「興津和幸」の検索結果

今すぐ視聴する

#07 セカンド・スクワッド・ジャム
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #07 セカンド・スクワッド・ジャム 《セカンド・スクワッド・ジャム》が開催される。今回は小比類巻香蓮の友人、篠原美優も参戦。彼女は別のVRMMORPGからキャラクターをコンバートし、フカ次郎というアバターで《ガンゲイル・オンライン》を始める。レンは、フカ次郎を連れて、武器を購入しに行くが……。 「と、その前にSJ2の参加登録しなきゃ!」  レンの《セカンド・スクワッド・ジャム》参加が公表されると、第1回《スクワッド・ジャム》のライバルたちが打倒レンに向けて動き始める。
#02 DIE HARD
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #02 DIE HARD KiLLER KiNGのB-PROJECT加入をお披露目するために同じブレイブ・エンタテインメントに所属するTHRIVEとの合同ライブの企画が持ち上がる。 モチベーションも高く、それぞれに合同ライブに向けて順調にレッスンを積み重ねていくが・・・
#03 PARTY NIGHT
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #03 PARTY NIGHT KiLLER KiNGが加入し、14人となったB-PROJECTだったが、それぞれの仕事が忙しく、なかなか一緒にいる時間がとれずにいた。 そこでメンバー達は、KiLLER KiNGの歓迎会を開くことにするが、当日あることをきっかけに歓迎会は大変なことに!?
#04 TWO IS ONE
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #04 TWO IS ONE 人気TV番組「熱狂大陸」の密着取材を受けることになったキタコレの2人。 密着取材中、北門はドラマ、是国はコマーシャルと各個人のオファーを受ける。しかし、普段の自分イメージから離れた仕事にキタコレの2人は四苦八苦。 果たして2人は無事に仕事をこなし、密着取材を終えることができるのか…
#05 KICK OFF
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #05 KICK OFF 偶然つばさが落とした、大物アーティストの2枚のライブチケットを拾った阿修。つばさが以前に言っていた「頑張った人にはご褒美がある」との一言を受け、キタコレ、THRIVE、MooNsのメンバーはつばさとのライブデートをかけて、突然の対決が始まる…!
#07 MIRROR COMPLEX
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #07 MIRROR COMPLEX 北海道のTV局が企画する音楽番組に出演することになったキタコレとMooNs。 行きの飛行機ではまさかの手違いで、北門と増長の便が入れ替わってしまい、北門はMooNsの4人と、増長は是国と北海道へ向かう。 この機会にと増長の正直な想いを聞いてみる是国であったが…
#09 SUMMER CAMP
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #09 SUMMER CAMP 多忙な仕事の合間をぬって、キャンプに行くことにした一部のメンバー達。 篤志の知り合いのコテ-ジに宿泊し、パワースポットの滝を見に行ったり、慣れない自炊で悪戦苦闘したりしながらも各々楽しい時間を過ごしていた。 しかし、いつも仲が良い唯月と遙日がある一言から険悪な雰囲気になってしまい…
#01 スクワッド・ジャム
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #01 スクワッド・ジャム 銃器による対人型VRゲーム《ガンゲイル・オンライン》で、新たな大会が開催されようとしていた。《スクワッド・ジャム》――最大6名のプレイヤーで構成されたチームが生き残りをかけて、ひとつのフィールドで戦うチーム対抗バトルロイヤル戦だ。 「がんばろうね、ピーちゃん!」 全身をピンクの装備で統一した女性プレイヤーのレンは、巨漢のスナイパー・エムとともにその大会に挑んでいた。森林エリアにひとり潜むレンのもとに、敵チームが迫る。
#03 ファンレター
