「藤崎竜 天才」の検索結果

「藤崎竜 天才」に関する情報は見つかりませんでした。
「天才」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話 巧妙な手口にご注意を
無料
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第1話 巧妙な手口にご注意を ソウォン市庁の税金徴収局3課の課長を務めるペク・ソンイル。できるだけ面倒なことは避けたいと思う小心者の一面もあるが、税金逃れをする富裕層に憤りを覚える正義漢でもある。3課の紅一点であるチョン・ソンヒを始め、部下からも慕われていた。ある日、ソンイルたちは高額税金滞納者のマ・ジンソクの元へ家宅捜索に乗り込む。しかしソンイルは、「法はカネを持っている者の味方だ」と豪語するジンソクの態度に怒りを爆発させ殴りかかってしまった。懲戒は免れるも、ジンソクに小バカにされたソンイルは車を買おうと奮起する。ある男から個人売買で取引を進めたが、まんまと騙されて貯金をすべて失うハメに。その男こそ、巧妙な手口で詐欺を仕掛けるヤン・ジョンドだった。
第2話 兵隊アリの宿命
無料
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第2話 兵隊アリの宿命 詐欺に遭い落ち込むソンイルだったが、親友で刑事のトクペの助けを借りて、ついにジョンドの居場所を突き止める。激しい逃亡劇の末、ジョンドはトクペに捕まってしまう。ジョンドは自分を見逃す代わりに、ソンイルにある提案を持ちかける。それは、約60億ウォンもの税金を滞納しているジンソクに、詐欺で税金を支払わせるという内容だった。汚い手を使い税金逃れをしようとするジンソクに業を煮やしたソンイルは、ある決断を下す。
第3話 公務員×詐欺師
無料
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第3話 公務員×詐欺師 ジンソクから税金を徴収するため、ソンイルとジョンドは動き出す。ジョンドは、ハクチュ、ジャワン、ミジュ、バンシルらを集め、詐欺チームを結成。ジンソクを詐欺師にするための特訓も始まる。そんなソンイルの様子が怪しいと察したソンヒは、ソンイルがジョンドと行動を共にしていることを知る。ソンヒは過去にジョンドにだまされたことがあり、今も心の傷が癒えずにいた。思いとどまるよう懇願するソンヒの説得もむなしく、ついに作戦が始動する。
第4話 課長を救え
無料
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第4話 課長を救え ソンイルとジョンドが詐欺を働いている現場を目撃し、ソンヒは警察に通報する。しかし、ソンイルたちはチームプレイによって危機を脱し、ジンソクを支える不動産の専門家、ドッキを落とすことに成功する。何としてもソンイルをジョンドから離すため、ソンヒはジンソクの滞納税を徴収しようと奔走するが、アン局長の協力を得られずに難航していた。一方、ジョンドは次の段階として不動産を使った方法を提案、ソンイル本人がジンソクに仕掛けていく。
第5話 迫りくる危機
無料
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第5話 迫りくる危機 ジンソクに税金を納めさせる作戦が本格的にスタートするも、チームには次々とピンチが襲いかかる。ソンイルやジョンドたちは、疑い深いジンソクを何とか信じこませるために奔走し、チームプレーで難局を乗り越える。いよいよジンソクを陥れる日を目前に控えた時、今度はジョンドの詐欺行為を嗅ぎつけたサ刑事が動き出す。容赦ないサ刑事により、窮地に追い込まれるチーム。絶体絶命と思われるなか、ジョンドはサ刑事に宣戦布告する。
第6話 正義なること
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第6話 正義なること 一度は作戦から手を引いたバンシルの助けにより、チームはピンチをくぐり抜ける。ついに作戦も果たされ、ソンイルはジンソクから約60億ウォンの滞納税を徴収することに成功する。一方のソンヒは、ソンイルの解雇を阻止すべく、2課のカン課長らと協力してパン社長を狙うも惨敗。さらに、ジンソクに税金を払わせたことにより、ソンイルの解雇は免れなくなったとジョンドを非難する。ソンイルを救うため、ジョンドは再び、メンバーたちに呼びかける。
第7話 積もる悔しさ
