「虐待 通報」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

虐待の動機解明に期待 千葉の虐待死事件あす初公判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 虐待の動機解明に期待 千葉の虐待死事件あす初公判  千葉県野田市で当時10歳の長女を虐待して死亡させた罪に問われた父親の裁判が21日に始まります。事件を検証してきた専門家は、これまでに明らかになっていない虐待の動機が裁判で解明されることに期待を寄せています。  栗原勇一郎被告(42)は去年1月、小学4年だった心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させたとされています。野田市の検証委員会の座長として1年間、行政の対応を検証してきた専門家は「行政側が命を救うチャンスは何度もあった」と指摘したうえで、被告がなぜ虐待を繰り返したのか、裁判ではその解明を求めています。  日本大学危機管理学部・鈴木秀洋准教授:「父親からこの事件をどう見ていたのか、心愛ちゃんをどう見ていたのか。(裁判では)かなり出てくると思いますので、そこをしっかりたどっていきたい」  裁判の争点は「犯行に至る経緯と状況」で、被告側は事実関係を争う可能性があります。
家族らが「心愛さんの手紙」公開 千葉虐待死事件
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 家族らが「心愛さんの手紙」公開 千葉虐待死事件  「お父さんに暴力を受けています」と訴えたにもかかわらず、去年1月に虐待事件で死亡した栗原心愛さん。亡くなる3カ月前に「諦めないで下さい」と自分宛ての手紙を書いていたことが分かりました。  手紙は亡くなる3カ月前に書かれたものでした。「自分への手紙」。栗原心愛さんへ。5年生になっても、そのままのあなたでいて下さい。未来のあなたを見たいです。諦めないで下さい。  千葉県野田市の小学4年生・心愛さんは去年1月に虐待され死亡し、父親の勇一郎被告(42)が傷害致死などの罪で起訴されています。未来の自分に宛てた手紙。祖母は心愛さんが亡くなって約2カ月後に受け取ったといいます。「お父さんに暴力を受けています」と発信していた心愛さん。しかし、勇一郎被告の母親でもある祖母は勇一郎被告の虐待に気が付かなかったといいます。  事件に対する野田市の検証委員会は、行政側が命を救うチャンスがあったと指摘しています。なぜ、勇一郎被告は心愛さんに虐待を繰り返したのか。裁判は21日から始まります。
「心愛を返して」野田虐待死事件 被告の親族が証言
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「心愛を返して」野田虐待死事件 被告の親族が証言  千葉県野田市で当時10歳の栗原心愛さんを暴行して死亡させたとして父親が傷害致死などの罪に問われている裁判で、心愛さんと一時、一緒に暮らしていた被告の妹が証言しています。  (社会部・鈴木大二朗記者報告)  証言台に立った被告の妹は涙ながらに「心愛をかえして下さい」と被告に訴えました。栗原勇一郎被告は去年1月、野田市の自宅の浴室で当時小学4年だった心愛さんを飢餓状態にし、冷水のシャワーを浴びせて死亡させた罪などに問われています。25日は心愛さんが一時期、父親から逃れるために数カ月間、一緒に被告の実家で心愛さんと暮らしていた妹が証人として呼ばれました。妹は心愛さんが死亡する約1年半前、「心愛さんが『5時間立たされた』と泣いていた」「『腰にあざがある』と見せてきた」と虐待の兆候を伝えてきたことを話しました。妹はそれを受けて兄の被告に「しつけを軽減して自分の仕事に集中すれば」と伝えたと話しました。この後、被告の母親が証人として呼ばれます。勇一郎被告の性格や心愛さんが虐待されて死亡するに至った経緯、母親がそれを知っていたかなどが話される模様です。
野田市長女虐待死事件 専門家は父親の心情に注目
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 野田市長女虐待死事件 専門家は父親の心情に注目  千葉県野田市で当時10歳だった長女を虐待死させた罪に問われた父親の裁判が21日から始まります。野田市の検証委員会で1年間、事件を検証してきた専門家は、父親が動機をどのように語るのかに注目しています。  栗原勇一郎被告(42)は去年1月、小学4年だった心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させた罪に問われています。鈴木秀洋准教授は事件後、野田市の検証委員会の座長としてなぜ事件が起きたのか、なぜ防げなかったのか、検証を続けてきました。  日本大学危機管理学部・鈴木秀洋准教授:「心愛ちゃんは最初からずっとSOSを発していた。それがなくなってしまった。だとしたら、僕ら大人はどうしたら良いのかっていうのはすごく象徴的な事案だと思うんですよね」  また、鈴木准教授はなぜ父親である勇一郎被告が娘の心愛さんへの虐待を繰り返したのか、この1年間考え続けてきましたが、どうしても理解できない部分があり、勇一郎被告自身が法廷で自らの心情をどのように語るのか注目しているといいます。  日本大学危機管理学部・鈴木秀洋准教授:「今回の裁判に、ある意味どういう気持ちだったのかなと、自分が想像した気持ちとはかなり違う部分が出てくるのかなと。その意味でも父親の景色というのをこの裁判でたどってみたいというふうには思います」
