「華麗なる」の検索結果

今すぐ視聴する

第10話
トンイ 第10話 尋問を始めようという時に現れたオクチョン。ところがオクチョンは中宮殿殺害の謀略を受ける。これに対しオ・テソクはトンイに罪を着せようとする。肅宗はソ・ヨンギに中宮殿殺害の背後を探してくれと頼むが...
第57話
トンイ 第57話 世子とヨニングンの問題で苦慮する肅宗はすべての予定を取り止め沈潜に入る。苦心の末に蟄居を終え便殿会議を招集し重臣らに次の王位に上がる人は世子だけだと公表し、また一つ皆が驚くほどの意外な決定を下すが...
第9話 ギャンブルクィーン 華麗なる恋の賭け
シティーハンター 第9話 ギャンブルクィーン 華麗なる恋の賭け 今回の依頼人は、鬼英会所属のギャンブラー・陽子。近く行われる対抗組織・高円会との大勝負に勝てば、陽子は組織から解放されるという。その勝負の日までの護衛を依頼されたリョウは、高円会が送り込んできた凄腕ギャンブラー・竜を退けるが……。
第5話
トンイ 第5話 チャン・オクチョンが再入宮した後宮には不吉な前兆がいくつも起き、チャン・オクチョンを庇護するオ・テソクは危機を感じる。トンイは父と兄の汚名をそそぐことができるオクチョンの蝶模様の装飾品に執着する。トンイがオクチョンの装飾品を確認しようとした瞬間、正体不明の誰かに拉致されてしまうが...
第7話
トンイ 第7話 トンイと肅宗を威嚇する男たち。大妃を含めた西人勢力は自分たちの陰謀が明らかになるかと戦々恐々とする。肅宗は打楽器に縛られた音変の原因を明らかにし、トンイの功に食べ物と褒美を下賜する。大妃の陰謀の決定的な証拠を得たオクチョン。オクチョンは大妃を尋ね、このことを隠そうと提案するが...
第8話
トンイ 第8話 オクチョンの装飾品を見せてくれというトンイ。一方、西人らの降格と南人らの昇進が発表される。王妃の煎薬の味見をすると銀のさじと箸が変色したことで、南人勢力は再び緊張する。ソ・ヨンギはトンイが6年前に奴婢で登載されたという事実を知りチェ・ヒョウォンの娘ではないかと疑い始める。
第11話
トンイ 第11話 何とか粛宗を助けられたトンイ。トンイのおかげで助けられたオクチョンは、トンイに感謝し彼女を宮女として使おうと考える。翌日、街にお使いに来ていたトンイは、粛宗と偶然出会う。一方、チャン・フィジェが都城に戻り、オクチョンは内命婦に対する挑戦として粛宗にトンイに関するお願いをする。
第12話
トンイ 第12話 監察宮女となったトンイ。しかし監察府の内部では賤婢だったトンイを受け入れようとせず反発する。一方、チャン・ヒジェはソ・ヨンギが働く補庁の補盗部将に任命される。監察府の者たちは定期試験の規律によってトンイを追い出そうと企むのだが...
第46話
トンイ 第46話 世子の容態に対するオクチョンの態度が疑わしいイニョン王妃は世子嬪選びを進める。オクチョンは世子の容態が知れるのを恐れる。一方ヨニングンは王宮の塀の下で肅宗と会う。肅宗は漢城府判官を装い、ヨニングンと楽しい時間を送る。
トンイはヨニングンが漢城府判官と一緒にいると聞き不思議がる。
第53話
トンイ 第53話 世子が肅宗に自分は世継ぎができないかも知れないと告げると肅宗は衝撃を受ける。一方ユン氏は淑嬪の私邸に放火したのが発覚して逃走を図り、少論の重臣らはチャン・ヒビンから背を向ける。怒り出すチャン・ヒビンはついにトンイとヨニングンの殺害計画を立てるが...
第4話
トンイ 第4話 チョンスはソリに幼いトンイをお願いする。一方剣契の首長チェ・ヒョウォンの娘、トンイと推定される子供の死体が発見され、トンイではないことが分かるが知らないふりをするソ・ヨンギ。平壌の妓生ソリはトンイのために掌楽院直長ファン・ジュシクにトンイをお願いする。掌楽院で仕事をすることになったトンイだが...
