「自治体の悲鳴」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

事業者の審査など行う「カジノ管理委員会」が初会合
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 事業者の審査など行う「カジノ管理委員会」が初会合  カジノ事業者の審査や監督を行う「カジノ管理委員会」が初めて会合を開きました。  カジノ管理委員会・北村道夫委員長:「健全な運営の確保を図れるよう、カジノ管理委員会の使命と倫理をしっかりと果たしたい」  カジノ管理委員会は事業者への免許の交付や取り消しなどを行う組織で、事業者を規制するルール作りを担います。IR(統合型リゾート)を巡っては国会議員の汚職事件が発覚していますが、政府は予定通りIRの整備に向けた準備を進め、今月中にも誘致する自治体を選ぶ際の基準となる基本方針を公表する方針です。
住民悩ます放置廃船“インスタ映えより危険除去だ”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 住民悩ます放置廃船“インスタ映えより危険除去だ”  長年、海岸に放置された船の撤去を巡り、住民が頭を悩ませています。この船は「インスタ映えする」と話題になっていて、住民からは怒りの声が上がっています。  ふんどし姿の臀部(でんぶ)が実は、この話に深く関係しているわけです。長崎市内の海岸で毎年、開かれている寒中水泳。シンクロのようですが、伝統的な古式泳法。泳ぎながら文字を書く水書では「東」の文字。そして、「五」。なるほど、「祝東京五輪」ときましたか。  そんなおめでたい雰囲気とは裏腹にすぐ近くで波紋を広げているのが8日の本題。まるで自然に帰ろうとしているかのようにボロボロになった鉄の塊。長年、放置され、さび付いた船です。地元の自治会は不測の事態を懸念。  小瀬戸町連合自治会・猿渡元彦会長:「危険ですよ。まさしく危険な状態」  船体には東京都と書かれたプレートや「銀杏丸」と読める船名の表示。しかし…。  小瀬戸町連合自治会・猿渡元彦会長:「(所有者は)行方不明とかなんとか言われて…」  そうこうするうちに、写真映えするスポットとして知られるようになりました。  小瀬戸町連合自治会・猿渡元彦会長:「なんちゅうこっちゃと思う。は…はやりで…インスタ映えする?光景というので…今、アレしとるみたいで、誠に私らにすれば心外ですね」  自治会は県に撤去を求めてきましたが、費用は少なくとも1500万円はかかるとみられ、話は一向に進展しません。  小瀬戸町連合自治会・猿渡元彦会長:「私らはずっとここにいるから戦い続ける。言い続けないといかん」
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア 宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起 宇宙世紀0074年。テキサス・コロニーを離れたエドワウ・マスは身分を偽り、シャア・アズナブルとしてジオン自治共和国国防軍士官学校に入学する。同期となったザビ家の御曹司ガルマと親交を深めるシャア。次第に二人は学生たちからも一目置かれる存在になってゆく。そして宇宙世紀0077年、ついに学生たちは独立をかけ地球連邦軍治安部隊に対し武装蜂起する。しかしそれはシャアの描く復讐への壮大なシナリオの幕開けでもあった……。――いま、歴史の歯車が回りだす!
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル 宇宙世紀0068年、サイド3、ムンゾ自治共和国。宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。しかし、サイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。これまで語られることの無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…。
気候変動とカネ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 気候変動とカネ 豪雨や異常な暑さで実感させられる気候変動。その気候変動によって今、世界のカネの流れが変わりつつある。デンマークの自治領・グリーンランド。この島では、温暖化で氷河が解けたことにより豊かな鉱物資源の開発が可能となった。目をつけたのは中国。グリーンランドでは今、その中国巨大マネーを背景に、独立の機運が高まっている。また各国のベンチャー企業はこぞって大気中の二酸化炭素除去の技術開発に名乗りをあげている。彼らにとって地球温暖化は“脅威”ではなく“好機”なのだ。気候変動で儲ける人、儲けようとする人、そして取り残されつつある人...。気候変動をめぐるカネの動きを追いながら、地球の「病状」悪化に歯止めをかける鍵を探る。
七ノ怪 横好(よこすき)
不機嫌なモノノケ庵 續 七ノ怪 横好(よこすき) 突然、隠世から、立法が物怪庵にやってきた。立法は、自分の管理下にある物怪庵の奉公人(アルバイト)・芦屋に対し、行政が手荒な真似をした事に腹を立て、芦屋の「隠世出入り禁止」を撤回させようと、行政と“賭け”をしているという。だが当事者である芦屋には、隠世へ足を踏み入れることに迷いがあり……。 そんな中、安倍や芦屋の同級生藤原禅子(ふじわら ぜんこ)が、自治会長から依頼を受けた住職の父とともに「幽霊が出た」という場所を調査しに行くと、そこには――?
喝采と警戒のシルクロード
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 喝采と警戒のシルクロード 大航海時代の到来と交代するように歴史の表舞台から姿を消したシルクロードが今、復活を遂げつつある。仕掛けたのは中国。巨大構想“一帯一路”によるものだ。そのシンボルが、中国から中央アジアを経て欧州まで駆け抜ける列車「中欧班列」。流れ込んだヒト・モノ・カネによって、周辺の景色は一変している。経済特区として活況に沸くカザフスタン・ホルゴス、中国と欧州を結ぶ内陸港として再起をかけるドイツ・デュイスブルク...。一方、タジキスタンは中国からの債務超過に直面し、新疆ウイグル自治区では少数民族への弾圧が強まっている。光と影、“一帯一路”がもたらすものとはー。2018年ATP賞ドキュメンタリー部門で奨励賞を受賞した朝日新聞・村山祐介記者が、現代に蘇ったシルクロード1万キロを取材。喝采と警戒が渦巻く いにしえの交易路の今を追った。
中国がウイグル族“弾圧”米で対応批判のイベント
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国がウイグル族“弾圧”米で対応批判のイベント  中国が新疆ウイグル自治区でイスラム教を信仰するウイグル族を弾圧しているとされる問題を巡り、アメリカで中国の対応を批判するイベントが開かれました。  このイベントはトランプ大統領に近いキリスト教保守系の団体が主催し、幹部らは多くのウイグル族が拘束されていると指摘しました。  キリスト教保守系団体、トラビス・ウェバー副代表:「我々は米中関係を悩ませる人権問題に光を当て、宗教の自由を保護する必要がある」  また、父親を拘束されているウイグル族の女性が2013年に北京の空港で中国当局に父親と引き離された際の様子を語りました。  父親を拘束されたジョウハー・イルハム氏:「私は飛行機に乗り、アメリカに行くか、父と中国にとどまるかを選ばなければいけなかった。父が『行け』と強く主張したので、そうした」  女性は収容所に送られたウイグル族の人々が強制労働をさせられていると批判して、関係する中国企業と取引しないことが重要だと訴えました。
第197話 トロバス物語
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第197話 トロバス物語 少年のころ街を走っていたトロリーバスの運転手・健さんとの友情の物語。嵐の夜、健さんの奥さんが急に産気づく。健さんは留守だし、困った両津たちは・・。