「藤井 四 段」の検索結果

今すぐ視聴する

第1局 増田康宏四段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第1局 増田康宏四段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第1局の相手は2016年の新人王・増田康宏四段。2016年に新人王を獲得した強敵増田に藤井はどう挑むのか。現役プロでは2人だけという注目の10代対決!
第2局 永瀬拓矢六段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第2局 永瀬拓矢六段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第2局の相手はタイトル挑戦経験もある永瀬拓矢六段。タイトル戦で羽生善治氏をあと一歩まで追い詰めた実力者。藤井はどう挑む?
第3局 斎藤慎太郎七段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第3局 斎藤慎太郎七段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第3局の相手は関西若手のエース格・斎藤慎太郎六段。2015年度の勝率1位に輝いた実力者。天才中学生棋士・藤井聡太の戦いは果たして?
第4局 中村太地六段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第4局 中村太地六段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第4局の相手はタイトル挑戦2回の実績を持つ中村太地六段。天才中学生棋士・藤井聡太はどんな戦いをみせるのか?
第5局 深浦康市九段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第5局 深浦康市九段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第5局の相手は現役A級棋士・深浦康市九段。深浦ほどのトップ棋士が新四段を相手に戦うのは異例のこと。勝負の行方は?
第6局 佐藤康光九段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第6局 佐藤康光九段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第6局の相手は日本将棋連盟会長で永世棋聖の称号を持つ佐藤康光九段。14歳の天才中学生が将棋連盟の総帥に挑む前代未聞の対局。藤井はどんな戦いを見せるのか。
第7局 羽生善治三冠戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第7局 羽生善治三冠戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第7局の相手は将棋界の頂点に君臨する羽生善治三冠。かつて羽生も中学生棋士としてプロデビュー、トップの地位を守り続けてきた。天才vs天才、究極のラストバトル。
藤井聡太 歴代連勝記録 単独トップ記念ダイジェスト
藤井聡太四段 炎の七番勝負 藤井聡太 歴代連勝記録 単独トップ記念ダイジェスト 天才中学生棋士・藤井聡太四段の歴代連勝記録単独トップを記念して、藤井聡太四段 炎の七番勝負特別ダイジェストをお届けします。藤井聡太四段 炎の七番勝負は全対局Abemaビデオで無料でご視聴いただけます。
第三局 藤井聡太四段 vs 行方尚史八段
若手vsトップ棋士 魂の七番勝負 第三局 藤井聡太四段 vs 行方尚史八段 若手棋士7人がトップ棋士7人に挑む魂の七番勝負第三局。史上最年少棋士・藤井聡太四段が登場。A級棋士の行方尚史八段に挑む。持ち時間一人2時間。
第二局 佐々木勇気六段 vs 藤井猛九段
若手vsトップ棋士 魂の七番勝負 第二局 佐々木勇気六段 vs 藤井猛九段 若手棋士7人がトップ棋士7人に挑む魂の七番勝負第二局。藤井聡太の連勝を止め話題になった佐々木勇気六段が竜王3期の実績を持つ藤井猛九段に挑む。持ち時間一人2時間。
『藤井聡太六段 vs 佐々木大地四段(大盤解説:中田功七段、豊川孝弘七段)』
無料
こどもの日 QTnet 将棋Day 公開対局 『藤井聡太六段 vs 佐々木大地四段(大盤解説:中田功七段、豊川孝弘七段)』 解説:中田功七段、豊川孝弘七段による大盤解説付き
第六局 増田康宏四段 vs 三浦弘行九段
若手vsトップ棋士 魂の七番勝負 第六局 増田康宏四段 vs 三浦弘行九段 若手棋士7人がトップ棋士7人に挑む魂の七番勝負第六局。2016年新人王「東の天才」増田康宏四段が、A級棋士・三浦弘行九段に挑む。持ち時間一人2時間。
第一局 佐々木大地四段 vs 屋敷伸之九段
若手vsトップ棋士 魂の七番勝負 第一局 佐々木大地四段 vs 屋敷伸之九段 若手棋士7人がトップ棋士7人に挑む魂の七番勝負第一局。世代交代なるか!注目の第一局は雑草魂・佐々木大地四段が最年少でタイトルを獲得した記録を持つ屋敷伸之九段に挑む。持ち時間一人2時間。切れたら1分。
第四局 青嶋未来五段 vs 郷田真隆九段