第6話
トンイ 第6話 倉庫の中で気が付いたトンイ。そばには編磬職人が死んでいる。警守所に申告して捕卒と現場を調べるが、編磬職人の死体はきれいに片づけてられていた。一方音変の原因がチョン尚宮のためという噂に国民たちは動揺し、オ・テソクをはじめとする南人勢力は緊張する。肅宗は身分を隠したまま遂行を出てトンイと会うことになる。
第9話
トンイ 第9話 トンイはオクチョンの使いで行った薬房の医員が死に調査を受けなければならなかったため、調査を受けている間にソ・ヨンギと出くわす。王妃の煎薬の味見による変色の原因を明らかにしようとする肅宗。大妃をはじめとする西人勢力は、オクチョンが薬材を宮殿に持ち込んだという事実に監察府に投書を入れてオクチョンに陰湿な攻撃をする。
第15話
トンイ 第15話 粛宗が漢城府判官ではなく王様だということを知ったトンイ。トンイは肅宗にためらいなく接していた昔の記憶がしきりに浮かび上がって心配だ。一方事件の中心であるキム・ユンダルは濡れ衣を着せられたという遺書と共に発見される。清国太監はこの事件の手がかりになるトンイを清に強制連行し調査をすると脅す。肅宗は戸惑いで言葉を失う。
第18話
トンイ 第18話 大妃殿の煎薬事件の背後にオクチョンの内人ヨンソンを疑うトンイ。ヨンソンを尾行したトンイは煎薬をどこで使ったかと尋ねる。慌てたヨンソンはトンイを押し退けて行ってしまう。一方、煎薬事件の背後に兄のチャン・ヒジェがいることを知ったオクチョンは、トンイを静かに呼びこのことを隠せと言う。だがトンイはそれはできないとし許してほしいと言うが...
第20話
トンイ 第20話 チャン・ヒジェは明聖大妃殺害をそそのかした疑惑が明らかになるかとトンイを消そうとし、オ・テソクをはじめとする南人らはイニョン王妃の廃位を主張する。粛宗はイニョン王妃を信じたいがイニョン王妃の疑惑を示す証拠に苦しむ。一方、トンイとソ・ヨンギはイニョン王妃の無実を証明する証拠を見つけ、トンイは自分の足でチャン・ヒジェを訪ねて行きあることを提案する。
第21話
トンイ 第21話 トンイに殿下をお願いするという話を残したまま廃庶人になったイニョン王妃。私家へ向かうイニョン王妃の御輿を見てトンイは涙ぐむ。一方で自信満々なチャン・ヒジェに対しオ・ユンは不満でいっぱいだ。トンイはオクチョンを訪ねて行き宣戦布告する。これ以上トンイを見過ごせないオクチョンはユ尚宮を呼び...
第23話
トンイ 第23話 トンイは証拠を手に固く握ったまま必死に逃げるが、刺客の手裏剣がトンイの胸の周りに命中する。胸を押さえ血まみれになるトンイの手。一方、陵幸を離れた粛宗はカモシカを狩りトンイにあげる革靴を作ろうとする。そんな折、肅宗はオ・ユンからトンイが内需司に火をつけて逃げたという報告を受ける。肅宗は衝撃を受けるが...
第27話
トンイ 第27話 都城に向かうトンイ。都城のあちこちにまかれた人相書きのためにトンイとソリは都城に入るのが容易ではない。肅宗はトンイが危険に直面したのではないか心配でトンイを探すソ・ヨンギに令牌を渡し力を与える。一方オクチョンはチョ尚宮にひそかにある下命をし、しばらくして開かれた親蠶礼の宴会で茶を飲んで倒れ危篤な状態に達するが...
第38話
トンイ 第38話 肅宗はオクチョンの中殿の地位を剥奪し禧嬪への降格を命じる。イニョン王妃を追い出しオクチョンを変えたのは自分であると肅宗は苦しむ。イニョン王妃はまた中殿の席に戻り、中宮殿に帰ってきたイニョン王妃はトンイにオクチョンと対抗できる力を貸すと話す。一方肅宗は尚膳に龍が飛んで行く胎夢を見たと告白する。
第39話
トンイ 第39話 時が流れトンイは王子を産む。トンイと王子を見るためにトンイ居所の宝慶堂をしばしば出入りする肅宗。淑媛が産んだ王子が世継ぎの席を占めるという噂にオクチョンの母ユン氏はくやしくてうらめしい。一方活人署提調が粥所を見回している中、間剣で刺され殺害される事件が発生する。活人署提調を殺害した者は剣契、ウルファのはちまきを落として消えるが...