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #03 ファンレター チーム対抗のバトルロイヤル戦《スクワッド・ジャム》が、《ガンゲイル・オンライン》の日本サーバーで開催されることになった。 その大会への出場をピトフーイに打診されたレンの心は揺れる。大会には出たいと思うけれど、その日はあこがれのアーティスト・神崎エルザのライブの日だった。 結局、チケットを入手できなかった彼女は、大会へ思いをぶつけることに。 「あ……暴れてやる……!」 ピトフーイが紹介した巨漢のエムとともに彼女は戦場へ向かう。
#09 十分間の鏖殺
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #09 十分間の鏖殺 ピトフーイたちのチーム《PM4》を倒すべく、複数のチームが結託して攻撃を開始する。はたしてピトたちの運命は――。そのころ、レンとフカ次郎は《PM4》の現在位置を目指して、最短距離で進軍していた。目の前にそびえ立つ巨大なドームの中を突っ切ると早いのだが、そこには3つの敵チームが確認された。「今回は《ラッキー・ガール》返上かな、こりゃ……」すると、ドームからいくつもの銃声が聞こえてくる。どうやら敵チーム同士が戦闘しているらしい。敵同士で潰しあってくれれば……そう考えていたレンはその銃声に奇妙な感覚を覚える。
#10 魔王復活
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #10 魔王復活 残りは6チーム。サバンナで戦うレンとフカ次郎のふたりは《MMTM》の襲撃を受けた。そのとき、前回《スクワッド・ジャム》のライバルチーム《SHINC》が、レンたちの前に現れる。《SHINC》のボスは、レンにガチのタイマン勝負を申し込むが……。 「ごめん……それはできない」  唯一ピトフーイを止められるのはレンのみ。7チームを返り討ちにして勢いが止まらないピトフーイとエムのチーム《PM4》に《SHINC》と《LF》が挑む。エムの狙撃をかいくぐり、最強の盾を突破することはできるのか……。 「各員、気合い入れな! 目標《PM4》! 《お菓子作戦》を開始する!」
#12 拍手
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #12 拍手 《セカンド・スクワッド・ジャム》もいよいよ大詰め。レンとピトフーイの一騎打ちが始まった。 「こんなに追い詰められたのは、レンちゃんのおかげ! 滾る勝負ができて、本当に嬉しいわ」  ゲームに本気で命をかけている、と言うピトフーイ。そんな彼女にレンは挑発する言葉をかけ、その感情を揺さぶろうとする。激しい戦いの中、レンは絶体絶命に追い詰められるのだった。  はたして、ふたりの戦いの行方は? 《セカンド・スクワッド・ジャム》を制する者は誰か? そしてレンはピトフーイの命を救うことが出来るのか!?
#01 BRAND NEW WORLD
無料
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #01 BRAND NEW WORLD JAPANドームライブを無事に終えて、それぞれの仕事に邁進し、忙しい日々を過ごしているB-PROJECTとつばさ。 そんな中、つばさはダイコク・プロダクション社長の大黒篤志に呼び出されて、B-PROJECTをある場所へと連れていくことに…
#06 MOVING ON
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #06 MOVING ON 釈村のもとに突然、父親からあるメッセージが届く。その内容は釈村につらい選択をせまるものだった。 苦悩しつつも父親に従わざるを得ない釈村であったが、その決断がMooNsやB-PROJECTを巻き込んだ大事件に発展する。 果たしてMooNs、そしてB-PROJECTはこの困難を乗り越えられるのか!?
#08 TRUE THING
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #08 TRUE THING 夜叉丸からの突然の連絡。その内容はB-PROJECTとつばさにとって非常に不穏なものだった。 夜叉丸から聞かされた自分の父親の話が脳裏をよぎり、仕事にも身が入らないつばさ。 そして何かを知っているらしいB-PROJECTのメンバーにつばさは自身の父親のこと、そして夜叉丸との関係を聞くことにするが…
#10 BRAVE ACTION
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #10 BRAVE ACTION 映画「KING of CASTE」の撮影を行うB-PROJECT。 そんな中、自身のスタントマンのスケジュール調整が難航しているのを知った不動はある思いから自身で危険なアクションシーンを自らやらせてほしいと懇願した。 スタントの練習に一人打ち込む不動を心配するメンバーたち…果たして撮影を無事成功させることができるのか?
