「目黒 事故」の検索結果

「目黒 事故」に関する情報は見つかりませんでした。
「目黒」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第12話 目黒区中目黒ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き
無料
孤独のグルメ 第12話 目黒区中目黒ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き 井之頭五郎は新規の顧客、中目黒の古着屋さんを訪れると、想像していなかった少女のような店長さんが迎えた。そしていつものように腹が減り街を歩いていてふと気になった沖縄料理店をのぞくと、そこではイケメン店長が待っていた。
目黒女児虐待死事件 元義父に懲役18年を求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目黒女児虐待死事件 元義父に懲役18年を求刑  東京・目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5)を殴るなどして虐待したうえ、放置して死なせた罪などに問われた当時の義理の父親・船戸雄大被告(34)に対し、検察側は懲役18年を求刑しました。裁判は現在も続いています。
目黒区虐待死 船戸雄大被告が起訴内容を大筋認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目黒区虐待死 船戸雄大被告が起訴内容を大筋認める  東京・目黒区で去年3月、船戸結愛ちゃん(当時5)の顔を殴るなどの暴行を加えたうえで放置して死亡させた罪などで起訴された当時の義理の父親・船戸雄大被告(34)の裁判員裁判が始まり、被告は起訴内容を大筋で認めました。裁判は今も続いています。
目黒虐待死 母親側が控訴 あすから雄大被告の裁判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目黒虐待死 母親側が控訴 あすから雄大被告の裁判  判決を不服として母親側が控訴しました。  船戸優里被告(27)は東京・目黒区で娘の結愛ちゃん(当時5)を死なせた罪で起訴され、17日に東京地裁で懲役8年の判決を言い渡されました。弁護側は30日、この判決を不服として東京高裁に控訴したことを明らかにしました。来月1日からは事件当時、結愛ちゃんの義理の父親だった雄大被告(34)の裁判員裁判が始まります。雄大被告は、優里被告の連れ子だった結愛ちゃんに激しい暴行を加えて死なせた罪などで起訴されています。
雄大被告「自分のしつけは正しい」 目黒女児虐待死
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 雄大被告「自分のしつけは正しい」 目黒女児虐待死  東京・目黒区で船戸結愛ちゃんを虐待の末に死なせた罪で起訴された当時の義理の父親の裁判で、児童相談所の職員が「被告は自分のしつけは正しいと説明していた」と証言しました。  船戸雄大被告(34)は義理の娘の結愛ちゃんの顔面を数回、殴ったほか、衰弱状態にあったのを放置して死亡させた罪などに問われています。3日の裁判では以前に一家が住んでいた香川県の児童相談所の職員が出廷し、一時保護されている時の結愛ちゃんの生活態度について「トラブルもなく、困ったことはなかった」と話しました。そのうえで「雄大被告は『自分は正しいしつけをしている』と長々と説明していた」と証言しました。午後には結愛ちゃんの母親の優里被告への証人尋問が行われます。
ドアの隙間から…元カノの家に放火か 20歳の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ドアの隙間から…元カノの家に放火か 20歳の男逮捕  東京・目黒区で元交際相手の部屋に火を付けようとしたとして、20歳の男が逮捕されました。  目黒区のマンションの一室に火を付けたとして、3日に逮捕された浜砂慶次郎容疑者。火を付けられたのは浜砂容疑者の元交際相手の家でした。警視庁によりますと、事件当時、部屋の中には女性と知人の男性がいたといいます。そこへ浜砂容疑者が訪れて火を付けたとみられています。  浜砂容疑者は持っていた合鍵を使ってドアを開けました。ところが、内鍵が掛けられていたため、ドアを完全に開けることはできませんでした。小さな隙間からライターのオイル缶のようなものを投げ入れ、火を付けたとみられています。玄関に投げられた火はごみ袋に引火。女性が鍋で何度か水を掛けて消火したため、火事にはならなかったということです。部屋にいた2人にけがはありませんでした。浜砂容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。