第40話
トンイ 第40話 イニョン王妃が用意した私邸へ転地療養に出たトンイ。トンイとシム・ウンテクは清国商人らが出入りする賭博場を訪ねてチャン・イッコン令監が死ぬ前に残した手信号の意味を探ろうとする。一方都城では両班らの殺人事件が引き続き、人々はこのことが剣契の仕業と言いながらざわめく。泮村入り口を見回したチョンスはコムゲが再建されたという事実を知って驚くが...
第42話
トンイ 第42話 辛酉(1681)年事件のベールを一枚ずつはがしていくトンイ。トンイは以前に手信号を送った女官がオクチョンであるかもしれないと考える。オクチョンを訪ね、蝶模様の装飾品の絵を見せながら尋ねる。一方チャン・ヒジェをはじめとする南人らが流刑から都城に戻り、チャン・ムヨルはトンイと剣契が何か関係していると気づく。
第43話
トンイ 第43話 負傷したケドラを逃してやった肅宗と会ったトンイ。トンイは肅宗に自分の名前は"チョン・ドンイ"ではなく"チェ・ドンイ"であり、コムゲの首領チェ・ヒョウォンの娘であると明かす。一方殺害容疑の剣契をかくまったトンイの処罰を求める大臣たちの激しい上訴に、肅宗は苦慮する。肅宗は一人この問題を背負い、トンイを守りと通すと堅く誓うが...
第44話
トンイ 第44話 危機に瀕したトンイ。漢城府チャン・ムヨルはトンイを陥れるためにトンイの仲間を捕らえてしまう。トンイは仲間を救うために漢城府を訪ね、 推鞫官に今まで隠してきた身分、剣契組織との関係、そして今回の剣契事件のリーダーを助けようとしたすべての事実を話す。一方ヨンス王子が重いはしかにかかってしまい、肅宗は今回の事件に対する処分を大臣たちに言い渡すが...
第47話
トンイ 第47話 宮殿に戻ってきたトンイとクム。肅宗は大臣たちにトンイはもう6年間の私邸生活を通じてすべての罪の代価を支払ったと言い、クムを王子に、トンイは従二品淑儀に地位を下ろすとして落着させようとする。一方ヨニングンは父親のことを知りたがる。そんな中ヨニングンは肅宗が漢城府判官ではなかったと知り、混乱し宮殿のどこかに隠れてしまうが...
第48話
トンイ 第48話 キム・グソンを師匠にするためのヨニングンの努力は続く。「才能を熱心に実らせて磨き、無力で貧しい者らに戻さなければならない。」というヨニングンの言葉にキム・グソンは敬服する。一方チャン・ヒジェはトンイの私邸に火災を起こした者がユン氏であると知り、イニョン王妃に世子の医女を見つけられたオクチョンは気が気でない。しかしイニョンの容態はますます悪くなり...
第49話
トンイ 第49話 病気が悪化していたイニョン王妃は意識を失ってしまう。御医はイニョン王妃の峠が三日と診断するが、イニョンの病気はすでに重い。肅宗はイニョン王妃を今まで一度も暖かく抱いてやらなかった自分に後悔する。一方トンイは世子が世継ぎをつなぐことができないと知り、イニョン王妃のため菖蒲を探したヨニングンは驪興閔氏と書かれた小さい木牌とわら人形を見つけるが...
第50話
トンイ 第50話 肅宗が見守る中、息をひきとったイニョン王妃。宮殿は涙の海となる。大臣たちは肅宗に空いている宮殿の席にオクチョンが上がるべきだと上訴する。だが、肅宗はイニョンが残した遺言のため葛藤がある。一方世子とヨニングンはより友情が深くなり、オクチョンとトンイは二人の王子が心配だ。世子はヨニングンと共に自分の病名を知るため書庫の医書を調べようとするが...
第51話
トンイ 第51話 チャン・ヒジェは世子の昭艦録をこっそりとヨニングンの風呂敷に入れた後、トンイとヨニングンを苦境に落とそうとする。少論らは 肅宗にこれは国を脅かす行為であると泣いて訴える。一方世子とヨニングンの友情は深まるばかりで、世子はヨニングンに中秋をむかえた宮殿の外へ見物に出よう言い二人はこっそりと宮殿を抜け出すが...