「羽生善治 3」の検索結果

今すぐ視聴する

▲藤井七段 vs △橋本八段 居飛車力戦 藤井七段に弱点なし、63手で決着!
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲藤井七段 vs △橋本八段 居飛車力戦 藤井七段に弱点なし、63手で決着! AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
予選Aブロック<後編>
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 予選Aブロック<後編> 将棋界の早指し王を決めるAbemaTVトーナメント発足! この番組は、あの羽生永世七冠から着想を得て作られた「AbemaTVルール」で対局が行われる。 AbemaTVルールとは、チェスでよく知られるフィッシャールール(持ち時間5分切れ負け/1手ごとに5秒追加)を採用した新ルール。 三番勝負で行われ、二勝した棋士が勝ち上がる。 12人の選ばれたトップ棋士で予選を戦い、勝ち抜いた棋士6名とシード棋士2名で行われる本戦トーナメントで優勝者を決める。 普段とは一味違った感覚の中、トップ棋士がどうやって戦っていくのか。AbemaTVでしか見れないこの対局。ぜひお見逃しなく! 今回は予選Aブロック二位通過をかけて、 橋本崇載八段、三枚堂達也六段、近藤誠也五段の3名で対局が行われる。 勝ち上がりを決めるのは果たして!?
第53回 東急将棋まつり 永瀬拓矢叡王 対 羽生善治九段
無料
第53回 東急将棋まつり 第53回 東急将棋まつり 永瀬拓矢叡王 対 羽生善治九段 夏の恒例イベント「東急将棋まつり」をアベマで初放送!渋谷で3日連続で開催する日本最大級の将棋まつりです。イベントの中で開催される永瀬拓矢叡王 対 羽生善治九段という豪華な対局をお送りいたします。
[16倍速で30分振り返り]第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段
無料
将棋16倍速30分振り返り [16倍速で30分振り返り]第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段 羽生善治九段登場!偉業を達成し続ける羽生善治九段、本棋戦あと3勝で斎藤慎太郎王座の挑戦となる!対する佐々木大地五段は、前局で藤井聡太七段を倒し自身初のタイトル戦挑戦目前となった。レジェンド羽生善治九段と若手最有力の佐々木大地五段の大注目の対決!本局の勝者は反対ブロックの豊島将之名人と渡辺明二冠の勝者と対決する。 王座戦は全棋士と女流棋士4名で行われます。一次予選、二次予選のトーナメント戦を行い、二次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16名によって、挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年9月から10月にかけて王座と挑戦者が五番勝負を行います。
[1分みどころ]第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段
無料
将棋16倍速30分振り返り [1分みどころ]第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段 羽生善治九段登場!偉業を達成し続ける羽生善治九段、本棋戦あと3勝で斎藤慎太郎王座の挑戦となる!対する佐々木大地五段は、前局で藤井聡太七段を倒し自身初のタイトル戦挑戦目前となった。レジェンド羽生善治九段と若手最有力の佐々木大地五段の大注目の対決!本局の勝者は反対ブロックの豊島将之名人と渡辺明二冠の勝者と対決する。 王座戦は全棋士と女流棋士4名で行われます。一次予選、二次予選のトーナメント戦を行い、二次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16名によって、挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年9月から10月にかけて王座と挑戦者が五番勝負を行います。
[16倍速で30分振り返り]第78期 順位戦 A級第1回戦 羽生善治九段 対 佐藤天彦九段
無料
将棋16倍速30分振り返り [16倍速で30分振り返り]第78期 順位戦 A級第1回戦 羽生善治九段 対 佐藤天彦九段 羽生善治九段登場!A級順位戦で今期は名人挑戦となって返り咲くか!?対するは佐藤天彦九段!前名人だ。この2人は名人戦タイトル戦で2度七番勝負を対局し、佐藤天彦九段が全て制している。A級初戦でこの2人の対局となるのは非常に縁が深い。これを見なければ今期の順位戦が始まらない。必見! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。
第13回朝日杯 羽生善治九段 対 三枚堂達也七段
独占!!第13回朝日杯将棋オープン戦 第13回朝日杯 羽生善治九段 対 三枚堂達也七段 本大会の優勝者は特別協力AbemaTVからの副賞金が贈られます!副賞金は応援機能で集まった応援資金の一部から贈られます。対局棋士を応援して朝日杯を盛り上げよう! 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
第13回朝日杯 羽生善治九段 対 屋敷伸之九段
独占!!第13回朝日杯将棋オープン戦 第13回朝日杯 羽生善治九段 対 屋敷伸之九段 本大会の優勝者は特別協力AbemaTVからの副賞金が贈られます!副賞金は応援機能で集まった応援資金の一部から贈られます。対局棋士を応援して朝日杯を盛り上げよう! 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
「第3回AbemaTVトーナメント」始動!将棋界初のドラフト会議による団体戦!優勝賞金1,000万!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 「第3回AbemaTVトーナメント」始動!将棋界初のドラフト会議による団体戦!優勝賞金1,000万! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
11名のレジェンド棋士、ドラフトへの意気込みは!?
