「経済 ニュース 最近」の検索結果

今すぐ視聴する

札幌市で70代男性感染 発症者との接触や渡航歴なし
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 札幌市で70代男性感染 発症者との接触や渡航歴なし  札幌市で新たに1人が新型コロナウイルスに感染していると確認されました。70代の男性会社員で、札幌市内で発症した人との接触はなく、最近海外へは行っていないということです。
和歌山県で感染確認の50代男性は病院勤務の医師
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 和歌山県で感染確認の50代男性は病院勤務の医師  和歌山県によりますと、和歌山県内でコロナウイルスへの感染が確認された50代男性は医師で、1日から微熱が続き、8日に肺炎と確認。13日、陽性と分かったということです。県によりますと、男性は最近中国に渡航しておらず、中国人との接触も「明らかなエピソードはない」としています。
福岡市で初の感染者 行動歴や感染経路を調査
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 福岡市で初の感染者 行動歴や感染経路を調査  60代の日本人男性の新型コロナウイルスの感染が確認された福岡市が20日午前、会見を開きました。  福岡市・高島宗一郎市長:「福岡市内で初めて新型コロナウイルス感染症の患者が確認された。最近の海外の渡航歴はない」  福岡市によりますと、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは市内に住む無職の60代の男性です。中国をはじめ、最近の海外の渡航歴はないということです。せきの症状はないものの、13日から発熱があり、市内の医療機関を受診して自宅療養を指示されました。発熱が続くため19日に医療機関を再受診したところ、レントゲンで肺に影が確認されて感染症指定医療機関へ入院し、PCR検査の結果、20日未明に陽性が判明したということです。福岡市は男性の行動歴など調査中としています。
「さっぽろ雪まつり」観光も…熊本県で男性が感染
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「さっぽろ雪まつり」観光も…熊本県で男性が感染  熊本県でも新たに60代の男性が感染していることが確認されました。男性は15日から倦怠(けんたい)感や風邪の症状があり、19日に体温が38度6分になりました。検査の結果、陽性であることが判明しました。現在、せきや発熱の症状はあるものの、症状は重くないということです。男性の自宅は北海道にあり、母親の介護のために単身で熊本県で暮らしています。最近の1カ月に海外に行ったことはないということですが、2日から10日まで北海道で妻や友人と一緒にいて、その期間に「さっぽろ雪まつり」を観光したということです。
槇原容疑者の身柄移送へ 本格的な取り調べ始まる
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原容疑者の身柄移送へ 本格的な取り調べ始まる  歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。槇原容疑者の身柄が移送される東京湾岸署から報告です。  (社会部・尾崎圭朗記者報告)  槇原容疑者は東京湾岸署に身柄を移され、これから本格捜査が始まります。周辺には多くの報道陣が駆け付けて槇原容疑者の様子を捉えようとしています。最近ですと、去年11月に警視庁に逮捕され、先日、有罪判決を受けた沢尻エリカ被告もこの東京湾岸署に留置されていました。この東京湾岸署、留置施設は女性が4階、男性が3階にあるということです。槇原容疑者もこちらの3階に留置されるものとみられます。槇原容疑者、身柄が移され次第、これから本格的な取り調べが始まります。
大韓航空CAが新型コロナに 日本便搭乗は確認できず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大韓航空CAが新型コロナに 日本便搭乗は確認できず  客室乗務員が新型コロナウイルスに感染しました。  大韓航空は25日、客室乗務員1人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしました。今のところ、乗客や別の乗務員などへの感染は確認されていません。韓国メディアは、この乗務員が「イスラエル便とアメリカのロサンゼルス便に搭乗した」と伝えていますが、最近、日本便に搭乗していたかどうかについては確認されていません。大韓航空は、仁川(インチョン)にある乗務員の控え室の閉鎖や、主要な事務所に体温を確認するためのサーモグラフィーを設置するなど、対応を取ったと発表しています。大韓航空では武漢をはじめとする、中国便の運休や減便が続いていて、経営への影響も懸念されています。
