「福山潤 生 2」の検索結果

今すぐ視聴する

第34話 『軍師の到着』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第34話 『軍師の到着』 山陽の戦いで武功を上げた信は正式に千人将に昇格した。新生飛信隊は新たな戦場へと繰り出すが、そこから連戦連敗が続く。実は今まで作戦を立案していた羌瘣が抜けた事でこれまでの様に隊が機能しなくなっていたのだ。見かねた蒙恬の紹介で飛信隊に新たな軍師が加入する事となるが、「よそ者」の加入に信達は拒絶反応を示す
12品目 ワーキング・ガール?
WORKING!!! 12品目 ワーキング・ガール? とうとう桐生にことりちゃんの正体がバレた!小鳥遊は桐生をダマしきる覚悟を決め、桐生にことりちゃんとして接する!そして、その結果…!?
8品目 ミスティック・シュガー
WORKING!!! 8品目 ミスティック・シュガー “山田”家族問題も解決かと思われたが、新たに“葵が桐生を兄と呼ばない”問題が発生!桐生は葵の兄となるべく奮闘するも、なかなかうまくいかないようで…?
13品目 さよならぽぷら
WORKING´!! 13品目 さよならぽぷら ワグナリアに発生した、とある大事件! 皆を動揺させる出来事に、それぞれが新たな決意と想いを抱き始める…。 果たしてこの大事件の結末とは―――?
10品目 ケータイ無問題(モーマンタイ)
WORKING´!! 10品目 ケータイ無問題(モーマンタイ) 今日も小鳥遊を殴ってしまったと後悔する伊波が休憩室へ入ると、そこには佐藤の姿が。 二人きりの密室…。 果たして佐藤は、生きて無事に休憩を終えられるのか―――!?
6品目 山田、やまーだ
WORKING!!! 6品目 山田、やまーだ 小鳥遊と伊波、そして佐藤と八千代に生じた関係の変化を楽しむ相馬と山田。皆がそれぞれの相手と思い思いに関わる中、種島だけはむすーっとしていて…?
第11病
無料
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第11病 【最新話】「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます 」毎週水曜日26時00分に最新話を放送!
第12病
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第12病 【最新話】「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます 」毎週水曜日26時00分に最新話を放送!
第3話 対立
無料
咲-Saki- 第3話 対立 みんなで麻雀打っていた和は、咲の打ち回しに違和感を感じる。その疑問が確信に変わったとき、和の感情がついに爆発してしまう。一方そのころ、久とまこは高校生麻雀大会・県予選の抽選会場に足を踏み入れていた。
第4話 翻弄
無料
咲-Saki- 第4話 翻弄 いよいよ間近に迫る、全国高校生麻雀大会の県予選。そんな中、咲と和は、まこの実家が経営するお店の手伝いをすることに。社会勉強も特訓の内!と説明する久だったが、彼女の胸の内には“ある企み”が潜んでいた…。
第9話 開眼
無料
咲-Saki- 第9話 開眼 決勝戦へ臨む清澄高校麻雀部に緊急事態が発生!優希の力の源「タコス」が奪われてしまった!ショックで涙を浮かべる優希だが、彼女の肩に手が優しく差し述べられる。それは優希と対戦する風越女子の部長、福路美穂子だった。
第2話 勝負
無料
咲-Saki- 第2話 勝負 勝つよりも難しい離れ業を成し遂げた咲に、ある「提案」をする久。それは、咲の潜在能力を確かめる為の対局だった。久の予想は的中し、見事に実力を発揮する咲。しかし、それを見た和の心にはひとつの感情が湧き起こるのだった。
第7話 伝統
無料
咲-Saki- 第7話 伝統 ペンギンのぬいぐるみを抱いて対局室に現れた和。その姿を見たギャラリーは騒然となり、偵察に来た透華も周囲の視線を集めている和に苛立ちをみせる。そんな状況を唯一、久だけが楽しそうに眺めていた。
第8話 前夜
無料
咲-Saki- 第8話 前夜 順調に勝ち進み、県予選・決勝まで駒を進めた清澄高校麻雀部。みんなと一緒に全国へ行く…!その気持ちを改めて確かめ合う咲と和。しかし、龍門渕、風越、鶴賀のメンバーもまた、負けられない想いを強く抱いていた。
第14話 存在
無料
咲-Saki- 第14話 存在 和は、堅実な和了りを積み重ねて着実にポイントを稼ぐ。そんな和の快進撃に、龍門渕透華が立ちはだかる。高得点の和了りで和のパーフェクトゲームを阻止した透華は、このまま波に乗って連荘を目指すそうとするのだが…。
第16話 結託
無料
咲-Saki- 第16話 結託 何回牌をツモっても手を進める事ができない咲と池田と加治木。その姿はまるで海の底に引きずり込まれて身動きが出来ない状態だった。そんな中、天江衣だけが和了りつづける。これが、悪夢の始まりだった。
第1話 出会い
無料
咲-Saki- 第1話 出会い 訳も分からず麻雀部に連れて行かれ、麻雀を打つ事になった咲。そこには小川のほとりで出会った少女、和がいた。結果、対局は和の勝利で終わったが、咲の打ち方に疑問を感じた和は、もう一回打って欲しいと願う。
12品目 なぜか!?の決戦前夜。種島の恩返し
WORKING!! 12品目 なぜか!?の決戦前夜。種島の恩返し 慌てた様子で家へ帰っていった小鳥遊が、ふと落とした生徒手帳を偶然拾った種島。 小鳥遊のことを思い自宅まで届けにきた種島は、そこで衝撃の光景を目の当たりにする…!! そして次の日、ワグナリアに一波乱巻き起って…!?
