「相棒 14 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第14話 16歳結婚宣言! アイドルに熱いキッス
シティーハンター 第14話 16歳結婚宣言! アイドルに熱いキッス 大人気アイドル・松村渚が脅迫され、リョウに依頼が舞い込む。ボディーガードを引き受けたリョウに恋をした渚は、犯人を誘い出すためのリョウの嘘の告白を真に受け、メリケンサックを婚約指輪と勘違いして有頂天になる。それを盗聴した犯人は、渚がリョウと結婚すると信じ込み……。
第49話 迷えるシスター もっこりは愛のお導き!?
シティーハンター 第49話 迷えるシスター もっこりは愛のお導き!? 神に一生を捧げる誓いの日を前に、心残りのないようにと夜遊びするシスター・京子。ところが、酔った京子は大切なロザリオをどこかに落としてしまう。それを捜して欲しいと依頼されたリョウたちは、前夜の京子の行動をなぞってみるが、なかなか発見できず……。
第48話 春よこい恋未亡人! さぁ喪服をぬいで…
シティーハンター 第48話 春よこい恋未亡人! さぁ喪服をぬいで… 未亡人・真澄の護衛を、執事の工藤に依頼されるリョウ。亡き夫で美術品収集家のピエールを忘れられず、日々悲しみに暮れる真澄の屋敷には、最近何度も泥棒が入っているという。犯人は悪名高いダイヤ窃盗犯だった。彼が狙っていたのは、ピエールの美術品に隠されたダイヤで……。
第50話 史上最強の敵!! リョウと香のラストマッチ(前編)
シティーハンター 第50話 史上最強の敵!! リョウと香のラストマッチ(前編) 槇村が追っていた犯罪組織・ロードスマフィア。彼らの麻薬取引の会場である仮面舞踏会に、冴子たちと共に乗り込むリョウと香。しかし、冴子たちがマフィアの殺し屋三兄妹に捕らわれ、リョウも窮地に陥る。海坊主に救われるリョウだが、今度は香が三兄弟に連れ去られてしまい……。
第51話 史上最強の敵!! リョウと香のラストマッチ(後編)
シティーハンター 第51話 史上最強の敵!! リョウと香のラストマッチ(後編) マフィアの貨物船に監禁された香を奪還すべく、単身乗り込んでいくリョウ。待ち構えていたロードスマフィアの殺し屋たち。駆けつけた海坊主の加勢を受けて敵を圧倒するリョウだが、爆弾がセットされた船内に閉じ込められてしまう。リョウは香を救い、この危機を脱出できるのか!?
第14話 愛はお金を越えるか? モッコリ対貯金娘
シティーハンター2 第14話 愛はお金を越えるか? モッコリ対貯金娘 かつて恋人が自分を捨て金持ちの娘を選んで以来、愛よりも金儲けに生きる女子大生・翔子。その彼女をナンパしたリョウは、バイトの手伝いをさせられる羽目になる。一方、彼女のしっかりした性格に目をつけた早乙女組の組長は、翔子を口説いた者に組の跡を継がせると言い、凄腕のスケコマシ、サブ・トム・諭之吉の三人は次々と彼女に近づくのだが……。
Episode13 九校戦Ⅵ
魔法科高校の劣等生 Episode13 九校戦Ⅵ 達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。雫を登録するよう勧める。一方、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大な戦果をもたらしている謎のエンジニアに警戒を強め……。

おすすめの作品

第14話「いわんや悪人をや(後篇)」
相棒 season16 第14話「いわんや悪人をや(後篇)」 片山雛子(木村佳乃)が、瀬戸内米蔵(津川雅彦)の寺で得度式を行い出家した。いっぽう、公安調査庁の職員が白骨遺体で発見された事件について、第一発見者である常盤(矢野聖人)を調べていた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、彼が3年前にアメリカに滞在していたという情報を掴む。3年前といえば、美彌子(仲間由紀恵)との関係が疑われた元ロシア人スパイ・ヤロポロクがアメリカに亡命した時期とかぶる。亘は、常盤がアメリカにいるヤロポロクの手紙を中継して、美彌子に白骨遺体の身元を知らせたのではないかと推理するが、右京はまったく別の可能性を考えていた。
第9話「刑事一人」
相棒 season17 第9話「刑事一人」 サルウィン共和国から働きに来ていた外国人青年が変死体で発見される事件が発生。同じ飲食店で働いていた青年の姉によると、最近、外国人を狙った襲撃事件が相次いでいるという。しかし、なぜか警視庁は手を引き、捜査は所轄だけで行われることに。その方針に不満を持った伊丹(川原和久)は、単独で捜査を開始。それを心配した芹沢(山中崇史)の頼みで、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も動き始める。サルウィンといえば、かつて特命係に在籍した“初代相棒”の渡航先だが、政情は相変わらず不安定なようで、襲撃を受けた被害者の中には所在不明の者もいて、捜査は難航する。
