「立憲民主党 議員」の検索結果

今すぐ視聴する

立憲民主党と国民民主党 国会開会前の合流できず
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲民主党と国民民主党 国会開会前の合流できず  通常国会の開会までに合流できないことが決定的になりました。  野党の合流協議を巡っては立憲民主党と国民民主党の間で、通常国会前の合意を目指していました。しかし、国民民主党の玉木代表は15日、党所属議員に協議を継続していく考えを示し、合流の判断は先送りしました。これで国会開会前に合流ができないことが決定的となりました。国民民主党内からは「早期に結論を出すべきだ」という意見も根強く、20日の通常国会の召集日に改めて党内で議論することになりました。
国民・小沢議員 立憲との合流は「有権者の総意」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 国民・小沢議員 立憲との合流は「有権者の総意」  合流を巡り、国民民主党の小沢一郎衆議院議員は「合流は有権者の総意だ」として玉木代表に対して引き続き合意に向けた努力をするよう求めました。  国民民主党・小沢一郎議員:「成就できないということは国民に対する裏切り行為であって、なんとしても我々は恩讐(おんしゅう)を乗り越えてですね、一つのグループとして政権をいつでも取れる、そういう体制を早く作り上げたい」  さらに、小沢議員は懸案となっている党の合流の方法について「手続き上は数の多い方が存続政党になるのが普通だ」と述べ、吸収合併はやむを得ないという考えを示しました。そのうえで、党名や人事については「枝野代表は柔軟に考えていて十分、克服できる」という見方を示しました。立憲民主党と国民民主党は今年に入ってすでに3回、党首間で協議していますが、結論は出ず、20日の臨時国会までに合意できるかが焦点です。
自民党からも「離党すべき」 河井夫妻に批判相次ぐ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 自民党からも「離党すべき」 河井夫妻に批判相次ぐ  去年の参議院選挙を巡る公職選挙法違反の疑いで15日夜に行われた河井克行前法務大臣夫妻の会見について、野党側は「説明になっていない」と批判して来週からの国会で追及する方針です。  立憲民主党・安住国対委員長:「捜査の過程で申し上げられないということで、逃げるために弁明の場を設けているわけではない。お門違いの会見だったなと」  そのうえで、週明けから始まる国会で本人が説明するよう自民党に求めるほか、「政権与党としてのガバナンスがなくなっている」などとして徹底追及する方針を確認しました。一方、与党側にも厳しい意見が広がっています。自民党幹部は「もっとちゃんと答えれば良かった」と苦言を呈したほか、あるベテラン議員は「あれでは逆効果で、早く離党すべきだ」と突き放すなど自民党への影響を懸念する声も出ています。
NHKは政権に忖度!? 組織構造に欠陥?
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 NHKは政権に忖度!? 組織構造に欠陥? 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
“IR”で攻めたいが…立憲・国民は合流巡りガタガタ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “IR”で攻めたいが…立憲・国民は合流巡りガタガタ  IR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件が発覚するなか、7日に政府は「カジノ管理委員会」を発足させました。このIR疑惑などを野党は今後、国会でどう攻めていくのでしょうか。  (岡香織記者報告)  野党側は「成長戦略として進めてきた安倍政権の姿勢が問われている」として、徹底追及する考えです。7日の追及本部では管理委員会のメンバーとカジノ業者の接触を禁止する明確なルールがないことが分かりました。業者のロビー活動が今回のような汚職事件につながりかねず、事件の全容解明がされないなかで進めるべきではないと、カジノを廃止するための法案を提出する考えです。ただ、一気呵成に攻め込めるはずの野党も前途多難です。合流に向けた協議では吸収合併を目指す立憲民主党の枝野代表に対し、国民民主党の玉木代表は「新党にするべきだ」と意見が対立しています。さらに、立憲幹部は「党名や人事、政策は譲らない」と話していて、折り合える見通しは立っていません。ある立憲議員からは「対立が表面化するくらいなら、統一会派だけにしておけばよかった」という声も上がっています。野党が一枚岩になれば安倍政権下での最大のチャンスだと見る向きもありますが、野党の合流協議は決裂する可能性も出てきています。

おすすめの作品

「立憲」「国民」合流交渉 党首会談でも結論出ず
