「花咲イアン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

EPISODE 13「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 13「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」 ここに錬金術と神話持たぬ国の先端技術――そして、ガングニール。全ての神討つ可能性が集結する。 今ならば神の摂理を覆せるというキャロルの言葉そのままに、装者の攻撃でダメージを受けるシェム・ハは、 ファウストローブの在り方を改造し、全てを終わらせる最終決戦態デウス・エクス・マキナと起動。 装者たちの歌を脅威と覚えたからこそ、全ての力を以ってして神の威信を見せつけるのであった。 キャロルの挺身にてシェム・ハ必殺の一撃を凌いだ装者たちだが、依然、その危機的状況は変わらず。 バラルの呪詛無き今、人類はシェム・ハからの強制接続を免れる術はなく、ここにネットワークは完成。 生体演算端末群に偲ばせていた全てのデータ断章を合一し、遂にシェム・ハは現代に完全体へと復活を果たす。 それでも、神殺しの力にてただひとり接続に抗った立花 響は、臆す事なくシェム・ハに最後の激突を挑む。 呪いが、在り方すらも変えるほどに積層した誰かの想いであるならば、もっと大きな想いにて上書けばいいだけ。 小日向 未来を取り戻そうと足掻く響は、神に奪われた未来を求める人類の本能を共に繋いで束ねる事で、 己が拳に宿った神殺しの呪いを、<未来>を奪還する祝福へと強引に書き換えていく。 戦慄するシェム・ハに向かって真っ直ぐに突き出されたそれは―― 誰かと手を繋いでいくために花咲いた、どこまでも立花 響のアームドギアであった。
【SHINeeミンホ/Block B P.O&ビボム&ユグォン出演】#272 (韓国2019年4月7日放送) 「僕のそばで花咲く君」
スーパーマンが帰ってきた 【SHINeeミンホ/Block B P.O&ビボム&ユグォン出演】#272 (韓国2019年4月7日放送) 「僕のそばで花咲く君」 【僕のそばで花咲く君】(韓国2019年4月7日放送) 3妹弟にドラマのオファーが!ドラマの名場面を再現するシアンに意外な才能が...?さらに、演技を指導してくれる国民的俳優(?)の正体とは...。また、ウィリアムは流行りのチキン帽子を被ってBlock BのP.Oと記念写真!そして、迷路でゴヌを見失ってしまったナウンとパパ!果たして3人は無事に再会できるのか?
BanG Dream! FILM LIVE
BanG Dream! FILM LIVE BanG Dream! FILM LIVE 花咲川女子学園で結成したガールズバンド「Poppin’Party」、 幼馴染5人が奏でる王道ガールズロックバンド「Afterglow」、 事務所の意向で生まれたアイドルバンド「Pastel*Palettes」、 重厚な世界観で魅せる本格派バンド「Roselia」、 世界を笑顔にするため幸せいっぱいのメロディを届ける「ハロー、ハッピーワールド!」。 5つのバンドが目指す、次のステージは……! バンドリ!初の劇場ライブアニメーション「BanG Dream! FILM LIVE」開催!
第80話 奮闘!花咲か両さん
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第80話 奮闘!花咲か両さん 一儲けしようと高価な蘭の栽培をする両津。苦労の末育て上げた蘭は奇跡の青い花をつけた。ウン千万の価値だと皮算用をするが…
第2話 士郎対父・雄山
美味しんぼ 第2話 士郎対父・雄山 山岡は超一流の美食家をうならせる程の料理通なのに「究極のメニュー」作りは一向に進展しない。その理由は希代の美食家のために家庭を崩壊させられていたから、その父とは・・・。
第3話 野菜の鮮度
美味しんぼ 第3話 野菜の鮮度 父雄山との対決に敗れた士郎は一念発起。「究極のメニュー」作りに真剣に取り組む。ゆう子と山岡は「とにかく新鮮!」をキャッチフレーズにオープンしたデパートを取材。ところがそこで扱われているものは・・・。
第4話 活きた魚
美味しんぼ 第4話 活きた魚 美食で名高い大月エレクトロン社長に招かれてご馳走になっている山岡とゆう子。社員の子供さとるは正直に「ちっとも美味しくない」と言う。怒る社長とさとるをかばう山岡。
第5話 そばツユの深味
美味しんぼ 第5話 そばツユの深味 日本そばの屋台を出した花川だが、うまいそばツユがどうしてもできない。そんな花川に士郎が助け船を・・・。一撤花川が心を開いて作ったツユでソバ通中松警部から営業許可証を取れるか。
第6話 幻の魚
美味しんぼ 第6話 幻の魚 刺身は鯖が一番と胸を張った士郎。雄山をはじめ、同席した他の人々にバカにされ、ゆう子も気が気ではない。彼が自信満々に推す葉山の鯖。その秘密は?雄山との対決に勝利できるか。
第7話 炭火の魔力
美味しんぼ 第7話 炭火の魔力 鯖の老舗「筏屋」も質より量重視でガス調理を。板前の金三だけがかたくなにガスで焼くことを拒んだが主人・木元は耳を貸さない。中松警部の協力で炭火調理の店を出した板前金三の心意気。