「臨時国会」の検索結果

今すぐ視聴する

衆議院の大島議長 国民投票法案の成立を期待
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 衆議院の大島議長 国民投票法案の成立を期待  憲法改正のための国民投票法の改正案について衆議院の大島議長が「与野党で結論を出してほしい」と述べ、今の臨時国会での成立に期待感を示しました。  衆議院・大島理森議長:「(国民投票法改正案は)もう少しのところまで来ている。この臨時国会で与野党が話し合って合意を見つけてほしいという思いで今いるところだ」  国民投票法の改正案は去年、国会に提出されましたが、与野党の対立のなかで審議は進んでいません。大島議長は「与野党から相談があれば色々なことを話をする機会があるかもしれない」と述べ、憲法審査会での議論が進まない場合に議長として与野党の橋渡し役を務めることに意欲を示しました。
大島議長の発言に野党反発 本会議が一時開かれず
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 大島議長の発言に野党反発 本会議が一時開かれず  臨時国会の論戦がスタートした7日、大島衆議院議長の発言を巡って野党側が反発して一時、衆議院の本会議が開かれない事態が起きました。  野党側が問題視したのは5日の大島議長の発言で、与野党で対立して審議が進んでいない国民投票法改正案について、「この臨時国会で、与野党で合意してほしい」と述べたことです。これに対し、立憲民主党などの野党は「公正中立な立場の議長として越権だ」などと反発し、衆議院の本会議を開くことに反対しました。この事態に大島議長は直接、野党側に発言について釈明して「今後も公平公正に努力する」と説明したことなどから本会議は約1時間半ほど遅れてスタートしました。
国会舞台に関電問題追及 野党は関係者の招致求める
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 国会舞台に関電問題追及 野党は関係者の招致求める  関西電力が原発がある町の元助役から3億円以上の金品を受け取った問題で疑惑が相次いでいます。今度は、元町長が関電の子会社の顧問に就いていたことが発覚。真相究明はなされるのでしょうか。  野党は関電問題を臨時国会最大のテーマとしています。関電を巡っては、高浜原発の地元自治体との不透明な関係がまた明らかとなりました。高浜町の浜田倫三元町長が町長退任後から亡くなるまでの間、関電の子会社の顧問に就いていたのです。元助役も退職後20年以上、関電の別の子会社の顧問となっていることから関電側が地元行政のトップらを抱え込んでいた構図が見えてきました。また、元助役から金品を受け取っていたのは関電幹部だけでなく、子会社「関電プラント」の幹部1人も商品券など数十万円分を受け取っていたことも分かりました。  疑惑を追及したい野党側ですが、5日、関電本店を訪れるも関電は面会に応じず。また、野党が合同で開いているヒアリングにも関電は欠席しているため、野党側は当事者から話を聞けない状態が続いています。関電幹部の国会招致はあるのか。与党側は現時点での国会招致について前向きではありません。

