「究極 至高」の検索結果

今すぐ視聴する

第77話 究極vs至高 対決!!餃子編
美味しんぼ 第77話 究極vs至高 対決!!餃子編 「お春」・「一本槍」の対立は、雄山がからんで”究極対至高”の戦いに発展する。山岡は”究極の餃子は餃子の王道・本道を追求してこそ完成する”との信念で勝負に臨む。雄山の餃子は?
第121話 究極の披露宴 後編
美味しんぼ 第121話 究極の披露宴 後編 雄山の説得で木曽の出席が実現。あとは荒川・田畑の披露宴を舞台とした”究極”が披露宴の本質を体現した雄山の”至高”に勝てるかどうかが問題だ。”至高”を凌ぐ士郎の”究極の披露宴”とは!?
究極対至高 長寿料理対決!!
美味しんぼ TVスペシャル 究極対至高 長寿料理対決!! 究極と至高のメニューの次なる対決テーマは長寿料理に決定した。士郎とゆう子らは料理のヒントを得るため、長寿県・沖縄を訪れる。だが、行く先々で至高のメニューを手がける雄山に遭遇。やがて究極と至高の両陣営は、沖縄の伝統料理を食するうちに、沖縄の風土と人々の気質、そして抱えている問題を目の当たりにしていく。果たして、士郎たちは沖縄の長寿の本質を見定め、勝利を収めることができるのだろうか。
第65話 究極のメニューvs至高のメニュー
美味しんぼ 第65話 究極のメニューvs至高のメニュー 東西新聞の究極のメニューに対抗して帝都新聞では至高のメニューを発表。なんと指揮をとるのは海原雄山。山岡と雄山は卵の前菜で社運を賭けて対決する。
第69話 究極vs至高 生きている米
美味しんぼ 第69話 究極vs至高 生きている米 野菜で究極と至高の戦いをする山岡と雄山。ただし今回は雄山の提供した無農薬キャベツを使っての勝負。素材の持ち味を最大限に引き出した雄山の料理に愕然とする山岡だが・・・。
第81話 究極vs至高 エイと鮫 後編
美味しんぼ 第81話 究極vs至高 エイと鮫 後編 鮫料理は房元を納得させたが、エイ料理は雄山を巻き込んで、”究極・至高”対決のテーマとなってしまう。クセのある素材の持味を最大に生かす方法とは何か?士郎と雄山の感受性に以外な共通点が・・・。
第66話 究極vs至高 黄身の実力
美味しんぼ 第66話 究極vs至高 黄身の実力 雄山の用意した前菜は真に至高と呼ぶにふさわしいもの。だがそこには材料の秘密があった。そこで同じ材料を使って再度挑戦する山岡だったが・・・。
第70話 究極vs至高 対決!!野菜編
美味しんぼ 第70話 究極vs至高 対決!!野菜編 キャベツの対決で負けた山岡はカブで巻き返しを計るが雄山は自分の料理に満足せず勝負は延期となった。そんな折、田舎から出て来た荒川の母の料理を食べた山岡はこれだ!?とひらめく。
第76話 究極vs至高 餃子の春
美味しんぼ 第76話 究極vs至高 餃子の春 餃子チェーン店「お春」の餃子は山脇社長が苦楽を共にした亡き妻が決めた素朴な味だ。しかし最近は急成長の競合店「一本槍」に押され気味。山岡と山脇は「一本槍」へ試食に乗り込むが・・・
第80話 究極vs至高 エイと鮫 前編
美味しんぼ 第80話 究極vs至高 エイと鮫 前編 映像作家の房元は天才肌だが己の感受性に反する物を認めない。TVプロデューサー・田中も”ムシが好かない”で一蹴された。房元を説得すべく士郎はエイと鮫の料理で彼の”感受性”に挑戦する!
第116話 究極vs至高 菓子対決!!
美味しんぼ 第116話 究極vs至高 菓子対決!! 菓子対決を控え、和菓子「甘善堂」主人宅へ陶人設計の茶室を見学に来た士郎は、偶然訪れた雄山に”菓子の本質はこの茶室の中にある”と謎をかけられる。この意味を解いて士郎は勝負に臨めるか!?
第1話 究極のメニュー
無料
美味しんぼ 第1話 究極のメニュー あこがれの東西新聞社に入社した栗田ゆう子の初仕事は社運をかけた大仕事「究極のメニュー」作り。コンビを組んだ相手は社内一のぐうたら先輩社員山岡士郎、いやはや前途多難。
第2話 士郎対父・雄山
美味しんぼ 第2話 士郎対父・雄山 山岡は超一流の美食家をうならせる程の料理通なのに「究極のメニュー」作りは一向に進展しない。その理由は希代の美食家のために家庭を崩壊させられていたから、その父とは・・・。
第100話 古酒
美味しんぼ 第100話 古酒 酒仙とまで呼ばれる文芸評論家・古吉は”日本には本物の精神・文学を育てるスピリッツ(蒸留酒)がない”と嘆く。士郎はこれに異を唱え大衝突。古吉を納得させる酒は究極の酒・古酒しかない!!
