「竹 達 彩奈」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話 「ふがしとふがしと…」 「グリコとグリコと…」
無料
だがしかし 第4話 「ふがしとふがしと…」 「グリコとグリコと…」 ココノツが店に帰ると、目隠しをして両手を縛ったほたるが床を這っていた。驚いて何事か問いただすココノツに、ほたるは「利きふがし」勝負をしようと言い出す。いつもようにほたるのペースにハマり、ココノツも目隠し両手拘束でイザ!勝負に挑む!
第7話 「夏祭りとほたると…」 「夏祭りとサヤと…」
だがしかし 第7話 「夏祭りとほたると…」 「夏祭りとサヤと…」 夏祭りを明日に控え、ココノツは毎年出店しているもんじゃ焼きの屋台を設営するため、ヨウと共に神社へ来ていた。そこで偶然ほたるに出会い、『もんじゃ焼き』と駄菓子屋の深い繋がりを聞く。そして、ほたるがお祭りに行った事がないと知り…。
第11話 「コーラガムとヨウと…」 「都こんぶとラムネと…」
だがしかし 第11話 「コーラガムとヨウと…」 「都こんぶとラムネと…」 ある日、ココノツは何気なくヨウをスカウトしにきた理由をほたるに訊ねる。その理由を見せてあげると言うほたるに従い、ココノツは、ほたるとその場にいたサヤと共に、憩い場の段ボールに隠れてヨウの様子を観察する事にする。
ソードアート・オンライン Extra Edition
ソードアート・オンライン Extra Edition ソードアート・オンライン Extra Edition クジラが見たいというユイのために《ALO》での水中クエストに挑むことになったキリトたち。しかしここで驚愕の事実が。以外にもリーファ……直葉は水が苦手だったのだ。アスナたち女性陣は、現実世界のプールで直葉の水泳特訓をすることに。一方同じ頃、キリトはある人物と対面していた―――。
第1話 「うまい棒とポテフと…」 「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」
無料
だがしかし 第1話 「うまい棒とポテフと…」 「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」 駄菓子屋の息子・鹿田ココノツは、将来漫画家になることを夢みている。だが、父・鹿田ヨウに店番を押し付けられ、漫画を描く時間を奪われてばかり。そんなある日、枝垂ほたると名乗る少女が現れ、ココノツに「キングオブ駄菓子と言えば!?」と唐突に問うのであった。
第2話 「きなこ棒と生いきビールと…」 「フエラムネとめんこと…」
無料
だがしかし 第2話 「きなこ棒と生いきビールと…」 「フエラムネとめんこと…」 ココノツに店を継がせるためヨウと結託したほたる。さっそく駄菓子の魅力を披露しようと『きなこ棒』を実食する。ココノツに黄粉を零さず食べる方法があると息巻くほたるだったが見事に咽て撃沈。一息ついたところで、『生いきビール』で乾杯しようと言いだすが…。
第3話 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」 「ボンタンアメとセブンネオンと…」
無料
だがしかし 第3話 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」 「ボンタンアメとセブンネオンと…」 真夏日。ほたるによって店のエアコンを切られ、なぜか豆も交え『ブタメン』を食べる事になったココノツ。猛烈な暑さに意識は朦朧、「これはいかん!」とほたるを説得して再びエアコンをつけることにしたが、なんとエアコンの電源は入らずで…。
第5話 「ビンラムネとベビースターラーメンと…」 「ヤッターめんとすっぱいぶどうにご用心!と…」
無料
だがしかし 第5話 「ビンラムネとベビースターラーメンと…」 「ヤッターめんとすっぱいぶどうにご用心!と…」 真夜中。ココノツは店内で謎の粉を取引するほたるとヨウを目撃する。粉の名前は『ビンラムネ』。その美味しさゆえに『ビンラムネ』中毒に陥っていたヨウは、「きれいな体で戻ってくる」とココノツに言い残し、出頭さながら店を出て行くのであったが…。
第6話 「超ひもQとおはじきと…ときどきまけんグミ」 「ヨーグレットとココナツと…」
無料
だがしかし 第6話 「超ひもQとおはじきと…ときどきまけんグミ」 「ヨーグレットとココナツと…」 ほたるに呼ばれ、寺で〝遊びを許された駄菓子〟で遊ぶ事になったココノツ、サヤ、豆。遊びの才能があるサヤは、『超ひもQ』では東京タワーをつくり、『おはじき』をすれば高い取得率と他の三人を圧倒していく。そんなサヤに、ほたるはある提案をするのだが…。
第8話 「超怖い話ガムと台風と…」 「けん玉とプチプチうらないチョコと…」