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第7話 積もる悔しさ ジョンドたちはソンイルを解雇から救うため、ソンイルが担当する滞納者たちに詐欺で税金を納めさせる。同じくソンイルを守るためにパン社長の家宅捜査に乗り込んだソンヒはチョン市長に呼び出され、ソンイルの解雇を取り消すことを条件にパン社長に謝罪するよう言われる。しかし、その頃すでに、パン社長は弱い立場にあるパクさんやジンソクを利用し、ソンヒを潰そうと動き出していた。カン課長や後輩のチャンホを巻き込み、最悪の事態へ発展していく。
第8話 500億ウォンを徴収せよ
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第8話 500億ウォンを徴収せよ パン社長が手を回したことでカン課長は辞職、チャンホは重体、パクさんは死に追いやられ、怒りを爆発させたソンイルはジョンドの元を訪れる。500億ウォンもの税金を滞納しているパン社長を懲らしめるべく、ソンイルはジョンドらメンバーと共に立ち向かう。チームはまず、パン社長の財産名義となっている娘のミナ、息子のホソクへの接近を開始する。一方で、ジョンドによって身柄を拘束されているサ刑事は、自由の身になる作戦としてソンイルを呼び出す。
第9話 敵か味方か
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第9話 敵か味方か ジョンドと行動を共にするソンイルを心配するソンヒは、ソンイルに疑念を抱いていたアン局長がソンイルを尾行していることに気づき、作戦がバレたかもしれないとジョンドに伝える。ソンイルは尾行から逃れたものの、サ刑事の部下によって、身柄を拘束されているサ刑事の元へ連れていかれる。そこでサ刑事に告げられたのは、ジョンドにだまされているという内容だった。ソンイルはジョンドを信じようとするも、心は揺らいでいた。
第10話 元カノへの秘密
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第10話 元カノへの秘密 パン社長の息子ホソクへの接近を順調に進めていたジョンドだが、その計画にソンヒまでもが巻き込まれてしまう。ホソクの提案によって夫婦2組で会食する場に、ソンヒがジョンドの妻になりすますことに。ソンヒは心に深い傷を抱えていたが、ジョンドがソンヒを振った理由は優しさによるものだった。一方で作戦は終盤を迎え、パン社長から滞納税500億ウォンを徴収できたと思われた。しかし、ジョンドからソンイルに告げられたのは意外な言葉だった。
第11話 絆が問われる時
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第11話 絆が問われる時 税金として納めるためにパン社長から徴収した500億ウォンを、ジョンドは自分が使うとソンイルに伝える。それは、父親と母親を陥れたパン社長に復讐するための、ジョンドの孤独な戦いだった。そんな事情を知らず、ソンイルを始めとするメンバーたちは、ジョンドに裏切られたショックを隠せない。ソンイルはジョンドの事情を知っていたバンシルを訪ねるが、そこで親友のトクペまでもがジョンドの計画に関わっていたことを知る。
第12話 守るべきもの
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第12話 守るべきもの 両親の恨みを晴らすために奮闘するジョンドは、最後のターゲットであるチェ会長を落とすために動き始めていた。ソンイルもまた、チョン市長の説得に折れず、自らの信念を貫き通すと宣言。さらに、チェ会長の指示でクビになったアン局長からは、チェ会長によって廃止される税金徴収局を救ってほしいと頼まれる。今度こそ信じ合おうと再タッグを組むソンイルとジョンドだったが、チェ会長の策略により、逆に絶体絶命の窮地に追いやられてしまう。
第13話 孤独な闘い
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第13話 孤独な闘い 作戦を見破られたソンイルとジョンド。裁判で証言することでソンイルは救われたが、ジョンドは懲役10年を宣告される。それから2年。ソンイルは運営支援チームへ異動となり、適当に業務をこなしていた。一方、マソク洞では再開発の話が持ち上がり、住民は反対の声を上げていた。ジョンドたちの行きつけの店の主人もその1人で、ソンイルは助けを求められるも冷たくあしらう。しかし、ソンイルの行動はすべて、ジョンドとの約束を守るためだった。
第14話 いざ最終決戦
