「立憲民主」の検索結果

今すぐ視聴する

「同性婚」認める改正案提出 立憲民主など野党3党
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「同性婚」認める改正案提出 立憲民主など野党3党  立憲民主党など野党3党は同性婚を法律で認める民法の改正案を国会に提出しました。国政政党が同性婚を認める法案を提出するのは初めてです。  立憲民主党・尾辻かな子議員:「こういう法律ができること、認められることで、自分はこの社会で生きていていいんだと思えるようになると思う。非常に意義深いと思うし」  改正案では、「異性又は同性の当事者間で婚姻が成立する」と明記したうえで、これまでの「夫婦」や「父母」という言葉を「婚姻の当事者」や「親」という性的に中立な言葉に改正することなどが盛り込まれています。立憲民主党は夏の参議院選挙で同性のパートナーがいることを公表している候補者を擁立するなど、多様性を重視する姿勢をアピールしています。国政政党が同性婚を認める法案を提出するのは初めてです。
離党相次ぐ国民民主からついに国対委員長代行も…
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 離党相次ぐ国民民主からついに国対委員長代行も…  国民民主党の山井国会対策委員長代行が離党届を提出しました。無所属になって立憲民主党の会派に入る考えです。  国民民主党・山井国対委員長代行:「私は、今回の離党は大きな批判を頂くことは覚悟しております。しかし、今後、いずれ何らかの形で国民民主党と立憲民主党が大きな塊に必ずなると思いますし、ならさねばならないと思います」  山井氏は「選挙目当てかどうかは否定も肯定もしない」と述べました。無所属として立憲民主党の会派に入りたい考えです。国会対策の担当幹部である山井氏に対し、国民民主党からは「会期中の離党は極めて無責任だ」と批判が出ています。国民民主党は去年5月の結党以来、離党者が相次いでいて、衆参ダブル選挙の可能性が指摘されるなか、離党ドミノの流れが加速する恐れもあります。
“勝てる体制”へ 参院選全1人区に野党統一候補
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “勝てる体制”へ 参院選全1人区に野党統一候補  立憲民主党など野党5党派は、夏の参議院選挙で32あるすべての1人区で候補者を一本化することを決めました。  立憲民主党・福山幹事長:「32の一本化すべてに調整ができたことは、国民にとっては非常に分かりやすい選択肢をお示しができたと思っておりまして。一日も早く勝てる体制づくりを加速させていきたい」  立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党に衆議院の会派「社会保障を立て直す国民会議」を加えた野党5党派の幹事長らが会談し、調整が難航していた参議院1人区の宮崎と鹿児島についても候補者を一本化することで合意しました。これで32あるすべての1人区で野党統一候補の擁立が決まりました。また、衆議院の解散・総選挙に備えて「油断することなく、各党の調整を加速させる」ことでも一致しました。
国民投票法改正案 今国会での成立が困難な情勢に
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 国民投票法改正案 今国会での成立が困難な情勢に  衆議院の憲法審査会では与党側が改めて国民投票法改正案の採決を提案しましたが、立憲民主党などが拒否して折り合いませんでした。  衆議院の憲法審査会では与野党の代表者が審査会の運営について協議し、与党側は定例日の6日に憲法審査会を開催して国民投票法改正案の採決を行うことを提案しました。それに対し、立憲民主党は「党内の決裁がまだ得られてない」と拒否しました。通常国会の残りの会期は3週間余りとなっていて、延長しない場合、憲法審査会の定例日はあと3回しかありません。このため、国民投票法改正案の今の国会での成立は困難な情勢です。
「女性とその子ども」天皇に 立憲が党内議論まとめ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「女性とその子ども」天皇に 立憲が党内議論まとめ  立憲民主党は安定的な皇位継承のために女性天皇と女系天皇を可能にする党の方針をまとめました。  立憲民主党は皇位継承について去年7月から議論した内容をまとめ、11日に党で承認しました。安定的な皇位継承のために女性が天皇になることを可能とするだけでなく、女系天皇も認める内容です。さらに男女の区別なく、産まれた順に皇位の継承順位を決めるとしています。一方、国民民主党の玉木代表は女性天皇を認める皇室典範の改正案を今の国会に提出する考えを示しました。女系天皇については国民意識が熟しておらず、結論は時期尚早だとして明記しない方針です。