死亡女児の父親が涙の謝罪 一方で虐待の一部否認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 死亡女児の父親が涙の謝罪 一方で虐待の一部否認  千葉県野田市で10歳の栗原心愛さんが虐待されて死亡した事件の裁判。初公判で父親は「みーちゃん、ごめん」と涙ながらに謝罪する一方で、虐待の一部について否認しました。  髪を短く切って黒のスーツに青のネクタイ姿の栗原勇一郎被告は、傍聴席に向かって深く一礼をして法廷に入ってきました。そして、心愛さんへの暴行罪について起訴状が読み上げられ、数秒の沈黙の後、勇一郎被告はこう切り出しました。  栗原勇一郎被告:「罪状認否に臨むにあたり、最初に一言申し上げてよろしいでしょうか。私の気持ちです。娘にしてしまったことは、しつけの範囲を超えてしまったと深く後悔しています。未来のみーちゃん(心愛さん)の姿を私も家族も見るのが楽しみだったので、みーちゃんには深く謝ることしかできません」  勇一郎被告は用意してきた紙を見ながら謝罪の言葉を涙声で読み上げました。去年1月、心愛さんは自宅の浴室で死亡しました。救急隊が到着した時、死後硬直が始まっていたといいます。この事件で、父親の勇一郎被告は長女の心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させた傷害致死など6つの罪に問われています。  栗原勇一郎被告:「娘のためにできることは、この事件としっかり向き合い事実をお伝えすることです」  そう話した勇一郎被告は、起訴内容の一部を否認します。  栗原勇一郎被告:「娘を飢餓状態にするとともに、浴室に連れ込んで冷水のシャワーを浴びせ続けたことはしていません。その他については認めます。罪については争いません」…
心愛さん「パパに蹴られた」 勇一郎被告の妹が証言
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 心愛さん「パパに蹴られた」 勇一郎被告の妹が証言  当時10歳の栗原心愛さんが暴行されて死亡した事件の裁判で、心愛さんの叔母で勇一郎被告の妹が虐待の実態を証言しました。  千葉県野田市の小学4年・栗原心愛さんが虐待死したとされる事件。傷害致死の罪などに問われている父親の勇一郎被告の妹であり、心愛さんの叔母が証言台に立ちました。  勇一郎被告の妹は勇一郎被告に問いただすと、やっていないと暴行を否定していたと証言しました。さらに、勇一郎被告の妹は心愛さんの側頭部に十円玉大の髪の毛が抜けている部分があるのを見つけ、そのことを聞くと、心愛さんはパパに引っ張られたと話していたといいます。最後に、心愛さんの叔母でもある勇一郎被告の妹は心愛を返して下さいと涙ながらに訴えました。  また、法廷では検察側の証拠調べで心愛さんと勇一郎被告のやり取りが撮影された動画が流されました。そこにはトイレに行きたがっている心愛さんが泣きながら無理やりスクワットをさせられている様子が約27分にわたって撮影されていました。  そして、勇一郎被告の母親も証言台に立ちました。その冒頭、母親が宣誓をしているなか、勇一郎被告は顔を赤くしてうつむき、少し泣いているような様子を見せていました。
心愛さん虐待死事件初公判 被告父「しつけ超えた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 心愛さん虐待死事件初公判 被告父「しつけ超えた」  去年1月、千葉県野田市で当時10歳の長女を虐待し、死亡させた罪に問われている父親の初公判が21日午前に始まりました。千葉地裁前から報告です。  (鈴木大二朗記者報告)  裁判の冒頭、裁判長から起訴内容について間違いないかと問われた栗原勇一郎被告(42)は、その前に「私の気持ちです」と言って「私のしてしまったことはしつけの範囲を超えてしまった」「みーちゃん本当にごめんなさい」と謝罪の言葉を用意してきた文書で読み上げました。勇一郎被告は去年1月、野田市の自宅アパートで当時小学4年だった長女の心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させた傷害致死など合わせて6つの罪に問われています。今月21日の初公判に勇一郎被告は髪を短く切った姿で現れました。裁判長からの問い掛けにはかなり小さい声でボソボソと答えていました。そして、裁判長から起訴内容に間違いはないか問われると、傷害致死の「罪について争いません」としたものの「娘を飢餓状態にし、冷水を掛けたりしたことはしていません」と述べました。罪については大筋で争わない姿勢を見せましたが、一つひとつの行為については認めていない部分も多く、今後の裁判で一つひとつの事例について明らかになっていくものと思われます。
「首を絞められた」なぜ児童の訴えは届かなかった? 流山市”虐待”事案から子供の守り方を考える
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 「首を絞められた」なぜ児童の訴えは届かなかった? 流山市”虐待”事案から子供の守り方を考える 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
第46話〜第50話
チャージマン研! 第46話〜第50話 サイクリングに出かけた研くん一行は、大雨に降られて老婆の家にお世話になることに・・・ っていきなり泊るな!/魔王様の大演説にジュラル星人の反応は、オー!(まばら) 未来のジュースサーバーもステキです。/なぜか、研くん、南海の孤島で囚われています。と思ったら、回想シーンで説明入りまーす。/皆に乱暴する不良少年とチキンレースで勝負することに。まぁ、ジュラル星人なんですけどね。/児童虐待のジュラル星人に、研くん、激おこです。
相次ぐ子どもの虐待死事件 戸塚ヨットスクール校長と”体罰と暴力”境界線を議論
無料
アベマ世代に贈る!厳選ニュース特集! 相次ぐ子どもの虐待死事件 戸塚ヨットスクール校長と”体罰と暴力”境界線を議論 AbemaNewsオリジナル番組で取り上げたテーマを、スタッフが厳選。 独自取材した社会問題、スタジオでの熱い討論など、様々な企画をラインナップしています。