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第14話 いざ最終決戦 ジョンドの仮釈放と同時に、チームは再び集結する。バンシルのボスであり、ジョンドの刑務所仲間でもあったワン会長がメンバーに加わった他、ソンヒの協力も得てチェ会長へのリベンジが始まった。ソンイルたちはチョン市長の落選と、チェ会長の財布であり、マソク洞の再開発を推し進めるクッチン建設に狙いを定める。失敗しないためにまさかの人物までも助っ人に駆り出され、半信半疑のまま作戦を遂行。そんなチームのアジトに、他でもないチェ会長が現れる。
第15話 大逆転を信じて
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 第15話 大逆転を信じて ジョンドたちは、突然アジトにやってきたチェ会長に詐欺計画の資料を見られてしまう。それだけでなく、ワン会長やキム専務からは、チームの中に2年前から裏切り者がいるはずだと忠告される。作戦を成功させるため、正直に仲間に打ち明けるソンイルとジョンド。胸の内をさらすことで何とか解散を避けたチームは、作戦を変更して勝負に出る。しかし、アン理事に尾行されていたハクチュとジャワンは大ケガを負い、ジンソクも身柄を拘束されてしまう。
最終話 正義は振り返らず
無料
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 最終話 正義は振り返らず ワン会長とジョンドの関係を知ったチョン市長は、アン理事を送り込んでワン会長の後ろ盾を得ようとする。しかし、サ刑事の暴露によって、絶縁を宣言したチェ会長にまたも弱みを握られてしまう。作戦が難航して後に退けなくなっていたジョンドは、捨て身の作戦を仲間に提案。滞納税1000億ウォンの徴収、親の復讐、そして大切な人たちを守るために、ソンイルとジョンドは大勝負を仕掛ける。そして2人は最後に、それぞれのやり方で前に進んでいこうと誓い合う。
予告編【元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~】
無料
元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~ 予告編【元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~】 【3月30日(月)21時~放送開始】 イケメン詐欺師とアラサー公務員が巻き起こす、痛快駆け引きラブコメディ! 市役所の税金徴収課で働くペク・ソンイル(マ・ドンソク)は、女性部下チョン・ソンヒ(スヨン(少女時代))を含むチーム員とともに高額税金滞納者の対応に悩んでいた。ある日、娘のために中古車を購入するが悪質な詐欺に遭いお金をだまし取られてしまう。自分に詐欺を働いた男ヤン・ジョンド(ソ・イングク)に偶然鉢合わせたソンイルは刑事の友人の力を借り、ジョンドを捕まえることに成功する。ところが詐欺師ジョンドから「超悪質な脱税者を俺が騙して税金を取り立ててやるよ」と思いもよらぬ提案を受け、心が揺らぎ始めるソンイルだった...。
第1話 「早坂愛は防ぎたい」/「生徒会は神ってない」/「かぐや様は結婚したい」/「かぐや様は祝いたい」
無料
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第1話 「早坂愛は防ぎたい」/「生徒会は神ってない」/「かぐや様は結婚したい」/「かぐや様は祝いたい」 白銀のアドバイスのおかげで柏木とカップルになった男子生徒が、またまた恋愛相談にやってきたものの、以前とは印象がまるで違う。夏休みを終えた彼は、身も心もチャラ男に成り果てていたのだ。相談とは名ばかりのノロケ話を聞かされた白銀と石上は、その自信満々な振る舞いから、すでに彼女と“神聖な行い”をしてしまったのではないかと訝しむ。そこで柏木と二人っきりにして様子を覗き見してみると、恋人同士でムードが高まってきたらしく……。
第2話 「かぐや様は聞き出したい」/「かぐや様は贈りたい」/「藤原千花は確かめたい」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第2話 「かぐや様は聞き出したい」/「かぐや様は贈りたい」/「藤原千花は確かめたい」 待望のウィンドウショッピングに出かけたかぐやは、白銀の妹・圭と仲良くなるチャンスを虎視眈々とうかがっていた。一緒にやってきた藤原姉妹に邪魔されながらもようやく圭と隣同士になれたかぐやは、その横顔に白銀の面影を感じてドキドキが止まらない。さらに白銀の誕生日プレゼントに何を贈ればいいのかを探ってみると、「兄とはそんな仲良くないですよ」と不満げな表情に。圭の口から暴露される白銀の知られざるエピソードとは!?
