「米中貿易摩擦 影響」の検索結果

今すぐ視聴する

米中貿易摩擦が業績直撃 日本企業には厳しい状況
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 米中貿易摩擦が業績直撃 日本企業には厳しい状況  4月から6月の国内企業の決算がほぼ出そろいました。アメリカと中国の貿易摩擦が激しさを増し、製造業の業績を悪化させています。  三菱電機・皮籠石斉常務:「米中貿易摩擦、中国への景気の影響、こういったところがジワジワと少し広がってきている」  日本製鉄・宮本勝弘副社長:「中国の影響が広まってきている。さらに先も厳しい」  4月から6月までの東証1部上場企業全体の営業利益は、去年の同じ時期に比べて10%近くマイナスです。電機や自動車など製造業の純利益は3割近く減っています。さらに、円高が進んでいるためトヨタが業績予想を下方修正するなど、この先も日本企業に厳しい経済状況が続きそうです。
ティファニーが“男性向け”開拓 米中対立の影響で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ティファニーが“男性向け”開拓 米中対立の影響で  アメリカの高級宝飾店「ティファニー」が男性向けの新たな商品を販売します。米中貿易摩擦の影響で売り上げが低迷するなか、新たな顧客層を掘り起こします。  ティファニーは15日、ネックレスやブレスレットなど新たな男性向けの商品を10月に発売すると明らかにしました。ティファニーが幅広い品ぞろえの男性向けコレクションを展開するのは初めてです。ティファニーの今年第1四半期の世界的な売上高は去年の同じ時期に比べて3%落ち込み、純利益は12%減少しました。米中の貿易を巡る報復合戦で中国に輸出した商品の関税が引き上げられたほか、中国人の観光客が減ってアメリカでの観光客関連の売り上げが25%減少したことなどが要因です。ティファニーは今後も厳しい環境が続くとみていて、新たな顧客の掘り起こしを図ります。
機械受注が過去最高の伸び率 景気判断は据え置き
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 機械受注が過去最高の伸び率 景気判断は据え置き  設備投資の先行指標とされる6月の機械受注統計が比較できるなかで過去最高の伸び率となりました。  内閣府によりますと、6月の受注額は9603億円で前の月より13.9%増え、2カ月ぶりのプラスとなりました。伸び率は比較できる2005年以来で最高です。鉄道車両の大型案件や電機、情報通信などで受注が増えました。ただ、先月がマイナスだったことを考慮して、景気の基調判断は「持ち直しの動きがみられる」に据え置きました。また、7月から9月の見通しについては米中貿易摩擦などが企業の設備投資に与える影響も懸念され、6.1%の減少を見込んでいます。

