。板前の金三だけがかたくなにガスで焼くことを拒んだが主人・木元は耳を貸さない。中松警部の協力で炭火調理の店を出した板前金三の心意気。
第8話 接待の妙
美味しんぼ 第8話 接待の妙 寄付集めを目的に企画された東西新聞社主催の会食会。大日石油社長成沢にごちそうし、大型寄付をもくろむが失敗。辰さんのデパート試食品巡りが思わぬ功を奏して一億円の寄付を受ける。
第9話 寿司の心
美味しんぼ 第9話 寿司の心 銀座で一番といわれる寿司屋・銀五郎。おごりたかぶって「ネタも一流、ご飯も一流」と自画自賛する店主を士郎はまずいと一蹴する。CTスキャンを使ってそのまずさを科学的に立証する。