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「立憲」「国民」合流交渉 党首会談でも結論出ず  立憲民主党と国民民主党の合流に向けた交渉が最終局面を迎えるなかで両党の代表が会談しましたが、結論は出ず、引き続き協議することになりました。  立憲民主党・枝野幸男代表:「きょうも腹を割って色んな話をした。結論としては、ここまでのこの間の経緯、議論について、それぞれの党内議論に付すということで一致した」  立憲民主党の枝野代表と国民民主党の玉木代表は約3時間にわたって合流の方法や党名、人事などについて詰めの協議を行いましたが、合意には至らず、来週以降に持ち越しとなりました。週明けにそれぞれの党内で意見を聞いたうえで合流について最終判断する方針です。
野党 「桜を見る会」「IR汚職」で政府追及へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党 「桜を見る会」「IR汚職」で政府追及へ  野党は20日に召集予定の通常国会で、「桜を見る会」の問題とカジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件の2本柱で安倍政権を追及していく考えです。  国民民主党・玉木代表:「とにかく安倍政権を何とかしてくれという声が本当に多いです。政権を取るんだと、その思いを皆さんと一にして新しい政治を作っていく」  また、野党の合流を巡っては通常国会までに合意できるかが焦点です。今週、玉木代表は立憲民主党の枝野代表と直接、会談する予定です。しかし、立憲民主党への吸収合併か対等合併かで意見が依然として対立したままです。
立憲民主と国民 党首が会談 合流を協議
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲民主と国民 党首が会談 合流を協議  立憲民主党の枝野代表と国民民主党の玉木代表が7日夜に会談し、難航している党の合流について意見交換しました。  会談はそれぞれの党の幹事長も同席し、都内のホテルで約3時間半にわたって行われました。党の合流を巡っては、吸収合併を目指す立憲民主党と、対等に合併したうえで新党の立ち上げを求める国民民主党の間で意見が対立しています。会談ではこうした点について突っ込んだ議論を交わしたとみられます。今後も引き続き協議を続けていく方針で、20日に召集予定の通常国会までに合意できるかが焦点です。
この緊張下に信じられない…自衛隊の派遣中止要請へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 この緊張下に信じられない…自衛隊の派遣中止要請へ  中東情勢の緊迫化を受け、野党は自衛隊の中東派遣の中止を政府側に求めることで一致しました。  立憲民主党・安住国対委員長:「戦闘状態に近い状態まで緊張が高まっているという認識でありますので、こんななかに自衛隊の艦艇をですね、1隻派遣して調査をするという感覚はちょっと信じられないなと思っております」  立憲民主党や国民民主党などの野党幹部が会談し、政府側に中東情勢の説明や自衛隊派遣の中止を求めていくことで一致しました。また、カジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件を受け、カジノをやめさせる運動を展開していきたいとし、20日に召集される予定の通常国会の冒頭にカジノ廃止法案を提出することで一致しました。野党は「桜を見る会」、カジノ、中東の3本柱で政府を追及していく考えです。
自衛隊の中東派遣 野党側が政府側の考えただす
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 自衛隊の中東派遣 野党側が政府側の考えただす  立憲民主党など野党側は自衛隊の中東派遣について閣議決定された去年末の時点から状況が悪化しているとして、政府側の考えをただしました。  国民民主党・渡辺周元防衛副大臣:「今回、本当に命の懸かった問題です。生半可な気持ちで、生半可な根拠で行って頂くわけにはいかない。やっぱりここで一回、足を止めて冷静になって中東情勢、特にアメリカとイランの状況を見ながら今回、行くことについては考え直すべきだと」  イランによるアメリカ軍への報復攻撃などで中東の情勢が緊迫していることを受け、立憲民主党や国民民主党など野党側は防衛省などから自衛隊の派遣についてヒアリングを行いました。野党側が「大規模な戦争が発生する恐れがあるならば、閣議決定の前提が変わっているのではないか」とただしたのに対し、政府側は「現在の状況を注視しているが、枠組みを変えるほどの状況ではない」という見解を示しました。また、政府側は派遣は日本が関係するタンカーなど船舶の安全確保のためで、自衛隊が情報収集をするのは有意義だと訴えました。アメリカによるイランの革命防衛隊の司令官殺害については「アメリカは自衛権の行使だと言っている」と説明しました。
維新が下地議員を除名処分 議員辞職勧告へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 維新が下地議員を除名処分 議員辞職勧告へ  離党届は受理せずに除名処分とし、議員辞職を勧告します。  日本維新の会の下地幹郎衆院議員は、IR(統合型リゾート)を巡る汚職事件で逮捕された中国企業の元顧問から2017年の選挙期間中に現金100万円を受け取ったことを認め、7日に離党届を提出しました。ただ、議員辞職については「結論は出ていない」とし、20日から始まる通常国会までに判断すると説明していました。維新は8日、下地議員の離党届は受理せずに除名処分とし、議員辞職を勧告することを決めました。