第04話 千葉県浦安市の静岡おでん
孤独のグルメ 第04話 千葉県浦安市の静岡おでん 結婚式場の調度品の打合せのため新浦安駅に降り立った五郎は、ヤシの木に金髪美人の洗礼を受け一瞬デジャブ感覚に。そしてある女性のことを思い出し...。やがて、浦安でなぜか「静岡おでん」と出合うのだった。
東京五輪控え“爆発物”のネット販売に対策呼び掛け
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京五輪控え“爆発物”のネット販売に対策呼び掛け  来年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、警視庁はネット通販大手のアマゾンジャパンに対して爆発物の原料の取り締まりへの協力を呼び掛けました。  大会の開幕まで300日を切り、4日に警視庁はアマゾンジャパンとの講習会を開催しました。講習会では爆発物の原料となり得る化学物質を販売するアマゾンに対し、販売時の本人確認の徹底や不審な購入者への対応を呼び掛けました。国内では自宅で爆薬の製造をしたとして4月に都内の高校2年の少年が書類送検されていますが、その原料はインターネットで購入したとみられています。警視庁の目黒署の浜野和己署長は「テロを絶対に起こさせないために、警察・行政・民間事業者が力を合わせることが重要」と訴えました。
結愛ちゃん虐待死 雄大被告“チャート図”で指示か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 結愛ちゃん虐待死 雄大被告“チャート図”で指示か  東京・目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5)を虐待の末に死なせた罪に問われている当時の義理の父親の裁判で、被告がチャート図を作って結愛ちゃんに生活に関する指示をしていたことを検察側が指摘しました。  船戸雄大被告(34)は結愛ちゃんを殴るなどして死なせた罪などで起訴されています。2日の裁判では、結愛ちゃんの部屋から見つかった雄大被告の書いたメモなどがモニターに映されました。雄大被告は「結愛、一生懸命」「結愛、ごめんなさい」「結愛、うそ」などから始まる複数のチャート図を書いていて、結愛ちゃんに対して生活に関する詳細な指示をしていたとみられます。また、結愛ちゃんが「おねがい、ゆるしてください」などと書き残したメモなどもモニターに映され、雄大被告は頬を紅潮させ、しきりに瞬きをしながら見つめていました。
目黒女児虐待死 担当記者が解説 裁判で両被告が流した“涙の意味”
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 目黒女児虐待死 担当記者が解説 裁判で両被告が流した“涙の意味” ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
世田谷区、八王子市など8つの自治体に避難指示
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 世田谷区、八王子市など8つの自治体に避難指示  台風19号の影響で東京都では12日午後7時半時点で世田谷区の約2万5200世帯など、8つの自治体に避難指示が出されています。  午後7時半時点で避難指示が出されているのは、世田谷区の約2万5200世帯、日野市の約1万1700世帯、あきる野市の山田大橋下流付近、八王子市の約8万2000世帯、福生市の約3500世帯、大島町の126世帯、青梅市の土砂災害区域、昭島市の一部です。避難勧告は27の自治体に出されています。足立区と渋谷区の全域、北区、江戸川区、大田区、葛飾区、港区、江東区、目黒区、町田市、多摩市、調布市、小金井市、武蔵村山市、狛江市、昭島市、府中市、国分寺市、稲城市、日の出町、神津島村、利島村、三宅村、奥多摩町、檜原村、清瀬市、瑞穂町の一部区域です。都の防災ホームページや自治体のホームページなどで確認できます。避難所は各自治体で700カ所以上、開設されていて、都も一部の都立施設を開放しているということです。
