「石川直生 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

K-1 OUTSTANDING #8
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #8 5月18日のK-1 KRUSH FIGHT.101で行われた2大王座戦。ウェルター級タイトルマッチでは王者・木村“フィリップ”ミノルが初防衛戦で、K-1甲子園2連覇中、プロ無敗の現役高校生・近藤魁成を迎え撃つ。女子アトム級王座決定戦では、C-ZUKAと高梨knuckle美穂が新女王の座をかけて激突。
K-1 OUTSTANDING #3
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #3 6月30日、両国国技館にてK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント開催決定。優勝候補筆頭の現スーパー・バンタム級王者・武居由樹を始め軽量級の猛者たちが続々登場。急成長中の注目株、修平と将史の玖村兄弟も揃って参戦。王者の貫録が圧倒するのか、はたまた大波乱か。そして、禁断の兄弟対決実現なるか。
K-1 OUTSTANDING #4
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #4 2mの圧倒的な体格で初代クルーザー級王座に輝いたイランのシナ・カリミアン。加藤久輝を挑戦者に迎え、3月10日さいたまスーパーアリーナのビッグマッチでの初防衛戦に臨む。また、K-1 KRUSH FIGHTでも新設されたクルーザー級王座では、一回戦全てがKO決着となった初代王座決定トーナメントが開催中。
K-1 OUTSTANDING #7
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #7 “Krush”の名称が冠される最後の大会となった「Krush.99」において、最終決戦として行われたのはKrushスーパー・フェザー級タイトルマッチ。高校生のうちに王座戴冠を目論む西京佑馬と、ようやく手にした虎の子のベルトを手放す訳にはいかない島野浩太朗。それぞれの思惑が交錯する、その勝敗の行方は。
K-1 OUTSTANDING #16
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #16 6.30 K-1両国大会より、それぞれ悲壮感漂う決意を秘めて臨んだスーパーファイト、大岩龍矢 vs 芦澤竜誠。そして6.21に行われたKRUSHからは2大王座戦、スーパー・ウェルター級タイトルマッチ、ジョーダン・ピケオー vs 神保克哉、フェザー級タイトルマッチ、江川優生 vs TETSUの模様も。
K-1 OUTSTANDING #17
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #17 2019年は3月のK’FESTA.2、5月の自身の保持するKRUSHウェルター級王座の防衛戦を連続KO勝利した木村“フィリップ”ミノルが、6月30日に行われたK-1両国大会にスクランブル発進。オーストラリアからやってきたヒットマン、クルーズ・ブリッグス相手に、戦慄のブラジリアンフックは炸裂するのか。
K-1 OUTSTANDING #20
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #20 7月21日に行われたK-1 KRUSH FIGHT.103で日本vs中国・7対7全面対抗戦が開催。3年連続となる今回は戦績1勝1敗で迎えた決着戦。日本チームの大将は、過去2大会で大将を務めた卜部弘嵩に代わり弟の功也が出陣。K-1ライト級王座を失った卜部功也は、ここで復活の狼煙を上げる事が出来るのか。
K-1 OUTSTANDING #26
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #26 K-1女子戦線のトップを走るKANAが、8・24K-1大阪大会に参戦。地元・大阪出身の真優を相手にK-1の真髄を見せつける事が出来るのか。また、そのKANAと1勝1敗の対戦成績を持つヨセフィン・ノットソンが、8・31KRUSH後楽園大会のリングに登場。3度目の決着戦を見据えた両者の仕上がりやいかに。
K-1 OUTSTANDING #27