“老後2000万円”問題 枝野氏が財務大臣を批判
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “老後2000万円”問題 枝野氏が財務大臣を批判  立憲民主党の枝野代表は、老後の資金が2000万円不足するとした金融庁の報告書を巡る政府の対応について「財務大臣が自ら景気の足を引っ張っている」などと批判しました。  立憲民主党・枝野代表:「消費不況のなかで『2000万円ためないと大変だぞ』と財務大臣が言えば、それはますます消費を冷え込ませる。景気の著しく足を引っ張る発言だという自覚なく発言されているのが財務大臣だ」  枝野代表は政権構想を練っていることを明かし、日本経済の低迷の原因として個人消費の低迷を挙げ、家計の消費を重視していく考えを示しました。そのうえで、麻生大臣が個人消費の冷え込みを自ら招いていると批判しました。
100年安心は嘘?“老後資金2000万円”巡り総理追及
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 100年安心は嘘?“老後資金2000万円”巡り総理追及  老後資金2000万円などを巡り、野党が総理を追及だ。  年金だけでは老後の資金を賄えない…。金融庁がまとめた報告書に野党が追及。  立憲民主党・蓮舫副代表:「日本は一生懸命、働いて給料もらって勤め上げて、退職金をもらって年金を頂いて、それでも65歳から30年、生きると2000万円ないと生活が行き詰まる。そんな国なんですか?」  安倍総理大臣:「これは…不正確でありですね、誤解を与えるものであったと。これはすでに財務大臣からお話をさせて頂いている通りであります」  金融庁がまとめた報告書では、65歳以上の夫と60歳以上の妻の無職世帯が30年生きるためには年金以外に2000万円の資金が必要と試算。これでは政府が「100年安心」としてきた公的年金制度では生活を維持できないということになるのだが…。  麻生副総理兼金融担当大臣:「老後に月5万円、30年で2000万円の赤字であるかのように表現したという点につきましては、これは国民の皆様に誤解や不安を広げる不適切な表現であったと私どもは考えております」  立憲民主党・蓮舫副代表:「この報告書、読みました?」  麻生副総理兼金融担当大臣:「全体を読んでいるわけではありません」  立憲民主党・蓮舫副代表:「この報告書で国民が怒っているのは『100年安心』が嘘だったと、『自分で2000万ためろ』という非常に無責任な国民を欺いた内容になってるから私はこうやって問わせて頂いているんです。撤回された方がいいんじゃないですか」  安倍総理大臣:「積…
“消された2000万円”報告書 麻生大臣を野党追及
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “消された2000万円”報告書 麻生大臣を野党追及  「年金だけでは老後2000万円が不足する」という金融庁の報告書を「受け取らない」とした麻生副総理兼金融担当大臣が14日、国会の財務金融委員会に出席した。野党は「受け取らない」ことを徹底追及した。  年金収入だけでは毎月5万の赤字。30年で2000万円の生活費が不足。老後の生活に不安を抱かせている金融庁の報告書。麻生大臣がこの報告書の受け取りを拒否したことで、むしろ年金問題の議論がストップしてしまうと野党が追及。  立憲民主党会派・大串博志議員:「2000万円ためないと老後を暮らせないと、やっぱりそういうことなんだなと。ある意味そうだろうなと思っていたことが改めて政府によって言われたと。正鵠(せいこく)を射た報告書だという意見も結構あるんです。そういったなかで、ところが大臣はこの報告書を受け取らないと」  麻生副総理兼金融担当大臣:「『生活費として(毎月)5万円不足する』とか『足らない』とか(報告書は)述べておりますので、これは著しい誤解とか世間に対して不安を与えると。我々の政策スタンスと違っておると思っております」  立憲民主党会派・大串博志議員:「大臣自身がこれで終わり、これ以上、上げてくるなと議論を止めちゃっている」  麻生副総理兼金融担当大臣:「議論をするなというお話でしたけれども、作業部会の(報告書を)受け取らないと申し上げているんであって作業部会で引き続き審議をされるのは、それはご自由なんだと思いますが」  立憲民主党会派・大串博志議員:「世論が盛り上がったから選…
立憲と国民が打倒安倍政権で選挙協力 連合が仲介
