「碧 山」の検索結果

今すぐ視聴する

#89:本当にあったエロ怖い話!セクシー女優&怪談師の前代未聞を連発!
日村がゆく #89:本当にあったエロ怖い話!セクシー女優&怪談師の前代未聞を連発! 本当あった怖いけどだいぶエッチな"エロ怖い話"第4弾!セクシー女優、デリヘル嬢、元セクシー女優の舞台照明、怪談師による共演で前代未聞の衝撃エピソード連発! 日村マジックショーでは、天才イケメンマジシャン巳碧の超絶マジックに日村お手上げ!!
#3 友達がたくさんできたらイイナ!
おねがいマイメロディ #3 友達がたくさんできたらイイナ! 歌ちゃんのクラスメイトの山本くんは、ちょっぴり内気な男の子。だけど、写真の撮影が上手なことで有名だ。ホームページ制作の授業で、同じ班になった歌ちゃんは、山本くんに、憧れの柊先輩の写真を撮ってくれるように頼んだ。撮影に快く応じてくれる先輩だったけれど、山本くんのオドオドした態度を見て・・・
#3 オンプがいっぱいとれたらイイナ!
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 #3 オンプがいっぱいとれたらイイナ! 歌ちゃんのクラスの白山君は、相変わらずマイメロちゃんのことが大好き。ところが、その気持ちをクロミちゃんに利用され、以前は、たくさんの黒音符を生み出してしまった。そんな白山くんは、「要注意人物(!)」として、マリーランドのお城の親衛隊に目をつけられてしまい・・・
#07 先輩とはいえ少し黙らせるべきか
Re:ステージ! ドリームデイズ♪ #07 先輩とはいえ少し黙らせるべきか ついにプリズムステージ東京地区予選が始まった。会場に集まった他校のグループや応援団、芸能関係者たちに緊張を隠せない舞菜たちKiRaReのメンバー。そんな中、舞菜は同じく会場にいた本校代表のステラマリスのメンバーであり、姉の式宮碧音と久しぶりに再会する。しかし、碧音にぎこちない態度で接してしまう舞菜。そして碧音と別れた後、舞菜はKiRaReのみんなに「やっぱり無理です…」と告げてどこかへ行ってしまって……
#13 気づいてくれたらイイナ!
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 #13 気づいてくれたらイイナ! バクの妹・バコちゃんは生まれたばかりなのに、つかまり飛びをして、おまけに計算問題まで解いてしまった! なんという天才児! これはもう人間界に留学させるしかない! 一方、歌ちゃんのクラスでは、真面目な “関山くん”がテレビで折り紙名人として出演したことで、ちょっとした人気者になっていた。ところが、以外なライバルが現れて・・・
#101:セクシー美女のピュアだけどエッチな話!第2弾!!
日村がゆく #101:セクシー美女のピュアだけどエッチな話!第2弾!! セクシーな職業の美女達も、初恋はピュアだったはず!セクシー女優や風俗嬢が集結し、自らのピュアな恋愛エピソードを大暴露!
#12 マイメロちゃんに会えたらイイナ!
おねがいマイメロディ #12 マイメロちゃんに会えたらイイナ! 歌ちゃんのクラスメイト、白山くんはちょっと変わった男の子。というのも、魔法にかかった時以来、マイメロディちゃんのことが好きになってしまったのだ! 歌ちゃんに相談して、マイメロディちゃんに会わせてもらおう! と決意したのだが、その日、歌ちゃんは風邪でお休みだった・・・
#86:高校生フォークソングGP 2ndシーズン第4回大会
日村がゆく #86:高校生フォークソングGP 2ndシーズン第4回大会 マジックで激辛わさびに日村悶絶! 高校生フォークソングGP 2ndシーズン!全国から才能溢れるイケメン&美女高校生が集結!
第9話 司は全てを見通しているようです!