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #27 K-1唯一のマスクマン・左右田泰臣が、頂点への足掛かりとして狙いを定めたKRUSHスーパー・ライト級王座。前回の奪取失敗から1年半ぶり2度目の挑戦へ。対する王者は、これが初防衛戦となる鈴木勇人。共にKRUSH王者の肩書を手にK-1のトップ戦線へ昇り詰めたい所だけに、激戦必至。ベルトの行方は果たして。
K-1 OUTSTANDING #28
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #28 新設されたKRUSHクルーザー級王座をかけて8選手で争われたトーナメントも遂に大詰め。8月31日 KRUSH.104で行われた決勝戦は九州男児対決に。九州時代には同じジムに在籍していた旧知の仲である、K-JeeとRUIの両雄。その胸に去来するのは、過去の感傷か、未来の栄光か。王者となるのはただ一人。
K-1 OUTSTANDING #29
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #29 9月16日 KRUSH.105。そのメインはKRUSHスーパー・フェザー級タイトルマッチ。王者は、高校生のうちにベルトを戴冠するという目標を達成した西京佑馬。対するは、7年間もの長きにわたりKRUSHを主戦場に活躍してきたレオナ・ペタス。前回の対戦はレオナが勝利しているだけに、互いの意地が激突する。
K-1 OUTSTANDING #30
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #30 K-1への殴り込みを宣言した不可思。その初戦、K-1両国大会では佐々木大蔵に流血によるTKO負けを喫したものの、アグレッシブなそのファイトスタイルを印象付け、KRUSHのリングに場所を移し行われた第2ラウンド。迎え撃つのは“Mrやりたい放題”堀井翼。相手のペースに惑わされる事なく、本領発揮となるか。
K-1 OUTSTANDING #31
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #31 11.24 K-1横浜大会~よこはまつり~で行われるK-1第3代フェザー級王座決定トーナメントに出場する、卜部弘嵩、安保璃紅、江川優生、西京春馬の4選手をクローズアップ。着実なステップアップを目指す新世代の3人と、スーパー・フェザー級王座に続く2階級制覇を目論む卜部は30歳。時代がここで変わるのか。
K-1 OUTSTANDING #32
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #32 K-1 2019年の掉尾を飾るのは、冬のビッグマッチ2本立て。そこで「横浜or名古屋 どっちの大会ショー」と題して11.24横浜大会を芸人イワイガワが、12.28名古屋大会を実行委員の佐藤嘉洋がプレゼン。“カリスマ”対決、“KO”対決などなど見て聞いて比べて、審査員3組の支持を得るのは、さてどっち?
K-1 OUTSTANDING #33
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #33 K-1冬のビッグマッチ、11.24横浜大会と12.28名古屋大会の見どころをプレゼンする「横浜or名古屋 どっちの大会ショー」の後半戦。横浜では武尊の復帰戦や、ミャンマーラウェイやMMAの選手との異色の対戦が。名古屋では名古屋所縁の選手の参戦や、女子トーナメントの開催など、どちらも話題は尽きません。
K-1 OUTSTANDING #40
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #40 11.24 K-1横浜大会「よこはまつり」の注目マッチ。スーパー・ウェルター級戦線では、ベテラン狩り宣言の神保克哉が、城戸康裕への特攻なるか。また、地上で最も過激な立ち技格闘技と言われるラウェイ初の日本人王者となった金子大輝が襲来。未知の難敵を迎え撃つはK-1ライト級王者・林健太。その衝撃の結末は。
新K-1伝説 #63
新K-1伝説 新K-1伝説 #63 今回は10月15日に行われたKrush.70より、2大タイトルマッチの模様をお届けします。名勝負数え唄がついにタイトルマッチに。Krush -67kg王者・渡部太基に挑戦者・塚越仁志が挑む。さらにKrush -63kgタイトルマッチでは王者・佐々木大蔵が、かつて敗れている岩崎悠斗を挑戦者に迎えて、リベンジマッチに臨む。
新K-1伝説 #96
新K-1伝説 新K-1伝説 #96 8月6日に行われたKrush.78より注目のタイトルマッチ、第5代Krush -65kg王者・中澤純と、Krushに突如現れたマスクマン・左右田泰臣の試合の模様をお届けします。王座決定トーナメントを勝ち抜き遂に手にしたKrushのベルトを、K-1から来襲した謎の刺客を相手に中澤は守る事が出来るのか。
