「行政評価局」の検索結果

「行政評価局」に関する情報は見つかりませんでした。
「行政」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

五ノ怪 虎入(こい)
不機嫌なモノノケ庵 續 五ノ怪 虎入(こい) 泥棒の濡れ衣を着せられたモジャが、立法、行政と並ぶ隠世のトップスリー、司法(しほう)の邸“白洲獄(しらすごく)”に連行されてしまった。モジャの無実を訴えるため、安倍とともに隠世にやってきた芦屋は、対面した司法の思いがけない正体に驚く。一方で安倍は、今回の件に別の妖怪が関与していることを見抜いていた。それはもうひとりのトップスリー、行政。人間嫌いの行政は、隠世と縁の深い物怪庵に、人間の奉公人(アルバイト)がいることに強い不快感を抱いていた。そして、行政の策略により、芦屋と行政が対峙してしまう……。
香港行政長官「条例改正案死んだ」撤回とは表現せず
最新の国際ニュース【随時更新】 香港行政長官「条例改正案死んだ」撤回とは表現せず  「条例改正案は死んだ」と発言しました。  香港・林鄭月娥行政長官:「条例改正案は死んだ」  中国本土への容疑者引き渡しを可能とする「逃亡犯条例」改正について、香港の林鄭月娥行政長官は定例の記者会見で「(逃亡犯条例)改正案は死んだ。完全な失敗だった」と発言しました。しかし、市民らが求める「撤回」という言葉は使いませんでした。また、自らの辞任についても否定しました。民主派団体は「発言の中身はこれまでと変わらず、表現を変えたに過ぎない、完全『撤回』を求める」と反発し、今後もデモを続ける考えを示しています。
コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道
コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道 コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道 仮面の反逆者ゼロとして、反ブリタニア勢力・黒の騎士団を増強していくルルーシュと、第3皇女ユーフェミアの騎士に任じられるスザク。それぞれに力をつけていく二人に運命の転機が訪れる。エリア11副総督としてユーフェミアが行政特区「日本」の発足を発表したのだ。行政特区日本の実現は、黒の騎士団の存在意義の消失を意味する。状況を打開するため、ルルーシュはユーフェミアとの面会を試みる。 守りたいもののために決めた覚悟。ギアスの代償。一縷の希望は悠久の野望と共に翻弄され、悲劇は加速していく――
二ノ怪 尾鳴(おお)
不機嫌なモノノケ庵 續 二ノ怪 尾鳴(おお) 芦屋が立法に頼まれ、行政に巻物を届けに行くことになった。その途中、巨大な猛獣の姿をした妖怪と出くわしてしまった芦屋は驚いて逃げ出すが、見た目とは違い親切な妖怪だと知ってひと安心。落し物をして困っているという妖怪の探し物を手伝った芦屋は、偶然にも行政の邸“鳴禽籠(めいきんろう)”に行くところだというこの妖怪の背中に乗って目的地まで送ってもらうことになる。 実はこの妖怪――。
七ノ怪 横好(よこすき)
不機嫌なモノノケ庵 續 七ノ怪 横好(よこすき) 突然、隠世から、立法が物怪庵にやってきた。立法は、自分の管理下にある物怪庵の奉公人(アルバイト)・芦屋に対し、行政が手荒な真似をした事に腹を立て、芦屋の「隠世出入り禁止」を撤回させようと、行政と“賭け”をしているという。だが当事者である芦屋には、隠世へ足を踏み入れることに迷いがあり……。 そんな中、安倍や芦屋の同級生藤原禅子(ふじわら ぜんこ)が、自治会長から依頼を受けた住職の父とともに「幽霊が出た」という場所を調査しに行くと、そこには――?
一ノ怪 肢簾(えす)
無料
不機嫌なモノノケ庵 續 一ノ怪 肢簾(えす) “現世(うつしよ)”にとどまる妖怪たちを、本来彼らが棲むべき“隠世(かくりよ)”へと送り届けることを生業としている “物怪庵(もののけあん)”――。 その物怪庵の主・安倍晴齊(あべの はるいつき)と、奉公人(アルバイト)・芦屋花繪(あしや はなえ)と妖怪のモジャが、安倍の上司・立法(りっぽう)からの依頼で隠世へとやってきた。立法の仕事を手伝う二人と一匹だったが、芦屋のミスで、立法とともに隠世を治めるトップスリーのひとり、行政(ぎょうせい)のもとに書類を届けることになってしまう。果たして行政とは――?