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 第9話 司は全てを見通しているようです! ギュスターヴの天の炎を、辛くも破る司たち。七光聖教を危険だと判断したギュスターヴは、すぐさま進軍を命じる。 ギュスターヴの命を受け、七光聖教を制圧せんと進軍するアークライド侯爵。七光騎士団は厳寒の冬山で、その軍勢と激突する。その頃忍は、ジャンヌが属する反帝国組織「碧の団」と合流していた。ギュスターヴによる全軍招集の報を受け、一斉蜂起の好機、と見た 碧の団はギュスターヴの総督府を包囲する。降伏を呼びかけるジャンヌ。だがギュスターヴは、皇帝への妄執じみた忠誠を胸に、ジャンヌと忍に猛然と反撃を開始する。
#01 最強の男
ワンパンマン #01 最強の男 趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。その昔、就職活動をしていたある日、偶然出会った怪人から子供を救ったことをきっかけに小さい頃からの夢であったヒーローを目指した彼は、3年の特訓の後どんな敵をも一撃で倒す無敵の強さを手に入れた。しかし、憧れのヒーローとなり充実した毎日を送っているはずの彼は、その強さ故に常にワンパンチで決着がついてしまう戦いを繰り返すうち、次第に自らの圧倒的な力に対して物足りなさを感じるようになっていた。
#02 孤高のサイボーグ
ワンパンマン #02 孤高のサイボーグ 獲物の血をミイラ化するまで吸い尽くす凶悪な蚊の大群がZ市に押し寄せた。蚊の群れを操っていたのは「進化の家」という謎の組織によって生み出された怪人モスキート娘。とそこへモスキート娘に立ち向かう一人の男が現れる。彼の名はジェノス。自らの身体を機械に変えて悪と戦う正義のサイボーグだ。モスキート娘との死闘の末に絶体絶命のピンチに陥ったジェノスは、たまたま通りかかったサイタマに命を救われる。数日後、命の恩人であるサイタマの元を突然訪ねたジェノスは彼に弟子入りを志願するのだった。
#08 深海の王
ワンパンマン #08 深海の王 J市の海辺に深海族と名乗る怪人の群れが上陸し、地上へと侵攻を始めた。A級ヒーローのスティンガーが激闘の末に彼らを殲滅するも、遅れて現れた深海王に一撃でやられてしまう。ニュースを見たサイタマとジェノスは急いでJ市に向かうが、深海王の居場所をなかなか特定できない上に、ひょんなことから二人ははぐれてしまう。そんな中、深海王の行く手を阻んだのは囚人服に身を包んだ謎の大男と、服役中のはずの音速のソニックだった。一方、C級ヒーローの無免ライダーも愛車のジャスティス号を駆り、必死に現場を目指していた。
#03 執念の科学者
ワンパンマン #03 執念の科学者 「進化の家」の刺客を返り討ちにしたサイタマとジェノスは、刺客の一人アーマードゴリラから組織に関する情報を聞き出した。進化の家の創設者であるジーナス博士は人類の人工的進化という危険な思想を掲げており、サイタマの強靭な肉体を研究に利用しようとしていたのだ。彼の企みを阻止するため、二人はその足で敵の本拠地へと向かう。一方、アーマードゴリラの通信によってそれを知ったジーナス博士は、二人を迎え撃つために進化の家の最終兵器を解き放とうとしていた。それは凶暴すぎるあまりにジーナス自身でさえコントロール不能な史上最凶の悪魔、阿修羅カブトだった。
#05 究極の師
ワンパンマン #05 究極の師 趣味でヒーローを始めて3年。自らの知名度の低さを思い知らされたサイタマは、プロのヒーローとして公式に活動していく決心をする。ジェノスと共にヒーロー認定試験会場に出向いたサイタマは、体力測定で次々と新記録を打ち立てるも筆記試験で壊滅的な成績を出し、結果はギリギリの合格。最低ランクであるC級ヒーローとして新たなスタートを切ることとなった。一方ジェノスは体力、筆記共に満点の合格。これまでの個人的な実績も考慮され、いきなりS級ヒーローに認定される。そしてこれを機に正式にサイタマに弟子入りしたジェノスは、サイタマに本気の手合わせを申し込むのだった…!
#06 最恐の都市
ワンパンマン #06 最恐の都市 プロヒーローになって5日目。特にやることもなく自宅でゴロゴロしていたサイタマは、ジェノスから衝撃的な事実を知らされる。C級ヒーローには週に1度の活動報告ノルマがあり、それをこなせなければヒーローをクビになるというのだ。あわてて街へと繰り出し事件を探すサイタマだったが、そう都合よく怪人が出るわけもなく、刻一刻と期限が迫っていた。焦るサイタマの前に、彼をライバル視する音速のソニックが突然現れ、勝負を挑んでくる。事態をややこしく、そして悪化させるソニックに苛立つサイタマ。果たしてサイタマはヒーローの肩書を守ることができるのか!?