無料
第3回AbemaTVトーナメント 11名のレジェンド棋士、ドラフトへの意気込みは!? 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
戸辺誠七段にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 戸辺誠七段にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
貞升南女流初段にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 貞升南女流初段にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
フリーライター相崎修司氏にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント フリーライター相崎修司氏にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
ルールを紹介!「ドラフト会議」「団体戦」とは?
無料
第3回AbemaTVトーナメント ルールを紹介!「ドラフト会議」「団体戦」とは? 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
オープニングついに公開!
無料
第3回AbemaTVトーナメント オープニングついに公開! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
チームリーダー入場!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント チームリーダー入場!「ドラフト会議」 ※この番組は1月10日に収録したものです。 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施! 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
1巡目発表!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント 1巡目発表!「ドラフト会議」 ※この番組は1月10日に収録したものです。 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施! 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
2巡目発表!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント 2巡目発表!「ドラフト会議」 ※この番組は1月10日に収録したものです。 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施! 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
第7局 羽生善治三冠戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第7局 羽生善治三冠戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第7局の相手は将棋界の頂点に君臨する羽生善治三冠。かつて羽生も中学生棋士としてプロデビュー、トップの地位を守り続けてきた。天才vs天才、究極のラストバトル。
第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段 1/2
王座戦 第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段 1/2 羽生善治九段登場!偉業を達成し続ける羽生善治九段、本棋戦あと3勝で斎藤慎太郎王座の挑戦となる!対する佐々木大地五段は、前局で藤井聡太七段を倒し自身初のタイトル戦挑戦目前となった。レジェンド羽生善治九段と若手最有力の佐々木大地五段の大注目の対決!本局の勝者は反対ブロックの豊島将之名人と渡辺明二冠の勝者と対決する。 王座戦は全棋士と女流棋士4名で行われます。一次予選、二次予選のトーナメント戦を行い、二次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16名によって、挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年9月から10月にかけて王座と挑戦者が五番勝負を行います。 ※この番組は2019年6月24日に放送されたものです
第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段 2/2
王座戦 第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段 2/2 羽生善治九段登場!偉業を達成し続ける羽生善治九段、本棋戦あと3勝で斎藤慎太郎王座の挑戦となる!対する佐々木大地五段は、前局で藤井聡太七段を倒し自身初のタイトル戦挑戦目前となった。レジェンド羽生善治九段と若手最有力の佐々木大地五段の大注目の対決!本局の勝者は反対ブロックの豊島将之名人と渡辺明二冠の勝者と対決する。 王座戦は全棋士と女流棋士4名で行われます。一次予選、二次予選のトーナメント戦を行い、二次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16名によって、挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年9月から10月にかけて王座と挑戦者が五番勝負を行います。 ※この番組は2019年6月24日に放送されたものです
第36回 NHK杯将棋トーナメント 3回戦・第3局 真部一男七段 対 羽生善治四段(1986/12/21放送)
無料