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲と国民が打倒安倍政権で選挙協力 連合が仲介  立憲民主党と国民民主党の幹事長が会談し、夏の参議院選挙で候補者の一本化ができた選挙区ではお互いに支援する態勢を作る方針を確認しました。  立憲民主党・福山幹事長:「国民さんの支援者、立憲支援者それぞれが1人区で力を合わせて戦う状況を、安倍政権を倒すために作っていくと」  会談のなかで2人は、参議院で野党候補の一本化ができた選挙区については、お互いに党本部による支持を要請できることなど、5項目の選挙協力を確認しました。おととしの衆議院選挙以降、感情的なしこりが残る両党に支持組織である連合が呼び掛け実現しました。衆参ダブル選挙が取り沙汰されるなか、両党は今後、衆議院でも選挙協力に向けた話し合いを進めていく方針です。
立憲・枝野代表「麻生発言は選挙の争点」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲・枝野代表「麻生発言は選挙の争点」  立憲民主党の枝野代表は、麻生財務大臣が「老後2000万円の貯蓄が必要」などと発言したことについて、夏の参議院選挙の争点にしていく考えを示しました。  立憲民主党・枝野代表:「(2000万円貯蓄できない)そういう人たちが圧倒的多数であり、それをどうするのかというのがあなた(麻生大臣)の仕事なんだと、そのことを自覚が全くなかったということははっきりしていると思います。この姿勢そのものが争点だと」  枝野代表は、また「この夏の選挙は衆参ダブル選挙になるとの確信を持っている」と強調しました。そのうえで、衆議院の小選挙区で国民民主党など主要野党との選挙協力について「順調に進んでいる」と述べ、水面下で調整していることを明らかにしました。
立憲が元格闘家の須藤元気氏擁立へ 氏の出馬理由は
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲が元格闘家の須藤元気氏擁立へ 氏の出馬理由は  立憲民主党は夏の参議院選挙の比例代表で、元プロ格闘家の須藤元気氏を擁立することを発表しました。  元プロ格闘家・須藤元気氏:「格闘家になるよりも前に、具体的には中学生のころ、学校教育になじめず、漠然とした不安がありました。自分の力でもっと住みやすい世界を作りたいと思い始め、そのころから将来の選択肢に政治家というものを考えるようになりました。僕が経験させてもらったことを世の中に還元するタイミングだと思っています」  須藤氏は立憲民主党から出馬する理由について、多様性を重視している点が自らが掲げる「WE ARE ALL ONE」の精神と重なると述べました。須藤氏はプロの格闘家として活動した後、アーティストとしてパフォーマンスユニットを結成したり大学レスリング部の監督を務めるなどしていました。
女性へのパンプス強制はハラスメント? 国会で議論
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 女性へのパンプス強制はハラスメント? 国会で議論  女性にハイヒールやパンプスを強制する職場があることが国会でもテーマとなりました。  立憲民主党・尾辻かな子衆院議員:「ハイヒールやパンプスが義務付けられる必要があると思われますか?」  根本厚生労働大臣:「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」  立憲民主党・尾辻かな子衆院議員:「突然ですけど、副大臣にお聞きしても?」  高階厚労副大臣:「皆で環境整備をしていくというのが職場の考え方だろうと思いますので、強制されるものではないのだろうと思います」  職場でのパンプス着用を巡っては、企業の強制に反対する署名を集めた要望書が厚生労働省に提出されています。5日の衆議院の厚生労働委員会では、「女性にのみ着用を求めるのはハラスメントになり得る」という追及に対し、根本大臣は「足をけがした労働者に強制する場合は、パワハラに該当する」と述べるにとどめました。
蓮舫氏「めちゃめちゃなこと言ってる」麻生氏を批判
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 蓮舫氏「めちゃめちゃなこと言ってる」麻生氏を批判  立憲民主党の蓮舫副代表は、老後資金に関する金融庁の報告書を麻生財務大臣が冒頭しか読んでいなかったことについて「読んでない人がめちゃめちゃなことを言っている」と厳しく批判しました。  立憲民主党・蓮舫副代表:「一番驚いたのは、5分で読める報告書です。それを担当の麻生大臣が読んでいなかったというのに驚きました。しかも都合よく解釈し、25万円あれば豊かな生活ができるから5万足りない。そこは赤字と言ったのが不適切と言ってたんですが、この報告書のどこにも25万円が豊かな生活の額だというのは書いてありません。読んでない人がめちゃめちゃなことを言っている、びっくりしました」「(Q.総理は結構、声を荒げて答弁されていたが、姿勢については?)内閣総理大臣として器が小さい。小さすぎると思いました」  蓮舫副代表は引き続き予算委員会の開催を強く求め、「老後資金2000万円問題」を徹底追及する考えを示しました。
