「花江 生 10」の検索結果

今すぐ視聴する

scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す
無料
イエスタデイをうたって scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す 大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている魚住陸生。 特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きる陸生の前に、ある日カラスを連れたミステリアスな少女ハルが現れる。 ハルの破天荒な振る舞いに戸惑う陸生。 更に、かつて憧れていた大学の同期生森ノ目榀子が東京に戻ってきたことを知らされる。
第8話 発想と創造の協奏曲
食戟のソーマ 第8話 発想と創造の協奏曲 遠月学園高等部、最初の地獄と言われる「宿泊研修」。この合宿では連日何十人もの生徒が強制送還・退学となり、生徒数が半分以下まで減るという噂もある。研修場所は、「遠月リゾート」が経営する豪華ホテル。創真たちはそれぞれの想いを胸に、生き残りをかけた地獄の合宿へ!!
第157話 「生徒会長 春雨知恵熱」
無料
あはれ!名作くん 5期 第157話 「生徒会長 春雨知恵熱」 竜宮小を支配する生徒会長「春雨知恵熱」が登場!意外とバカだし、お前の勝手にはさせないぞ! 春雨知恵熱役に花江夏樹。
第10話 穴
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第10話 穴 天城と下校するり香の前を、ひと葉を乗せた山岸の車が走り去っていく。慌てて後を追う天城とり香。その頃、満員電車で、新菜は泉に思いがけない言葉をかける。そんな中、ついにひと葉は山岸を押し倒す。あっと言わせるため、一生忘れられない存在にするために。「本郷ちん、応答せよ!」
scene08 イノセント・ブルー
無料
イエスタデイをうたって scene08 イノセント・ブルー 陸生への気持ちの変化を意識していたが、一歩踏み込めないでいる榀子。 同僚の杜田に悩みを打ち明け、背中を押される。 榀子と進展し始めたにも関わらず、心から喜べない陸生は写真スタジオの仕事に没頭していた。 二人の関係を知らない晴は、多忙な陸生に何とか会いに行こうとする。 そして陸生は写真スタジオの正社員に昇格、コンビニを辞め晴や榀子に会う機会が少なくなっていた。
第五話 己の鋼
鬼滅の刃 第五話 己の鋼 朝日が昇り、七日間の戦いの果てに生き残った剣士たちはたったの四名だった。 生き抜いた炭治郎たちを出迎えた案内役からは、鬼殺隊についての説明が行われる。 それぞれに鬼殺隊の隊服、伝令役となる鎹鴉が支給され、最後に、自身の日輪刀を造る玉鋼を選んだ。 そして、鱗滝の家へと帰宅した炭治郎を待っていたのは―。
第14話 メタモルフォーゼ
食戟のソーマ 第14話 メタモルフォーゼ 課題合格の条件は、「卵を使った朝食メニュー」をビュッフェ形式で2時間以内に200食以上食してもらうこと。創真の「スフレオムレツ」はお客さんが手に取る前にしぼんでしまい、残り30分でまだ10食以下と絶望的な状況。創真は城一郎の言葉を思い出し、起死回生の一手に懸ける……!!
第十一話 鼓の屋敷
鬼滅の刃 第十一話 鼓の屋敷 鎹鴉から告げられた次なる鬼退治の地は南南東――。 その途上で炭治郎は、最終選別で生き残った同期の剣士・我妻善逸と出会う。 炭治郎は、善逸の消極的な態度に手を焼きつつも山の奥地へ向かうと、 屋敷の前で兄を連れ去られたふたりの子どもたちに出会う。そこで、善逸はどこからか鳴り響く鼓の音を聴くのだった……。
第2話 神の舌(ゴッドタン)
食戟のソーマ 第2話 神の舌(ゴッドタン) 父・城一郎に言われて創真が向かった先は、日本屈指の料理学園「遠月茶寮料理學園」。編入試験の審査員・薙切えりなは、内部進学の学園生。彼女は人類最高の味覚「神の舌(ゴッドタン)」を持ち、幼い頃から日本中の有名店の味見役を務めていた。えりなに「才能なし」と言われたら、料理業界では生きていけない。編入希望者は恐れるあまり、試験から逃げ出すのだが…!?
第13話 夜明け前の卵たち
食戟のソーマ 第13話 夜明け前の卵たち 合宿3日目の夜。創真たち極星寮のメンバーは、過酷な課題をクリアして、何とか全員生き残っていた。研修のしおりには、今日の就寝時間が書かれていない。極星寮メンバーが不思議に思っていると、召集のアナウンスが入る。堂島が疲労でボロボロの生徒たちに与えた新しい課題、それは明日の朝までに「卵を使った朝食メニュー」を考えること――!
