「薬物 入手経路」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

PIECE1
無料
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE1 薬物絡みの未解決事件を扱う独立捜査機関「スタンド」。メンバー候補は厚生労働省麻薬取締部(マトリ)、警視庁捜査一課から民間人まで幅広い。所属の垣根を越えてメンバーをスカウトする、その重要な役に任命されたのは泉 玲。一部の薬物に対して耐性がある「薬効体質」の持ち主だ。泉はさっそく、捜査企画課のエース・青山 樹と共に警視庁を訪れ、捜査一課のスタンド候補者たちに協力を依頼することに。
「依存性は根深い」 田代まさし被告の控訴を棄却
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「依存性は根深い」 田代まさし被告の控訴を棄却  田代まさし被告(63)の控訴は棄却です。  元タレントの田代被告は去年11月、都内の自宅で覚醒剤を使用した罪などに問われています。一審では懲役2年6カ月とし、このうち6カ月については保護観察を付けて2年間、執行を猶予する有罪判決を受けていました。二審の仙台高裁は今月29日の判決で、田代被告が違法薬物で過去に3回、有罪判決を受けたことに触れて「違法薬物に対する親和性や依存性には根深いものがある」とし、一審判決を支持しました。
「麻薬」のある世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「麻薬」のある世界 今回のテーマは「麻薬」。今年10月カナダで娯楽用大麻が合法化された。その背景にはカナダ国民の4割以上が大麻を経験しているという状況がある。一方日本は、厳格な取り締まりで薬物の横行を防いできたが、反面、覚せい剤で検挙された人のうち再犯者率が65%にものぼることから、その徹底した規制主義の意義を問い直す声もあがっている。そんな中、スイスでは、ヘロイン中毒者に医師の管理下で公的にヘロインを処方する試みが進められている。厳罰ではなく治療によって薬物に対応していこうという考え方だ。決してなくなることのない「麻薬」、その現実を前に、揺れる理想と現実を見つめる。
女性5人に酒飲ませ性的暴行か 医師の男に懲役13年
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 女性5人に酒飲ませ性的暴行か 医師の男に懲役13年  女性5人に酒を飲ませたうえ、性的暴行をしたなどの罪に問われている医師に対し、東京地裁は懲役13年の判決を言い渡しました。  医師の金古政隆被告(30)は2018年から2019年にかけて知人の女性ら5人に酒を飲ませて酩酊(めいてい)させ、性的暴行をしたなどの罪で起訴されました。東京地裁は判決で、被害者らのうち3人については被告が酒とともにひそかに薬物を飲ませて抵抗できない状態に陥らせたと認め、「医師である被告人が薬物を悪用しているのは卑劣だ」と指摘しました。そのうえで「常習性はもとより計画性も認められる。被害者らを性欲の対象としてしか扱わない行為であり、厳しい非難に値する」などとして金古被告に対し、懲役13年の判決を言い渡しました。
「薬物への抵抗感乏しい」槇原被告に懲役2年猶予3年
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「薬物への抵抗感乏しい」槇原被告に懲役2年猶予3年  覚醒剤を所持していた罪などで起訴された歌手の槇原敬之被告(51)に対し、東京地裁は執行猶予3年の付いた懲役2年の有罪判決を言い渡しました。  槇原被告は東京・港区のマンションで覚醒剤や危険ドラッグを所持していた罪などで起訴され、検察側が懲役2年を求刑していました。判決で東京地裁は「被告は覚醒剤などを使用する目的で所持していたわけではないなどと供述しているが、違法薬物に対する抵抗感の乏しさを背景にした悪質な犯行で刑事責任は軽くない」と指摘しました。一方で、「反省している」などとして執行猶予3年の付いた懲役2年の有罪判決を言い渡しました。槇原被告は終始まっすぐ前を向いて聞いていました。
PIECE8