新K-1伝説 #97
新K-1伝説 新K-1伝説 #97 8月6日に行われたKrush.78よりKrush -63kgのタイトルマッチ、第4代王者・佐々木大蔵に、K-1やBigbangで活躍する谷山俊樹が挑む一戦をお届けします。2月のK-1初代ライト級王座決定トーナメントにエントリーされたものの、ともに一回戦敗退となった両者が、再度の浮上と互いの意地をかけて激突。
新K-1伝説 #121
新K-1伝説 新K-1伝説 #121 新生K-1最大のビッグマッチ、「K'FESTA.1」より、スーパー・バンタム級タイトルマッチとして、同王座決定トーナメント・決勝戦の再戦となる、王者・武居由樹 vs 挑戦者・久保賢司。さらに、新生K-1旗揚げ戦でスーパー・ライト級王者に輝いたゲーオ・ウィラサクレックと、同大会でK-1甲子園王者に輝いた平本蓮の、運命の初対決を特集。
新K-1伝説 #127
新K-1伝説 新K-1伝説 #127 3月10日に行われた「Krush.86」。Krush -58kg王者・西京春馬に、村越優汰が挑戦者するタイトルマッチの模様をお届けします。これがKrush初参戦となる村越を、19歳の王者・西京はどう迎え撃つのか。空位となっているK-1フェザー級のタイトルも視野に入れた一戦は、一進一退の白熱の展開に。
新K-1伝説 #138
新K-1伝説 新K-1伝説 #138 6月17日に開催されるK-1 WORLD GP 2018 JAPAN 〜第2代フェザー級王座決定トーナメント〜に出陣する2人の王者、野杁正明と卜部功也を特集。スーパー・ライト級王者・野杁は、ドイツの“Viking”フォシアーニを。ライト級王者・卜部は、アメリカの“筋肉龍”ブラックドラゴンを迎え撃つ。
新K-1伝説 #146
新K-1伝説 新K-1伝説 #146 日本vs中国の全面対抗戦勃発。7月22日に行われたKrush.90では、両国を代表する7名の猛者が全面対決。これまで中国で行われた3度の対抗戦では、いずれも中国側が勝ち越しているだけに、ホームであるKrushのリングでは日本側が一矢を報いることが出来るのか。国の威信をかけた、格闘戦争の結末やいかに。
K-1 OUTSTANDING #45
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #45 K-1初開催の名古屋大会は、フレッシュなオープニングマッチからスタート。共にデビュー戦を闘った21歳と20歳の若武者同士が、3ヶ月の時を経て早くも再戦。前回は延長にもつれこむ接戦だっただけに、期するところあり。その手でつかむのは初勝利か初KOか。松本日向と橋本実生。大舞台で、その真価を発揮するのは。
新K-1伝説 #66
新K-1伝説 新K-1伝説 #66 2016年12月18日に行われたKrush.71より、王者・武居由樹と挑戦者・隆聖が激突するKrush -53kgタイトルマッチをお送りします。2016年最終戦のメインを務めるのは最軽量-53kgを争う20歳の王者と21歳の挑戦者によるフレッシュな一戦。さらには2月25日のK-1 WORLD GP 初代ライト級王座決定トーナメントに出場する、平本蓮とブリース・デルバールも大特集。
1.25 Krush.110 後楽園ホール 全編
Krush 2020 1.25 Krush.110 後楽園ホール 全編 超攻撃型打撃格闘技「Krush」2020年1月25日 後楽園ホールで行われた「Krush.110」の模様をお届け! メインイベント Krushライト級タイトルマッチ ゴンナパー・ウィラサクレック vs 横山 巧 セミファイナル 【出版オーディション株式会社Presents】Krushスーパー・ライト級 山崎 秀晃 vs 堀井 翼 第六試合 Krushライト級 里見 柚己 vs 金子 大輝 第五試合 Krushライト級 川﨑 真一朗 vs 東本 央貴 第四試合 Krushクルーザー級 RUI vs 中平 卓見 第三試合 Krushスーパー・ウェルター級 松下 大紀 vs EITO 第二試合 Krushスーパー・フェザー級 佐野 純平 vs 竜樹 第一試合 Krushスーパー・フェザー級 三輪 裕樹 vs 川口 拓真 プレリミナリーファイト第3試合 Krushスーパー・バンタム級 桑田 裕太 vs 希山 泰樹 プレリミナリーファイト第2試合 Krushスーパー・フェザー級 目黒 翔大 vs 鈴木 一晴 プレリミナリーファイト第1試合 Krushスーパー・バンタム級 片岡 祐嘉 vs “狂拳”迅