第3話 「白銀御行は見上げたい」/「第67期生徒会」/「かぐや様は呼びたくない」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第3話 「白銀御行は見上げたい」/「第67期生徒会」/「かぐや様は呼びたくない」 秀知院学園第67期生徒会の活動最終日、4人が生徒会室を片付けていると、思い出の品が次々と見つかった。フランス校との交流会の看板、神経衰弱で使ったイカサマトランプ、NGワードゲームのカード、コスプレ用のネコミミ、生徒から没収した不健全な雑誌、「とっとり鳥の助」の映画チケット……。それぞれの胸に懐かしい記憶がよみがえり、話題は尽きることがない。そして4人は空になった生徒会室を後にする。
第4話 「早坂愛はオトしたい」/「かぐや様は告ら“れ”たい」/「伊井野ミコは正したい」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第4話 「早坂愛はオトしたい」/「かぐや様は告ら“れ”たい」/「伊井野ミコは正したい」 生徒会選挙の予測速報ではトップを独走中の白銀だったが、それを追う1年の女子生徒・伊井野ミコのことが気になっていた。選挙運動中のミコと話をしてみると、学年1位の才女だけあって弁が立ち、白銀のライバル心がメラメラと沸き上がっていく。一触即発の空気を感じて仲裁に入る藤原だったが、そんな彼女にミコは予想外の言葉を投げかける。「私が生徒会長になった暁には、藤原先輩が副会長になって頂けませんか!」。
第5話 「白銀御行はモテたい」/「柏木渚は慰めたい」/「白銀御行は歌いたい」/「かぐや様は蹴落としたい」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第5話 「白銀御行はモテたい」/「柏木渚は慰めたい」/「白銀御行は歌いたい」/「かぐや様は蹴落としたい」 勉学において右に出るものはいないが音楽にはちょっと自信のない白銀は、学園の校歌斉唱を口パクで誤魔化していた。その事実を藤原に見破られてしまったが、もし音痴であることが他の生徒にバレてしまえば完璧な元生徒会長というイメージが崩れてしまう。そこで白銀の運動音痴を直した実績のある藤原が、今度は歌のレッスンに付き合ってあげることに……。ところが白銀の音痴は“ちょっと”どころのレベルではなかった!
