「統. 設楽」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

米民主党の副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米民主党の副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員  アメリカ大統領選挙で、民主党の副大統領候補に女性で黒人のカマラ・ハリス上院議員(55)が選ばれました。黒人女性として初めての副大統領候補となります。  大統領選挙でトランプ大統領に挑む民主党のバイデン前副大統領は11日、ハリス上院議員を副大統領候補に選んだと発表しました。元検察官のハリス氏は父親が黒人、母親がインド系の移民2世で、民主党の指名争いにも参戦して全米での知名度を上げました。
大統領選の「郵便投票」制限を示唆 トランプ氏
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大統領選の「郵便投票」制限を示唆 トランプ氏  アメリカのトランプ大統領は11月の大統領選挙で広く導入が検討されている郵便投票について、大統領令で制限する可能性を示唆しました。  トランプ大統領:「大統領令を出す権限がある。まだ決めてはいない。いずれ分かる」  トランプ大統領は郵便投票が民主党に有利に働くことを警戒していて、当日に投票所に行けない人が郵便投票を利用することには賛成したものの、一律で郵便投票を奨励すれば「大きな混乱につながる」と批判しました。アメリカでは複数の州が大統領選挙ですべての有権者に投票用紙を郵送することを決めています。ネバダ州でも同様の対応を定める法律が可決されたことを受け、トランプ大統領はネバダ州を訴える考えも明らかにしました。
トランプ大統領 激戦州で“コロナ対策”訴える
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 激戦州で“コロナ対策”訴える  トランプ大統領は11月の大統領選挙に向けて激戦州の一つであるオハイオ州を訪れ、重点公約として新型コロナウイルスの感染対策を行うと強調しました。  トランプ大統領:「まず『中国ウイルス』をやっつける。全方位からウイルスと戦い、皆さんが思っているよりも早く勝つ」  トランプ大統領は大統領選まで3カ月を切った6日、激戦州のオハイオ州を訪れて「重症化のリスクが低いとされる子どもの生活を取り戻す」と学校の再開を訴えました。トランプ大統領は重点公約に新型コロナ対策を掲げ、薬品の供給網を拡充させる考えも示したほか、11月の選挙の前後にワクチンが完成する可能性があると有権者にアピールしました。オハイオ州は前回の選挙で共和党のトランプ大統領が勝利しましたが、今回は民主党のバイデン前副大統領との接戦が伝えられています。
中国当局「台湾独立は袋小路」李元総統死去で初論評
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国当局「台湾独立は袋小路」李元総統死去で初論評  30日夜に亡くなった台湾の李登輝元総統に対し、蔡英文総統が「台湾に大きな損失」と哀悼の意を示した一方で、中国当局は「台湾独立は袋小路だ」と批判しています。  台湾の蔡総統は声明で「李元総統の台湾の民主主義推進への貢献はかけがえのないもの」と功績をたたえ、「死去は台湾に大きな損失です」と哀悼の意を示しました。台湾では李元総統の特別番組が放送されていて、追悼ムードに包まれています。一方、中国当局は初めてコメントを発表し、「李登輝病死の情報に接した」としたうえで、「台湾独立は袋小路であることを強調しておきたい」とコメントしました。台湾統一を目標とする中国は、民主化と独立志向を進めた李元総統に対して厳しい姿勢を取り続けてきました。
再選したら「北朝鮮とすぐ交渉する」トランプ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 再選したら「北朝鮮とすぐ交渉する」トランプ大統領  アメリカのトランプ大統領は11月の大統領選挙で再選を果たした場合、直ちに北朝鮮とイランとの交渉に入ると述べました。  トランプ大統領:「もし、11月の大統領選で勝ったら、直ちにイランと北朝鮮との交渉に入るだろう」  トランプ大統領は7日に行われた会見でこう述べ、北朝鮮もイランもアメリカと交渉をしたがっていると強調しました。また、「もし、バイデン氏が大統領になって中国と交渉したら、アメリカは中国に乗っ取られる」と述べ、中国への強硬姿勢をアピールしました。一方、新型コロナウイルス対策についてはアメリカ国内での死者数は16万人を超えていますが、トランプ大統領は「ウイルスは消え始めている」と持論を展開しました。
