「経済アナリスト」の検索結果

今すぐ視聴する

Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」~オッサンって一体何?~
無料
Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜【隔週土曜よる11時放送】 Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」~オッサンって一体何?~ 日本がダメなのはオッサンのせい?「謎の生物」オッサンの生態にSHELLY・りゅうちぇるが迫る2時間。セクハラ&パワハラ加害者が出演して若者・女性被害者と対決!熟年離婚されたオッサンは、離婚に踏み切った妻たちのキツイ言葉に思わずフリーズ... Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」は男子も女子もオッサンも見て結構!
トランプ氏“ファーウェイ排除”発動
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 トランプ氏“ファーウェイ排除”発動 今週のよるバズは... ■先週、中国製品22兆円分に対して報復関税第3弾に踏み切ったトランプ氏。今週、中国が米製品6.6兆円分の関税を引き上げる報復措置を発表すると、翌日、米側は残る中国製品33兆円分も引き上げる制裁第4弾を公表した。発動されれば、ほぼすべての中国製品が制裁の対象となる。中国も徹底抗戦の構えで、報復合戦がさらに激化すれば、米国のGDPが1%程度下がり、世界的な経済危機につながりかねないという指摘も。さらに、トランプ氏は中国通信機器大手、ファーウェイを米市場から締め出す大統領令に署名。来月、日本で行われるG20での習主席との首脳会談までに圧力をかけ、ディール(取引)を引き出す狙いか? ■今週、実父から性被害を受けた被害者らが刑法改正を訴えて、法務省に要望書を提出した。きっかけは今年の春、名古屋地裁岡崎支部が言い渡した、実の娘への準強制性交罪に問われた父親への判決。「性的虐待は中学2年から続いていて、女性の意思に反するもの」で、「同意は存在せず、極めて受け入れ難い性的虐待に当たる」と認定したが、「著しく抵抗が困難だったとは認められない」として無罪を言い渡したのだ。現行の刑法では、「同意のない性交」だけでは犯罪とならず、殴る蹴るの暴行や脅迫で「抵抗困難」だと認められなければ罰せられない。これには「今の判断は社会の理解を得られない」という声もある。今夜も2時間たっぷりお送りします!

