「相棒 4話」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話「バクハン」
相棒 season17 第4話「バクハン」 組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、広域指定暴力団・武輝会の資金源に大ダメージを与えた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も摘発に駆り出されたのだが、右京はその際、摘発を逃れた店があったことに気づき、源馬が裏で手引きしているのではないかと疑う。組対五課の角田(山西惇)は、戦友のような源馬をかばい、手を引くよう釘を刺すが、右京は捜査を続ける。
第14話「そして妻が消えた」
相棒 season17 第14話「そして妻が消えた」 ある夜、亘(反町隆史)は学生時代から懇意にしている犯罪心理学のコメンテーター・坂崎(宮川一朗太)から連絡を受ける。突然、妻の絵美子(東風万智子)が姿を消してしまったという。亘が右京(水谷豊)と共に坂崎家を訪れると、現場には絵美子のものと見られる血痕と何者かが侵入した形跡が残されていた。坂崎から事情を聞くと、絵美子は元人気キャスターで、最近ストーカーにつきまとわれていたらしい。 ところが、その直後、ストーカーから送られてきたとされるメールが、坂崎のパソコンから発信されていたことや、坂崎が絵美子にDVをしていたことを示唆するSNSのやり取りが発見される。
第4話 狙われた香!! 愛の言葉はさようなら(後編)
シティーハンター2 第4話 狙われた香!! 愛の言葉はさようなら(後編) リョウにパートナー失格と宣告された香は、海坊主のアジトに身を寄せる。一方、冴子に呼び出されたリョウは、香が盗み聞きしているのを知り、追い討ちのようにキツい言葉を放つ。だが香が立ち去ったあと、彼は言葉とは裏腹の本心を冴子に打ち明けるのだった。リョウの言葉に刺激された香は、埋立地に銀狐を呼び出し勝負を挑む。香vs銀狐、その結末とは……。
第14話 愛はお金を越えるか? モッコリ対貯金娘
シティーハンター2 第14話 愛はお金を越えるか? モッコリ対貯金娘 かつて恋人が自分を捨て金持ちの娘を選んで以来、愛よりも金儲けに生きる女子大生・翔子。その彼女をナンパしたリョウは、バイトの手伝いをさせられる羽目になる。一方、彼女のしっかりした性格に目をつけた早乙女組の組長は、翔子を口説いた者に組の跡を継がせると言い、凄腕のスケコマシ、サブ・トム・諭之吉の三人は次々と彼女に近づくのだが……。
第24話 必殺 桃色吐息!? 大都会くの一進出物語
シティーハンター2 第24話 必殺 桃色吐息!? 大都会くの一進出物語 13代目服部半蔵・般若のかえでからリョウへの果たし状が伝言板に張り出された。忍者の世界の復興を願うかえでは、手下の赤猿・青猿・白猿とともにリョウと対決し、裏の世界トップの座を奪おうと考えたのだ。ところがリョウは全く取り合わず、業を煮やしたかえでらは忍法を駆使してリョウに挑んでいく。忍者対シティーハンター、勝利の女神が微笑むのは……?
第34話 モッコリ契約成立! リョウと不良娘の珍道中(後編)
シティーハンター2 第34話 モッコリ契約成立! リョウと不良娘の珍道中(後編) 海坊主に捕まったリョウとさくらは、マフィアの幹部・江上の元へ連れて行かれる。だが、マフィアの一味を倒してさくらとともに難なく脱出するリョウ。さらに海坊主にも訣別され怒った江上たちはひろみを誘拐。助けようとしたさくらも、偽札の原版と共に彼らの手に落ちてしまう。リョウと海坊主は一転して手を組み、マフィアのアジトへと乗り込んで行くが……。
第44話 リョウは恋泥棒! 魔鏡に秘めた愛の行方(後編)
シティーハンター2 第44話 リョウは恋泥棒! 魔鏡に秘めた愛の行方(後編) 勝負の課題は、やよいが持っているのと同じ古い鏡を、ある家から盗み出すこと。かすみは泥棒に慣れないリョウに加勢するが、得意の催眠術を使う崇史に出し抜かれてしまう。しかしリョウは一向に慌てる様子もなく、かすみを先に帰らせる。遅れて戻ったリョウが語り始めたのは、誰も知らなかった鏡の秘密だった。それはやよいだけが知る、切ない恋の物語で……。
第54話 17歳のプロポーズ 疑惑のデートパニック(前編)
シティーハンター2 第54話 17歳のプロポーズ 疑惑のデートパニック(前編) 依頼人の老人・武田の依頼は、女子高生の孫娘・季美子につきまとう求婚者たちを追い払うこと。生意気な季美子に辟易しつつも、婚約者を装って彼女を守るリョウは、季美子の父親のことを一切語ろうとしない武田老人の様子を怪しむ。実は季美子の生い立ちには、本人も知らない秘密が隠されていたのだった。次々と現れる求婚者もそれが原因のようで……。

おすすめの作品

第15話 死ぬな!海坊主!! 愛と復讐のマグナム(前編)
シティーハンター2 第15話 死ぬな!海坊主!! 愛と復讐のマグナム(前編) リョウに18歳の金髪美女・キャサリンの観光案内を依頼する海坊主。実はキャサリンは、海坊主を父の仇と憎み、命を狙っていた。だが彼女の父を殺したのは、組織のボスであるダンディ・ジャックだった。キャサリンはジャックに騙され、父の元相棒・海坊主を狙うようしむけられていたのだ。海坊主のアジトで睨みあう二人を、ジャックのロケット砲が襲う!!