槇原敬之容疑者 逮捕当日も自宅に危険ドラッグか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原敬之容疑者 逮捕当日も自宅に危険ドラッグか  歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚醒剤などを所持していたとして逮捕された事件で、逮捕当日に自宅から危険ドラッグとみられる液体の入った容器が押収されていたことが分かりました。  槇原容疑者の逮捕容疑は、おととしに東京・港区の自宅マンションで覚醒剤と危険ドラッグを持っていた疑いです。その後の捜査関係者への取材で、逮捕された今月13日にも危険ドラッグとみられる液体の入った容器が自宅から押収されていたことが分かりました。また、おととしに押収されたガラス製のパイプに槇原容疑者の唾液や微量の覚醒剤が付着していたことも分かりました。槇原容疑者は覚醒剤の使用について黙秘しています。警視庁は、槇原容疑者が最近になっても違法な薬物を使っていた疑いもあるとみて調べています。
芸舞妓のお茶運び中止 “接触する職業”対応に苦慮
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 芸舞妓のお茶運び中止 “接触する職業”対応に苦慮  新型コロナウイルスの影響で、京都で行われたお茶会では舞妓(まいこ)さんがお茶を運ぶことは中止されました。人と人とが“接触する職業”は対応に追われています。  京都の北野天満宮では梅の花が咲き誇るなか、毎年人気の伝統行事のお茶会が行われましたが、参加客はマスク。外国人だってマスク。皆並んでマスク。最近では、こんな光景ばかりが取り上げられます。毎年、芸舞妓さんがお茶をたてて運んでいましたが…。新型コロナウイルスの感染を警戒し、今年はマスク姿の担当者がお盆から取ってもらうスタイルで運んでいました。  お客様は神様。人と人が向き合ってなんぼの接客商売。対面接客の対策のなかでも激せま空間で行われていた占いです。客と占い師との距離は約1メートル。かなり近距離です。タロットカードなど直接の接触が気になりますが…。  占いに来た客:「(Q.個室での占い心配ではない?)占ってもらいたいという思いが強かったので、無理してでも来ました」  そんな強い思いに応えるため、占いの館ではテーブルや椅子などは1人ごとに除菌。しかし現在、店全体で客は2割減少しました。そうしたなか、最近増えたのが…。客との接触のない電話占いが人気だといいます。電話で聞き取りながらタロットカードなどで占ってくれるといいます。  東京・新宿で大人気の天然温泉施設「テルマ-湯」。お湯は塩素消毒されていて問題はないそうですが、普段より外国人客が減少。そうしたなか…。  東京・新宿区にあるエステでも新型コロナウイルスの対策をしっかりし…
クルーズ船から高齢者ら一部下船 残された乗客は
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 クルーズ船から高齢者ら一部下船 残された乗客は  国内での感染が拡がるなか、集団感染が起きているクルーズ船では一部の乗客の下船が始まりました。  集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」。14日に下船したのは80歳以上の高齢者など約10人。すぐに帰宅はできず、今度は政府が用意した施設でしばらくの間、滞在するということです。依然、船内待機を強いられている乗客は…。  クルーズ船の乗客:「誰がなってもおかしくない…。皆(感染の)可能性がある。例えば夫婦で1人が(感染と)言われた時にはどうするとか、残された時はどうするとか話し合っていますね、最近は」  乗客の1人、79歳の男性は13日夜、77歳の妻と一緒にウイルス検査に必要な検体を採取されました。もし、感染が確認されなければ下船できる可能性もありますが、その場合、船内にとどまるか、または政府が管理する施設で潜伏期間が過ぎるまで待機するか、いずれかを選択することになります。  また、客室には意外なものが届きました。乗客に貸し出されたのは2000台のiPhone(アイフォーン)。薬の要望や医師への相談などのサービスが受けられるということです。
接骨院で現金がなくなる…お札に数字書いて犯人逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 接骨院で現金がなくなる…お札に数字書いて犯人逮捕  接骨院に行く度に現金がなくなることを不信に思った男性。この男性が思い付いたひらめきからスピード逮捕につながりました。  お札に字を書く。褒められた行為ではないのですが、今回は緊迫した捜査の鍵となりました。舞台となったのは愛知県大府市のうつのみや接骨院。ここの常連客だった54歳の男性は最近、奇妙な体験をしていました。去年12月から接骨院に通う度にお金がなくなるというのです。そんななか考えたのが字を書くこと。  5日に接骨院を訪ねる際、1万円札に番号を書いて施術中は財布に入れ、ベッドの下に置きました。すると、1と2の札がなくなっていたというのです。男性はすぐに被害届を出しましたが、施術中はウトウトしてしまうため犯行に気付かなかったといいます。しかし、1週間後となる12日、事態は急展開しました。  この日も通院日。警察も準備をしていました。すると、再び現金がなくなったというのです。もちろん警察は黙っていません。令状を見せて院内を捜索。すると、札の中に1と2の文字を見つけたといいます。  窃盗の疑いで逮捕されたのは、接骨院の経営者で40歳の宇都宮裕高容疑者。施術の際、ベッドの下に置かれた財布から現金を盗んだとされます。気になるのは札に字を書くことが許されるかという点ですが、男性は鉛筆を使っていたといいます。