「相棒 映画」の検索結果

今すぐ視聴する

第10話「最後の灯り」
相棒 season1 第10話「最後の灯り」 映画監督の仲瀬古(鈴木瑞穂)が、美和子(鈴木砂羽)とのインタビュー中に急死した。10秒ほど停電で部屋が真っ暗になっている間に息を引き取ったらしいが、鑑識の調べによると死因は窒息死。部屋には美和子のほか、スクリプターの玲子(銀粉蝶)しかいなかった。 過去の事件から窒息死と感電死がよく間違われるという事実をつかんだ右京(水谷豊)は、薫(寺脇康文)とともに改めて現場を捜査。仲瀬古が部屋では靴を脱いで電気カーペットの上にいたことを知る。
第11話「共演者」
相棒 season14 第11話「共演者」 富士の裾野で映画の撮影が行われている最中、主演女優・桜庭かなえ(高橋かおり)の姉でマネージャーをしている恵子(白土直子)の遺体が、別荘で発見された。所轄署が容疑者として目を付けたのが、恵子に復縁を迫っていたという元夫。担当の弁護士と旧知の仲の亘(反町隆史)は、力を貸してほしいと頼まれ、右京(水谷豊)に相談する。事件に興味を持った右京は、亘と共にかなえの映画撮影現場へ。そこでは、かなえとベテラン女優の桐島万里子(多岐川裕美)が、周囲の目も気にせずいがみ合っていた。
第19話 思い出の渚 オーディションは危険がいっぱい
シティーハンター 第19話 思い出の渚 オーディションは危険がいっぱい 映画の主演女優を選ぶ公開オーディションに中止を要求する脅迫状が届いた。リョウは、大勢の美女の護衛とあって喜んで依頼を受ける。参加者の一人悦子は、実はこの映画の監督の娘で、かつて悦子の亡くなった母と彼は、恋に落ち仲を引き裂かれていた。悦子は娘だと分からなくてもいい、一目見てもらいたいと思い……。
第6話 恋しない女優 希望へのラストショット
シティーハンター 第6話 恋しない女優 希望へのラストショット リョウのパートナーとなった香が初めて受けた依頼は、人気女優・由美子の護衛。主演映画の撮影中、由美子は次々と不審な事故に遭っていた。何者かに命を狙われているのだ。だが、由美子を狙っていた殺し屋はリョウの知り合いの海坊主だった。しかも雇い主は由美子自身で……。
第25話 ヴェニス・オブ・ザ・デッド
ルパン三世 PART4 第25話 ヴェニス・オブ・ザ・デッド ルパンの妻レベッカが離婚届のサインを書こうとした時、それは起こった。ゾンビ達が襲いかかってきたのだ。TVニュースではゾンビの感染がイタリア全土に広がっていると警告する。ゾンビから必至で逃げるルパン達。だが、どこからともなく「カット!」という声が響きわたる。レベッカはリアリティを追求したゾンビ映画を撮影するためにルパン達を騙していたのだ。恥をかかされたルパンは撮影されたフィルムを盗もうとするが…!?

