「神奈川県 グルメ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

神奈川県が新検査装置を導入 一日1万件以上可能に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 神奈川県が新検査装置を導入 一日1万件以上可能に  神奈川県がアタッシェケースに入った小型の新型コロナウイルスの検査装置を導入することを発表しました。  神奈川県・黒岩祐治知事:「計算上では従来の約10倍の検査能力となりまして、県の検査体制を飛躍的に拡充することができます」  神奈川県によりますと、新しい検査装置はアタッシェケース2つで1組で、SmartAmp法という方法で感染を調べます。一度に24の検体を調べられ、1時間以内に結果が分かるということです。今月中にも100セットが用意され、今後、県内の病院に導入される予定で、一日に1万件以上の検査ができるようになります。検体を採取した病院でそのまま検査ができるため、第2波に備えて検査数を増やすことが期待されています。
「遊泳はお控えください」 神奈川県が海岸に看板
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「遊泳はお控えください」 神奈川県が海岸に看板  例年なら海開きでにぎわう神奈川県の海岸で、海水浴の自粛を呼び掛ける看板が設置されました。  神奈川県では今年の夏、県内すべての海水浴場の開設が中止されました。監視する人が普段の夏より少なく、事故の増加が懸念されることから、県の職員らが海水浴の自粛を求める看板を約200メートル間隔で砂浜に設置しました。警備員の巡回も行い、海水浴をしようとしている人には自粛を求めることにしています。サーフィンについては呼び掛けの対象外だということです。
神奈川県で32人感染 緊急事態宣言解除後最多
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 神奈川県で32人感染 緊急事態宣言解除後最多  神奈川県で新たに32人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。緊急事態宣言が解除された後では最も多い人数です。32人のうち12人が横浜市、11人が川崎市で確認されています。
“あおり運転”厳罰化 神奈川県警が取り締まり強化
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “あおり運転”厳罰化 神奈川県警が取り締まり強化  あおり運転への罰則を新たに盛り込んだ改正道路交通法が30日に施行されました。これに合わせて神奈川県警は、陸と空で連携して取り締まりを強化しています。  30日からあおり運転が厳罰化されたことに合わせて神奈川県警は、ヘリコプターで上空から高速道路などを監視してあおり運転を発見した場合、連絡を受けた白バイやパトカーが駆け付けるなどパトロールを強化しているということです。また、横浜市の大黒パーキングエリアで警察官が利用者にチラシを配ってあおり運転をしないよう呼び掛けました。30日に施行された改正道交法では、通行を妨害する目的で車間距離を詰めるなどあおり運転を行った場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金になるなどの罰則が盛り込まれています。
東京54人 神奈川31人の感染を確認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京54人 神奈川31人の感染を確認  東京都が確認した新型コロナウイルスの感染者は54人で、5日連続で50人を超えました。また、神奈川県では47日ぶりに30人を超える31人の感染が確認されました。  東京都によりますと、54人のうち30代以下が33人で、全体の6割以上を占めています。夜の繁華街の接待を伴う飲食店の従業員や客は15人でした。また、家庭内で感染した人が9人いたほか、20人ほどの会食に参加していた2人の感染が確認されました。この会食では東京の近隣の県でこれまでに4人の感染が判明しているということです。  神奈川県では新たに31人の感染が確認されました。28人は横浜市で確認されていて、市によりますと、このうち26人は中区の同じホストクラブの男性従業員でした。神奈川県で一日の感染の確認が30人を超えるのは緊急事態宣言が出ていた5月14日以来、47日ぶりです。
横浜市で28人が感染 神奈川県30人超は47日ぶり
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 横浜市で28人が感染 神奈川県30人超は47日ぶり  30日に横浜市で28人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。  横浜市によりますと、30日に市内で男女28人の感染が確認されました。また、川崎市や相模原市などで3人確認されるなど、神奈川県内で合わせて31人の感染が確認されました。県内の一日の感染者が30人を超えたのは緊急事態宣言中の5月14日以来の47日ぶりです。
7月のリザーバー・神奈川県丹沢湖
Go for it! 7月のリザーバー・神奈川県丹沢湖 孤高のバスフィッシャーマン、田辺哲男が唯一無二のゲームでブラックバスを追う『Go for it!』。今回の舞台は当番組初、田辺にとっても約10年振りとなる神奈川県丹沢湖。かつてはハイプレッシャーかつクリアウォーターという、まさに関東タフレイクの象徴的存在であったリザーバー。その現状を読み解くべく、パワーゲームを展開していく。
神奈川県相模湾 キハダ&シイラゲーム
SALT Dreamer 神奈川県相模湾 キハダ&シイラゲーム 陸っぱりのシーバスフィッシングからオフショアのビッグゲームまで海のルアーフィッシングをお送りする。今回は神奈川県相模湾で、人気ターゲットのキハダ&シイラを狙う。シイラは古くからの定番ターゲット。キハダは近年人気上昇中のビッグフィッシュ。海のルアーに精通する鈴木斉が挑戦!そして最後にはクロマグロも...!?お楽しみに。
海開きしなくても…海保とライフセーバーで救助訓練
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 海開きしなくても…海保とライフセーバーで救助訓練  海上保安庁とライフセーバーがタッグを組んで救助の手順を確認しました。  1日、横浜海上防災基地で海上保安庁と日本ライフセービング協会が合同で訓練を行い、海水浴客が沖に流された場合に連携して救助する手順を確認しました。神奈川県では今年の夏、すべての海水浴場が開設されないことから監視体制が薄くなり、海の事故の増加が懸念されています。神奈川県は今年は海水浴を控えるよう呼び掛けています。
「悪意なかった」小田原市長“ひとり10万円”で釈明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「悪意なかった」小田原市長“ひとり10万円”で釈明  「ひとり10万円」について、「悪意はなかった」と改めて釈明しました。  神奈川県小田原市・守屋輝彦市長:「誤解を招いたことに関し、深く反省し、おわびを申し上げます」  神奈川県小田原市の守屋輝彦市長は5月の市長選の選挙公報に新型コロナウイルス対策として「ひとり10万円」と記載しました。この文言が、市が独自に支給するとも読み取れるとして批判が集中しました。守屋市長はこれまで「国の給付金を迅速に執行するという意味だった」と説明していて、今月6日の記者会見で改めて「悪意を持って書いたものではない」と釈明しました。