河井議員夫妻が会見に応じる 議員辞職を否定
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 河井議員夫妻が会見に応じる 議員辞職を否定  公職選挙法違反の疑いを持たれ、地元事務所の家宅捜索を受けた自民党の河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員が会見に応じ、釈明したうえで議員辞職を否定しました。  自民党・河井克行前法務大臣:「捜査には全面的に協力させて頂く。そのうえで通常国会には出席して、国会議員としての責務を果たしていきたい」  自民党・河井案里参院議員:「今、(辞職する)そのような考えはございません。しっかりと事実を明らかにしていくために捜査機関に協力をして参る所存です」  河井議員夫妻は去年7月の参議院議員選挙で運動員に上限を超える日当を払ったなどとして、広島地検に告発されていました。2人はこれまで国会を欠席するなどして公の場に姿を現していませんでした。15日、約2カ月ぶりに取材に応じましたが、捜査に支障が出るとして疑惑についての説明を避けました。ただ、職責を果たしたいとして自民党の離党や議員辞職は考えていないとしました。
“IR汚職”渦中の5人…下地議員が受領認める
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “IR汚職”渦中の5人…下地議員が受領認める  カジノを含むIR(統合型リゾート)事業に絡んだ汚職事件で、日本維新の会の下地幹郎衆院議員(58)が中国企業の元顧問から現金100万円を受け取っていたことを明らかにしました。  日本維新の会・下地幹郎衆院議員:「事務所職員が紺野昌彦氏から選挙資金として100万円の現金が入った封筒を受け取った事実が判明しました」  日本維新の会の下地議員の事務所職員が現金100万円を受け取ったのは中国企業「500ドットコム」の元顧問で、すでに贈賄の疑いで逮捕されている紺野昌彦容疑者からでした。  日本維新の会・下地幹郎衆院議員:「紺野氏が『領収書はいらない』と異常なまでに固辞したため、領収書を作成していませんでした。(政治資金)収支報告書への記載が漏れてしまいました。深く反省しております。本当に申し訳ありませんでした」  カジノを含むIR事業を巡る汚職事件はどこまで拡大するのでしょうか。500ドットコム側はすでに収賄の疑いで逮捕された衆院議員の秋元司容疑者(48)の他にも下地議員を含む現職の国会議員5人に現金約100万円を渡したと供述。現在、下地議員以外の4人は否定しています。  下地議員は超党派で作るIR議連の副会長だった2017年に3回、紺野容疑者と面会。500ドットコムの潘正明社長とも会ったとし、その年の衆議院選挙期間中の10月に事務所の職員が現金100万円を受け取ったということです。政治資金収支報告書などを修正して現金を返却したいという下地議員。近く、自らの進退を明らかにするとしていま…
三宅雪子元議員の遺体、海岸で発見 自宅には遺書が
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 三宅雪子元議員の遺体、海岸で発見 自宅には遺書が  三宅雪子元衆院議員(54)が遺体で見つかりました。自殺とみられています。  捜査関係者によりますと、2日に東京・大田区の海岸で三宅元議員の遺体が見つかりました。三宅元議員は先月末に都内の自宅を出た後に行方が分からなくなり、家族が警視庁に相談していました。自宅からは遺書が見つかっていて、警視庁は三宅元議員が自殺したとみて調べています。三宅元議員は2009年の衆院選で民主党から出馬して当選しました。次の選挙で落選して以降は、福祉や雇用などの分野で執筆活動を行っていました。
IR現金受領問題で維新・下地議員が離党届を提出
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 IR現金受領問題で維新・下地議員が離党届を提出  カジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡って中国企業側から現金100万円を受け取っていた問題で、日本維新の会の下地幹郎衆議院議員が離党届を提出しました。  日本維新の会・下地幹郎衆院議員:「馬場幹事長に離党届を出させて頂きました。本来ならば辞職の問題も改めて相談しておくべきでしたが、そこまで至っておりませんので、まずは離党して、それから辞職の問題には決着をつけていこうかなと思っています」  下地議員はこのように述べ、議員辞職については20日から始まる通常国会の前に関係者などと協議をして決める方針だとしています。この問題で日本維新の会の松井代表は「法に抵触することをしたなら辞めるべきだ」と議員辞職すべきだとの認識を示しています。