六ノ怪 光芽(みつが)
不機嫌なモノノケ庵 續 六ノ怪 光芽(みつが) 芦屋の友達、嵯峨(さが)と伏見(ふしみ)の誘いで、安倍と芦屋が写真部の合宿に参加することになった。行政との一件があったからか、はなれた場所にいる妖怪の気配を察知できるようになった芦屋。だがまだその能力を使いこなせてはおらず、安倍は、この合宿の間に芦屋の察知能力を鍛えようと考えていた。その練習相手としてヤヒコが呼ばれるが、ヤヒコが面白半分で仕掛けたイタズラが、芦屋が秘めた別の力を引き出すことになる――!
八ノ怪 脱羅(ぬら)
不機嫌なモノノケ庵 續 八ノ怪 脱羅(ぬら) 「一日だけ人間の姿になって、盆踊りの輪に入って一緒に踊りたい」――そう願う妖怪ケシを物怪庵に連れて来た芦屋と禅子は、安倍とも協力してケシを人間に変装させ、一緒に盆踊りを楽しむことにする。ケシの願いを叶え、隠世に送り届けた途端、安倍が疲れ果てて眠ってしまう。実は安倍は、芦屋に内緒で行政絡みの仕事を一件終わらせたあとだった。自分のせいで安倍がムリをしたのではないかと考える芦屋は、責任を感じ安倍の身を案じる。
STAGE22 血染め の ユフィ
コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE22 血染め の ユフィ ユーフェミアの発案で、行政特区の立ち上げが決定した。驚喜するイレヴンたち。その記念式典にガヴェインで登場するゼロ。ゼロとして、そして兄としてユフィと対峙するルルーシュ。その時、それは起きた!
日本郵便の処分も検討 かんぽ問題で石田総務大臣
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日本郵便の処分も検討 かんぽ問題で石田総務大臣  かんぽ生命保険の問題で日本郵便の処分も検討です。  石田総務大臣:「(Q.日本郵便に対する行政処分は?)調査結果等の報告を踏まえて、さらなる対応を検討していきたい」  かんぽ生命と保険の販売を請け負う日本郵便は約9万3000件で不適切な販売が行われた疑いがあるとして、原因などを調査する第三者委員会を設置しました。石田総務大臣は「契約者に不利益をもたらし、誠に遺憾」などと述べ、日本郵便に調査結果をできるだけ早く報告するよう要請したと明らかにしました。
母親の遺体一部白骨化 放置した疑いで別居の娘逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 母親の遺体一部白骨化 放置した疑いで別居の娘逮捕  母親の遺体を居間に放置したとして、54歳の娘が逮捕されました。  仲谷かおり容疑者は5月ごろから、母親の玲子さん(81)の遺体を福井市にある実家の居間に放置した疑いが持たれています。玲子さんの遺体は一部が白骨化した状態で見つかったということです。  近所の人:「新聞だけ取って帰る、ポストの中の。娘さんがね」  2人は別居していたため、不審に思った近所の人が行政に連絡して発覚しました。仲谷容疑者は警察の取り調べに対して容疑を認め、「死んでいるだろうと思った」と供述しています。警察は死因の特定を進めるとともに玲子さんが死亡した経緯についても調べています。
かんぽ生保の二重徴収問題 金融庁が処分視野に調査
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 かんぽ生保の二重徴収問題 金融庁が処分視野に調査  かんぽ生命保険が顧客から保険料を二重に徴収していたことなどを受け、金融庁が業務改善命令なども視野に調査を進めていることが分かりました。  かんぽ生命の保険を巡っては、契約を乗り換える際に顧客が不利になるような不適切な販売が確認されています。郵便局員が営業手当を上げるために故意に解約を先延ばしさせ、顧客から保険料を二重に徴収した疑いも発覚しました。こうしたなか、金融庁は業務改善命令など行政処分も視野に調査を進めていることが分かりました。すでにかんぽ生命から事情を聴いていて、不適切な販売が行われた背景など実態の解明を進めています。
EU欧州委員長に初の女性 ドイツ国防相を承認
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 EU欧州委員長に初の女性 ドイツ国防相を承認  EU(ヨーロッパ連合)の議会は行政執行機関のヨーロッパ委員長にドイツのフォンデアライエン国防相を起用する人事案を承認しました。初の女性委員長が誕生します。  EUのヨーロッパ議会は16日、ユンケルヨーロッパ委員長の後任候補に指名されたドイツのフォンデアライエン国防相の人事案について採決し、賛成多数で承認しました。任期は今年11月からで、女性として初めてヨーロッパ委員長に就任します。ただ、賛成票が過半数をわずかに上回る承認で、厳しい舵(かじ)取りも予想されます。この委員長人事を巡っては、議会主導で選ぶこれまでの慣例を破り、フランスとドイツの両首脳が主導する形で候補者が決まったことから、議会側から反発の声が上がっていました。
TURN 08 百万 の キセキ
コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 08 百万 の キセキ 新総督によって「行政特区日本」の設立が宣言された。イレブンにとってそれはブリタニアに対する怨念の一頁であったはずだが…。再び、血塗られた虐殺皇女の歴史が再現されてしまうのか? その時、ゼロがスザクに驚愕の取引を申し出る。果たして、百万のキセキとは…?