第3話 バスガス爆発
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話 バスガス爆発 廃部を言い渡された文芸部の面々は、回避するために戦うことを決意する。一方ひと葉は、英気を養うために訪れた書店で、別の女子高校生作家のデビュー作を見つけてしまう。編集者に問い詰めるもリアリティがないと言われ、チャットルームで相談することに。「チャットじゃなくて。実際にしてみたい」
第10話 穴
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第10話 穴 天城と下校するり香の前を、ひと葉を乗せた山岸の車が走り去っていく。慌てて後を追う天城とり香。その頃、満員電車で、新菜は泉に思いがけない言葉をかける。そんな中、ついにひと葉は山岸を押し倒す。あっと言わせるため、一生忘れられない存在にするために。「本郷ちん、応答せよ!」
11品目 あの頃の二人、八千代と佐藤。と、ようこそ小鳥遊家へ
WORKING!! 11品目 あの頃の二人、八千代と佐藤。と、ようこそ小鳥遊家へ 相馬が持って来たというアルバムに、 自分たちの若い頃の写真を見つけた杏子と八千代と佐藤。 懐かしい写真に、八千代と佐藤は出会った頃を思い出す…。 一方、バイト終わりに山田が始めた怪談話のせいで、予想外の事態が発生して…!?
13品目 デートと言う名の“決戦”、小鳥遊と伊波のそれから…
WORKING!! 13品目 デートと言う名の“決戦”、小鳥遊と伊波のそれから… 種島の提案により決定した、伊波と小鳥遊のデート当日。 緊張しつつも精一杯のオシャレで初めてのデートに臨む伊波と、 最期の覚悟をしてデートに臨む小鳥遊。 果たして二人のデートはうまくいくのか!? そして、小鳥遊の生死は──!?
第9病 『So Merry Christmas』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第9病 『So Merry Christmas』 保育実習当日、花鳥は生徒会選挙で負けたことを根に持ち、当選した月宮を妬み、拗ねていた。そんな中、小雪は保育園の先生から子ども用のバースデーケーキのデコレーションを頼まれる。
第2病 『Eyes On Me』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第2病 『Eyes On Me』 花鳥が小雪を風紀委員の活動に誘うが、花鳥は女子に話しかけられなかったり、ゴリ男に絡まれたり、かなりのヘタレっぷり。そんな花鳥をつい殴ってツッコんでしまった小雪は反省文を書くハメになってしまいーー
第4病 『Travel Rock』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第4病 『Travel Rock』 修学旅行中に、どうにかして澄楚に謝りたいと思う小雪。月宮を味方につけたものの、ことごとく謝罪チャンスを花鳥によって潰されてしまう。焦る小雪は、なんとか観覧車で澄楚と2人きりになることができたがーー
第3病 『death wish』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第3病 『death wish』 体育祭の準備中、何かと失敗する花鳥のもとにヒリウスと名乗る君屋ひびきが現れる。小雪は「君屋と花鳥なら良い友達になれるのでは?」と思うが、なぜか花鳥は君屋を拒否してしまう。
第7病 『Blurry Eyes』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第7病 『Blurry Eyes』 文化祭当日、売上1位を取ったクラスには打ち上げ代が支給されると聞き、やる気を出す月宮たち。人気クラスに偵察に行くと、そこには君影の妹・鈴蘭が占いの館をやっていた。
第22話 約束
無料
咲-Saki- 第22話 約束 個人戦2日目が始まった。団体戦で活躍した選手が順当に上位へランキングされるなか、一人だけ聞き慣れない名前が浮かび上がる。それは、個人戦にのみ参加登録をしている平滝高校の選手だった。やがて午前の闘いが終了し、ランキングを確認をする和は信じられない光景を目撃する。
第12話 目醒め
無料
咲-Saki- 第12話 目醒め 中堅戦の前半が終了し、4校の点差は横並び状態に陥った。リードを守れなかった風越女子の文堂は、駆けつけたキャプテン・福路の姿を見た途端、情けない気持ちから涙をこぼす。そんな傷心の彼女を福路は優しく抱きしめるのだった。
第20話 姉妹
無料
咲-Saki- 第20話 姉妹 部長から水着を持参するよう指示された清澄高校麻雀部のメンバー。その理由は、スポーツランドのプールで特訓を行う為だった。艶(あで)やかな水着姿を披露する和や咲たち。そしてその場には、思いも寄らない面々も遊びに来ていた…。