第120話 究極の披露宴 前編
美味しんぼ 第120話 究極の披露宴 前編 田畑との結婚迫る荒川は恩師・木曽友二に披露宴出席を諸うが近年の披露宴を愚劣と考える木曽の怒りを買う。見かねたゆう子は木曽と懇意の雄山に取りなしを頼むが、厳しい試練を受けるはめに!
第3話 野菜の鮮度
美味しんぼ 第3話 野菜の鮮度 父雄山との対決に敗れた士郎は一念発起。「究極のメニュー」作りに真剣に取り組む。ゆう子と山岡は「とにかく新鮮!」をキャッチフレーズにオープンしたデパートを取材。ところがそこで扱われているものは・・・。
第27話 あわび尽くし
美味しんぼ 第27話 あわび尽くし 谷村部長が小泉局長に異動を命ぜられた。それも”究極のメニュー”作りの遅れが原因で!?責任を感じた士郎は一計を案じ、小泉の説得工作に乗り出す。”あわび尽くし”が功を奏するか?
第33話 青竹の香り
美味しんぼ 第33話 青竹の香り 貴重な竹林を潰して別荘にすると言う全拓コンツェルン社長・尾藤。士郎は「一度壊した自然は取り戻せない」と説くが、無視される。青竹を使った”究極のメニュー”が尾藤の目をさませるか。
第40話 究極の作法
美味しんぼ 第40話 究極の作法 パリ支局長、時山が帰国。その娘・悦子はパリの学校で箸をからかわれた為、大の箸嫌いになった。士郎は箸作りの本場・吉野に悦子を伴いその魅力を認識させるが、箸の作法を巡って雄山に一喝される。
第103話 禁断の鳥
美味しんぼ 第103話 禁断の鳥 まり子の父、仁木に鳥料理屋に招待された士郎と雄山。だが出された料理は禁鳥のツグミだった。知らずに手をつけた士郎に、雄山は激怒する。
第55話 卵とフライパン
美味しんぼ 第55話 卵とフライパン 調理士見習の上田は仕事先の大衆食堂の主人のやる気のなさに嫌気がさして料理そのものへの興味をなくしていた。士郎はオムレツ専門店へ上田を誘い、女性シェフ花森の働く姿をみせる。
第56話 再会の丼
美味しんぼ 第56話 再会の丼 若手人気落語家だった吉笑は”名人の息子”という奢りから八笑師匠に破門された。今は非を悟り落語の情熱を燃やし続ける吉笑だが、山岡の演出した丼飯で破門は解かれるか?。
第57話 玄米vs白米
美味しんぼ 第57話 玄米vs白米 女子柔道の名門・武徳女子大は選手の健康管理のため、白米を禁じ玄米食を信奉している。だが、まずい玄米に拒絶反応を示す部員の訴えで山岡はある重大な問題に思い当たる。
第58話 骨のない魚
美味しんぼ 第58話 骨のない魚 F3000レーサー・槍村は間近に迫った大レースへの不安から不眠症になる。焦る槍村に山岡はあえて謎めいた料理の名をぶつけた。苦しむ槍村。キーワードは”骨のない魚”だ!。
第59話 代用ガム
美味しんぼ 第59話 代用ガム 富井の弟・修は亡父が兄だけ可愛がり、自分は大学進学を断念させられたと兄を責める。富井は、父が逆境の中でも精一杯二人を愛していたと”代用ガム”の思い出を語るが・・・。
第60話 豆腐の花
美味しんぼ 第60話 豆腐の花 ブラックの恋人のテルエが入院したが、栄養のあるものを食べようとしない。もっと栄養をつけなければと山岡に相談したところ、大豆をひいた呉汁はどうかとすすめる。
第61話 黒い刺身
美味しんぼ 第61話 黒い刺身 中国残留孤児の身元調査を手伝うことになった富井副部長だが、肉親探しの唯一の手掛かりは”黒い刺身”を食べた記憶だけだという。山岡は必死で黒い身の魚を探し歩くが・・・。
第62話 北海の幸
美味しんぼ 第62話 北海の幸 宮井は昆布をゴキブリにかじられた責任で美食倶楽部をおいだされてしまった。だがそれは雄山の勘違いと気付いた山岡は、宮井を連れて北海道の利尻島へと向かう。
第63話 臭さの魅力
美味しんぼ 第63話 臭さの魅力 東西新聞社とフランスのルタン社が業務提携する事になったが、その祝宴で社主同士が互いの国の料理の匂いをけなし合って喧嘩。そこで山岡は周大人に仲裁を依頼する。
第64話 ペンションの名物
美味しんぼ 第64話 ペンションの名物 元社員の武田が始めたペンションを訪れた山岡たち。しかし経営状態は良くない。料理も一流のフランス料理なのに―。山岡は何か名物があればいいがと考えるが・・・。