#07 至高の弟子
ワンパンマン #07 至高の弟子 Z市に災害レベル竜の危機が迫っていた。宇宙から飛来した巨大な隕石が、Z市に向かって突如落下を始めたのだ。ヒーロー協会はS級ヒーロー達に対応を要請したものの、隕石が相手では為す術もなく事態は絶望的と思われた。招集を受けたジェノスもZ市のヒーロー協会支部に出向くが、職員は既に避難した後でビルはもぬけの殻。居合わせたS級ヒーローのシルバーファングから、このまま隕石が地上に激突すればZ市は壊滅すると聞かされるジェノス。恩師であるサイタマの住む街を守るため、ジェノスはたった一人、己の全てを賭して巨大隕石に立ち向かう事を決意するのだった。
#09 不屈の正義
ワンパンマン #09 不屈の正義 深海王の襲撃を受け、恐怖のるつぼと化していた災害避難所に単身でジェノスが現れた。深海王と互角の戦いを繰り広げる彼の雄姿に避難所の人々は色めき立つが、ジェノスは子供を庇って深海王の吐き出した溶解液をモロに被り、形勢は一気に悪化してしまう。無情にもジェノスにトドメを刺そうとする深海王だったが、そこへもう一人のヒーローが現れる。だがそれは無免ライダーだった。C級ヒーローである無免ライダーと深海王とではあまりに実力差があり、人々は落胆する。しかしそれでも無免ライダーは果敢に深海王に立ち向かっていくのだった。
#12 最強のヒーロー
ワンパンマン #12 最強のヒーロー 強大な超能力によって敵の砲撃を全て撥ね返した戦慄のタツマキ。激闘の末、強敵メルザルガルドの弱点を暴いたアトミック侍達。地上では事態が徐々に収束に向かい始める。そして全世界が固唾を飲んで宇宙船を見上げる中、その内部ではサイタマが暗黒盗賊団『ダークマター』の頭目ボロスと対峙していた。強さを持て余し、対等に戦える相手を求めてはるばる地球までやってきたというボロス。宿命ともいえるそんな敵を相手にサイタマは今度こそ本気を出すことができるのか? 人類の存亡をかけた壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる。
第5回 挑・発
SSSS.GRIDMAN 第5回 挑・発 校外学習で街の外へ向かう裕太たち。記憶喪失の裕太は初めてのことばかりで浮かれていた。山間の河原でクラスメイトたちとラフティングを楽しむ裕太に近づくアカネ。始めてアカネの意外な面を知る裕太。そして山に現れる最大級の怪獣。しかしジャンクショップまで戻らなければ、裕太はグリッドマンに合体出来ない。初の変身不能の事態となる。
#04 今時の忍者
ワンパンマン #04 今時の忍者 桃源団を名乗るテロリストの一団がF市に現れた。構成員全員がスキンヘッドという異形の一団を率いるのは、バトルスーツに身を包んだ大男ハンマーヘッド。彼は「断固働きたくない」という自らの思想に共鳴する若者たちと共に、働かない者は働きたい者に養ってもらえる理想郷の実現を目指していた。まずは見せしめとして町一番の富豪であるゼニールの豪邸を破壊しようとする桃源団。そんな彼らの前にゼニールに雇われた用心棒の忍者、音速のソニックが立ち塞がる。一方、桃源団の存在をニュースで知り、髪型がかぶっているせいで自分もその一味だと思われることを危惧したサイタマも、桃源団を潰すために彼らの元へと向かっていた。
#10 かつてない程の危機
ワンパンマン #10 かつてない程の危機 突如、S級ヒーロー達に非常召集がかかった。たまたまシルバーファングの道場を訪れていたサイタマとジェノスもシルバーファングに同行。A市にあるヒーロー協会本部へと足を運ぶと、会議室にはS級ヒーローの錚々たる面々が集結していた。そんな彼らの前でヒーロー協会の幹部が重い口を開く。100%的中するという予言者のシババワが、半年以内に「地球がヤバい」事態に陥るという予言を遺して亡くなったというのだ。会議室に緊張が漂う中、不意に本部ビルが轟音と共に揺れ、辺りは暗闇に包まれてしまう。やがて非常用電源に切り替わった会議室で彼らを待ち受けていたのは、今の一瞬でA市がほぼ壊滅したという事実であった。