日米“密約説”を全面否定 総理「全く根拠ない」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 日米“密約説”を全面否定 総理「全く根拠ない」  日米の「貿易密約」を安倍総理大臣が全面否定しました。  公明党・山口代表:「野党の一部から密約があったのではないかと、こういう主張もあるけれども(安倍総理大臣は)全く根拠のないものだと」  トランプ大統領が貿易協議を巡って「8月に大きな発表がある」と発言したことについて、立憲民主党の枝野代表は「密約があるという前提で選挙の争点にする」などと述べていました。これに対し、安倍総理は日本側がTPP(環太平洋経済連携協定)を超える譲歩をしないことが文書で合意されている点を強調しました。
「憲法改正で大連立も」 議論進まずで自民・下村氏
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「憲法改正で大連立も」 議論進まずで自民・下村氏  自民党の下村憲法改正推進本部長は、憲法改正の議論を進めるために一部の野党と連立を組む必要もあるという考えを示しました。  自民党・下村憲法改正推進本部長:「テーマによっては逆に大連立を組むとか、それぐらいの思い切ったことをやっていかないと、なかなか憲法議論に着手できないのではないかと」  衆議院の憲法審査会では、立憲民主党などの反対で審議が1カ月近く行われていません。下村氏は、安倍総理大臣が掲げた改正憲法を2020年に施行するという目標について「絵に描いた餅になってしまう」と懸念を示しました。そのうえで、日本維新の会など憲法改正に前向きな野党と「連立政権を組むぐらいの大技を使わないと憲法改正は難しい」と強調しました。
憲法議論の与党代表者と大島衆院議長が会談
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 憲法議論の与党代表者と大島衆院議長が会談  憲法改正を巡る国会の議論が進まないなか、与党の代表者が大島衆議院議長と会談しました。国民投票法改正案の扱いについて意見交換したとみられます。  衆議院憲法審査会の与党の代表者である自民党の新藤元総務大臣と公明党の北側副代表が議長公邸を訪れ、大島衆院議長と会談しました。憲法改正を巡っては現在、国会で与党側が国民投票法改正案の採決を提案していますが、野党第1党の立憲民主党が拒否していて、膠着(こうちゃく)状態です。今の国会は会期末まで残り3週間を切っていて、国民投票法改正案の成立は困難な情勢です。そうした状況を受けて今後の憲法審査会の運営などを巡り、大島議長に意見を求めたものとみられます。
丸山穂高議員 “外出騒動”の波紋
無料
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 丸山穂高議員 “外出騒動”の波紋 今週のよるバズは... ■丸山穂高議員が発した“戦争発言”。維新の会は丸山議員を除名処分とし、野党は辞職勧告決議案を共同提出した。一方、失言による閣僚辞任が相次いだ自民党は「けん責決議案」にとどめた。今後の焦点は与野党2つの決議案のどちらを本会議で採決するかだ。 ■去年、成立した参院定数を6人増やす法律。議員歳費は1人年間7430万円。夏の参院選でまず3人増え、2億2600万円の負担増となる。そこで浮上したのが、参院議員1人1人が月額7万7000円を自主返納するというもの。トータルで年間2億2600万円となる計算だ。提案したのは国民民主党で、与党側は歳費を減額する法案を提出済みだが、議論がまとまらず、自主返納案を容認することに。一方、立憲民主などは、根本的議論がないままでは財源の審議はできないと主張。自主返納案はこれまでの与野党協議では意見がまとまっていない。 ■25日夕方に来日するトランプ大統領。安倍総理はゴルフや大相撲観戦で蜜月ぶりをアピール。国賓として天皇陛下との会見や日米首脳会談、また、28日には、防衛力強化のシンボル・海自の護衛艦「かが」を視察する。これは、南シナ海の軍事拠点化を進める中国をけん制すると同時に、空母に搭載するF35など米製兵器の“爆買い”をアピールしてFTA交渉での強硬策を封じる狙いがあると言われる。今夜も2時間たっぷりお送りします!
