「福岡 雨 被害」の検索結果

今すぐ視聴する

自治体の悲鳴 ~水害列島日本~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 自治体の悲鳴 ~水害列島日本~ 今年、西日本を襲った豪雨。広島、岡山などで甚大な被害が出たが、一部の自治体の対応に批判の声が上がっている。災害の規模はかつてないほど大きくなっている。そんな中、防災への取り組みにおける“自治体の格差”のせいで住民の安全が左右されていいはずはない。これまで通りの自治体の判断に委ねるシステムで果たして良いのか。去年の豪雨で被災した福岡・東峰村では、1年が経ち防災に向けた新たな取り組みが始まっていた。これからの災害対応のあり方を被災地とともに考える。
台風接近でフェリー全便欠航 風で転倒し女性骨折
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風接近でフェリー全便欠航 風で転倒し女性骨折  台風の中心に近い松山市の港から報告です。    (村上健太郎アナウンサー報告)  松山市の中心部から車で約20分ほどの所にある松山観光港です。雨風は強くなったり弱くなったりを繰り返していて、30分ほど前には視界が真っ白になるくらい強い雨が降っていましたが、現在はほとんどやんでいます。岸壁への衝突を避けるため、沖合に停泊中のフェリーが見えます。港からは、普段は広島県や福岡県とを結ぶフェリーなどが運航されていますが、台風10号の影響で15日は全便が欠航しています。また、港の辺りは去年の西日本豪雨で土砂崩れなどが起きた地区で、付近の住民は「やはり雨が心配。去年のように降らなければ良いのだけれど」と話をしていました。愛媛県内では一部の自治体で避難勧告が出されているほか、60代の女性が風にあおられて転倒し、腰の骨を折る大けがをするなど被害も出ています。

