「藤田晋 ABEMATV」の検索結果

今すぐ視聴する

チームリーダー入場!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント チームリーダー入場!「ドラフト会議」 ※この番組は1月10日に収録したものです。 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施! 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
1巡目発表!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント 1巡目発表!「ドラフト会議」 ※この番組は1月10日に収録したものです。 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施! 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
2巡目発表!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント 2巡目発表!「ドラフト会議」 ※この番組は1月10日に収録したものです。 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施! 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
「第3回AbemaTVトーナメント」始動!将棋界初のドラフト会議による団体戦!優勝賞金1,000万!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 「第3回AbemaTVトーナメント」始動!将棋界初のドラフト会議による団体戦!優勝賞金1,000万! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
11名のレジェンド棋士、ドラフトへの意気込みは!?
無料
第3回AbemaTVトーナメント 11名のレジェンド棋士、ドラフトへの意気込みは!? 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
戸辺誠七段にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 戸辺誠七段にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
貞升南女流初段にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 貞升南女流初段にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
フリーライター相崎修司氏にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント フリーライター相崎修司氏にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
ルールを紹介!「ドラフト会議」「団体戦」とは?
無料
第3回AbemaTVトーナメント ルールを紹介!「ドラフト会議」「団体戦」とは? 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
オープニングついに公開!
無料
第3回AbemaTVトーナメント オープニングついに公開! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
おうちでAbemaTVトーナメント第2弾オープニング
無料
第3回AbemaTVトーナメント おうちでAbemaTVトーナメント第2弾オープニング 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
将棋界貫禄ある対決
無料
第3回AbemaTVトーナメント 将棋界貫禄ある対決 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
実力派女流棋士対決
無料
第3回AbemaTVトーナメント 実力派女流棋士対決 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
爆笑必至!の三番勝負
無料
第3回AbemaTVトーナメント 爆笑必至!の三番勝負 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
チーム糸谷「最強決定戦」
無料
第3回AbemaTVトーナメント チーム糸谷「最強決定戦」 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
木村王位 VS 全世界の視聴者
無料
第3回AbemaTVトーナメント 木村王位 VS 全世界の視聴者 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
[ルール]木村王位 VS 全世界の視聴者
無料
第3回AbemaTVトーナメント [ルール]木村王位 VS 全世界の視聴者 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
麻雀AI vs 藤田晋 vs KADOKAWAサクラナイツ
無料
麻雀AI vs 藤田晋 vs KADOKAWAサクラナイツ 麻雀AI vs 藤田晋 vs KADOKAWAサクラナイツ ドワンゴの麻雀AI「NAGA」が人間に挑む! 迎え撃つは、Mリーグチェアマン藤田晋と今シーズンから新規加入した KADOKAWAサクラナイツの2人! 麻雀AIの思考は? どれくらい強いのか? どう麻雀を打つのか? 未知な相手に人間はどう打つのか!? ルール: 天鳳を用いて戦う(天鳳ルール) 東南戦2回勝負(飛びあり)
RTDマンスリーリーグ BLACK DIVISON 第2節 3回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ BLACK DIVISON 第2節 3回戦 配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 第2節後半戦、まだトップの無い藤田と、やや出遅れている現鳳凰位・勝又が、白鳥・たろうの上位陣に挑む!
RTDマンスリーリーグ BLACK DIVISON 第2節 4回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ BLACK DIVISON 第2節 4回戦 配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 第2節最終戦では、プロ連盟4名による同門対決が実現!団体王者である勝又にとっては絶対に負けられないこの一戦。お互いを知り尽くした4名による極限の攻防戦に刮目せよ!!
RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第1節 2回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第1節 2回戦 配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 連続登場の佐々木・小林と、「隠れた実力者」山田、「ファンタジスタ」鈴木の対戦。4名とも開幕戦をトップで飾れず、早くも緊迫感溢れる対局となっていく。
RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第1節 3回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第1節 3回戦 配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 「WHITE DIVISION」3戦目は「モンド杯」を勝利した井出が登場!気鋭の若手プロと藤田の初対戦に注目が集まる中、起家の「攻めダルマ」佐々木が その異名通りの猛攻を仕掛けていくー。
RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第1節 4回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第1節 4回戦 配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 第3戦では佐々木の猛攻を受け、一時はハコ下2万点を超えるという、屈辱的な大敗を喫した藤田。続けての対戦となる第一節最終戦では、その屈辱引きずらずに打ち切ることができるのか?真価を問われる1戦と言えるだろう。
RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第2節 2回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第2節 2回戦 "配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 攻撃タイプが揃った「WHITE DIVISION」であるが、第6戦の開局もドラ爆とそこに立ち向かうリーチが入る波乱の展開に。全く予想がつかないせめぎ合いを制するのは一体誰になるのか・・・?
RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第2節 3回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ WHITE DIVISION 第2節 3回戦 配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。激しいぶつかり合いが続く「WHITE DIVISION」であるが、第7戦も選手それぞれの持ち味が発揮される全く気の抜けない展開に・・。勝負に決着を付けたのは、まさにトッププロの妙技であった!!
RTDマンスリーリーグ BLACK DIVISION 第3節 3回戦
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグ BLACK DIVISION 第3節 3回戦 配信対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 予選中盤戦に突入したBLACK DIVISION。まだ折り返し前ながら、この辺りで好位置に付けて後半戦に臨みたい、と誰もが思う所であろう。不調続きの滝沢にとっては、最初の正念場を迎えといえる第3節残り2回戦!その闘牌の行方は!?
RTDマンスリーリーグセミファイナル第4節
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグセミファイナル第4節 放送対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 2つのDIVISIONから上位4名ずつが勝ちあがり、いよいよ準決勝が開幕! 予選のポイントを半分持ち越して、16回戦(1人8回戦)を戦い、上位4名が決勝進出となる。
RTDマンスリーリーグセミファイナル第4節
藤田晋invitational 2016 RTDリーグ RTDマンスリーリーグセミファイナル第4節 放送対局初の長期リーグ戦を開催し、名実ともに最強の雀士を決める「RTDマンスリーリーグ」。 2つのDIVISIONから上位4名ずつが勝ちあがり、いよいよ準決勝が開幕! 予選のポイントを半分持ち越して、16回戦(1人8回戦)を戦い、上位4名が決勝進出となる。
WHITE DIVISION 1回戦
藤田晋invitational 2017 RTDリーグ WHITE DIVISION 1回戦 麻雀界のトッププロ達を招待し、長期リーグ戦で真の強者を決める!昨年大好評だったRTDリーグが、ついに2017シーズンの幕を開けた!!WHITEDIVISION開幕戦は、今期から参戦した内川幸太朗、昨期準決勝進出の小林剛、予選敗退でリベンジに燃える石橋伸洋・勝又健志の対戦。
WHITE DIVISION 2 回戦
藤田晋invitational 2017 RTDリーグ WHITE DIVISION 2 回戦 麻雀界のトッププロ達を招待し、長期リーグ戦で真の強者を決める!昨年大好評だったRTDリーグが、ついに2017シーズンの幕を開けた!!WHITEDIVISION開幕第2戦は、今期に賭ける鈴木たろう、準決勝で涙を飲んだ村上淳、決勝進出組の瀬戸熊直樹・藤田晋という対戦。