だがしかし 第8話 「超怖い話ガムと台風と…」 「けん玉とプチプチうらないチョコと…」 『シカダ駄菓子』で、ココノツ、ほたる、サヤに怪談話を聞かせる豆。恐ろしさのあまり悲鳴をあげるサヤ。だが、対照的にほたるは全く怖がる様子がない。なぜなら話のオチを知っていたからだ。実は豆が話していた怪談は、『超怖い話ガム』のお話だったのだ。
第9話 「わたパチとうんチョコと…」 「さくら大根とたまごアイスと…」
だがしかし 第9話 「わたパチとうんチョコと…」 「さくら大根とたまごアイスと…」 いつもと違い元気がないほたる。なぜなら口内炎ができてしまったからだ。ちょうど店に来ていたサヤは、口内炎の理由を駄菓子の食べすぎだと指摘するが、ほたるは「ストレス」、「寝不足」と誤魔化し、その上『わたパチ』を食べるという暴挙に出てしまう。
第12話 「食べるんですHiとさくらんぼの詩と…」 「森永ミルクキャラメルとサクマ式ドロップと…」
だがしかし 第12話 「食べるんですHiとさくらんぼの詩と…」 「森永ミルクキャラメルとサクマ式ドロップと…」 橋の上でほたると〝恋の味〟について話していたサヤは、橋の下で〝モテ道〟を語るココノツと豆に気付く。男二人でバカ話をしていると笑うサヤ。だが、ほたるはココノツを見ると意味ありげな表情になり、ココノツもまた、ほたるを見つめてぎこちない表情をする…。
#3 ベーゴマと追憶と…
だがしかし2 #3 ベーゴマと追憶と… ベーゴマで遊ぶココノツと豆。なかなかうまくいかない。するとそこにバケツを抱えたほたるが登場。いきなりスカートをはずし、バケツにかぶせてベーゴマの台を作った。ベーゴマ道を極めたと自ら言うほたるは、ベーゴマのうんちくを語りつつココノツ達に勝負を挑むのだが……。
第10話 「駄菓子じゃねぇか!」
だがしかし 第10話 「駄菓子じゃねぇか!」 ここ数日ほたるが店に現れない。不審に思ったココノツはサヤに連絡、『喫茶エンドウ』にも最近ほたるが来ていないことを知る。心配したサヤと一緒にほたるの家を訪ねる事にしたココノツ。インターホンを何度か押してやっと出て来たほたるは、マスク姿でフラフラ状態だった。驚くサヤに「大丈夫…」と幽けき声で応えるほたる。だが、ココノツの姿を見るとなぜか驚愕し、その場に倒れてしまう。ワケのわからないココノツは、ひとまずほたるを布団に寝かせると、目を覚ますまで待つのだったが…。
#9 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #9 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」 花火大会の後から黒猫と連絡が取れなくなった京介。黒猫から見せられたノートの文字が気になって仕方がない中、学校に行くと、黒猫が京介に何も言わずに転校していた事を知ることとなる。事実を受け止められず、うなだれる京介は、その夜、桐乃に人生相談を持ちかける…。
#10 「俺の妹がウエディングドレスを着るわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #10 「俺の妹がウエディングドレスを着るわけがない」 京介と黒猫が付き合っていたことを知ったあやせは自分の部屋に京介を呼び、そのことを問い詰めていた。そこからしばらく経ったある日、あやせに麻奈実から連絡があり、京介たちが別れたことを知らされる。自分のせいだと思い込んだあやせは、京介に電話をかけ…。
#13 「妹が兄に恋なんてするわけない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #13 「妹が兄に恋なんてするわけない」 さかのぼること8年前。京介が家に帰ってくると、桐乃が泣きながら走ってくる。桐乃が壊れた人形を両手で差し出すと、京介は自信満々に笑いかけ、その人形を修理し始める。心配そうに見つめる桐乃だったが、いとも簡単に直してしまう。そんな京介を当時の桐乃は憧れていた…。
#1 ビッグカツとペペロンチーノと…
無料
だがしかし2 #1 ビッグカツとペペロンチーノと… 木枯らし吹くころ、荒れ果てたシカダ駄菓子の前でココノツは数ヶ月前を振り返る。  それはまだ暑い夏の日、お昼のメニューを考えながら「とんかつ……」と呟いたココノツの前に、その言葉に召喚されたようにほたるが現れ、駄菓子揚げ物界のレジェンド「ビッグカツ」の誕生秘話を語りだしたのだった。
#4 ホームランバーと花火大会と…
だがしかし2 #4 ホームランバーと花火大会と… 花火大会の日、真剣にアイスボックスを覗き込むほたる。今日こそホームランバーの当たりを引こうとしていたのだ。皆で花火に行こうと言われていたココノツは「花火を見に行こう」とほたるを誘うが、返ってきたのは「2人で?」という言葉。否定できぬまま、ココノツはほたるを乗せて自転車を漕ぎだした。
#6 ビニコンと求人情報誌と…
だがしかし2 #6 ビニコンと求人情報誌と… コンビニに視察に行くココノツ・サヤ・豆。出迎えたのはやたらテンションの高い店長、紅豊だった。コンビニには似つかわしくない高級洋菓子をならべ自慢する紅豊。それを聞いたココノツは、つい「駄菓子のような安いものの方が、客が喜びます」と言ってしまう。