安倍総理「密約は全くない」 野党の追及を完全否定
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理「密約は全くない」 野党の追及を完全否定  安倍総理大臣は日本とアメリカの貿易交渉を巡り、野党側が「密約説」を唱えていることに対して「全くない」と強く否定しました。  立憲民主党・石橋参院議員:「都合の悪い話を選挙が終わるまで隠しておくようにお願いしたとしか聞こえません。よもや、我が国の第1次産業を売り渡すような約束をしたんじゃないでしょうね」  安倍総理大臣:「まさに具体的な交渉はこれからです。農林水産品について、過去の経済連携協定で約束した内容が最大限であるとの大前提を明確に日米で合意をしております。この合意を確認して頂きたい」  野党側が密約説の根拠としているトランプ大統領の「大きな進展があった」などの発言について、安倍総理は「早期合意への期待感を表明したものだ。密約の事実は全くない」と反論しました。そして、去年9月の共同声明に沿って交渉を行う方針を強調しました。
与党、政府に丁寧な説明求める 野党は追及に意欲
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 与党、政府に丁寧な説明求める 野党は追及に意欲  「老後に2000万円が不足する」という問題で自民・公明両党の幹部は国民の不安を払拭するため、政府に対して丁寧な説明を求めることを確認しました。  自民党・森山国対委員長:「政府も金融庁だけの問題にせずに、政府としてしっかりと丁寧に国民に説明をして不安を取り除いていく努力が必要ではないか」  そのうえで、自民党の森山国対委員長は「現在の年金制度と関連させて批判する声もあるが、それは全くあたらない」と野党側を牽制(けんせい)しました。  立憲民主党・蓮舫副代表:「つまり安倍総理隠し。参院選の前に不都合な真実は国民に見せない。安倍総理をそういう姿にさらさないということですから」  一方、野党側はこの問題を追及するため、参議院の予算委員会の開会を改めて求めましたが、自民党は安倍総理大臣の出席を拒否し、麻生財務大臣などが出席する審議を与野党で検討することになりました。
安倍総理がまた…民主党政権を「悪夢のような」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理がまた…民主党政権を「悪夢のような」  安倍総理大臣が民主党政権を「悪夢のような」と表現し、夏の参議院選挙に向けて対決姿勢を強調しました。  安倍総理大臣:「12年前、皆さん覚えておられると思いますが、残念ながら自民党は参議院で惨敗しました。残念ながら政治が不安定になり、あの…民主党政権が誕生したわけであります。まさに悪夢のような民主党政権が誕生したわけでございます」  自民党の谷垣前幹事長のグループのパーティーに出席した安倍総理は「二度とああした時代に戻してはならない」と野党への対決姿勢を強調しました。民主党政権に対して「悪夢のような」とした表現については、これまでも安倍総理が繰り返し発言していて、立憲民主党や国民民主党などが反発しています。一方、パーティーには、3年前に負傷して政界を引退した谷垣前幹事長がビデオメッセージで登場し、夏の参院選に勝利したうえで「政治の安定を作っていかなければいけない」と激励しました。
野党“老後2000万円”問題で総理追及 参院決算委
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党“老後2000万円”問題で総理追及 参院決算委  終盤国会を迎えるなか、参議院では10日午後に安倍総理大臣が出席し、決算委員会が開かれます。野党側は年金問題などで徹底追及する構えです。  (政治部・岡香織記者報告)  野党が求める予算委員会は4月以降、開かれておらず、10日の委員会では「久々のチャンスだ」として安倍政権を徹底追及する方針です。野党側としては争点に乏しかった国会で、降って湧いた「老後は2000万円の貯蓄が必要だ」などとする金融庁の報告書について、「年金制度の破綻だ」と追い込んでいく考えです。衆参ダブル選挙の可能性も指摘されるなか、野党としては安倍総理にダメージを与えることで、解散できない状況を作り、ダブル選挙を回避したい考えです。ただ一方で、野党内にはあまり追い込みすぎれば、解散に踏み切られるのではないかという見方もあります。立憲民主党の枝野代表は「受けて立つ」と強気の姿勢を示していますが、実際には選挙準備は整っておらず、野党内でも温度差があるのが現状です。
憲法改正へ「大連立」構想の波紋
無料
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 憲法改正へ「大連立」構想の波紋 今週のよるバズは... ■自民党の下村憲法改正推進本部長が示したある提案。「大連立を組むとか大技を使わないと憲法改正は難しい」改憲実現のためには、日本維新の会など前向きな野党との連立政権も考える必要があるという。先月、安倍総理は来年中に改正憲法を施行するという目標に変わりはないと強調した。しかし、今国会では改正の具体的内容についての議論が全くできていない。一方、維新の会創設者の橋下徹氏は「安倍総理が実現を強く願っている憲法改正に協力するための行動を起こすべきだ」と連立相手に名乗りを上げるような発言。今後、「安倍改憲」の成否を占うのは衆議院解散による同日選もささやかれる夏の参院選挙。維新も含む改憲勢力が国会の発議に必要な3分の2議席を確保できるかどうか? ■立憲など野党3党が同性婚を認める民法改正案を国会に提出した。改正案では「異性又は同性の当事者間で婚姻が成立する」という条文を盛り込み、「夫婦」という文言を「婚姻の当事者」、「父母」を「親」に変更。また、同性婚カップルに特別養子縁組を認める内容も盛り込まれた。一方、自民党は「伝統的な家族制度や、結婚制度が崩壊する恐れがある」と同性婚に否定的な立場だ。憲法24条は「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と規定、それが違法の根拠となっている。