若手vsトップ棋士 魂の七番勝負 第四局 青嶋未来五段 vs 郷田真隆九段 若手棋士7人がトップ棋士7人に挑む魂の七番勝負第四局。2016年度勝率1位の青嶋未来五段が、タイトル通算6期の郷田真隆九段に挑む。持ち時間一人2時間。
『藤井聡太六段 vs 佐々木大地四段』
無料
こどもの日 QTnet 将棋Day 公開対局 『藤井聡太六段 vs 佐々木大地四段』 解説:佐藤天彦名人 聞き手:島井咲緒里女流二段による大盤解説付き 日本の伝統文化である将棋の楽しさを伝え、地域振興に貢献することを目的としたイベント 「こどもの日 QTnet将棋Day2018」 そこで行われた史上最年少朝日杯将棋オープン戦覇者“藤井聡太六段“と長崎県出身の期待のホープ“佐々木大地四段“による公開対局をお送りします。 ※段位は収録当時のものです
第七局 近藤誠也五段 vs 木村一基九段
若手vsトップ棋士 魂の七番勝負 第七局 近藤誠也五段 vs 木村一基九段 若手棋士7人がトップ棋士7人に挑む魂の七番勝負第七局。2016年度対局数・勝数3位の「若手勝負師」近藤誠也五段が、「千駄ヶ谷の受け師」木村一基九段に挑む。持ち時間一人2時間。
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第五局 八代弥六段 vs 森内俊之九段
若手vsトップ棋士 魂の七番勝負 第五局 八代弥六段 vs 森内俊之九段 若手棋士7人がトップ棋士7人に挑む魂の七番勝負第五局。朝日杯で優勝した八代弥六段が、十八世名人の称号を持つ森内俊之九段に挑む。持ち時間一人2時間。
第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 1/2 藤井聡太七段登場!C級1組順位戦最終対局!現在8勝1敗で、近藤誠也五段、杉本昌隆八段、船江恒平六段、藤井聡太七段、の4名が並んでいる。B級2組への昇級をかけて史上初の東西将棋会館四局同時生中継!関西将棋会館で行われている藤井聡太七段VS都成竜馬五段、船江恒平六段VS金井恒太六段の2局を生中継!東京将棋会館行われている杉本昌隆八段VS千葉幸生七段、近藤誠也五段VS増田康宏六段の2局を生中継。藤井聡太七段は本日昇級を決め、このまま名人戦への道を歩んでいくか。また本日は師弟同時昇級は起きるのか!?日本中が大注目の一戦!藤井七段が昇級するためには本局の勝利が絶対条件となる。また師弟そろって昇級するためには、杉本八段が勝利し、近藤五段、船江六段が負けた場合に起こり得る。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年3月5日に放送された番組です。
第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 2/2 藤井聡太七段登場!C級1組順位戦最終対局!現在8勝1敗で、近藤誠也五段、杉本昌隆八段、船江恒平六段、藤井聡太七段、の4名が並んでいる。B級2組への昇級をかけて史上初の東西将棋会館四局同時生中継!関西将棋会館で行われている藤井聡太七段VS都成竜馬五段、船江恒平六段VS金井恒太六段の2局を生中継!東京将棋会館行われている杉本昌隆八段VS千葉幸生七段、近藤誠也五段VS増田康宏六段の2局を生中継。藤井聡太七段は本日昇級を決め、このまま名人戦への道を歩んでいくか。また本日は師弟同時昇級は起きるのか!?日本中が大注目の一戦!藤井七段が昇級するためには本局の勝利が絶対条件となる。また師弟そろって昇級するためには、杉本八段が勝利し、近藤五段、船江六段が負けた場合に起こり得る。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年3月5日に放送された番組です。
準決勝 藤井聡太七段 対 青嶋未来五段 1/2
新人王戦 準決勝 藤井聡太七段 対 青嶋未来五段 1/2 第49期新人王戦準決勝!2017年は準決勝で佐々木大地四段に破れた藤井聡太七段、今年は圧倒的優勝候補として快進撃を続ける。対する青嶋未来五段は前戦で佐々木勇気六段を破り絶好調だ。この二人の対局は意外なことに今回が初めて!決勝進出はどちらか!? 参加条件は、参加者定員40人として平成29年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。 ※この番組は2018年9月25日に放送されたものです
準決勝 藤井聡太七段 対 青嶋未来五段 2/2
新人王戦 準決勝 藤井聡太七段 対 青嶋未来五段 2/2 第49期新人王戦準決勝!2017年は準決勝で佐々木大地四段に破れた藤井聡太七段、今年は圧倒的優勝候補として快進撃を続ける。対する青嶋未来五段は前戦で佐々木勇気六段を破り絶好調だ。この二人の対局は意外なことに今回が初めて!決勝進出はどちらか!? 参加条件は、参加者定員40人として平成29年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。 ※この番組は2018年9月25日に放送されたものです
決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 1/2