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE8 九条家の使用人・宮瀬 豪と喫茶店で落ち合う泉。宮瀬から九条家のサーバーで見つけた「SQUARE」について問われる。「プラス」の元になったと考えられている「SQUARE」が、大森製薬で開発されていた新薬であることを知る泉は、「マトリが現在調査している案件と関わりのある薬物」とだけ答えるが……。新薬との関連が疑われる九条家から離れるべきなのかもしれないとわかっていても「離れたくない」と悩む宮瀬に、泉はある提案を持ちかける。
難病ALS患者を“嘱託殺人” 医師の男2人逮捕
最新の社会ニュース【随時更新】 難病ALS患者を“嘱託殺人” 医師の男2人逮捕  全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者から依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして、医師2人が嘱託殺人の疑いで逮捕されました。  仙台市の医師・大久保愉一容疑者(42)と東京都内に住む医師・山本直樹容疑者(43)は去年11月、難病ALSを患った女性(51)から依頼を受けて京都市内の女性の自宅で薬物を投与し、殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、事件当時、家には女性以外に介護ヘルパー1人が別の部屋にいて、2人が帰った後に異変に気付いたということです。女性のものとみられるSNSには「安楽死させて下さい」などと書かれていました。また、2人は女性の主治医ではなく、SNSを介して知り合って女性から金銭を受け取っていたということです。警察は2人の認否を明らかにしていませんが、関係先を捜索するなどして事件の詳しい経緯を調べています。
見つけた!私の運命のパートナー
見つけた!私の運命のパートナー 見つけた!私の運命のパートナー 運命の人に出会うまで、世の女性は多くの苦難を乗り越える。エイプリルとラナの場合も同様だ。2人は過去に付き合った男性を紹介し、しかもそのうちの1人とは見事結ばれる。エイプリルはデート中、誤認逮捕されそうになる。ラナはブラインドデートで嬉しい驚きを感じるも、妄想が止まらない。薬物依存の彼から高校時代の王子様まで、ダメ男のエピソードが語られる中、彼女の運命の相手は果たして誰なのか?
薬物依存は病気 元歌のお兄さんが"覚せい剤の恐怖”を激白
無料
アベマ世代に贈る!厳選ニュース特集! 薬物依存は病気 元歌のお兄さんが"覚せい剤の恐怖”を激白 AbemaNewsオリジナル番組で取り上げたテーマを、スタッフが厳選。 独自取材した社会問題、スタジオでの熱い討論など、様々な企画をラインナップしています。
“嘱託殺人”逮捕の医師の妻が明かす「バイト」
最新の社会ニュース【随時更新】 “嘱託殺人”逮捕の医師の妻が明かす「バイト」  難病「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」を患う女性に薬物を投与して殺害した疑いで逮捕されています。嘱託殺人で逮捕された医師のうち1人が厚生労働省の元医系技官だった事を元衆議院議員の妻が明かしました。  難病のALSの女性患者から依頼を受け、薬物を投与して殺害した疑いで逮捕された2人の医師・山本直樹容疑者(43)と大久保愉一容疑者(42)。妻の大久保三代元衆議院議員が24日に会見を開きました。  大久保容疑者の妻・大久保三代元衆院議員:「亡くなられた方、ご遺族に本当に申し訳ない…。深く反省しなきゃいけないし、きちっと説明をすべきだと思います」  妻によりますと、大久保容疑者は大学を卒業後、厚労省で約7年半勤務した後、複数の民間の医療機関に在籍。現在は宮城県内の病院で勤務医として働く一方、クリニックを開業。さらに不定期でアルバイトをしていたといいます。  大久保容疑者の妻・大久保三代元衆院議員:「お金に困ってるわけじゃないのに何でアルバイトに行くんだと、いつも夫婦げんかの種になってて、勤務医(の月給は)100万円ぐらいですかね。バイトいらないですよね?100万円ももらって」  山本容疑者の口座には女性から約130万円が振り込まれていて、警察では2人が報酬として金銭を受け取っていたとみています。女性とはSNSを介して知り合ったとみられています。  女性の元ヘルパー:「(女性が)パソコンをやっている間は、ヘルパーさんは『見んといて』という感じでシャットアウトされてたので」  女性の自宅…