おすすめの作品

福岡の地下街水浸しで店舗休業 原因は雨にあらず
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 福岡の地下街水浸しで店舗休業 原因は雨にあらず  何があったのだろうか。雨も降っていないのに地下街で突然、水があふれ出し、騒然となった。  福岡市の中心街「天神地下街」に突如、水があふれ出した。地下街は瞬く間に水浸しになった。お盆直前でにぎわう地下街の浸水は約1時間続き、40メートルほどが一時、通行が規制された。水は1時間余りで取り除かれたが、営業を一時中断した店舗のなかには9日の営業再開を取りやめた店も。地下街を運営する会社によると、原因はビルの解体に伴う工事によるものとみられている。
BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(前半)
無料
BIG FISH BATTLE BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(前半) BIG FISH BATTLE第七弾 !決戦の舞台は、福岡県遠賀川。岸からアプローチできる場所が多く超人気のハイプレッシャーフィールドだ。今回の対決は関和学と川村光大郎が激突!前日に大雨が降り、フィールドの状況が激変!お互い陸っぱりを得意とするだけに激戦必至!ビッグバスを仕留めたのはどっちだ!?
BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(後半)
無料
BIG FISH BATTLE BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(後半) BIG FISH BATTLE第七弾 !決戦の舞台は、福岡県遠賀川。岸からアプローチできる場所が多く超人気のハイプレッシャーフィールドだ。前半川村は前日降った大雨の影響を考慮したポイント選定でバスをキャッチするもサイズが伸び悩む状況。一方、関和も夏と秋が入り混じる難しいコンディションに翻弄されていた。午前中に攻めた上流を後にして下流域に行くか決断を迫られる関和。タフコンディションの中、ビッグバスを仕留め勝利を手にしたのは!?
台風10号は西日本各地に爪痕 北日本でも大雨の予報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風10号は西日本各地に爪痕 北日本でも大雨の予報  15日からの台風10号の大雨で各地で川が増水し、大きな被害が出ている。兵庫県では男性が流され、岐阜県では鵜飼(うか)いの観覧船が濁流にのみ込まれてしまった。  激しく水しぶきを上げる濁流。轟音(ごうおん)とともに大きくうねる水面には大きな流木も見える。すさまじい濁流に、船ですらひとたまりもなかった。岐阜市の中心部を流れる長良川が大雨で増水。係留されていた鵜飼いの観覧船が流され、船同士がぶつかって壊れるなどの被害が出た。船を守ろうとするが、次々と沈む船。水の勢いによって船がひっくり返ってしまった。長良川の上流に位置する岐阜県の関市板取では24時間に降った雨が289.5ミリと8月の観測史上1位の大雨が降っていた。  その原因となったのが北上を続ける台風10号。依然、大型で風速15メートル以上の強風域は直径約1200キロ。北海道から本州の広い範囲を覆っているのだ。台風で増水した兵庫県赤穂市の川では、アユ捕り中に流された71歳の男性が亡くなった。農作物への被害も出ている。高知県南国市ではJAなどによると、栽培されるオクラの50%で被害が確認されたという。  北上を続ける台風10号。北海道の釧路町で今年一番の強い雨が降り、道路が冠水するなど北日本では17日にかけて8月1カ月分の雨が一日で降る予報も出ている。
雨季のインド 170人超が洪水や土砂崩れの犠牲に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 雨季のインド 170人超が洪水や土砂崩れの犠牲に  インド各地で大雨による洪水や土砂崩れが発生し、170人以上の死者が出ています。  インドではモンスーンと呼ばれる雨季に入っていて、各地で大雨による洪水や土砂崩れが発生しています。地元メディアによりますと、7日からの5日間で、4つの州で合わせて174人が犠牲になったということです。最も被害が大きい南部のケララ州では、80カ所以上で土砂崩れが起きていて、72人の死亡が確認されています。現地では取り残された人たちの救助活動が続いていますが、まだ多くの人が行方不明で、被害はさらに拡大する恐れがあります。
台風で土台崩れ…住宅崩落の危険も 北海道釧路市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風で土台崩れ…住宅崩落の危険も 北海道釧路市  台風10号の影響で現在も局地的に強い雨が降っています。北海道の釧路市では住宅の土台が崩れる被害が出ています。  (佐藤祐樹記者報告)  住宅の土台の両壁が崩れて土砂がむき出しになってしまっています。釧路市によりますと、この情報が入ったのは16日午後3時ごろだということです。この住宅に住んでいる人は親戚の家に避難をしているということで、けが人はいません。釧路市では近くの町内会館を避難所として開設しています。釧路市内の材木町という場所では道路の上の崖が崩れて砂利が流出しているということです。けが人の情報は入っていません。釧路市では午後2時ごろから午後3時ごろにかけて局地的に強い雨が降りました。短い時間ではありましたが、土台が流出するような被害が出ています。すでに地盤が緩んでいる箇所もあります。この後、夜から朝にかけて北海道では強い雨の予報が出ているので、引き続き警戒が必要です。
秋田、山形で非常に激しい雷雨…車5台が浸水被害も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 秋田、山形で非常に激しい雷雨…車5台が浸水被害も  10日朝、秋田や山形で雷を伴った非常に激しい雨が降りました。  秋田県横手市の西部付近では午前6時40分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。秋田市でも猛烈な雨が降り、少なくとも3カ所のアンダーパスが浸水して合わせて5台の車が動けなくなりました。いずれもけが人はいませんでした。山形県鶴岡市では午前9時半ごろから激しい雷雨になりました。昼すぎにかけては日本海側の庄内地方で1時間に40ミリの雨が降る恐れがあり、気象台は低い土地の浸水などに注意を呼び掛けています。
#30:ノブがスリ被害に!ウォレットチェーンを買いに渋谷へ
チャンスの時間 #30:ノブがスリ被害に!ウォレットチェーンを買いに渋谷へ ★ノブ、自腹でウォレットチェーンを買う フランスでスリ被害にあったノブは果たしてウォレットチェーンを何本買うのか!? ★借金仕方ない王決定戦 多額の借金を抱えた人たちの中でノブが一番同情し自腹を切って援助しても良いと思うのは誰!? ★千鳥vs平成ノブシコブシ 鉄板トーク対決 大悟、ノブ、吉村、徳井の勝つのは誰!? ★大悟の人間性ドッキリ 葉加瀬マイが喫煙所にいる大悟に相談を持ちかける。大悟はその間にタバコを何本吸うのか!?
海に転落男性死亡 学校は冠水 大雨暴風に厳重注意
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 海に転落男性死亡 学校は冠水 大雨暴風に厳重注意  台風10号に関する最新情報です。  台風10号は現在、島根県出雲市の付近を北上しています。まもなく台風は日本海に抜ける見込みですが、この台風は中心から離れた所でも雨や風が強まる特徴があります。引き続き広い範囲で大雨、暴風に厳重な警戒が必要です。こうしたなか、犠牲者も出ています。広島県尾道市では岸から約6メートル離れた海の上で82歳の男性が浮いているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。消防などによりますと、男性は自分の船を係留していた際に波にあおられて海に転落したということです。また、徳島県阿南市では那賀川の水があふれ、中学校のグラウンドや県道が冠水する被害が出ています。
ミャンマーで大規模地滑り 死者30人 不明約100人
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ミャンマーで大規模地滑り 死者30人 不明約100人  ミャンマーで9日に大雨の影響で地滑りが起き、少なくとも59人が死傷しました。また、約100人の行方が分かっていないとみられ、被害は拡大する恐れがあります。  現地メディアなどによりますと、ミャンマー南東部のモン州で午前、大雨に伴う大規模な地滑りが発生し、多くの住宅が押しつぶされたり土砂の下敷きになったりしました。これまでに少なくとも30人が死亡し、29人がけがをしました。現地当局が捜索活動を続けていますが、約100人の行方が分からなくなっているとみられ、死者の数はさらに増える恐れがあります。ミャンマーでは、各地で大雨の影響で洪水も発生していて、国連人道問題調整事務所によりますと、全土で約3万8000人が避難しています。