第17話「倫敦からの刺客」
相棒 season17 第17話「倫敦からの刺客」 元スコットランドヤードの警部で右京(水谷豊)のイギリス時代の相棒・南井(伊武雅刀)。右京は、南井が歪んだ正義感から、更正不能と見なした犯罪者を死に追いやっているとの疑いを持つが、決定的な証拠をあげられず、1年前の来日時にはイギリスへの帰国を許したのだった。その南井が、ロンドンで再び不穏な動きを見せていた。 数日後、都内で同じ犯人によるものとみられる連続殺人事件が発生。捜査一課は無差別殺人とみていたが、右京と亘(反町隆史)は、すべての殺人に共通して、死の直前、不審な電話が掛かっていたことから、被害者に何か共通点があるのではないかと推理し捜査を開始。そんな中、花の里でツアーガイドの立入(池内万作)とロンドンから来たという外国人観光客のジャック・モラン(ニコラス・ペタス)と偶然知り合う。
第1話「ボディ」
相棒 season17 第1話「ボディ」 国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す算段を進めていたので、それを阻止するためだったという。冨貴江は、自身の社会的立場を守るため、鋼太郎に促されるまま事件の隠蔽を手伝うことに。
第2話「ボディ~二重の罠」
相棒 season17 第2話「ボディ~二重の罠」 右京(水谷豊)が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘(反町隆史)と共に捜査を続行。鋼太郎(利重剛)がいまだ手放せないでいる鐵太郎(中田博久)の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥(谷村美月)ら鬼束家の面々に心理的な圧力を掛けていく。
第3話「辞書の神様」
相棒 season17 第3話「辞書の神様」 『千言万辞』という辞書を担当する編集者の男性が、メッタ刺しの遺体で発見された。個性的な語釈から、読み物として『千言万辞』を愛読している右京(水谷豊)は、事件に興味を持ち、亘(反町隆史)と共に独自の捜査を開始。版元の出版社で聞き込みをすると、辞書の原稿は元大学教授の大鷹(森本レオ)という人物が一人で手掛けているのだが、殺された編集者と折り合いが悪く、大鷹をサポートしている国島(森田順平)という大学教授に主幹を切り替える話が持ち上がっていたという。
第4話「バクハン」
相棒 season17 第4話「バクハン」 組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、広域指定暴力団・武輝会の資金源に大ダメージを与えた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も摘発に駆り出されたのだが、右京はその際、摘発を逃れた店があったことに気づき、源馬が裏で手引きしているのではないかと疑う。組対五課の角田(山西惇)は、戦友のような源馬をかばい、手を引くよう釘を刺すが、右京は捜査を続ける。
第6話「ブラックパールの女」
相棒 season17 第6話「ブラックパールの女」 ある日、右京(水谷豊)は、弁護士の連城(松尾諭)から突然、奇妙な依頼を受ける。顧問弁護士を務めている出版社が、連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子(西田尚美)に、名誉毀損で訴えられているのだが、和解の条件として「有能な刑事と話がしたい」と不可解な要求をしてきたという。小夜子は、真珠養殖詐欺を行い、返金を迫った被害者を自殺や事故に見せかけて殺害した疑いを掛けられている人物。亘(反町隆史)と共に面会に出向いた右京は、小夜子から気になる話を聞く。
第7話「うさぎとかめ」
相棒 season17 第7話「うさぎとかめ」 ある朝、オフィス街でリクガメを見掛けた右京(水谷豊)が、後をついていくと、公園のテントで血を流して意識を失ったホームレス男性(山中崇)を発見。彼のペットと思われるカメを保護した右京は、亘(反町隆史)とともに襲撃事件の背景を調べ始める。手掛かりは、テントにあった新聞。調べると、新聞は水曜日に発行されたものばかりで、そこには男性が『詠み人知らず』という筆名で投稿した短歌が、何度も掲載されていたことが分かる。
第12話「怖い家」
相棒 season17 第12話「怖い家」 中園参事官(小野了)が、霊感があるという妻に尻を叩かれ、特命係に奇妙な依頼を持ち込んできた。聞けば、依頼主は中園の妻の知人らしく、引越し先の家で次々に不可解な現象に見舞われているため、原因を突き止めてほしいという。心霊関係が苦手な亘(反町隆史)は難色を示すが、以前から幽霊の存在に興味がある右京(水谷豊)は大乗り気。問題の家を調べ始める。心霊現象を訴えているのは、宮川厚子(南野陽子)という主婦で、2か月前に引っ越してきたその家は、夫の亡くなった義父母のものだったという。