「福山潤 生 12話」の検索結果

今すぐ視聴する

第12話 目醒め
咲-Saki- 第12話 目醒め 中堅戦の前半が終了し、4校の点差は横並び状態に陥った。リードを守れなかった風越女子の文堂は、駆けつけたキャプテン・福路の姿を見た途端、情けない気持ちから涙をこぼす。そんな傷心の彼女を福路は優しく抱きしめるのだった。
第12話 「年末スペシャルさん」
おそ松さん 第12話 「年末スペシャルさん」 「一番ダメな6つ子を決める!」 おそ松とトト子にいきなり禁断(?)の話題が!? ダメどころかク○とまで言い出し、興味を示すトト子と「別にハッキリさせなくていいよ」と拒絶するおそ松。 果たして、ダメ6つ子の中のダメ6つ子、キング・オブ・○ソ…… もとい、ダメ6つ子の称号はいったい誰の手に!?
第12話 ストロベリームーンに抱かれて
明治東亰恋伽 第12話 ストロベリームーンに抱かれて 芽衣は失っていた現代の記憶を取り戻す。お化けの声が聞こえることで孤立してしまったこと、傷つくことを恐れて様々なことから耳をふさいでいたこと……。すべてを思い出した芽衣の心に、ある感情が芽生え始める。そして、約束の満月の夜がやってくる――
第12話 「トト子とニャー③」「栄太郎親子」「返すだス」「トト子とニャー④」
おそ松さん 第2期 第12話 「トト子とニャー③」「栄太郎親子」「返すだス」「トト子とニャー④」 「トト子とニャー③」 トト子とにゃー第3弾! 「栄太郎親子」 十四松を崇拝する栄太郎という少年がいた。栄太郎は十四松に弟子入りしたいと頼むが。 「返すだス」 ダヨーンにパンツを取られたデカパン。そして逃げるダヨーン、追うデカパン。。。 「トト子とニャー④」 トト子とにゃー第4弾!
第12話
花郎<ファラン>(吹替) 第12話 花郎たちはそれぞれ直属の部下となる郎徒(ナンド)を迎える。ソヌの郎徒になったのはハンソンの兄、タンセだった。ハンソンは兄が自分ではなくソヌを選んだことに複雑な気持ちを抱くが、アロの元を訪れてソヌはいい人だと語る。一方、ジディは自分の正体を知ったアロに今まで通りに接し、思いを伝える。そんな中、ソヌが弓の稽古中に落馬する。アロは気絶したソヌの前で涙を流し、ついに自分の本心を告白。意識を取り戻したソヌはアロに口づけするが...。

おすすめの作品

第6病
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第6病 【最新話】「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます 」毎週水曜日26時00分に最新話を放送!
第16話 結託
咲-Saki- 第16話 結託 何回牌をツモっても手を進める事ができない咲と池田と加治木。その姿はまるで海の底に引きずり込まれて身動きが出来ない状態だった。そんな中、天江衣だけが和了りつづける。これが、悪夢の始まりだった。
8品目 ミスティック・シュガー
WORKING!!! 8品目 ミスティック・シュガー “山田”家族問題も解決かと思われたが、新たに“葵が桐生を兄と呼ばない”問題が発生!桐生は葵の兄となるべく奮闘するも、なかなかうまくいかないようで…?
12品目 ワーキング・ガール?
WORKING!!! 12品目 ワーキング・ガール? とうとう桐生にことりちゃんの正体がバレた!小鳥遊は桐生をダマしきる覚悟を決め、桐生にことりちゃんとして接する!そして、その結果…!?
13品目 さよならぽぷら
WORKING´!! 13品目 さよならぽぷら ワグナリアに発生した、とある大事件! 皆を動揺させる出来事に、それぞれが新たな決意と想いを抱き始める…。 果たしてこの大事件の結末とは―――?
第5病
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第5病 【最新話】「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます 」毎週水曜日26時00分に最新話を放送!
第3話 対立
咲-Saki- 第3話 対立 みんなで麻雀打っていた和は、咲の打ち回しに違和感を感じる。その疑問が確信に変わったとき、和の感情がついに爆発してしまう。一方そのころ、久とまこは高校生麻雀大会・県予選の抽選会場に足を踏み入れていた。
第4話 翻弄
咲-Saki- 第4話 翻弄 いよいよ間近に迫る、全国高校生麻雀大会の県予選。そんな中、咲と和は、まこの実家が経営するお店の手伝いをすることに。社会勉強も特訓の内!と説明する久だったが、彼女の胸の内には“ある企み”が潜んでいた…。
第9話 開眼
咲-Saki- 第9話 開眼 決勝戦へ臨む清澄高校麻雀部に緊急事態が発生!優希の力の源「タコス」が奪われてしまった!ショックで涙を浮かべる優希だが、彼女の肩に手が優しく差し述べられる。それは優希と対戦する風越女子の部長、福路美穂子だった。
第1話 出会い
無料
咲-Saki- 第1話 出会い 訳も分からず麻雀部に連れて行かれ、麻雀を打つ事になった咲。そこには小川のほとりで出会った少女、和がいた。結果、対局は和の勝利で終わったが、咲の打ち方に疑問を感じた和は、もう一回打って欲しいと願う。