「石川由依 アプリ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

映像ラストに延長戦も!【緒方恵美×内田彩】 #47 石川由依がゲストに登場!
声優と夜あそび 映像ラストに延長戦も!【緒方恵美×内田彩】 #47 石川由依がゲストに登場! 【ビデオ限定】映像ラストで「声優と夜あそび 延長戦」としてMC2名のアフタートークもお楽しみいただけます。【この番組は放送後1週間、Abemaビデオで何回でも無料見逃し視聴が可能!】【月曜日は、緒方恵美×内田彩】業界初・声優レギュラー番組を毎日生放送!人気声優が2名ずつ、曜日ごとにMCを担当。平日毎日、夜10時より90分の生放送でお届けします。 <出演キャスト> 月曜日:緒方恵美×内田彩 火曜日:小野友樹×大坪由佳 水曜日:五十嵐裕美×三上枝織 木曜日:浪川大輔×谷山紀章 金曜日:関智一×木村昴
#06 少女が見た世界 ~トロスト区攻防戦②~
進撃の巨人 #06 少女が見た世界 ~トロスト区攻防戦②~ トーマス、ナック、ミリウス、ミーナ、エレン……巨人の前に次々に斃れていく34班の仲間たち。一人生き残ったアルミンは救助に訪れたコニーに声をかけられるが、あまりの出来事に現実を受け入れられないでいた。エレンとは別の部隊で巨人と戦っていたミカサは、エレンと出会ったときのことを回想する。
#07 小さな刃 ~トロスト区攻防戦③~
進撃の巨人 #07 小さな刃 ~トロスト区攻防戦③~ 一時撤退の鐘が鳴ったものの、立体機動装置用のガスが尽きかけているため、壁を登れないジャン、コニー、アルミンたち訓練兵。そこにミカサが追いつき、補給部隊が籠城した駐屯兵団本部に向かうことを提案する。しかしそこには多数の巨人たちが群がっていた。先陣を切って本部奪還に向かうミカサだが……。
#09 左腕の行方 ~トロスト区攻防戦⑤~
進撃の巨人 #09 左腕の行方 ~トロスト区攻防戦⑤~ トロスト区全域で繰り広げられた人類と巨人との死闘。アルミンの目の前で巨人の餌食となったエレンだったが、自ら巨人となりミカサたちの窮地を救った。しかしにわかには信じ難いキッツ率いる駐屯兵団はエレンたちに武器を向ける。キッツから「貴様の正体は何だ? 人か巨人か?」と問われたエレンは……。
#10 応える ~トロスト区攻防戦⑥~
進撃の巨人 #10 応える ~トロスト区攻防戦⑥~ 巨人が人に化けている──恐怖が伝染した戦場では、エレンやアルミンがどんな申し開きをしようと、誰も聞く耳を持つ者はなかった。エレン達にむかって放たれる砲弾。その刹那、エレンは上半身を巨人化させ、ミカサとアルミンを守ることに成功した。蒸気とともに消えゆく巨人の骨格のなかで、エレンが選択するのは……!?
#14 まだ目を見れない ~反撃前夜①~
進撃の巨人 #14 まだ目を見れない ~反撃前夜①~ 巨人となったエレンに対する民衆の反応は様々だった。壁のより内側に住む者ほど、破滅に導く悪魔と恐れ、より外側に住む者ほど希望へと導く救世主と呼んだ。中央政府はエレンを憲兵団と調査兵団、どちらに引き渡すかの審議にかける。それぞれの兵団の思惑が交錯するなか、エレンの審議が始まる。
#15 特別作戦班 ~反撃前夜②~
進撃の巨人 #15 特別作戦班 ~反撃前夜②~ 審議の結果、調査兵団特別作戦班・通称「リヴァイ班」に所属することになったエレン。調査兵団のなかでも精鋭が集うリヴァイ班はひと癖もふた癖もある個性的な団員で構成されていた。30日後の大規模な壁外遠征を控え、エレンはトロスト区掃討戦の際に捕えた巨人の実験内容をハンジから聞くのだった。
#17 女型の巨人 ~第57回壁外調査①~
進撃の巨人 #17 女型の巨人 ~第57回壁外調査①~ エレンと同期のミカサ、アルミン、ジャンたち第104期訓練兵を新たに加えた調査兵団はエルヴィンの指揮のもと第57回壁外調査に出た。長距離索敵陣形にて巨人との接触をできるかぎり避けながら目的地を目指す。しかし陣形内で索敵を担当するアルミンは“知性”を持つ女型の巨人に迫られ窮地に立たされる。
#20 エルヴィン・スミス ~第57回壁外調査④~
進撃の巨人 #20 エルヴィン・スミス ~第57回壁外調査④~ 数多の犠牲を払いながら、ついに巨大樹の森で女型の巨人を拘束兵器で捕えることに成功した調査兵団。作戦の本来の目的を知らされていなかったほとんどの兵団員は、ようやくエルヴィン団長の真意を知ることとなる。身じろぎひとつできなくなった女型の巨人は、断末魔の悲鳴をあげるが……。
日本の音楽業界 アップルに無許諾アプリ対策を要望
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日本の音楽業界 アップルに無許諾アプリ対策を要望  日本の音楽業界団体などは、アメリカのアップル社に対し、無許諾の音楽アプリへの対策を強化するよう要望書を提出したと発表しました。  日本レコード協会や音楽配信事業者などの4団体と4社は、アップル社に対してアーティストなどの許諾を得ていない音楽配信アプリの迅速な削除などを求めました。アップルが運営するアプリストアで無許諾の音楽アプリを見つけた際は、著作権保護の観点からアップルに削除を依頼しているものの、削除までに時間がかかり、「対策は十分ではない」などと訴えています。アップルの日本法人から「対策を検討する」と回答があったということです。