「若槇太志郎 大和田南那」の検索結果

今すぐ視聴する

#4:冬の大三角カンケイ
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #4:冬の大三角カンケイ スノボデートでの「たいぞー」の『あやが気になっている』という言動に戸惑いを隠せなかった「なな」。そんなとき、今まで積極的なアプローチができていなかった芸人「木佐」が「なな」を大阪デートに招待! 一方、東京では「たいぞー」が「あや」とデート。その時、「あや」が『好感を持ってる』と話した男子とは...?
#5:脱落直前!最後デートで全員告白
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #5:脱落直前!最後デートで全員告白 9人での最後のデートの舞台は遊園地! それぞれの恋が錯綜する大波乱の1日が始まるー。 「木佐」と「たいぞー」は、「なな」を巡る恋のバトル!? 「りんね」と「おと」も「SORA」をめぐって直接対峙! 気持ちが見えない「たくみ」が呼び出した相手は...? そして「あさや」と「あや」の間にあの女子が参戦!?
#6:彼は危うし、疑え乙女!
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #6:彼は危うし、疑え乙女! 男子1人脱落前の、9人でのラストデートを終えた女子メンバーたち。 ここまでそれぞれが男子5人と関わってきたなかで、誰をオオカミくんだと思っているのか? 脱落者発表前に本音で告発&自分たちの一票をガチ投票! 男子たちを一番近くで見ていた彼女たちは、一体誰に票を入れるのか...?
#7:脱落男子発表…バイバイ、私の王子様
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #7:脱落男子発表…バイバイ、私の王子様 ついにやってきた「オオカミくん投票」の結果発表の日。 「落ちるかもしれない」不安を胸に、最後に気になる女子に今の思いを伝える男子たち。よみうりランドでの中間告白を受けて、9人の思いはどう変化したのか!? そしていよいよ発表のときー。脱落する男子は誰!?
#2:2番目なんていない!
無料
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #2:2番目なんていない! あみだくじで決まった2グループに分かれてのデート♡ 前回男子から気になる女子に渡されたブレスレット。「脈アリ」の場合は女子がブレスレットを着けてくる! さらに、女子会では「運命のトランプゲーム」によって女子が会いたい男子を指名してデートできる権利を争う展開に!
#3:負けを知ったライオン
無料
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #3:負けを知ったライオン ゲレンデへスノボデートにやってきた「あや」「なな」「あさや」「たいぞー」「たくみ」の5人。 慣れない女子たちを優しくリードする男子たち♡青春感満載ですっごくいい感じ! ところが、最初「なな」といい感じだった「たいぞー」が「あや」と2人きりに!? そして「あさや」が「あや」を呼び出して...
#8:あの子の中のあいつ
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #8:あの子の中のあいつ オオカミくん投票で1位になったたいぞーが脱落したあと、最後の恋の駆け引きに奔走するメンバー。 りんね・おと・SORAの3人が高尾山デートで三角関係の最終決戦! ついにたくみはおとを海へと連れ出して...? 一方あさやが呼び出したのはなんと...たいぞーを失って傷心のなな? そして...いなくなったあの男の影?
#9:涙と衝撃のラスト...
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #9:涙と衝撃のラスト... 告白の日直前、メンバーたちは自分の覚悟を決めるために最後の密会デートを行う。 ギリギリまで揺れ動く8人の想い...。 そしていよいよ、女子から男子への告白の日がやってくる。 真っ白な雪景色のなかで、誰が誰に想いを伝えるのか? 結ばれるのはどの2人なのか? そして、オオカミくんは一体誰だったのかー?
#1:冬にはじまる恋のdrama
無料
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #1:冬にはじまる恋のdrama 夕暮れ時のお台場で待ち合わせる女子メンバーと男子メンバー。 初対面を前にドキドキな女子たちの前に現れたのは、個性豊かなイケメン5人! ビュッフェディナーやスケートで徐々に打ち解けるなか、男子が気になる女子に赤いブレスレットを渡すことに♡ しかしそこで早くも波乱が!?そして明かされる衝撃の新ルール...