#11 全宇宙の覇者
ワンパンマン #11 全宇宙の覇者 A市上空に飛来した巨大宇宙船から地上に降り立ち、A級ヒーローのイアイアンを一蹴した戦闘員メルザルガルド。アトミック侍、金属バット、シルバーファング、ぷりぷりプリズナーらS級ヒーローが応戦するも、攻撃を受けるそばから肉体が再生するメルザルガルドには致命的なダメージを与えられず、戦いは難航する。一方、巨大宇宙船の内部に単独で進入したサイタマは、敵をなぎ倒し船内を破壊しながら中枢部を目指していた。サイタマの狼藉に業を煮やした敵幹部のゲリュガンシュプは、状況を打開するため再び地上への集中砲火を目論む。街を一瞬で破壊した悪夢のような惨劇が再びA市に牙を剥こうとしていた。
第三話 神器ロストヴェイン
七つの大罪 戒めの復活 第三話 神器ロストヴェイン ギーラとジールから記憶を奪ったのは、感情を理解する心を欲するゴウセルだった。記憶をもてあそぶような行為を許せないディアンヌは、神器を手にするゴウセルとぶつかることに。そこへメリオダス、マーリンも駆けつけ、ついにゴウセルの正体が明らかになる……!
第十二話 愛の在り処
七つの大罪 戒めの復活 第十二話 愛の在り処 父親代わりであったジバゴの死を看取ったバンの前に、妖精の森で眠るはずのエレインが現れた!何者かに操られるエレインは恋人を愛しく思う気持ちを訴えながら、バンを傷つけてしまう。さらに〈十戒〉のふたりが姿を現し、バンの魂を狙う……!
第十三話 さらば愛しき盗賊
七つの大罪 戒めの復活 第十三話 さらば愛しき盗賊 ブリタニア支配のため別行動を開始した〈十戒〉たち。だがそれこそが彼らの力を分散させる、メリオダスの計略だった。行動を共にするガランとメラスキュラ。蘇る死体の噂はメラスキュラの禁呪によるものだった!
第十四話 太陽の主
七つの大罪 戒めの復活 第十四話 太陽の主 バン、ジェリコ、そして蘇ったエレインの三人は、〈十戒〉のガラン、メラスキュラと対決しなんとか窮地を脱する。戦いに疲弊したバン、力の弱るエレインを背負い歩むジェリコだが、依然としてガランたちの魔の手が迫ろうとしていた。
第4話 風水師リンフェンフェン
グランベルム 第4話 風水師リンフェンフェン 満月が体験する2度目の“グランベルム”。それぞれの想いが交錯し、戦いが激しくなる中で、寧々のアルマノクス「ジーグァンロン」が行動を開始する。遠距離攻撃を得意とする「ジーグァンロン」に苦戦する満月たち。そんな中、とある騎体が寧々たちに迫っていた...。
第6話 魔石
グランベルム 第6話 魔石 寧々の過去を垣間見た満月は、“グランベルム”で戦うということの意味を知ると同時に、その謎も深まり戸惑う。それぞれが戦う理由を知った満月。 一方アンナは、フーゴ家に伝わる強力な魔石「フーゴの魔石」を持ち出そうとする。そんなアンナを見限ってか、水晶はフーゴ家を後にするのだった...。
第9話 ノクターン、染め上げて
グランベルム 第9話 ノクターン、染め上げて 寧々は魔力の異常な計測値について調べるうちに、その中心に満月がいることを突き止める。一方、九音は姉の四翠の事を考えていたところ、寝ているはずの姉からメッセージが届く。呼び出し場所に向かうと、そこにいたのは、姉に呪いをかけた張本人の水晶だった...。
第10話 もの思う人形
グランベルム 第10話 もの思う人形 満月は新月の「友達が欲しい」という願いを叶えるために“マギアコナトス”が創りだした人形だった。水晶にいい様に翻弄され、まともに戦えない二人に九音は、この場から離れるように告げる。水晶に猛攻を仕掛ける九音だが、一瞬の隙をついて水晶が反撃をしかけるのだった...。