おすすめの作品

平均株価 一時600円超値下がり NY大幅下落受け
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 平均株価 一時600円超値下がり NY大幅下落受け  6日朝の東京株式市場は午前9時の取引開始直後から日経平均株価が値下がりし、下げ幅は一時、600円を超えました。5日のニューヨーク株式市場で米中貿易摩擦の激化を懸念してダウ平均株価が今年最大の下落となったことを受けて、売りが先行しています。
政府と日銀が緊急会合 米中摩擦で急激な円高・株安
最新の経済ニュース【随時更新】 政府と日銀が緊急会合 米中摩擦で急激な円高・株安  米中摩擦の再燃による急激な円高・株安を受け、緊急会合です。  アメリカが中国に追加の関税をかけるとして米中貿易摩擦への懸念が再び高まっていることから平均株価は先週末に比べて一時、500円以上値を下げ、為替も1ドル=105円台と7カ月ぶりの円高水準になっています。マーケットの動揺が続くなか、政府と日銀は緊急会合を開いて「過度な為替の変動は経済にマイナス」として、警戒を続ける姿勢を示しました。
長期金利が約3年ぶりにマイナス0.2%まで低下
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 長期金利が約3年ぶりにマイナス0.2%まで低下  長期金利が約3年ぶりにマイナス0.2%まで低下しました。  5日の東京債券市場で、長期金利と呼ばれる10年物国債の利回りが一時、マイナス0.2%まで低下しました。2016年7月以来、約3年ぶりの低い水準です。米中貿易摩擦が再燃したことで世界経済の先行きに警戒感が広がり、安全資産とされる国債が買われて長期金利の利回りが低下しました。日銀は現在行っている超低金利政策で長期金利がマイナス0.2%程度まで下がることを容認していますが、これ以上、下がった場合にどのような対応を取るのか注目が集まっています。
米最大の貿易港で中国製品の“駆け込み輸入”が急増
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米最大の貿易港で中国製品の“駆け込み輸入”が急増  アメリカと中国の貿易摩擦が続くなか、トランプ政権による来月1日からの追加関税の発動を前に、アメリカ最大の貿易港では中国製品の“駆け込み輸入”が急増しています。  アメリカ・ロサンゼルス港の7月の貨物の輸入量は元々、中国製品が50%以上を占めるなか、さらにアメリカの小売業者などが駆け込みで中国製品を輸入する動きが加速して8.7%増加しました。一方の輸出量は、ロサンゼルス港から中国へと空の状態で戻されるコンテナが急増して4%減少しています。米中貿易摩擦のなか、アメリカ最大の貿易港で中国製品の輸入が増えている事態に、地元メディアは「トランプ政権の予想とは逆の効果だ」と分析しています。
米中摩擦で円高株安進む「今月中は厳しい局面続く」
最新の経済ニュース【随時更新】 米中摩擦で円高株安進む「今月中は厳しい局面続く」  米中貿易摩擦への懸念から円相場は7カ月ぶりに1ドル=105円台まで円高が進み、東京株式市場でも日経平均株価が一時、500円以上下落しました。  日経平均株価は先週末より366円安い2万720円で5日の取引を終えました。アメリカのトランプ大統領が中国に第4弾となる追加の関税をかけると表明したことで再び米中の貿易摩擦が激しさを増すという懸念から外国為替市場で安全資産とされる円が買われ、7カ月ぶりに1ドル=105円台の円高になりました。また、この急激な円高で輸出関連企業を中心に株が売られ、平均株価は一時、500円以上値下がりしました。市場関係者は「少なくとも今月中は厳しい局面が続く」とみています。
株価 一時600円超下落 米中貿易摩擦 NY大幅下落
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 株価 一時600円超下落 米中貿易摩擦 NY大幅下落  東京株式市場の日経平均株価は6日も大幅に値下がりして取引が始まり、下げ幅は一時、600円を超えました。  現在、日経平均株価は5日より427円安い2万292円で取引が続いています。アメリカと中国の貿易摩擦のリスクが高まり、5日のニューヨーク市場でも世界的な株安の流れは止まりませんでした。ダウ平均株価は今年最大の下げ幅を記録し、767ドル安の2万5717ドルまで下げました。外国為替市場では6日になっても1ドル=105円台の円高基調が続いて、東京株式市場では輸出関連株を中心に売りが集まり、平均株価は一時、5日の終値よりも600円以上、値下がりしました。この3日間での下げ幅は1200円以上になります。
ファーウェイ スマホなどの基本ソフトを独自開発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ファーウェイ スマホなどの基本ソフトを独自開発  米中貿易摩擦の長期化に備え、中国の通信機器大手「ファーウェイ」はスマートフォンなどに搭載する基本ソフトを独自開発したと発表しました。  ファーウェイは9日、中国南部の広東省での発表会で独自の基本ソフト「鴻蒙(ホンメン)」を開発したと発表しました。今後、発売するスマートフォンなどに搭載されるということです。アメリカによる制裁によって、グーグルのOS(基本ソフト)「アンドロイド」が利用できない恐れがあり、対抗措置に出た形です。ファーウェイは「アンドロイドが使えなくなった場合は、いつでも鴻蒙を使う」と将来的にファーウェイのすべての端末に独自開発したOSを搭載すると明らかにしました。また、今後3年以内に自動運転などの分野にも応用させていきたいということです。
台風9号は3連休に影響? 10号は関東に影響も…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風9号は3連休に影響? 10号は関東に影響も…  きょうの「633天気」はこちら、「台風9号は3連休に影響? 10号は関東に影響も…」です。
台風10号の影響は? 千種ゆり子の関東天気のタネ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風10号の影響は? 千種ゆり子の関東天気のタネ  台風10号はゆっくりと北上しています。この台風、今までよりもむしろ日本に近付くにつれて発達して、940ヘクトパスカルと危険なレベルで西日本に接近・上陸する恐れがあります。西日本では、交通機関にも大きな影響が出そうです。  今2つのシナリオがあって関東への影響は2つに分かれそうです。まずは、予報円の西側と負った場合。西にいけばいくほど関東は雨や風の影響は少ないです。ただ、関東では猛暑が続きます。一方、より東側、関東に近い所を通るほど関東には雨の影響がありそうです。台風の外側の雨雲が関東に掛かって積乱雲が発達します。竜巻など発生する恐れもあります。  それがいつなのか、お盆休みの予報を見ますと、東京は15日から16日に雨マーク、これが台風の影響です。まず、降るのは短い時間で局地的に強まるタイプの雨ゲリラ雷雨のような降り方になる恐れがあります。  では、その他の全国各地のお盆休みの天気をお伝えします。台風の影響は、九州や近畿では14日から出てきます。今の所、14日の夜から15日にかけて大荒れの天気に警戒が必要です。
各地で高速道路の混雑続く 台風10号の影響は?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 各地で高速道路の混雑続く 台風10号の影響は?  お盆休みを行楽地などで過ごす人たちで高速道路は13日も朝から混雑が続いています。空の便では今後、台風10号の影響で欠航便なども出るとみられます。  日本道路交通情報センターによりますと、午前10時現在、関越道下りは埼玉県の鶴ヶ島ジャンクションで大型バスと乗用車の事故の影響もあり、2車線規制になっていて15キロの渋滞となっています。また、中央道下りでは東京の日野バス停付近で15キロの渋滞が発生しています。台風10号の影響もあって都心などに向かう渋滞は予想よりも早まり、14日にもピークが見込まれます。一方、空の便では現在、台風10号の影響は出ていませんが、今後、台風の進路によって遅延や欠航が出ることも予想されます。