第6話 「伊井野ミコを笑わせない」/「伊井野ミコを笑わせたい」/「かぐや様は呼ばれない」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第6話 「伊井野ミコを笑わせない」/「伊井野ミコを笑わせたい」/「かぐや様は呼ばれない」 ついに生徒会選挙当日を迎えたが、ミコの努力もむなしく、元生徒会長としての手腕を誇る白銀の当選はほぼ確実。さらにかぐやも完璧な応援演説を披露して、ミコ陣営との格の違いを見せ付けた。だが石上の表情はなぜか浮かない。上がり性のミコが演説で上手くしゃべれずに、生徒たちの笑い者になるのが耐えられないからだ。怒りを露わにした石上に対し、白銀は「伊井野ミコを笑わせない勝ち方をすればいいんだな?」と言い壇上へ登っていく……。
第7話 「かぐや様は脱がせたい」/「かぐや様は出させたい」/「白銀御行は読ませたい」/「かぐや様♡アクアリウム」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第7話 「かぐや様は脱がせたい」/「かぐや様は出させたい」/「白銀御行は読ませたい」/「かぐや様♡アクアリウム」 「ボクサーパンツを穿いてる奴は全員ヤリチン」という石上の偏見を真に受けたかぐやは、白銀のパンツを確認したくてたまらない。どうすれば自然にパンツを見られるのか策略を巡らせるが、思い浮かぶアイデアはどれもアブナイものばかりだった。もうストレートに聞いてしまおうと、どんなパンツが好きなのかを尋ねるが、白銀はランジェリーの好みを聞かれたものだと勘違い。かぐやに穿いてほしいパンツを想像し始める。
第8話 「伊井野ミコは抑えたい」/「かぐや様は怯えない」/「かぐや様は診られたい」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第8話 「伊井野ミコは抑えたい」/「かぐや様は怯えない」/「かぐや様は診られたい」 ミコを会計監査に迎えた新生徒会がスタートしたものの、なぜか生徒会室はギスギスとした空気に包まれていた。ルールに厳しいミコは、学園で不健全なことをしている(ように見える)かぐやと白銀や、校則を無視してゲームで遊んでいる石上が許せず、ついついキツく怒ってしまうからだ。「時には優しさも必要」という尊敬する藤原のアドバイスを受けて、「何があっても絶対に怒らない」という訓練をすることになったものの……。
第9話
無料
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第9話 【地上波同時・WEB最速先行】「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」毎週土曜日23時30分に最新話を放送!
特別編
無料
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 特別編 秀才たちが集うエリート校・秀知院学園 その生徒会で出会った 副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行 誰もがお似合いだと認める2人の天才は、 すぐに結ばれるのかと思いきや 高すぎるプライドが邪魔して告白できずにいた!! “如何にして相手を告白させるか” という恋愛頭脳戦に知略を尽くす2人… その類い稀な知性が熱暴走!! もはやコントロール不可能!! 恋が天才をアホにする!! 新感覚“頭脳戦”?ラブコメ、 再び!!
第1話 映画に誘わせたい/かぐや様は止められたい/かぐや様はいただきたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第1話 映画に誘わせたい/かぐや様は止められたい/かぐや様はいただきたい 将来を期待された秀才が集う秀知院学園。その生徒会副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずなのだが、プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまう。 何もないまま半年が経過したある日、書記の藤原千花が懸賞で当てた「男女で観に行くと結ばれるジンクスのある映画のペアチケット」をきっかけに、”恋愛頭脳戦”の火蓋が切って落とされる…。
第2話 かぐや様は交換したい/藤原ちゃんは出かけたい/白銀御行は隠したい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第2話 かぐや様は交換したい/藤原ちゃんは出かけたい/白銀御行は隠したい 恋愛は百戦錬磨というイメージを付けられていた白銀は、交際経験がゼロなのにもかかわらず、ある男子生徒から恋の相談を受けてしまう。もしここでボロを出してしまったら、生徒会長としての威厳が保てない。焦った白銀は「恋愛のことなら俺に任せろ!」と無理を承知で引き受けてしまった。その様子を見ていたかぐやは、会長の恋愛観を探るチャンスを逃すまいと盗み聞きをするが、白銀のアドバイスはあまりに予想外で……。
第3話 白銀御行はまだしてない/かぐや様は当てられたい/かぐや様は歩きたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第3話 白銀御行はまだしてない/かぐや様は当てられたい/かぐや様は歩きたい 校長が没収してきた不健全な雑誌をチラ見した藤原は「初体験はいつだったアンケート」のページを読んでしまい大慌て。なんと高校生の34%が経験済みだという。実際はそこまで高くないはずと藤原をなだめる白銀に対し、かぐやは「私は適切な割合だと思います」と言い放ち、自分はすでに経験済みだと告げる。恋愛をしたことがない白銀は突然の告白にショックを受けるが、その反応を好機と見たかぐやは「彼女居ないんですか?」と煽ってきた!