おすすめの作品

関電幹部“金品授受” 3.2億円より膨らむ可能性
最新の社会ニュース【随時更新】 関電幹部“金品授受” 3.2億円より膨らむ可能性  関西電力の幹部らが多額の金品を受け取っていた問題で、3億2000万円としていた額が今後、さらに膨らむ可能性があることが分かりました  関電は幹部らが受け取った金品は約3億2000万円相当だと発表していますが、関電の調査は2011年以降の7年間だったうえ、調査委員長は会見で「与えられた資料だけで調査をした」と発言しました。限定的な範囲での調べであり、受け取った金額などは多くが記憶に基づく数字だったため、金額はさらに膨らむ可能性があります。  一方、野党の追及チームが大阪を訪れ、関係者との面会を求めて関電本店を訪問しましたが、関電側は面会に応じませんでした。追及チームは警備員に真相解明の要請書を手渡しました。  野党関電疑惑追及チーム・今井雅人衆議院議員:「関西電力の対応にがくぜんとしていて、一つひとつの事実を説明して頂きたい」  野党議員らは週明けに始まる臨時国会で政府を追及する構えです。
コンビニやスーパーなど 安全確保優先で臨時休業
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 コンビニやスーパーなど 安全確保優先で臨時休業  百貨店やスーパーマーケット、そしてコンビニエンスストアでは臨時休業が続いています。  首都圏の三越や伊勢丹、高島屋など多くの店が休業になっています。イトーヨーカ堂は安全確保のため、関東と東海の1都7県124店すべてで休業しています。セブン-イレブンは首都圏と東海を中心に約1000店が休業し、ローソンは関東で400店以上を臨時休業にします。営業中でも、店舗によってはパンや水など一部の商品が品薄になっています。
八木会長の辞任を正式決定へ 関電が臨時取締役会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 八木会長の辞任を正式決定へ 関電が臨時取締役会  関西電力の幹部らが多額の金品を受け取っていた問題で、9日に臨時の取締役会が開かれて八木誠会長(69)の辞任が正式に決まる見通しです。  (松田尚之記者報告)  関電では臨時の取締役会が開かれていて、八木会長の辞任について話し合われているとみられます。関係者によりますと、関西電力の八木会長は8日、関電の会長職を辞任する意向を周囲に伝えたということです。臨時取締役会で承認された後、正式に辞任するとみられます。2日に八木会長ら幹部が合わせて3億2000万円分の金品を受け取っていたことが明らかになっていましたが、八木会長は辞任を否定していました。辞任の報道を受け、関電の筆頭株主である大阪市の松井一郎市長が取材に応じました。  松井一郎大阪市長:「会長1人の責任じゃないでしょう、これは。関わった人たちが相応の責任を取らないと関電の体質は変わりません」  一方、岩根茂樹社長も今年6月に就任したばかりの電気事業連合会の会長を辞任する意向です。
断水で医療機関が休診 茨城・大子町に臨時の診療所
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 断水で医療機関が休診 茨城・大子町に臨時の診療所  茨城県大子町では台風19号による浸水で断水したため、半数の医療機関で診療ができなくなり、町が臨時の診療所を設けました。  患者:「(病院が)皆、水害に遭っちゃって…。薬がなくなっちゃうんで、もらいに来たんです。困りますね…」  大子町ではいまだ3000戸以上で断水が続いています。この影響で町の病院など6カ所のうち3カ所で診療ができなくなっていて、保健所を臨時の診療所にして対応しています。町では久慈川の氾濫で浄水場2カ所が冠水したため、水道が復旧するめどは立っていません。
ANAとJALが臨時便 北陸新幹線の一部区間運休で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ANAとJALが臨時便 北陸新幹線の一部区間運休で  北陸新幹線の一部区間の運休に伴い、全日空や日本航空で臨時便を運航します。  北陸新幹線は台風19号で線路が冠水し、長野駅と新潟県の上越妙高駅の間で運転を見合わせています。これを受け、全日空と日本航空は、16日から18日まで羽田と小松など東京と北陸地方を結ぶ便で臨時便を運航します。また、一部の便で通常よりも100席ほど多い大型の航空機を使用します。北陸新幹線の全線復旧には、2週間程度かかる見通しで、全日空などは19日以降の対応についても検討しているということです。
物流や外食も臨時休業へ 台風の影響、広がる
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 物流や外食も臨時休業へ 台風の影響、広がる  台風19号に備えて物流や外食チェーンにも大きな影響が出ています。  佐川急便は台風の影響が予想される関東や東海の1都10県で12日の集荷と配達を中止すると発表しました。ヤマト運輸も29の都府県で12日は終日または一時、集配や営業所での受付業務を停止します。外食チェーンでは大戸屋が首都圏166店舗のうち87店舗で、ロイヤルホストやてんやの首都圏の直営店も12日の臨時休業を決めました。また、松屋やモスバーガーも臨時休業や営業時間の短縮を検討するなど今後も各業界で影響が広がりそうです。  すかいらーくグループでは関東全域及び静岡県、福島県の全店で11日午後2時以降に営業を休止します。ガスト、ジョナサン、バーミヤンなど約2000店舗に上ります。また、吉野家は関東を中心に午前中のうちに440店舗で営業を終えます。セブン-イレブンでは首都圏と東海地方の約1000店を休業するということです。
「幸楽苑」150店で臨時休業 郡山の工場が浸水被災
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「幸楽苑」150店で臨時休業 郡山の工場が浸水被災  工場が被災してラーメン店の「幸楽苑」が150店で休業です。  大手ラーメンチェーンの幸楽苑は台風19号の影響で阿武隈川が氾濫し、麺類やギョーザを製造している福島県郡山市の工場で電源設備が水につかって稼働できなくなっていると発表しました。このため、全国で展開する店の3割にあたる東北、北関東、甲信越地方の約150店で臨時休業を決めました。幸楽苑では郡山以外の工場で増産して対応しますが、当面は営業休止や営業時間の変更が続くとしています。
気象庁が緊急会見 1都6県に大雨特別警報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 気象庁が緊急会見 1都6県に大雨特別警報  大型で猛烈な勢力の台風19号の影響で、気象庁は東京、千葉など7都県に大雨特別警報を出しました。気象庁は臨時の会見で「直ちに命を守るため最善を尽くして」と最大限の注意を呼び掛けています。会見の模様をノーカットで配信します。
南海トラフ地震を想定した訓練 専門家を緊急招集
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 南海トラフ地震を想定した訓練 専門家を緊急招集  気象庁は南海トラフ地震の震源域になる恐れがある四国沖でマグニチュード7.9の地震が発生した想定で専門家を緊急招集する初めての訓練をしました。  訓練は四国沖でマグニチュード7.9の地震が午後1時すぎに発生した想定で行われました。南海トラフ地震の想定震源域でマグニチュード6.8以上の地震が発生した場合、気象庁は専門家を速やかに集めて「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」を開き、別の巨大地震が連動して発生する可能性などについて調査することにしています。検討結果は早ければ地震の発生から2時間後をめどに発表することになっていて、訓練でこうした流れを確認しました。また、南海トラフ地震の想定震源域の通常は起きない場所で「ゆっくりすべり」と呼ばれる現象を観測した場合も専門家が集まり、臨時の評価検討会が開かれます。南海トラフ沿いでは海側のプレートが陸側のプレートの下に入り込んでいて、プレートの境界面の固着域と呼ばれる強くくっ付いている場所でひずみが限界に達した時に陸側のプレートが跳ね上がり、巨大地震と大津波が発生します。一方で、この固着域よりも深い場所では一部がゆっくりとずれ動くゆっくりすべりという現象が今も起きています。ところが、このゆっくりすべりが通常とは違ってプレート境界の固着域やその周辺で観測された時には、気象庁は南海トラフ巨大地震の発生の可能性を検討するため臨時の評価検討会を開くことにしています。
#21 鉄槌 ~第57回壁外調査⑤~
進撃の巨人 #21 鉄槌 ~第57回壁外調査⑤~ 自らの肉体を他の巨人に喰らわせ、蒸気とともに消えた女型の巨人。その中にいた人物は、調査兵団員と同じ制服で兵士の中に紛れ込み、エレンを追っていた。エレンを護衛しながら帰還するグンタを手にかけ、再び女型の巨人となってエレンの前に現れる。オルオ、エルド、ぺトラが連携しながら女型の巨人に立ち向かうが……。