おすすめの作品

#48:大悟ドッキリで名言連発!ギャラ飲み美女に大興奮SP!
チャンスの時間 #48:大悟ドッキリで名言連発!ギャラ飲み美女に大興奮SP! これまでの名企画振り返りSP!爆笑の栃木ヤンキー抗争、ギャラ飲み美女の爆笑婚活に密着、ノブの即興漫才、大悟の人間性検証ドッキリでガチ口説き不倫発言と名言の数々をお届けします!
#95:ハロウィンの乗り切り方&アニヲタ女子攻略法講座・初級
DTテレビ #95:ハロウィンの乗り切り方&アニヲタ女子攻略法講座・初級 【見どころ】 ●死ぬほど憂鬱なハロウィンの乗り切り方…ピンチをチャンスに変えるコスプレはこれだ! ●“気になるあの子はアニヲタ女子”ジョジョ?ドラゴンボール?「ハズさない」人気キャラの名セリフは? ●「この女子を選ぶのは童貞認定」検証...大論争の末に見えた答えは?
第1話 「学園都市」
無料
とある魔術の禁書目録 第1話 「学園都市」 東京西部の大部分を占める巨大な都市。総人口二三〇万人の約八割が学生というところから、そこは『学園都市』と呼ばれており、住民である生徒達には、超能力を開発する特殊なカリキュラムが組まれていた。学園都市のとある高校生・上条当麻(かみじょう・とうま)の評価は落第寸前の無能力(レベル0)。なぜなら彼の右手には、“異能の力ならなんでも打ち消す”謎の力が宿っていたからだ。そして彼はこの右手のおかげで、“神のご加護”まで打ち消し、常に不幸な人生を送っていた。そんな夏休みのある日。上条の部屋に純白のシスターがいきなり空から降ってきた。そして、その少女はこう言った。自分は“魔術”の世界から逃げてきた──と。
第2話 「魔女狩りの王(イノケンティウス)」
とある魔術の禁書目録 第2話 「魔女狩りの王(イノケンティウス)」 謎のシスターさんを自分の部屋に匿い、上条はひとまず補習に出かけた。しかしその帰宅途中、自分の部屋の前でインデックスが血まみれになって倒れているのを発見する。それは、彼女を回収するため追ってきた魔術師の仕業だった。赤い髪、目の下にはバーコード、漆黒の修道服を着た長身の青年。ステイル=マグヌスと名乗るその魔術師は、上条に向かって突然ルーン魔術を唱えた……! 炎の魔人「魔女狩りの王(イノケンティウス)」の奇襲に遭い、絶体絶命の上条だったが、そのとき昏睡状態であるはずのインデックスが目を覚まし、不思議な言葉を発し始める
第3話 「必要悪の教会(ネセサリウス)」
とある魔術の禁書目録 第3話 「必要悪の教会(ネセサリウス)」 インデックスの「自動書記(ヨハネのペン)」が発動し、九死に一生を得た上条。再び意識不明になったインデックスの傷をふさぐには魔術による治療が必要だった。しかし、超能力を持つ者はその開発の影響により、魔術を使うと全身から血を吹き出し死んでしまうらしい。そこで上条は、超能力を持たない担任教師を頼って月詠小萌のアパートへ向かう。自分の右手に宿る力は、インデックスを救うはずの回復魔術すら解除(ディスペル)してしまう。小萌のアパートの外で待機する上条は、何もできない自分に憤るのだった。そして、小萌を触媒とし何とか回復魔術を成功させたインデックスは、自分の抱える事情──追っ手の魔術結社と自身の魔道書について語り始めた。
第4話 「完全記憶能力」
とある魔術の禁書目録 第4話 「完全記憶能力」 インデックスを追ってきた魔術師はステイルだけでは無かった。長刀を持つ女性の魔術師、神裂火織。上条は彼女の圧倒的な剣技で体を切り刻まれていく。貴方を殺す前にインデックスを「保護」させてくれという神裂に、ボロボロになりながら抵抗する上条だったが、神裂の操る魔術「七閃」の前に、為す術も無くついに倒れ伏した。朦朧とした意識の中、決して自身を殺そうとはしない神裂に対し、想いと疑問をぶつける上条。しかしその願いも虚しく、上条がゆっくりと目を閉じようとしたその時、神裂の口から意外な事実が語られる。インデックスの数奇な運命とは。彼女の完全記憶能力がもたらす悲劇とは──。
第5話 「十二時(リミット)」
とある魔術の禁書目録 第5話 「十二時(リミット)」 一〇万三〇〇〇冊もの魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の一五%しか脳を使えないインデックス。完全記憶能力を持つがゆえに、その記憶をきっかり一年周期で消さなければ、彼女は死んでしまう。その事実を知らされた上条の元に、神裂から連絡が入る。タイムリミットは午前0時。それを過ぎてしまえば、インデックスは死んでしまう。その前に別れを済ましておくように、と。高熱と激痛にうなされるインデックスを前に、何とか記憶を消さずにすむ方法を探る上条。その努力もむなしく、彼の前にステイルと神裂が現れる。はたして、上条にインデックスを救う術はあるのか──。
第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」
とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完全記憶能力によって脳が圧迫されるせいでも、一〇万三〇〇〇冊の魔道書を記憶しているせいでもなかった。わずかな違和感から、上条はその事実にたどり着き、教会の手により、インデックスの脳のほとんどを使用して仕掛けられていた「何か」を、右手の「幻想殺し(イマジンブレイカー)」で破壊する。それと同時に発動する「聖ジョージの聖域」。インデックスの脳に収められた魔道書を狙うものたちを排除すべく、次々と術式が展開される。ステイルと神裂の助けを借りて、上条の右手は、神の作った幻想をぶち壊すことができるのか――。
第7話 「三沢塾(かがくすうはい)」
とある魔術の禁書目録 第7話 「三沢塾(かがくすうはい)」 とある事情でインデックスとクラスメイトの土御門と青髪ピアスの三人と共に、ファストフード店に立ち寄ることになった上条。満員の店内で相席することになったのは、食い倒れた自称「魔法使い」の巫女さんだった。電車賃がなくて帰れないという彼女は、塾の先生だというスーツ姿の男たちとともに姿を消す。奇妙な出会いの帰り道、上条の前にステイル=マグヌスが現れる。アウレオルス=イザードという錬金術師によって、進学予備校「三沢塾」に監禁されている『吸血殺し(ディープブラッド)』――吸血鬼を殺す力を持った少女を助け出す手助けをしろ。ステイルは上条にそう告げる。
第8話 「黄金錬成(アルス=マグナ)」
とある魔術の禁書目録 第8話 「黄金錬成(アルス=マグナ)」 三沢塾に囚われた少女の名は、姫神秋沙(ひめがみあいさ)。上条がファストフード店で出会った少女だった。ステイルとともに侵入した三沢塾のロビーには、甲冑を着た死体――ローマ正教の一三騎士団の遺骸があったが、生徒たちはまったく気に留める様子がなかった。ステイルいわく「コインの表と裏」のように、表の住人である生徒たちが、裏の住人である外敵の存在に気づかないよう、結界が張られているのだという。結界を破るには、魔術の「核」となる物を壊すしかない。表の世界に影響を及ぼせない上条たちは、苦戦を強いられる。そのとき、生徒たちの無機質な視線がふたりを捕らえ、その口が呪文をつむぎ始める――。