トランプ大統領が延期検討「G7は大統領選の後」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領が延期検討「G7は大統領選の後」  アメリカのトランプ大統領は、今月にワシントンで予定されているG7首脳会議を11月の大統領選挙後に延期することを検討中だと明らかにしました。  トランプ大統領:「まだ各首脳に招待状は出していない。11月の大統領選挙以降への延期に傾いている」  G7首脳会議についてトランプ大統領は、これまで通りにホスト国として各首脳を迎え入れ、対面形式での開催に意欲を示していました。しかし、アメリカをはじめ、世界的に新型コロナウイルスの収束にめどが立たず、当初、開催予定だった6月に続いて再び延期を迫られる形となりました。
支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆  アメリカのトランプ大統領は自身のツイッターで11月の大統領選挙の延期を示唆しました。  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月の大統領選挙では郵便投票の必要性が指摘されていますが、トランプ大統領は自身のツイッターで「郵便投票になればこれまでで最も不正確な選挙になりかねない」と述べました。そのうえで「適格かつ安全に投票ができるようになるまで大統領選挙を延期してはどうか」との考えを示しました。世論調査で民主党のバイデン前副大統領のリードが伝えられるなか、新型コロナを理由に自身の支持率回復まで選挙を延期したい思惑があるものとみられます。
大統領権限で経済対策発動 議会の調整難航尻目に…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大統領権限で経済対策発動 議会の調整難航尻目に…  アメリカのトランプ大統領は失業給付金の上乗せなどを柱にした新型コロナウイルスへの追加の経済対策を大統領の権限で発動しました。  トランプ大統領:「このパンデミックを終わらせ、史上最高の経済を目指す」  追加対策には失業給付金に週400ドルを上乗せする措置や、学生ローンの利払い猶予などが盛り込まれました。失業給付を巡る調整が議会で難航するなか、大統領選挙に向けて景気の回復を急ぐトランプ大統領が大統領の権限で追加対策を決めました。ただ、予算の編成権は議会にあることから、裁判で差し止められる可能性もあります。
トランプ大統領が会見を中断 付近で捜査官が発砲
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領が会見を中断 付近で捜査官が発砲  アメリカのトランプ大統領の記者会見の最中にホワイトハウス近くで発砲があり、トランプ大統領が警護官に促されて途中退出する一幕がありました。  トランプ大統領の会見の最中にホワイトハウス近くの路上で発砲がありました。発砲はシークレット・サービスの捜査官が容疑者に対して行ったもので、容疑者は病院に運ばれたということです。事件の詳細は明らかになっていませんが、トランプ大統領は警護官に促されて会見場から大統領執務室に一時避難しました。その後、安全が確認されるとトランプ大統領は記者会見を再開し、事件について「私に対するものではなさそうだ」としています。
米・民主党副大統領候補 黒人女性のハリス氏に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米・民主党副大統領候補 黒人女性のハリス氏に  11月に迫ったアメリカの大統領選挙で、民主党の副大統領候補に黒人女性として初めてカマラ・ハリス上院議員(55)が選ばれました。  民主党のバイデン氏は11日、ハリス氏を副大統領候補に選んだと発表しました。元検察官のハリス氏は父親がジャマイカ系、母親がインド系の移民2世で、黒人女性の副大統領候補は初めてです。3カ月を切った選挙戦で、今後、女性や多様な人種にアピールする狙いがあるとみられます。ハリス氏は自身のツイッターで「とても光栄に思う。バイデン氏を大統領にするために私は何でもやる」と決意表明をしました。  トランプ大統領:「私にはドラフト1位候補で好都合だ。予備選で2%の支持率しか獲得できず、資金使い切った彼女が選ばれたのは驚きだ」  一方のトランプ大統領は余裕を見せつつ「ハリスは増税派で、軍事費も削減しようとしている」と批判しました。