おすすめの作品

第2話「或る相棒の死」
相棒 season14 第2話「或る相棒の死」 首席監察官の大河内(神保悟志)が、峯秋(石坂浩二)を通じて、右京(水谷豊)に亘(反町隆史)の様子を問い合わせてきた。亘は最近、ある組織について調べているようなのだが、知っていることがあったら教えてほしいという。その場では亘を「単なる同居人」とそっけなく答えた右京だが、秘密裏に動いている彼の動向には興味をひかれたようで、周辺を調べ始める。
第6話「はつ恋」
相棒 season14 第6話「はつ恋」 倉庫ビルの敷地で、転落死したと見られる男性の遺体が発見された。死亡していたのは、山本(内浦純一)という気鋭のジャンクアーティストで、腹部には刺された傷が残っていた。右京(水谷豊)は、かねてから注目していた芸術家の不審死ということもあって、亘(反町隆史)と共に捜査に乗り出す。
第15話「警察嫌い」
相棒 season14 第15話「警察嫌い」 マンションの一室で女子大生・色川真子(澄音)が絞殺される事件が発生。真子は、広域暴力団の組長・伊縫(上杉祥三)が愛人に産ませた娘で、伊縫は組対五課の角田(山西惇)から情報を引き出そうとするなど、不穏な動きを見せる。一方、事件に興味を持った亘(反町隆史)は、強引なやり方で右京(水谷豊)を捜査に引っ張り出す。亘と共に現場にやってきた右京は、向いのマンションから男性が現場を注視しているのに気づく。
第3話「死に神」
相棒 season14 第3話「死に神」 山中の別荘で服毒死とみられる女性の遺体が発見された。 証拠品の返却のため、別荘の前を偶然車で通りかかった右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、さっそく現場検証に立ち会うことに。別荘の持ち主は、IT関連企業の社長・雨宮(葛山信吾)で、死亡した女性・美由紀(中島亜梨沙)と少し前まで交際していたという。右京が気になったのは、女性の手に残っていた観葉植物の葉と土、そして現場付近で見かけた“中村ケミカル工業”という会社名の入った不審な車だった。
第13話「伊丹刑事の失職」
相棒 season14 第13話「伊丹刑事の失職」 1か月前、伊丹(川原和久)が自殺として処理した女性の転落死が、『実は殺人だった』と告白する犯人の手記が新聞にスクープされた。そこには、犯行動機や偽装の経緯、さらには犯人しか知りえない情報も書かれていた。責任を問われた伊丹は、新聞社に手記の現物提出を要求するも拒否されてしまい、はずみで柏田編集長(野仲イサオ)を突き飛ばしてしまう。そのころ、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、被害者の女性が半年前まで勤めていた旅行会社を訪れていた。
第18話「神隠しの山」
相棒 season14 第18話「神隠しの山」 数千万円の宝石を盗み、警察官の拳銃を強奪して逃げている指名手配犯が、3年ぶりに姿を現した。都内の質屋に宝石の換金で現れ、通報されると拳銃を発砲して夕霧岳という山に逃げ込んだという。そこは“神隠しの山”と呼ばれ、複数の行方不明者が出ているいわく付きの場所だった。捜査一課と共に山狩りに駆り出された右京(水谷豊)は、山中で弾痕らしきものを発見して一人周辺を捜索。しかし、足元の岩場が崩れ、崖下に転落してしまう...。
第4話「ファンタスマゴリ」
相棒 season14 第4話「ファンタスマゴリ」 ある日、右京(水谷豊)は、捜査二課時代の上司で現在は金融コンサルタントをしている片野坂(岩松了)と再会する。裏社会の人間も顧客にしている人物のため、右京はかかわりあいを避けようとするが、片野坂は思わぬ話を切り出してくる。20年前、右京と片野坂は、当時君臨していた日本の政財界とつながりがあり、フィクサーとも呼ばれていた黒幕・譜久村(織本順吉)を逮捕しようと動いていた。しかし、唯一の手掛かりだった証券会社の男が自殺し、真実は闇に消えた。それから20年後の今、片野坂は自殺した男の娘・愛(伊藤久美子)と偶然再会したと語る。
第9話「秘密の家」
相棒 season14 第9話「秘密の家」 組対五課の応援に駆り出された右京(水谷豊)と、見学ということで同行した亘(反町隆史)は、現場の廃工場で、小さな子供が描いたと思われる母親の似顔絵を見つける。そこは子供が立ち入るような場所ではなかったため、気になった右京は、落し物を届けるという名目で、絵を描いた子供・ひなた(須田理央)の家を訪れる。応対に出た母親・志乃(新妻聖子)とのやり取りから、絵が廃工場で見つかった経緯に疑問を感じた右京は、母娘の周囲をさらに捜査。すると、かつてひなたが誘拐され、廃工場に監禁されていた可能性が浮上してくる。
第14話「スポットライト」
相棒 season14 第14話「スポットライト」 都内の駐車場で、蘭の栽培を手掛ける会社の経営者・式田芳彦(木川淳一)が、遺体で発見された。夫の芳彦とは別の会社を経営している妻のリオ(小林麻子)によると、芳彦とはもう何年も別居状態で、芳彦は4年ほど前から内縁の妻の志桜里(荻野友里)と暮らしているという。米沢(六角精児)から連絡を受けて捜査を始めた右京(水谷豊)は、殺害現場付近の痕跡から漫才コンビがそこを練習場所にしていたことを見抜き、亘(反町隆史)と共にライブ会場に聞き込みに向かう。
『悪魔のいけにえ』映画紹介
無料
映画好きが集まる!真夜中の映画祭 『悪魔のいけにえ』映画紹介 実は観てないって言いづらい...常識ホラー映画特集の『悪魔のいけにえ』の映画紹介です。