結愛ちゃん虐待死 男「理想の子どもにするため」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 結愛ちゃん虐待死 男「理想の子どもにするため」  東京・目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5)を虐待の末に死なせた罪などで起訴された当時の義理の父親の裁判員裁判が始まり、被告は起訴内容を大筋で認めました。  (社会部・古賀康之記者報告)  船戸雄大被告(34)は逮捕時より痩せていて、終始うつむいた様子で話を聞いていました。雄大被告は義理の娘だった結愛ちゃんの顔を殴るなどの暴行を加えたうえで放置し、死亡させた罪などに問われています。1日の初公判で、雄大被告は「結愛さんの体に危険が及んだのを感じたのは3月1日ごろだったと思います。他は間違いありません」と大筋で起訴内容を認めました。検察側は冒頭陳述で「結愛ちゃんに水シャワーを浴びせたり食事制限をしたりしたほか、顔を何回も殴った」と指摘しました。一方、弁護側は「結愛ちゃんが過度に食事を取っていることに気付き、理想の子どもにするために食事制限をした」などと述べ、雄大被告は時折、涙を流していました。裁判は連日続く予定で、元妻で結愛ちゃんの母親の優里被告への証人尋問も行われます。
「悪質、自己保身」懲役18年求刑 結愛ちゃん事件
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「悪質、自己保身」懲役18年求刑 結愛ちゃん事件  東京・目黒区で船戸結愛ちゃんを虐待の末に死なせた罪などに問われている当時の義理の父親の裁判で、検察側は懲役18年を求刑しました。東京地裁前から報告です。  (社会部・古賀康之記者報告)  船戸雄大被告は検察官が求刑について述べても表情を変えることなく、下をうつむいたまま聞いていました。検察側は論告で「5歳の女児に苛烈(かれつ)な虐待をし、逃げ場のない被害者をいじめ抜いた」「保護が必要になっても何もしなかったことはこのうえなく悪質だ」と指摘しました。そのうえで、病院に連れていかなかったことについては「事実に直面することからの逃げで、自己保身だ」などと述べ、懲役18年を求刑しました。一方、弁護側は「保護しなかった期間や態様がどうだったか考えると最も重い部類と言えるかはちゅうちょがある」などとして、懲役9年が相当と主張しました。雄大被告は最後に証言台に立ち、「本当に本当に申し訳ございませんでした」と泣きながら話し、裁判はすべての審理を終えました。判決は15日に言い渡される予定です。
結愛ちゃん虐待死で元義父の初公判 詳細明らかに
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 結愛ちゃん虐待死で元義父の初公判 詳細明らかに  東京・目黒区で船戸結愛ちゃんが虐待死した事件で当時の義理の父親の初公判が開かれ、1日午後に終わりました。東京地裁前から報告です。  (社会部・古賀康之記者報告)  船戸雄大被告(34)は逮捕時より痩せて頬はこけ、1日は終始、憔悴(しょうすい)している様子でした。裁判で弁護側は「雄大被告は結愛ちゃんを理想の子どもにしようと思っていた。彼のエゴに基づくものであるが、邪魔になったから虐待をしたわけではない」と主張しました。一方、検察側は優里被告の裁判と同様に虐待の状況について詳しく説明しました。そのなかで、亡くなる2カ月ほど前には16キロ余りあった体重が雄大被告による食事制限によって逮捕時には12.2キロだったことが明らかになりました。また、「結愛ちゃんが嘔吐(おうと)を繰り返しているにもかかわらず、虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かなかった」と事件の悲惨さを指摘しました。今後の裁判では元妻で結愛ちゃんの母親である優里被告の証人尋問が行われます。そのなかで雄大被告が結愛ちゃんにどのように向き合っていたのか証言するものとみられます。
結愛ちゃん虐待死 船戸雄大被告「怒りが爆発した」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 結愛ちゃん虐待死 船戸雄大被告「怒りが爆発した」  東京・目黒区で船戸結愛ちゃんを虐待の末に死なせた事件で、起訴された当時の義理の父親が結愛ちゃんへの暴行について「手加減しなかった」などと証言しました。東京地裁前から報告です。  (社会部・古賀康之記者報告)  被告人質問に臨んだ船戸雄大被告は取り乱すことはなく、少し早口で言葉を選ぶように質問に答えていました。弁護側の質問で雄大被告は「東京に引っ越して1週間後くらいに、結愛がたくさんご飯を食べていたり勉強をしていなかったことがきっかけで怒りが爆発した」と述べました。そして、去年2月の結愛ちゃんへの傷害事件については「時計の勉強を1人でやるように命令したら結愛が寝ていて、本人に怒った口調で問い詰めた」と話したうえで、「風呂場に連れて行き、シャワーで顔に冷水を掛けた。結愛は苦しそうで嫌がっていた」「殴ったのは全力というわけではないが、手加減はしなかったと思う」と話しました。そして、「翌日、顔が青く腫れていたが、病院に連れて行かなかったのは虐待の発覚を恐れた保身だったと思います」としました。被告人質問は今も続いていて、4日夕方まで行われる予定です。