#11 TRAP AGAIN
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #11 TRAP AGAIN 14人になって初めてのJAPANドームライブに向けてレッスンに励むB-PROJECT。 演出プランなどのすり合わせも進み、周囲の期待も高まっていく。 着々とライブ当日に向けて準備も進み、北門、金城、増長、不動の四人が出演する生放送番組でライブの告知を行っていたが、そのときとんでもない情報が飛び込んでくる…
#12 CLIMAX EMOTION
B-PROJECT~絶頂*エモーション~ #12 CLIMAX EMOTION 夜叉丸の助けによりなんとかカウントダウンライブを開催できることになったB-PROJECT。 「どんな状況でも自分たちが今できる最高のパフォーマンスを!」と意気込むメンバーだが、課題は山積み。 実施に向けて課題を1つ1つ解決するB-PROJECTとつばさ。ところが、さらなる問題が重なり、ライブの実施が再び危ぶまれる事態に…。
第1話 すごい
無料
女子高生の無駄づかい 第1話 すごい かつてとあることをきっかけに何となく疎遠になってしまっていた田中、菊池、鷺宮の三人は、偶然にも同じ高校に進学したことによって再会を果たす。久しぶりに会う旧友を前に、ぎこちなさを隠せない菊池だったが、昔と何一つ変わらない田中と鷺宮のやりとりを見ているうちに、自然とツッコミを入れてしまう。クラス分けでも同じクラスになった三人は、そのまま入学式に出るが、途中から何やら落ち着かない様子の田中。入学式を終えて、教室へと向かう途中で、田中は取り返しのつかない失敗をしてしまったと話し始める。
第2話 まんが
無料
女子高生の無駄づかい 第2話 まんが クラス全員にあだ名をつけるという田中の試みによって、菊池はヲタ、鷺宮はロボ、そして田中自身はバカというあだ名が定着したある日の日曜日。ヲタはベッドに寝転びながら、低所得Pの新曲を聞いたり、アニメを観てみたり、漫画を読んでみたりと、週末を満喫していた。バカから暇過ぎるからという理由で、大量に送られてくる自撮り写真を完全に無視して、趣味を謳歌するヲタは、いつか自分も有名になって夢の印税生活をしてやると奮起し、描きかけで止まっていた自らの漫画を描き始める。
第3話 わすれもの
無料
女子高生の無駄づかい 第3話 わすれもの 百井咲久は、その可愛らしい見た目から、周囲にいつも小さくて可愛いと言われ続けてきた。自分の容姿にコンプレックスを抱き、グレてやるとまるで尖ったナイフのように生きているのにも関わらず、周囲の反応は変わらない。そしてバカにロリというあだ名をつけられてしまい、事あるごとにあだ名を連呼されることに怒ったロリは、もうバカとは口を聞いてやらないと宣言するが、バカの巧みな誘導によって、つい返事をしてしまう。さらにはバカの嘘にまんまと騙されてしまい、ロリはバカに対して最高の悪口を言うのだが……。
第5話 りりぃ
無料
女子高生の無駄づかい 第5話 りりぃ バカたちのクラスに転入生がやってきた。転入生の名前は染谷リリィ。さらさらのロングヘア、ぱっちりとした大きな瞳、瑞々しくぷるんとした唇、扇情的な隆起を描く豊かな胸、きゅっとした細い腰に、すらりとした長い足、そして透き通るような白い肌という、リリィの完璧な美少女ぶりを見て、ヲタは思わず格差社会かと叫んでしまう。リリィはにっこりと微笑んで、自己紹介をするのだが、その内容が好き嫌いのくだりに入ったとき、その可憐な容姿からは想像もつかない斜め上の言葉が次々と飛び出していき……。
第6話 まじょ
無料
女子高生の無駄づかい 第6話 まじょ ファミレスで、いつものようにバカのすごい話を聞いていたヲタとロボ。そんな三人に久条琥珀という見知らぬ少女が話しかけてくる。琥珀の話によると、双子の姉である翡翠が、バカたちと同じさいのたま女子高校に通っているのだが、とある事情で数えるほどしか学校に行っていないらしい。このままでは出席日数が足りずに、退学処分になってしまうかもしれない。翡翠にどうにか学校に通ってもらうため、バカたちに翡翠と友達になって欲しいという。話を聞いたバカたちは、快く友達になることを引き受けるのだが……。
第7話 やまい
無料
女子高生の無駄づかい 第7話 やまい 屋上の給水タンクの上に座って、人間はもっとプライドを持たなければならないとつぶやくヤマイ。そんなヤマイに話があるから降りてこいと言うワセダだったが、ヤマイはワセダの言葉には屈しないと返す。しかし、ワセダが内緒で饅頭を一つやろうと言うと、あっさりと降りていき、いつものごとく進路指導室へと連れて行かれる。ワセダはヤマイの包帯がいつもに増して多いことを心配していて、いったい何があったんだと問いかけるが、ヤマイは大したことじゃないから案じるなと反論し……。
