「群馬 事故」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

志賀草津道路の一部開通 警戒レベル2で例外的
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 志賀草津道路の一部開通 警戒レベル2で例外的  群馬県の白根山で噴火警戒レベル2が続くなか、ゴールデンウィークを前に群馬県草津町と長野県を結ぶ国道の通行止めが解除され、安全祈願祭が行われました。  群馬県の白根山では噴火警戒レベル2が続き、火口から半径1キロ以内への立ち入りが規制されています。草津町や長野県志賀高原を通る国道292号は、規制の範囲内にある一部の区間で通行止めとなっていました。草津町と群馬県は新たに国道沿いにシェルターを3カ所設けるなど、安全対策の確認ができたとして、夜間の通行止めや駐停車禁止などを条件に19日午前10時から通行止めを解除しました。通行する車両にはチラシを配り、警戒を呼び掛けます。オープンカーやオートバイなどは通行できません。
草津白根山で防災協議会 国道292号条件付き通行可
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 草津白根山で防災協議会 国道292号条件付き通行可  火山の専門家や群馬県などでつくる草津白根山の防災協議会は、火口から700メートルの位置を走る国道292号の通行を条件付きで認める方針を決めました。  白根山の噴火警戒レベルは去年9月にレベル1から2に引き上げられ、火口から半径1キロが立ち入り規制されています。群馬県の草津町や長野県の志賀高原を通る国道292号は一部区間がこの範囲にかかるため、通行止めとなっています。国道292号について、防災協議会は「駐停車はしない」「夜間の通行は禁止」などの条件付きで、警戒レベルが2のままでも規制を解除する方針を決めました。会議のなかで、気象庁や火山専門家は白根山の活動が依然として活発であると主張しましたが、草津町と群馬県が規制の解除を判断しました。今後は群馬県が条件と安全対策を確認したうえで最終判断する予定です。
わずか5日で撤回…白根山周辺の規制解除を取り消し
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 わずか5日で撤回…白根山周辺の規制解除を取り消し  条件付きで認められた警戒区域の通行がわずか5日で撤回です。  噴火警戒レベル2が続いて火口周辺の立ち入りが制限されている群馬県の白根山で、群馬県草津町と群馬県は警戒区域内の国道292号について19日から条件付きで通行を認めました。ANNの取材では、道路の西側で「すべての車を止め、危険を訴えるチラシを配布する」という条件が満たされていませんでした。委託を受けた業者が配布場所の見通しが悪く危険だとして、配布を中止していました。さらに、本来は通行が認められない布製のほろを付けたオープンカーも走っていました。  草津町・黒岩信忠町長:「今、指摘されて驚いたんですけど、申し訳なかったと思います。早急に改善します」  東京工業大学・野上健治教授:「大前提が崩れているので、それはちょっと承服できないですね」  群馬県は安全管理が不十分だった可能性があるとして、24日朝から再び通行止めにしました。改めて安全管理を強化したうえで、早ければ25日にも通行止めを解除する見込みです。
“警戒中”白根山付近の通行止めを条件付きで解除へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “警戒中”白根山付近の通行止めを条件付きで解除へ  ゴールデンウィークを前に、例外的に通行止めが解除されました。  群馬県の白根山では噴火警戒レベル2が続き、火口から半径1キロ以内への立ち入りが規制されています。群馬県草津町や長野県志賀高原を通る国道292号は、規制の範囲内にある一部の区間で通行止めとなっています。草津町と群馬県は夜間の通行止めや駐停車禁止などを条件に、19日から通行止めを解除すると発表しました。しかし、火山の専門家からは「半径1キロの立ち入り規制は守ってほしい」と反対意見も出ています。
警戒レベル2の白根山 規制解除の条件一部守られず