NHK杯テレビ将棋トーナメント 第36回 NHK杯将棋トーナメント 3回戦・第3局 真部一男七段 対 羽生善治四段(1986/12/21放送) NHK杯テレビ将棋トーナメントは、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。本局は1986年12月21日に放送された、 3回戦・第3局 真部一男七段と羽生善治四段の対戦。
第36回 NHK杯将棋トーナメント 2回戦・第16局 米長邦雄十段 対 羽生善治四段(1986/11/30放送)
無料
NHK杯テレビ将棋トーナメント 第36回 NHK杯将棋トーナメント 2回戦・第16局 米長邦雄十段 対 羽生善治四段(1986/11/30放送) NHK杯テレビ将棋トーナメントは、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。本局は1986年11月30日に放送された、 2回戦・第16局 米長邦雄十段と羽生善治四段の対戦。
[将棋情報LIVE]第60期王位戦 挑戦者決定戦 羽生善治九段 対 木村一基九段 1/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第60期王位戦 挑戦者決定戦 羽生善治九段 対 木村一基九段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。本局で豊島将之王位への挑戦者が決定!羽生善治九段、偉業達成直後の対局!羽生善治九段が本局勝利すれば通算タイトル100期に向けて七番勝負をすることになる。対する木村一基九段!羽生善治九段の最多勝利をかけた対局で勝利し、この勢いのままタイトル戦挑戦をするのか!?絶対に目が話せない一局。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。 王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。 ※この番組は2019年6月6日に放送された番組です
[将棋情報LIVE]第60期王位戦 挑戦者決定戦 羽生善治九段 対 木村一基九段 2/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第60期王位戦 挑戦者決定戦 羽生善治九段 対 木村一基九段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。本局で豊島将之王位への挑戦者が決定!羽生善治九段、偉業達成直後の対局!羽生善治九段が本局勝利すれば通算タイトル100期に向けて七番勝負をすることになる。対する木村一基九段!羽生善治九段の最多勝利をかけた対局で勝利し、この勢いのままタイトル戦挑戦をするのか!?絶対に目が話せない一局。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。 王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。 ※この番組は2019年6月6日に放送された番組です
棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月30日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月30日に放送されたものです
[16倍速で30分振り返り]第60期王位戦 挑戦者決定戦 羽生善治九段 対 木村一基九段
無料
将棋情報LIVE [16倍速で30分振り返り]第60期王位戦 挑戦者決定戦 羽生善治九段 対 木村一基九段 本放送は将棋情報LIVEです。本局で豊島将之王位への挑戦者が決定!羽生善治九段、偉業達成直後の対局!羽生善治九段が本局勝利すれば通算タイトル100期に向けて七番勝負をすることになる。対する木村一基九段!羽生善治九段の最多勝利をかけた対局で勝利し、この勢いのままタイトル戦挑戦をするのか!?絶対に目が話せない一局。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。 王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。 ※この番組は2019年6月6日に放送された番組です
第36回 NHK杯将棋トーナメント 1回戦・第1局 福崎文吾七段 対 羽生善治四段(1986/4/6放送)
無料
NHK杯テレビ将棋トーナメント 第36回 NHK杯将棋トーナメント 1回戦・第1局 福崎文吾七段 対 羽生善治四段(1986/4/6放送) NHK杯テレビ将棋トーナメントは、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。本局は1986年4月6日に放送された、 1回戦・第1局 福崎文吾七段と羽生善治四段の対戦。
[16倍速で30分振り返り]羽生善治九段 前人未到の1434勝達成! 第60期 王位戦 挑戦者決定リーグ 白組プレーオフ 永瀬拓矢叡王 対 羽生善治九段
無料
王位戦 [16倍速で30分振り返り]羽生善治九段 前人未到の1434勝達成! 第60期 王位戦 挑戦者決定リーグ 白組プレーオフ 永瀬拓矢叡王 対 羽生善治九段 羽生善治九段またも偉業達成!前人未到の1434勝達成!初手から終局までを16倍速で振り返り!約30分で本局を振り返れます。 羽生善治九段、歴代最多勝利数単独1位になるか!?現在通算勝数1433勝をあげ、大山康晴十五世名人と並んでいる羽生九段。本日勝てば通算勝数1434勝となり、歴代最多勝利記録を更新する歴史的偉業を達成することになる。世界中の将棋ファンが注目する一局!対するは"千駄ヶ谷の受け師"木村一基九段登場。A級棋士同士の対局となり勝者は竜王戦タイトルへ挑戦する権利の可能性もかけた絶対に負けられない対局! 竜王戦は全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われます。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行います。