第9話 おしゃれ
無料
女子高生の無駄づかい 第9話 おしゃれ ある日、スーパーで買い物を終えたロリは、帰り道で同級生をいじめている小学生たちを見かける。彼らにいじめをやめるように注意をするロリだったが、小学生たちは言うことを聞くようなそぶりもなく、ロリに対してどこの小学校に通っているんだと凄む始末。小学生に間違われたことに憤慨し、自分が高校生であると主張するロリ。しかし、小学生たちはロリの言うことをまるで信じようとしない。高校生ならもっと胸が大きいはずだと言われたロリはショックのあまり、買い物袋を落としてしまい……。
第12話 なかま
無料
女子高生の無駄づかい 第12話 なかま 年明け早々にワセダから、今度の期末で相当頑張らないと留年してしまうことを宣告されたバカ。どうやら1教科でも赤点を取ったら本当に留年してしまうらしい。落ち込むこともなく笑いながら、ワセダから留年するかもしれないと言われたことをヲタやロボに話すバカに対して、ヲタは一つも笑えないと返す。さらにマジョからも占いの結果が良くないことを示していたと言われるが、どこ吹く風のバカ。どうやら以前からとっておきの勉強法を実践しているから、何の心配もないと言うのだが……。
#02 GGO
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #02 GGO 東京の大学に進学した小比類巻香蓮は、長身であることへのコンプレックスにより、思い描いていたような学生生活を送れずにいた。 ある日、彼女は「別の自分になれること」に興味を抱き、地元の親友・篠原美優の手ほどきのもとVRゲームとそのハード《アミュスフィア》を手に取る。お気に入りのアバターができるまで、いくつものVRゲームを試した彼女はやがて《ガンゲイル・オンライン》にめぐり合う。 「わたし、かわいくて小っちゃいんだ……わたし、レンなんだ!」  デザートピンクの装備を身に着けた彼女は、名うてのプレイヤーキラーとして恐れられるようになる。ところが、褐色肌の女性プレイヤーに、銃を突きつけられて……。
#04 デスゲーム
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #04 デスゲーム チーム対抗のバトルロイヤル戦《スクワッド・ジャム》が開始してまもなく1時間が過ぎようとしていた。レンとエムのふたりはまだ戦場で健在だった。 「3位確定かぁ……うまくいけば、本当に優勝できちゃうかも」 順調な戦況に気を緩めたレンたちのもとに、敵チームが急襲する。銃弾が降り注ぐ中、エムはバックパックから特殊なアイテムを取り出すと、レンに作戦を伝える。その作戦とは、レンが全速力で逃げ回り、敵の目を引き付けるというもの。その間にエムが敵を狙撃するという。はたして、その作戦は上手くいくのだろうか……。
#05 ラストバトルは私に
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #05 ラストバトルは私に 《スクワッド・ジャム》が開始して1時間15分が過ぎた。残るチームは、レンたちともうひとつのチームだけ。急に取り乱したエムを残し、レンはたったひとりで決戦に向かう。 「ラストバトル! やってやるぞー! ま、できるところまでは」 相手チーム《SHINC》のメンバーは6人。激しい銃撃の中、レンは持ち前の俊敏性を活かして、戦場を駆け回る。だが、逃げ回っていては勝つことができない。そう気づいたときに、手元あった愛銃P90、通称ピーちゃんが語り掛けてきた。 「やっと気付いてくれたんだねっ!」 ピーちゃんの想い(!?)を受け、レンは相手チームに正面から挑む。
#08 ブービートラップ
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #08 ブービートラップ 《セカンド・スクワッド・ジャム》が始まった。レンとフカ次郎の初期配置はマップの最北西のエリア。10分が経ち、各チームのリーダーの位置がマップに表示されるサテライトスキャンが行われる。レンは、ピトフーイとエムのいる場所を探すが……彼女たちは、はるか遠くの地点にいた。ピトたちのチーム《PM4》を目指して進軍を開始するレンとフカ次郎。やがて、町エリアに陣を敷くチームを発見する。先行するフカ次郎が攻撃を仕掛けようとするも、罠にハマり行動不能に陥ってしまう。いきなりのピンチにレンは……。「ここにいて。……SJ優勝者の実力、ちょっと見せてくる」