「自衛隊 芸人」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

病院船検討へ「自衛隊運用なら災害時に有益」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 病院船検討へ「自衛隊運用なら災害時に有益」  河野防衛大臣は新型コロナウイルスの対応などに今後、病院船の検討を始める考えを示しました。  河野防衛大臣:「インド太平洋構想のなかでも役立つものでもございますので、検討していきたい」  河野大臣は仮に病院船が自衛隊で運用された場合、「災害時に役立つ」との認識を示したうえで、「海上自衛隊や海自OBが運航する可能性がある」と述べて具体的な検討を海上自衛隊で議論するよう指示しました。さらに、岩手県と北海道を結ぶ民間フェリー「シルバークイーン」を新型コロナウイルスの集団感染で「ダイヤモンド・プリンセス」の支援にあたっている自衛隊員の宿泊施設などに運用する方向で調整していることも明らかにしました。
河野大臣 自衛隊員は新型コロナの「検査している」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 河野大臣 自衛隊員は新型コロナの「検査している」  横浜港のクルーズ船で検疫などにあたった厚生労働省職員の大半が検査をせずに職場に戻っていた件で、河野防衛大臣は自衛隊員が船内で活動した後は「検査をして停留している」と述べました。  河野防衛大臣:「作業が終わった後はPCRの検査をやったうえで決められた時間の決められた日数の停留を行うことにしております」  河野大臣は自衛隊員がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で任務を行った場合は、新型コロナウイルスにかかっているかどうかのPCR検査を全員受けさせ、その後1週間休ませていることを明らかにしました。一方、厚労省職員では、これまでに検疫官1人を含む3人の感染が確認されています。河野大臣は「自衛隊は様々な支援に出動しなければならないため」と述べ、感染者を出さない対応を今後も続けていく考えを示しました。
海自練習艦の入港拒否「感染者いる全ての国がNG」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 海自練習艦の入港拒否「感染者いる全ての国がNG」  新型コロナウイルスの影響で、海上自衛隊の練習艦が海外で入港を拒否されました。  4日に広島県江田島市から出港した海上自衛隊の練習艦「しまゆき」と「せとゆき」は、マーシャル諸島共和国とミクロネシア連邦から入港を拒否されました。海上自衛隊によりますと、今週、両国から日本を含む新型コロナウイルスの感染者がいるすべての国からの入港を拒否すると通告されたということです。練習艦の2隻はグアムに寄港してその後、宮古島や与那国島などの南西諸島で訓練を行うということです。
クルーズ船のアメリカ人客 自衛隊が羽田に移送へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 クルーズ船のアメリカ人客 自衛隊が羽田に移送へ  新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船からアメリカ人を帰国させるため、自衛隊は、バス20台ほどを用意して羽田空港まで移送する準備をしています。  横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」には、アメリカ人が400人ほど乗っています。アメリカ政府は、乗客らを帰国させるため、チャーター機2機を日本に向かわせていて、16日夜、羽田空港に到着する予定です。自衛隊は、アメリカ人を羽田空港まで移送するため、大型バス20台ほどを用意して準備にあたっています。
第12話 伊丹なら
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第12話 伊丹なら 故郷の村を襲った炎龍を退治してもらおうと、噂に聞いた【緑の人】を頼ってアルヌスにやってきたダークエルフのヤオ。 ヤオはアルヌスの空を飛ぶ2機のファントムを見て【緑の人】──自衛隊の力を確信するが、街で見かける自衛官は言葉が通じず、依頼ができずにいた。しかも街で財布を脅し取ったと誤解され、警務官に連行されてしまう。 通訳として現れたレレイに、必死で自衛隊への取り次ぎを懇願するヤオ。アルヌスを騒がす新たな展開に、はたして自衛隊は、伊丹は、どのように対処するのだろうか。
クルーズ船のアメリカ人帰国用に自衛隊がバス用意
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 クルーズ船のアメリカ人帰国用に自衛隊がバス用意  自衛隊は、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」からアメリカ人を帰国させるため、バス20台ほどを用意して羽田空港まで輸送する準備をしています。
葬られた危機~イラク日報問題の原点~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 葬られた危機~イラク日報問題の原点~ 湾岸危機で日本はアメリカから自衛隊を派遣するよう求められた。しかし当時は派遣できる環境になく、代わりに民間の輸送船がペルシャ湾に向かった。 外務省は「日本政府の指揮下で安全に航行する」と説明していたが、実態は異なり、アメリカ軍の指示で危険な海域に入りミサイル攻撃に晒されていた。攻撃の事実は極秘とされ、以後、自衛隊の海外派遣が本来任務となっていく。 番組では、海外派遣を支えてきた「隠ぺい」の原点を探る。
第1話 自衛隊、異世界へ行く
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第1話 自衛隊、異世界へ行く 8月某日午前11時50分。 東京・銀座に、突如として石造りの『門(ゲート)』が出現。門からはオークやトロール、ゴブリン、ワイバーンなど、異世界のモンスターの軍勢が続々とわき出し、見境無く通行人に襲い掛かった。 この事態を収拾させた自衛隊は、ゲートの向こう側「特地」へ現地調査のために赴くことになる。銀座で多くの人を救い昇進したオタク自衛官の伊丹二等陸尉も、先陣を切って乗り込むことになった。 戦闘車両で門に飛び込む自衛官たち。門の向こうで彼らを待ち受けていたのは──。
第2話 二つの軍勢
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第2話 二つの軍勢 特地を調査するため門をくぐり抜けた自衛隊。その目前には「特地」の大軍勢が集結していた。 猛攻撃をかける「特地」の軍勢を撃退した自衛隊は、異世界の住民と友好的な関係を結ぶため、深部情報偵察隊を編制。 第三偵察隊を指揮することになった伊丹は、偵察中に集落を襲う炎龍を目撃するも、炎が収まったときには村は全滅していた。 廃墟を調査していた伊丹たちが見つけたものは──。
第4話 見知らぬ地へ
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第4話 見知らぬ地へ 伊丹たち第三偵察隊がアルヌスに連れ帰った避難民は、自衛隊の基地付近に作られた避難民キャンプで生活を始める。 彼らは初めて触れる日本の文化に驚きを隠せないが、食事や入浴でひとときの安らぎを得る。 テュカとレレイ、ロゥリィの3人も浴場で出会い、お互いの境遇を知り仲を深めていった。 そんな中、第三偵察隊は調査も兼ねて3人と共にイタリカの街へ行くことに。 一方、「帝国」の皇女ピニャは自衛隊の情報を集めながら、自らの騎士団を率いてアルヌスを目指していた──。