第15話 「修羅」と呼ばれた男
食戟のソーマ 第15話 「修羅」と呼ばれた男 宿泊研修が終了し、生き残った生徒たちは遠月学園に戻る。そんな中、創真は帰りのバスに乗りそこねて呆然と立ち尽くしていた。一方、えりなも部屋に忘れ物をして別の車で帰ることに。運良くえりなと出会えた創真は、同じ車に乗り……。気まずい車中でえりなが語る「秋の選抜」とは!?そして極星寮では意外な人物が待っていた――。
第19話 選ばれし者
食戟のソーマ 第19話 選ばれし者 遠月学園、1学期の終業式。学園内の掲示板には、『秋の選抜』に出場する生徒の名前が張り出されていた。創真をはじめ、極星寮のメンバーやタクミ、肉魅など、実力のある1年生たちが名を連ねる。予選のお題は『カレー料理』。創真はカレーについて話を聞くために、城一郎から教えてもらったある“先輩”のもとへ向かう。
第七話 鬼舞辻無慘
鬼滅の刃 第七話 鬼舞辻無慘 三人に分裂した鬼が炭治郎を追い詰める。そのとき禰豆子が鬼に襲い掛かった。 鬼になってしまった妹は守らなければいけないほど弱い存在ではない――。 意を決した炭治郎は、分裂した鬼のひとりを追い、地面に広がる沼へ飛び込む。沼の中で待ち受けていたものは―。
第十話 ずっと一緒にいる
鬼滅の刃 第十話 ずっと一緒にいる 炭治郎の苦境は続く。 矢琶羽が最期に繰り出した血鬼術”紅潔の矢”を、炭治郎は水の呼吸の型を駆使し、なんとかしのいでいた。 一方で禰豆子と朱紗丸の戦いは続いており、状況を危惧した珠世は、自身の血鬼術を使い―。
第十二話 猪は牙を剥き 善逸は眠る
鬼滅の刃 第十二話 猪は牙を剥き 善逸は眠る 鼓を打つ度に、部屋が回転する不思議な屋敷の中で、炭治郎は善逸と離ればなれになってしまう。 炭治郎と別れてしまった善逸は正一を連れ、恐怖に絶望していた。 その頃、炭治郎は、屋敷の主である鼓を打つ鬼と、猪の頭をかぶった奇妙な姿の男に出会う。
第十三話 命より大事なもの
鬼滅の刃 第十三話 命より大事なもの 屋敷の主・響凱が鼓を打つたびに部屋が回転し、炭治郎は苦戦を強いられる。 前の戦いで骨折している炭治郎は弱気になる自身を鼓舞して、必死に立ち向かう。 響凱が使う血鬼術による攻撃にも圧倒される炭治郎。果たして、無事に響凱の頸を討ち取ることができるのかー。
第十四話 藤の花の家紋の家
鬼滅の刃 第十四話 藤の花の家紋の家 死闘の末、響凱との戦いに勝った炭治郎。 屋敷の外へ出ると、先に脱出していた善逸と出会う。だが、禰豆子の入った木箱を抱えボロボロになった善逸、 そして二刃の日輪刀を抜いた猪頭を被った男が立ちはだかる異様な状況を目の前にする―。
第十五話 那田蜘蛛山
鬼滅の刃 第十五話 那田蜘蛛山 次なる目的地は北北東。 炭治郎と禰豆子は、善逸や伊之助とともに那田蜘蛛山へ向かう。 その山は蜘蛛の巣が張りめぐらされ、無数の蜘蛛が蠢く山だった――。 怯える善逸を残し、山に入った炭治郎と伊之助は、蜘蛛の糸に絡み取られた鬼殺隊員に遭遇する。
第十八話 偽物の絆
鬼滅の刃 第十八話 偽物の絆 那田蜘蛛山の父鬼と対峙する炭治郎と伊之助。応戦する炭治郎だったが、父鬼の怪力に吹き飛ばされてしまう。 川の近くに落下した炭治郎は、姉鬼を痛めつける鬼の少年・累と出会う。 恐怖と憎悪で結ばれた関係を「家族の絆」と呼ぶ累に、炭治郎は激怒する。累と炭治郎の戦いが始まる。
第十九話 ヒノカミ
鬼滅の刃 第十九話 ヒノカミ 鬼殺隊最強の剣士である柱が那田蜘蛛山に到着した。 父鬼を一太刀で切り伏せる水柱・冨岡義勇。 その太刀筋を見た伊之助は己との格の違いに興奮し、戦いを申し込む。 一方、全身に毒が回り、瀕死に陥っていた善逸の前にも、蟲柱・胡蝶しのぶの姿が――。
第二十三話 柱合会議
鬼滅の刃 第二十三話 柱合会議 鬼殺隊の当主・産屋敷が、ついに炭治郎の前に現れた。彼は、炭治郎と禰豆子の入隊を容認するという。 だが、柱たちはその判断をすぐには飲み込めなかった。 風柱の不死川実弥は自らの腕を傷つけ、禰豆子の前に血を晒して、鬼の本性を引き出そうとする。
第二十五話 継子・栗花落カナヲ
鬼滅の刃 第二十五話 継子・栗花落カナヲ 蝶屋敷で機能回復訓練中の炭治郎は、全集中の呼吸を一日中続けられるように修行に励む。 最初は全く敵わなかった同期の剣士・カナヲとの訓練も少しずつ効果を上げるようになってきた。 毎日修行を休まぬ炭治郎を見て、善逸と伊之助も訓練に復帰するが……。
第4話 極星のマリア
食戟のソーマ 第4話 極星のマリア 学生寮への入寮を希望していた創真は、期待に胸を膨らませて「極星寮」へ向かった。たどり着いたそこは、荒れ果てた外観の不気味な洋館。そして怒号とともに、寮母である大御堂ふみ緒が現れる。料理を作り、ふみ緒にその味を認められた者のみ入寮が許される――。創真は入寮をかけ、極星名物「入寮腕試し」に挑む!!