おすすめの作品

輸出規制強化に韓国の経済副首相「撤回されるべき」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 輸出規制強化に韓国の経済副首相「撤回されるべき」  日本政府による韓国向け半導体材料などの輸出規制強化について、韓国の経済副首相は「撤回されるべきだ」と改めて主張しました。  韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は8日午前、経済閣僚会議の冒頭で「撤回」を訴える主張を展開しました。このなかで「グローバル経済全体に否定的な影響をもたらす恐れがある」と輸出規制による悪影響を強調しました。洪副首相は韓国の経済政策の司令塔役で、「国際社会との緊密な連携などを通じて積極的な対応を続ける」として、WTO(世界貿易機関)への提訴についても引き続き検討する姿勢を示しています。
イラン外相「制裁は経済的テロだ」米を厳しく批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン外相「制裁は経済的テロだ」米を厳しく批判  アメリカとイランの緊張が高まるなか、イランのザリフ外相がニューヨークの国連本部で演説し、「制裁は経済的テロだ」とアメリカを厳しく批判しました。  イランのザリフ外相は17日、アメリカのイランに対する経済制裁について「何の罪もない一般市民を狙い撃ちにした経済的テロリズムだ」と批判したうえで、国連決議違反だと訴えました。  イラン、ザリフ外相:「私はアメリカがイランに対し、経済戦争を仕掛けていると思う。トランプ大統領はイランの民間人を狙うと誇らしげに述べた」  さらに、緊張が高まっているホルムズ海峡情勢を巡って「ペルシャ湾にはいるべきではない軍艦が多く、とても危険な状態にある」とアメリカなどを牽制(けんせい)しました。
経済界は長期化懸念「痛み激しくなる前に」日韓関係
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 経済界は長期化懸念「痛み激しくなる前に」日韓関係  経済界からは日韓関係の今後について懸念の声が上がっています。  経済同友会・櫻田謙悟代表幹事:「早くこの問題を解決するような提案を韓国側からしっかりしてほしい。今は軽微だが、痛みが激しくなる前に解決してほしい」  経済同友会・宮田孝一副代表幹事:「(日韓両政府が)話して頂くことが大事だと思う。それはそれとして、民間はきっちりお付き合いをしていく。ウィンウィンのビジネスを続けていくことがロングランで日韓関係が良くなることにつながる」
財政健全化へ 経済同友会が独立機関の設立を提言へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 財政健全化へ 経済同友会が独立機関の設立を提言へ  経済同友会は日本の財政について、調査や分析をする独立機関の設立を求める提言案をまとめました。政府から独立した立場で財政の健全化を促す狙いです。  経済同友会は長野県軽井沢町で行ったセミナーで、日本の財政状況について「自分たちの世代さえ良ければいいという政治と社会にも問題がある」として、政府から独立して財政の健全化に向け、調査や分析をする「独立財政機関」の創設を盛り込んだ提言案を採択しました。経済同友会は秋にも政府に提言する方針です。
参院選あなたの選択は? 家計に影響「経済政策」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 参院選あなたの選択は? 家計に影響「経済政策」  12日のテーマは「経済政策」です。日本を活性化させるため、国が集めたお金をどのように使っていくか、というのが経済政策の重要なポイントです。各党がどのように考えているのか見ていきます。  まずは自民党です。いわゆるアベノミクスと呼ばれる政策ですが、例えるならこのようなシャンパンタワーです。国が大企業や富裕層を支援することで経済活動が活発になり、最終的には国全体に利益が行き渡ることを目指しています。  公明党は、このアベノミクスに加え、生活者優先の視点で「最低賃金の着実な引き上げを行う」としています。  続いて野党です。立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党で共通しているのが、国の支援を一番上からではなく、中小企業や家計に直接注ぐことで経済成長を実現する、また、富の再分配を行うということです。  立憲民主党は税の仕組みを変えて所得を再分配する。老後・子育てなどに投資すると訴えています。  国民民主党は富裕層に釣り合う負担をしてもらう企業活動の支援で手取りを増やすと訴えます。  共産党は格差と貧困を是正することを目指し、大企業を優遇する税の仕組みを変えるとしています。  社民党は社内にお金をため込んだ大企業への課税を強化すると訴えます。  日本維新の会は他の政党にはできない規制緩和を行って成長戦略を描き、財政再建を行うとしています。
「消費増税はいらない」世界注目の経済学者が来日
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「消費増税はいらない」世界注目の経済学者が来日  世界から注目を集める経済学者が来日し、「消費増税はいらない」と主張しました。  米ニューヨーク州立大学、ステファニー・ケルトン教授:「消費者が不安を抱いているとお金を使ってくれません」  財政赤字が増えても国が破綻することはないとするアメリカのケルトン教授は「物価が低迷する日本では消費増税の必要はなく、もっと公共事業にお金を使うべき」だと指摘しています。この考え方はMMT(現代貨幣理論)と呼ばれて世界で注目を集めていますが、麻生財務大臣はハイパーインフレを起こす恐れがあるなどとして否定的な考えを示しています。
貿易収支は8888億円の赤字…米中貿易摩擦で2期連続
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 貿易収支は8888億円の赤字…米中貿易摩擦で2期連続  アメリカと中国の貿易摩擦などの影響で、今年上半期の日本の貿易収支は2期連続の赤字となりました。  財務省が発表した1月から6月の貿易統計によりますと、1年前に比べて「輸出」は4.7%減少の38兆2404億円、「輸入」は1.1%減少の39兆1292億円で、貿易収支は8888億円の赤字でした。赤字は2期連続です。アメリカと中国の貿易摩擦などの影響で中国経済が減速し、半導体製造装置や自動車部品など中国向けの輸出が減少しました。今後は経済産業省が韓国に対して半導体の材料などの輸出規制を強化した影響も注目されます。
韓国 WTO理事会で日本の輸出規制の撤回求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国 WTO理事会で日本の輸出規制の撤回求める  韓国はWTO(世界貿易機関)の理事会で、日本の韓国への輸出規制について「政治目的で経済報復措置を取るのは不適切だ」などと主張し、規制撤回を求めました。  スイスのジュネーブで9日に開かれたWTOの理事会で、韓国は日本の輸出規制について意見を述べました。「日本の輸出規制が韓国だけを対象にしていて、政治目的で経済報復措置を取るのは不適切だ」などと主張し、自由貿易のルール違反だとして日本側に撤回を求めました。一方、日本側は安全保障上の輸出管理であり、簡略化した手続きを通常の手続きに戻すだけでWTOの合意に一致した措置だと反論しました。
中国GDP伸び“過去最低”に 米の追加関税が打撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国GDP伸び“過去最低”に 米の追加関税が打撃  中国の4月から6月までのGDP(国内総生産)が前の年の同じ時期と比べて6.2%の伸びとなり、経済成長は再び減速に転じました。アメリカによる追加関税が打撃となっています。  中国の国家統計局が発表した6.2%の伸び率は、四半期の成長としては統計でさかのぼれる1992年以来、最低です。中国経済は大規模減税など政府が景気対策をしたものの、今年3月までの2期連続で6.4%にとどまっていました。中国政府が今年の成長率の目標としている「6%から6.5%」の範囲内には収まっていますが、アメリカとの貿易摩擦などの影響によって中国国外への生産移転が進み、景気は停滞しています。
世耕大臣 韓国大統領発言に輸出規制「撤回考えず」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 世耕大臣 韓国大統領発言に輸出規制「撤回考えず」  日本政府が韓国に対して強化した半導体の材料などの輸出規制について、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が撤回と協議を求めたことに世耕経済産業大臣は応じない考えを示しました。  世耕経済産業大臣:「今回の措置は輸出管理を適切に実施するうえでの必要な日本国内の運用の見直し。協議の対象ではなく、撤回も全く考えていない」  韓国の文大統領は8日、日本政府が韓国への半導体の材料などの輸出規制を強化した措置に初めて言及し、「日本側の撤回と両国間の誠意ある協議を促す」などと述べました。これに対し、世耕大臣は今回の措置は「輸出管理を行ううえでの適切な見直し」と改めて強調し、撤回には応じない考えです。韓国には事務レベルで説明を行うとしています。