「習近平 トランプ」の検索結果

「習近平 トランプ」に関する情報は見つかりませんでした。
「習近平」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「強い軍隊なくして強い祖国なし」習国家主席が強調
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「強い軍隊なくして強い祖国なし」習国家主席が強調  中国の習近平国家主席は空軍の兵士らを養成する学校を視察し、「強い軍隊なくして強い祖国はない」と発破をかけました。  習近平国家主席:「強い軍隊なくして強い祖国はない。強い軍隊は一歩一歩進んできた」  中国空軍の航空大学を訪れた習主席は学生らを前に「どんな敵も恐れない気概を持たなければならない」と強調しました。さらに、ドローン兵器を用いた軍事作戦の研究を強化するよう指示し、「実戦をイメージして戦争に勝つための訓練や人材育成を行うべきだ」と述べました。「強国路線」を掲げる習近平指導部は軍事費を年々引き上げるとともに軍の近代化を加速させています。
中国初の火星探査機「天問1号」打ち上げ成功
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国初の火星探査機「天問1号」打ち上げ成功  中国が初の火星探査機の打ち上げに成功しました。  「天問1号」と名付けられた火星探査機を載せたロケットは23日正午すぎに中国南部海南省の宇宙センターから打ち上げられました。来年の初めごろに火星に着陸を試みる予定だということです。火星表面の地質や大気を調査し、通信技術のテストなども行うとしています。習近平政権は「宇宙強国」を掲げ、去年1月には世界で初めて月の裏側に探査機を着陸させています。
習主席「一貫して多国間主義を支持」AIIB総会で演説
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 習主席「一貫して多国間主義を支持」AIIB総会で演説  中国が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)の年次総会で、習近平国家主席は「中国は一貫して多国間主義を支持する」と主張しました。  AIIBは中国が主導して2016年に開業した国際金融機関で、年次総会の開幕式はテレビ会議形式で開催されました。習主席は「中国は一貫して多国間主義を支持・実践している」と述べ、AIIBについて「開業から4年余りで57の国と地域から6大陸102のメンバーへと発展した」と胸を張りました。さらに、新型コロナウイルスを引き合いに「人類は協力して困難に打ち勝つ運命共同体だ」と指摘しました。
中国軍 新型駆逐艦が「対岸に砲撃」訓練映像を公開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国軍 新型駆逐艦が「対岸に砲撃」訓練映像を公開  中国軍は新型駆逐艦の砲撃訓練の映像を公開しました。習近平政権への反発を強める台湾を牽制(けんせい)する狙いもありそうです。  中国海軍は今年1月に就役した最新鋭の駆逐艦「南昌」が昼夜にわたって海から陸地の目標を砲撃する訓練映像を公開しました。この訓練について、国営中央テレビは「対岸に向けて砲撃を行った」と紹介しました。中国本土では一般的に「対岸」が台湾を意味することから、訓練には台湾を牽制する狙いもあるとみられます。また、香港紙のサウスチャイナ・モーニング・ポストは、高い防空能力を持つ南昌とその同型艦が2035年までに整備される予定の6つの空母艦隊で“ボディーガード”の役割を担うと指摘しています。
“英雄“習近平が初の武漢視察 マイク・モニター越しでの会話は何を意味する?