第5話 氷の女王と春の嵐
食戟のソーマ 第5話 氷の女王と春の嵐 極星寮に住む唯一の2年生・一色慧。彼は遠月十傑の1人だった。十傑入りを目指し、創真はさっそく料理勝負を挑むが、そこで初めて遠月学園伝統の料理対決「食戟」のルールを知る。一方その頃、えりなは自分専用の調理棟の建設のためちゃんこ鍋研究会の主将と「食戟」を繰り広げていた……。
第20話 龍は臥し、空へ昇る
食戟のソーマ 第20話 龍は臥し、空へ昇る スパイスを知り尽くす葉山と出会い、カレー料理の奥深さを知った創真と恵。『秋の選抜』に出場する1年生たちは夏休みの期間を使い、それぞれ自らのカレー料理と向き合っていた。そして迎えた試合当日。『秋の選抜』本選出場をかけた予選が幕を上げる――!!
第四話 最終選別
鬼滅の刃 第四話 最終選別 最終選別の合格条件は、鬼殺の剣士が捕らえた鬼たちが閉じ込められている藤襲山で七日間生き延びるということ。 若き剣士と鬼の生き残りをかけた戦いが始まる。 炭治郎は、鱗滝左近次のもとで身につけた呼吸法と型で着実に鬼を斬っていく。二年にわたる鍛錬は無駄ではなかった。 しかし、そんな炭治郎の前に、藤襲山にはいるはずのない異形の鬼が現れる―。
第3話 その料理人は笑わない
食戟のソーマ 第3話 その料理人は笑わない なんとか遠月学園の編入試験に合格した創真。だが始業式の編入生挨拶でいきなり豪胆な宣言をし、生徒達から嵐のようなブーイングを受けてしまう。創真のような悪目立ちはしまいと決心する女生徒・田所恵。あと1回でも不可もしくはE評価を取ったら即退学なのだった。ところが最初の授業で創真とペアを組むことに。さらに運悪く、この授業の講師・シャペルは評価が厳しいことで有名な「笑わない料理人」だった……!
第三話 錆兎と真菰
鬼滅の刃 第三話 錆兎と真菰 鬼殺隊――古より存在し、鬼を狩る組織。 入隊のための試験「最終選別」に向けて、鱗滝左近次による炭治郎の訓練が始まった。 様々な罠が張り巡らされた山下り、刀の素振り、滝修行、そして呼吸法……。 狭霧山に来て一年、鱗滝は「もう教えることはない」と炭治郎へ言い放ち、巨大な岩の前で、最終選別へ行くための条件を突きつける―。
第六話 鬼を連れた剣士
鬼滅の刃 第六話 鬼を連れた剣士 鬼殺隊の隊服に身を包んだ炭治郎。腰に日輪刀を携え、禰豆子が入った鱗滝特製の木箱を背負い、 鬼殺隊の初任務として毎夜少女が失踪しているという北西の町に向かう。 そこで炭治郎は、恋人をさらわれ、憔悴しきっている和巳と出会う。 たしかに、近くに鬼の匂いを感じるが、鬼の姿はどこにも見えない。不穏な事件に鬼の影を疑う炭治郎は―。
第八話 幻惑の血の香り
鬼滅の刃 第八話 幻惑の血の香り 次なる任務の舞台は東京・浅草の町。大正の華やかな都会の街並みに戸惑う炭治郎だったが、そこで鬼の匂いを嗅ぎつける。 匂いを追った先で出逢ったのは鬼舞辻無惨だった。鬼舞辻を斬ろうとする炭治郎。だが、鬼舞辻は行きかう人間を鬼に変え、町を混乱に陥れる。必死に事態を収拾しようとする炭治郎の前に、 とある人物が姿を現す―。