「羽生善治 A級」の検索結果

今すぐ視聴する

第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 1/2
無料
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年8月8日に放送されたものです
第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 2/2
無料
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年8月8日に放送されたものです
第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第4回戦 羽生善治竜王 対 豊島将之八段 1/2
名人戦・順位戦 第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第4回戦 羽生善治竜王 対 豊島将之八段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年3月18日に放送されたものです
第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第4回戦 羽生善治竜王 対 豊島将之八段 2/2
名人戦・順位戦 第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第4回戦 羽生善治竜王 対 豊島将之八段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年3月18日に放送されたものです
第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第5回戦 羽生善治竜王 対 稲葉陽八段 1/2
名人戦・順位戦 第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第5回戦 羽生善治竜王 対 稲葉陽八段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年3月21日に放送されたものです
第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第5回戦 羽生善治竜王 対 稲葉陽八段 2/2
名人戦・順位戦 第76期 順位戦 A級 プレーオフ 第5回戦 羽生善治竜王 対 稲葉陽八段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年3月21日に放送されたものです
第5局 深浦康市九段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第5局 深浦康市九段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第5局の相手は現役A級棋士・深浦康市九段。深浦ほどのトップ棋士が新四段を相手に戦うのは異例のこと。勝負の行方は?

おすすめの作品

第7局 羽生善治三冠戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第7局 羽生善治三冠戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第7局の相手は将棋界の頂点に君臨する羽生善治三冠。かつて羽生も中学生棋士としてプロデビュー、トップの地位を守り続けてきた。天才vs天才、究極のラストバトル。
第38回 NHK杯テレビ将棋トーナメント 4回戦・第1局 加藤一二三九段 対 羽生善治五段(1989/2/5放送)
無料
NHK杯テレビ将棋トーナメント 第38回 NHK杯テレビ将棋トーナメント 4回戦・第1局 加藤一二三九段 対 羽生善治五段(1989/2/5放送) NHK杯テレビ将棋トーナメントは、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。本局は1989年2月5日に放送された、4回戦・第1局 加藤一二三九段と羽生善治五段の対戦。
棋聖戦 五番勝負 第1局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第1局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月6日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第1局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第1局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月6日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第2局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第2局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月16日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第2局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第2局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月16日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月30日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第3局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年6月30日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第4局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第4局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 1/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年7月10日に放送されたものです
棋聖戦 五番勝負 第4局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2
棋聖戦 棋聖戦 五番勝負 第4局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段 2/2 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更)羽生善治棋聖に挑戦するのは、豊島将之八段 ※この番組は2018年7月10日に放送されたものです