#10 紋次郎いかと漫画原稿と…
だがしかし2 #10 紋次郎いかと漫画原稿と… インターネットで注文を受け、病院に駄菓子を届けに行くココノツとハジメ。尋ねた病室にいたのは父ヨウだった。送り主もわからぬまま好物の「紋次郎いか」を食べるヨウ。その帰り際、「最近マンガ書いてんの?」とヨウに聞かれ、ココノツは仕事に追われマンガを書いてないことに気付いた。
#11 ホームランバーの当り棒と雪と…
だがしかし2 #11 ホームランバーの当り棒と雪と… 出張マンガ審査会に間に合うよう、皆の協力を得てマンガを描き上げるココノツ。早速審査会に行くが、編集者から戻ってきた言葉は辛辣だった。「いったい何やっているんだろう……」と落ち込むココノツ。さらにその帰り道、雪で電車が止まる。駅の待合室で悶々とするココノツ。そこのあらわれたのは……。
#12 ただいまとおかえりと…
だがしかし2 #12 ただいまとおかえりと… ほたると再会し、つい自分の弱さをさらけ出してしまうココノツ。落ち込んだココノツの前にほたるが差し出したのは、「スーパーマリオくんコミックガム」。それを読んでつい笑ってしまうココノツ。「ブタメン」を食べつつ、駅の待合室でほたると過ごすココノツ。不思議でやさしい一夜がすぎて行く。
#03 問題は山積み
無料
五等分の花嫁 #03 問題は山積み 三玖と打ち解けた風太郎は、この調子で他の五つ子とも仲良くしようと勉強会を開く。 そこへ風太郎のことが気に食わない二乃が、邪魔に入ってきた! 風太郎を助けたい三玖が、負けたら邪魔をしないことを条件に二乃と料理対決をすることになり…
第9話 何かありそうで何もなさそうな日
ゆるゆり♪♪ 第9話 何かありそうで何もなさそうな日 『生徒会長の松本りせ、あらすじやります。 今回は、一人で頑張る。 大丈夫、会長だから。むん。 ええと、9話も楽しそう、みんな。 楽しいのはいいね、好き。 うん、楽しいのが一番。 ふう……いっぱい喋って疲労困憊。 じゃあ、西垣先生と爆発してくるね。』
#3 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #3 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」 サプライズのために訪れた沙織のマンションの入り口で、沙織の部屋番号がわからないことに気づいた京介と、それを責める桐乃と黒猫。そんな3人の前に、お嬢様の気品漂う美少女が登場する。京介たちに気づいた途端、顔を覆い、しゃがみ込んでしまったその少女の声は、彼らのよく聞き覚えのあるものだった。
第5話 迷い猫、泣いた
迷い猫オーバーラン! 第5話 迷い猫、泣いた 新しいパティシエール希の評判もあって、連日大賑わいのストレイキャッツ。 乙女が人助けで家を空けているため、巧たちは毎日大忙し。 そのため、千世の宣言した「サークル活動」は活動を開始する間もなく、いきなり座礁してしまう。ぽつんと一人取り残され、寂しさを感じる千世。 そんな彼女の前に、たおやかに微笑む一人の少女が現れた。 それは竹馬園夏帆。 千世の悩みを聞いた夏帆が、彼女の耳元で囁く。 「それでしたら……」
第9話 「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第9話 「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」 ここ数日、妙にそわそわとしている桐乃。その原因は、注文した妹ゲームが届かないことだった。ようやく届いたゲームにテンションMAX状態になる桐乃。一方、そのころ黒猫は自宅で妹の世話をしていた……。 桐乃、京介、黒猫、沙織、あやせ達のある一日を描く。
#1 「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #1 「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」 留学先のアメリカから、京介に連れ戻される形で帰国した桐乃は、再会に沸く新垣あやせをはじめとする友人たちに囲まれ、次第に日常を取り戻していく。対照的に、一年前の関係に戻ったかのように自分を無視し続ける桐乃の態度に釈然としない京介。そんな京介に対し、桐乃は…。
#5 「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #5 「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」 桐乃から彼氏になってほしいという告白をされ戸惑う京介。しかしそれには理由があった。正確には彼氏のふりをしてほしいという要求だったのだ。桐乃の彼氏として、街中をデートすることになった京介だが、その途中でさまざまな人たちに目撃されてしまい…。