無料
報道リアリティーショー#アベプラ【平日よる9時~生放送】 “英雄“習近平が初の武漢視察 マイク・モニター越しでの会話は何を意味する? 過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディアでは見られないアベマならではの尖った特集にもご期待下さい

おすすめの作品

トランプ氏 共和党大会での演説を断念 感染拡大で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 共和党大会での演説を断念 感染拡大で  アメリカのトランプ大統領は11月の大統領選挙に向けて共和党の候補を正式に選ぶ来月の全国大会について、新型コロナウイルスの感染拡大を理由にフロリダ州での演説を取りやめました。  トランプ大統領:「最近のフロリダでの感染拡大を考えると大規模な集会を開くのは適当ではない。私にはアメリカ国民を守る義務がある」  トランプ大統領はフロリダ州での共和党全国大会について、演説のほか、屋内での大規模な集会も取りやめ、オンラインも含めた別の形で演説するとしています。トランプ大統領が先月、屋内での大規模集会を強行したオクラホマ州では新型コロナの感染者が増加しました。このため感染拡大を懸念する声が高まっていました。共和党全国大会で代議員が出席して、トランプ氏を指名するイベントはノースカロライナ州で行われます。
米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く  11月3日のアメリカ大統領選挙まであと3カ月となりました。世論調査では共和党のトランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領にリードを許す展開が続いています。  アメリカの政治サイトによりますと、7月後半の世論調査の平均ではバイデン氏が約7ポイントの差でトランプ氏をリードしています。ミシガン州やフロリダ州など激戦州でもバイデン氏がリードを保ち、トランプ大統領の支持基盤の高齢者からも一定の支持を得ています。  トランプ大統領:「バイデン氏は自分が何を話しているか分かっていない。側近が用意した文章を読むだけだ」  トランプ陣営は支持率低迷の責任を問う形で選対本部長を更迭し、テレビ広告も見直すなど巻き返しを図っています。ただ、トランプ氏の新型コロナウイルス対策に嫌気が差したと感じる有権者も多く、支持率回復には政策の見直しも求められそうです。一方、バイデン氏は公約で掲げた白人ではない女性の副大統領候補を近く明らかにしますが、まだ陣営内の意見をまとめきれていません。
「さらに悪化」トランプ大統領3カ月ぶりコロナ会見
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「さらに悪化」トランプ大統領3カ月ぶりコロナ会見  アメリカのトランプ大統領は新型コロナウイルス対策に関する定例会見を約3カ月ぶりに再開し、「感染状況はさらに悪化する」と悲観的な見通しを示しました。  トランプ大統領:「残念だが、恐らく回復よりも先に悪化するだろう。言いたくないが、これが現実だ。世界中でそうだ」  トランプ大統領はこれまでウイルスは「消えてなくなる」などと楽観的な見通しを示してきましたが、その姿勢を翻しました。さらに、消極的だったマスクの着用も「好き嫌いにかかわらず、効果はある」と話し、自らマスクを見せて推奨しました。トランプ大統領は大統領選挙の世論調査で苦戦が伝えられていて、新型コロナ対策の会見を通じて強いリーダー像をアピールする狙いがあるとみられます。
米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初  アメリカ、トランプ大統領の側近であるオブライエン大統領補佐官が新型コロナウイルスに感染したことをホワイトハウスが発表しました。  国家安全保障を担当するオブライエン大統領補佐官は今月、イギリスとドイツ、イタリアを訪問し、帰国した後に新型コロナへの感染が判明しました。トランプ政権中枢での感染確認はこれが初となります。オブライエン大統領補佐官はすでに先週から自己隔離に入っていて、症状は軽く、電話で業務を続けているということです。ホワイトハウスはトランプ大統領とペンス副大統領への感染リスクはないと強調しています。ホワイトハウスではこれまでペンス副大統領のスタッフなどの感染が確認されていて、トランプ大統領らは毎日、検査を受けているということです。
トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告  アメリカのトランプ大統領は自ら服用していた新型コロナウイルスの治療効果が立証されていない薬について、改めて治療効果があると力説しました。  トランプ大統領:「感染初期段階になら効果があると思う。多くの最前線の医師たちもそう考えている」  トランプ大統領は一時、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を新型コロナの感染予防のために服用していました。しかし、新型コロナへの治療効果が立証されていないほか、FDA(米食品医薬品局)も「心臓へのリスクがある」として医療機関以外で使用しないよう警告を出しています。トランプ大統領は28日の会見で新型コロナへの治療効果があるとして改めて推奨し、この薬を勧める書き込みがツイッター社によって削除されたことについて理解できないと述べました。
トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「ティックトック」の、アメリカ国内での利用を禁止する考えを明らかにしました。  トランプ大統領は大統領専用機の機内で記者団に対し、「ティックトックには懸念があり、アメリカ国内での利用を禁止する」と述べました。ティックトックは中国の企業が運営する短い動画が投稿できるアプリで、アメリカ国内でも若者を中心に1億人のユーザーがいるとされます。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などの利用者データが中国政府に漏れる恐れがあるとみていて、すでにアメリカ軍関係者の利用を禁止しています。ティックトックを巡っては、マイクロソフト社がアメリカでの事業を買収する意向を示しているとの報道も出ています。
米の新たな経済対策 失業保険など巡り与野党対立
最新の国際ニュース【随時更新】 米の新たな経済対策 失業保険など巡り与野党対立  アメリカのトランプ大統領は新型コロナウイルスを巡る新たな経済対策を与党・共和党と協議しました。失業保険などを巡り、野党・民主党との対立が続いています。  トランプ大統領:「民主党と協議して中小企業や国、国民を支援する計画を作るよう取り組んでいる」  トランプ政権は失業保険の給付金を週に1人600ドル、約6万4000円上乗せしています。この措置は今月末に期限を迎えますが、共和党は「失業前より収入が増えた人が多くいる」として削減する方針です。これに対して、民主党は来年まで延長することを求めています。また、トランプ大統領が給与税の減税を訴えているのに対し、民主党は「失業者の助けにならない」と反対しています。大統領選挙前の大型の経済対策は今回が最後だとされていて、与野党が激しく対立しています。
緊迫のデモ現場に「ママたちの壁」普通の市民の抵抗
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 緊迫のデモ現場に「ママたちの壁」普通の市民の抵抗  アメリカ西部オレゴン州では市民らとトランプ政権が派遣した連邦の治安部隊との衝突が激しさを増しています。  人種差別に反対するデモが2カ月近く続くオレゴン州ポートランドは、25日未明も治安部隊が抗議デモの参加者に催涙弾を使用するなど衝突が続き、数十人が逮捕されました。ポートランドでは「ママたちの壁」と呼ばれる女性を中心としたグループなどが治安部隊とデモ参加者の間に壁を作って対抗するなど、トランプ政権への反発が強まっています。  「ママたちの壁」参加者:「ここにいるのは母親や普通の市民らです。これを見ればトランプ政権が作り上げたシナリオが嘘であることに気付くでしょう」  デモ参加者や地元当局者からはトランプ政権が11月に行われる大統領選挙に向け、デモを政治利用しているという批判も上がっています。
外交拠点の追加閉鎖を示唆 トランプ氏が中国を牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 外交拠点の追加閉鎖を示唆 トランプ氏が中国を牽制  アメリカ政府がテキサス州ヒューストンにある中国の総領事館の閉鎖を指示したことを受けて、中国政府が反発しています。トランプ大統領は「さらなる閉鎖もあり得る」と発言して中国を牽制(けんせい)しました。  トランプ大統領:「外交拠点のさらなる閉鎖はいつでもあり得る。どうなるかいずれ分かる」  アメリカ国務省は「知的財産を守るため」として、テキサス州ヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を指示しました。中国政府はこれに強く反発しています。トランプ大統領は中国の対応次第では他の外交拠点の閉鎖を指示すると示唆しました。ヒューストンの中国総領事館では21日、敷地内で書類が燃やされ、消防車が出動しました。共和党の対中国強硬派として知られるマルコ・ルビオ上院議員はツイッターで「スパイの巨大な活動拠点だ。もっと前に閉鎖されるべきだった」と主張しています。
米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが  トランプ大統領の発言などから騒動になっている「TikTok」の利用禁止問題ですが、実は日本でも国会議員が危険性を指摘するなど対岸の火事とは言えない状況になりつつあります。  TikTok。日本国内で約1000万人のユーザーを持つこのアプリが規制されるかも。中国製アプリのTikTokを巡っては、これまでアメリカが中国政府への情報漏洩(ろうえい)の可能性を指摘。米中間の新たな火種にもなっていました。アメリカでは、すでに軍事関係者の使用を禁止しているほか、インドやオーストラリアなどでも禁止・規制の動きが広がっています。さらに、先月31日にはトランプ大統領が国内でのTikTokの利用禁止を示唆。  トランプ大統領:「TikTokを注視しているし禁止するかもしれない。他の方法も取るかもしれない」  こうしたトランプ大統領の発言に翻弄(ほんろう)されたのは、アメリカのマイクロソフトです。国内でのTikTokの事業買収に向けて親会社の中国「バイトダンス」と交渉していましたが、アメリカのメディアによりますと、大統領が「買収反対」の意向を示したことで一時、交渉がストップ。その後、マイクロソフトはCEO(最高経営責任者)がトランプ大統領と話し合い、来月15日を期限とする交渉が再スタートされると公式ブログで発表。  一方、日本でも…。  自民党ルール形成戦略議連・甘利明会長:「我々が想定していないような形で個人情報、機微に関わる情報が漏れていってしまうことがないよう」  自民党の議員連盟は、来月…