第31話 さらば友よ…心にひびく最期の銃声(前編)
シティーハンター2 第31話 さらば友よ…心にひびく最期の銃声(前編) かつての相棒で、米国一のスイーパー・ロバートと再会するリョウ。二人はゲリラとの和平会談のため秘密裏に来日中のフェリダン王国の王女・アンジェラを、協力して護衛することになる。会談妨害のため王女の命を狙う暗殺グループが迫り、彼らはアンジェラ王女と共にホテルに身を隠す。そして会談当日、王女たちは会場の山荘に向かうが、そこには……。
第9話「刑事一人」
相棒 season17 第9話「刑事一人」 サルウィン共和国から働きに来ていた外国人青年が変死体で発見される事件が発生。同じ飲食店で働いていた青年の姉によると、最近、外国人を狙った襲撃事件が相次いでいるという。しかし、なぜか警視庁は手を引き、捜査は所轄だけで行われることに。その方針に不満を持った伊丹(川原和久)は、単独で捜査を開始。それを心配した芹沢(山中崇史)の頼みで、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も動き始める。サルウィンといえば、かつて特命係に在籍した“初代相棒”の渡航先だが、政情は相変わらず不安定なようで、襲撃を受けた被害者の中には所在不明の者もいて、捜査は難航する。
第61話 グッドラック マイ スイーパー 二人のシティストリート(前編)
シティーハンター2 第61話 グッドラック マイ スイーパー 二人のシティストリート(前編) 世間が注目する美人モデルの正体は、リョウのかつての相棒ブラッディー・マリィーだった。リョウたちの前に現れたマリィーは、香の知らない、リョウの秘められた過去を語る。リョウが自身の誕生日も知らないと知って、何も聞かされていなかった自分はリョウに信頼されていないのではと悩む香。落ち込む香に、海坊主はリョウとマリィーのもう一つの事実を明かすのだが……。
第17話「倫敦からの刺客」
相棒 season17 第17話「倫敦からの刺客」 元スコットランドヤードの警部で右京(水谷豊)のイギリス時代の相棒・南井(伊武雅刀)。右京は、南井が歪んだ正義感から、更正不能と見なした犯罪者を死に追いやっているとの疑いを持つが、決定的な証拠をあげられず、1年前の来日時にはイギリスへの帰国を許したのだった。その南井が、ロンドンで再び不穏な動きを見せていた。 数日後、都内で同じ犯人によるものとみられる連続殺人事件が発生。捜査一課は無差別殺人とみていたが、右京と亘(反町隆史)は、すべての殺人に共通して、死の直前、不審な電話が掛かっていたことから、被害者に何か共通点があるのではないかと推理し捜査を開始。そんな中、花の里でツアーガイドの立入(池内万作)とロンドンから来たという外国人観光客のジャック・モラン(ニコラス・ペタス)と偶然知り合う。
第12話「青木年男の受難」
無料
相棒 第12話「青木年男の受難」 【毎週水曜 よる9時00分放送】 サイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が、青木(浅利陽介)に頼まれたと言って、右京(水谷豊)に本を返しに来た。貸した覚えのない右京は事情を探ると、青木が無断欠勤している上、外部から警視庁のデータベースにアクセスしていることが判明。昨年、神田北署の管轄で起きた事件を調べていることが分かる。不穏な空気を感じ取った右京と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(片桐竜次)に青木が拉致された可能性を報告。捜査一課の伊丹(川原和久)、芹沢(山中崇史)も加わり、内密な青木の捜索が開始される。
#1 「蒼の少女」
GRANBLUE FANTASY The Animation #1 「蒼の少女」 閉ざされた島「ザンクティンゼル」で生まれた少年・グラン。 彼は大いなる空へ飛び立つ夢を抱き、相棒のビィを連れて日々鍛錬に励んでいた。 そんなグラン達が暮らす平穏な島に、突如響き渡る轟音。 音の方向を見上げた彼らは、空に浮かぶ軍艦の姿とそこから落ちる光を目撃する。 光の落ちた方向を目指し、立ち入りが禁じられている森を進むグランとビィ。 そこで彼らは、蒼い髪の不思議な少女と出会う。 少女の名はルリア。 彼女はとある事情で、軍事国家・エルステ帝国から追われる身となっていた。 ルリアを守るため帝国に反旗を翻した騎士・カタリナとも合流し、グランはふたりを島から逃がすため、手助けを買って出る。
第1話「ボディ」
相棒 season17 第1話「ボディ」 国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す算段を進めていたので、それを阻止するためだったという。冨貴江は、自身の社会的立場を守るため、鋼太郎に促されるまま事件の隠蔽を手伝うことに。
第2話「ボディ~二重の罠」
相棒 season17 第2話「ボディ~二重の罠」 右京(水谷豊)が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘(反町隆史)と共に捜査を続行。鋼太郎(利重剛)がいまだ手放せないでいる鐵太郎(中田博久)の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥(谷村美月)ら鬼束家の面々に心理的な圧力を掛けていく。
第3話「辞書の神様」
相棒 season17 第3話「辞書の神様」 『千言万辞』という辞書を担当する編集者の男性が、メッタ刺しの遺体で発見された。個性的な語釈から、読み物として『千言万辞』を愛読している右京(水谷豊)は、事件に興味を持ち、亘(反町隆史)と共に独自の捜査を開始。版元の出版社で聞き込みをすると、辞書の原稿は元大学教授の大鷹(森本レオ)という人物が一人で手掛けているのだが、殺された編集者と折り合いが悪く、大鷹をサポートしている国島(森田順平)という大学教授に主幹を切り替える話が持ち上がっていたという。