新人王戦 決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 1/2 藤井聡太七段が新人王戦決勝へ!参加条件規定のため本局が生涯最後の出場となる。トーナメント戦では1回戦から古森悠太四段を破り、続く八代弥六段、近藤誠也五段、青嶋未来五段、を倒しここまで弱点なしの圧倒的優勝候補!対戦相手はまさかの奨励会員の出口若武三段!奨励会員が優勝したのは都成竜馬五段(当時奨励会三段)のみ!未来の藤井聡太が誕生するのか!?リアルタイムでの視聴を見逃せない! 参加条件は、参加者定員40人として平成29年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。 ※この番組は2018年10月10日に放送されたものです
決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 2/2
新人王戦 決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 2/2 藤井聡太七段が新人王戦決勝へ!参加条件規定のため本局が生涯最後の出場となる。トーナメント戦では1回戦から古森悠太四段を破り、続く八代弥六段、近藤誠也五段、青嶋未来五段、を倒しここまで弱点なしの圧倒的優勝候補!対戦相手はまさかの奨励会員の出口若武三段!奨励会員が優勝したのは都成竜馬五段(当時奨励会三段)のみ!未来の藤井聡太が誕生するのか!?リアルタイムでの視聴を見逃せない! 参加条件は、参加者定員40人として平成29年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。 ※この番組は2018年10月10日に放送されたものです
決勝三番勝負 第二局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 1/2
新人王戦 決勝三番勝負 第二局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 1/2 第49期新人王戦は、参加者定員40人として平成28年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。若手棋士たちの登竜門的な棋戦として、歴代優勝者には森内俊之九段、羽生善治三冠、藤井猛九段、渡辺明竜王、佐藤天彦名人など錚々たる面々が名を連ねている。 ※この番組は2018年10月17日に放送されたものです
決勝三番勝負 第二局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 2/2
新人王戦 決勝三番勝負 第二局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 2/2 第49期新人王戦は、参加者定員40人として平成28年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。若手棋士たちの登竜門的な棋戦として、歴代優勝者には森内俊之九段、羽生善治三冠、藤井猛九段、渡辺明竜王、佐藤天彦名人など錚々たる面々が名を連ねている。 ※この番組は2018年10月17日に放送されたものです
藤井聡太七段の新人王優勝記念対局!対局相手は“現役最強”豊島将之二冠 1/2
新人王戦 藤井聡太七段の新人王優勝記念対局!対局相手は“現役最強”豊島将之二冠 1/2 第49期新人王戦 特別対局! 新人王戦とは若手棋士に女流棋士・アマチュア・奨励会員を加えて行われるトーナメント棋戦。持ち時間各3時間、決勝は三番勝負で争われる。過去の新人王からは数多くのタイトル保持者が生まれており、若手の登竜門となっている。 その優勝者とトッププロが特別対局を行います! 平成最後となる新人王戦で優勝決めた藤井聡太七段! そして、今年の新人王と対局するのは2018年立て続けにタイトルを獲得した豊島将之二冠! 公式戦では豊島二冠に勝利した事のない藤井七段だがこの対局で勝利する事ができるのか!? 新時代を担う天才二人の激戦必至の対局をお楽しみに!
藤井聡太七段の新人王優勝記念対局!対局相手は“現役最強”豊島将之二冠 2/2
新人王戦 藤井聡太七段の新人王優勝記念対局!対局相手は“現役最強”豊島将之二冠 2/2 第49期新人王戦 特別対局! 新人王戦とは若手棋士に女流棋士・アマチュア・奨励会員を加えて行われるトーナメント棋戦。持ち時間各3時間、決勝は三番勝負で争われる。過去の新人王からは数多くのタイトル保持者が生まれており、若手の登竜門となっている。 その優勝者とトッププロが特別対局を行います! 平成最後となる新人王戦で優勝決めた藤井聡太七段! そして、今年の新人王と対局するのは2018年立て続けにタイトルを獲得した豊島将之二冠! 公式戦では豊島二冠に勝利した事のない藤井七段だがこの対局で勝利する事ができるのか!? 新時代を担う天才二人の激戦必至の対局をお楽しみに!
[16倍速で30分振り返り]第78期順位戦C級1組第1回戦 藤井聡太七段 対 村田顕弘六段
無料
将棋16倍速30分振り返り [16倍速で30分振り返り]第78期順位戦C級1組第1回戦 藤井聡太七段 対 村田顕弘六段 昨年度、藤井聡太七段でも昇級はならなかったことが、この順位戦の恐ろしさを物語る。今期再びC級1組を1年戦い抜き、B級2組に昇格するかどうかこの初戦にかかっている。年間対局で1敗でもしてしまうと昇級の可能性が難しくなる厳しさのC級1組。順位戦初戦が運命を左右する超重要な一戦。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。