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警戒レベル2の白根山 規制解除の条件一部守られず  先週に通行規制が解除された群馬県の白根山近くを通る国道で、解除の条件の一部が守られていなかったことが分かりました。  白根山は噴火警戒レベル2が続き、火口から半径1キロ以内の立ち入りが制限されています。群馬県と群馬県草津町は警戒区域内を走る国道292号について、19日から条件付きで通行を認めています。しかし、条件の一つだった「すべての車を止め、危険を訴えるチラシを配布すること」が道路の西側では守られていなかったことが分かりました。委託を受けた業者が配布場所の見通しが悪く、危険だとして配布を中止していました。  草津町・黒岩信忠町長:「今、指摘されて驚いたんですけど、申し訳なかったと思います。早急に改善します」  草津町は責任を認め、業者側に改善を指示しました。委託業者は人数を増やすなど対応しています。
「安全でない」白根山周辺“規制解除”で抗議の辞任
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「安全でない」白根山周辺“規制解除”で抗議の辞任  「安全とは言えない」と抗議の辞任です。  群馬県の白根山は噴火警戒レベルが2で、火口から半径1キロ以内への立ち入りが規制されています。近くを通る国道292号の一部区間は規制の範囲内にあり、通行止めとなっていました。地元の群馬県草津町などは安全対策の確認ができたとして、19日から通行止めを一部解除しました。東京工業大学の野上健治教授は「安全と言えず、通行止めの解除には反対」などとして、地元の防災協議会の委員を辞任しました。通行止めの解除は午前8時から午後5時までで、駐停車禁止などを条件としています。
もらって食べた野草が実は毒草 男性、呼吸困難に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 もらって食べた野草が実は毒草 男性、呼吸困難に  群馬県渋川市で知人からもらった野草を食べた70代の夫婦が食中毒の症状を訴え、病院に運ばれて入院しました。男性は重体です。  群馬県によりますと、渋川市に住む70代の夫婦は知人からギョウジャニンニクだとしてもらった野草を17日に昼食で炒め物にして食べたところ、嘔吐(おうと)や呼吸困難などの症状が出て救急搬送され、入院しました。男性は重体です。鑑定の結果、夫婦が食べた野草は有毒のイヌサフランで、知人宅の敷地内でギョウジャニンニクのそばで自生していたものでした。イヌサフランを食べると重症化した場合、死に至ることもあるということです。県は、食用と確実に判断できない植物は食べたり人にあげたりしないよう注意を呼び掛けています。
#3:【関東No.1決定戦】JOYvsあっくんの群馬渋谷抗争劇
無料
買えるバトルクラブ #3:【関東No.1決定戦】JOYvsあっくんの群馬渋谷抗争劇 高崎観光特使のJOYと渋谷区観光大使のあっくんが地元のプライドを背負って【関東No.1】の座を賭けて激突! 群馬テレビで8年間冠番組を続ける“除菌ができない”JOYと渋谷最強パリピにして“パーティーアンバサダー”あっくんが地元の最強アイテムを持ち寄り、プレゼン販売バトルで決着をつける! 【関東No.1】はどちらなのか!?負けられない戦いがいま始まる!
第5話 『思い出を写そう!』
ヤマノススメ 第5話 『思い出を写そう!』 ひなたの父の取材に便乗して、群馬県にあるロックハート城を訪れたあおいとひなた。高尾山で出会った友人のここな。谷川岳の登山で出会い、群馬に住むほのかも一緒だ。城内を散策し、おいしいカレーを食べたり、写真を撮ったりして楽しむ4人。そのうちに『プリンセス体験』の看板を見つけた4人は……。
第8話 『ふたつの約束』
ヤマノススメ 第8話 『ふたつの約束』 「あおいでも登れそう」ということで、ひなたは群馬の赤城山登山にあおいを誘おうとするが、連絡がつかない。そのころ、あおいはほのかと群馬の伊香保温泉に遊びに行く約束をしていたのだ。翌日、あおいからほのかとの約束を告げられ、一緒に行こうと誘われたひなただったが、断ってしまう。あおいはひなたのそんな様子をいぶかしがる。