香港デモ 批判対象も範囲も拡大 混乱長期化の様相
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ 批判対象も範囲も拡大 混乱長期化の様相  香港で「逃亡犯条例」改正に反発するデモが中国本土への批判に拡大しています。14日も市民と警官隊が衝突する騒ぎが起きています。  香港の郊外で14日に行われたデモには、主催者発表で11万5000人が参加しました。警官隊とデモ隊の間で衝突も起き、約30人がけがをして40人近くが逮捕されました。デモはこれまで香港島中心部で行われていましたが、最近は中国本土に近い九龍半島側に広がっています。逃亡犯条例以外の中国本土に関わる問題も批判の対象になっています。  一方、14日付のイギリスのフィナンシャル・タイムズは「林鄭月娥行政長官が中国政府に辞意を示したものの、拒否された」と伝えました。今後も週末にデモが呼び掛けられていて、混乱は長期化するとみられています。
ジャニーズ事務所に注意 元SMAP出演に圧力の疑い
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ジャニーズ事務所に注意 元SMAP出演に圧力の疑い  ジャニーズ事務所は国民的アイドル「SMAP」の元メンバー3人を出演させないよう民放テレビ局などに対して圧力を掛けていた疑いがあるとして、公正取引委員会から注意を受けていたことが分かりました。  関係者によりますと、ジャニーズ事務所は稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人について、ドラマやバラエティー番組などに出演させないように民放テレビ局などに圧力を掛けた疑いがあり、独占禁止法違反につながる恐れがあるとして17日までに公正取引委員会から注意を受けたということです。ジャニーズ事務所は「弊社がテレビ局に圧力などを掛けた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」とコメントしています。
三ノ怪 行拶(ぎょうさつ)
不機嫌なモノノケ庵 續 三ノ怪 行拶(ぎょうさつ) 隠世から現世にエゲンという妖怪が来ることになった。「隠世に学校をつくる!」という夢を持つエゲンは、現世にある安倍や芦屋の高校を期限付きで視察するのだという。真剣な様子で学校視察をするエゲンのために、張り切ってその手伝いをしようとする芦屋。ところがなぜかずっと不機嫌な安倍に困惑する。安倍には今回の視察に関して少し気になることがあったのだが、芦屋はそんなことにはまったく気づかず――。
九ノ怪 榮影(えいえい)
不機嫌なモノノケ庵 續 九ノ怪 榮影(えいえい) 芦屋の母が急に体調を崩し病院に運ばれた。連絡を受け、安倍に頼んで病院まで送り届けてもらった芦屋は、母に取り憑いた妖怪アラナキを発見。慌ててアラナキを引き離すと母の体調はよくなったが妖怪の見えない母は不思議顔。そして芦屋は、母から失踪した父・榮(さかえ)とも昔、同じようなエピソードがあったと聞いて驚く。 一方、偶然病室の外で話を聞いていた安倍は、“芦屋榮”という名前に聞き覚えがあった――。
十ノ怪 黒遣(こっけん)
不機嫌なモノノケ庵 續 十ノ怪 黒遣(こっけん) 芦屋の父、榮のことを調べることにした安倍は、隠世まで出向いて手がかりを探すが決定的な情報は得られないでいた。そんな中、安倍と芦屋が通う高校の文化祭が始まり、二人は宣伝係をすることに。その途中、文化祭を散策していた禅子と出会うが、どうやら一緒に連れてきたヤヒコを見失ったらしい。いたずらを繰り返すヤヒコを捕まえて、二人で一緒に遊ぶことにした安倍。何の気なしに榮の話を振ってみると、ヤヒコから新たな情報が――。
十一ノ怪 帰居(きい)
不機嫌なモノノケ庵 續 十一ノ怪 帰居(きい) 安倍と芦屋は、妖怪のコモンの依頼で、コモンが面倒を見ていた5匹の小鳥妖怪を隠世に祓うことになる。ただ、5兄弟の末弟チュンゴはまだ飛ぶことが出来ず、隠世での生活には対応できそうにないため、コモンのもとに置いていくことになっていた。そんな中、訓練場の吊橋から落ちそうになるコモン。それを引っ張り上げて助けたのは、飛べないはずのチュンゴだった。何かを察する安倍。チュンゴは飛べないふりをしていた理由とは――?
十二ノ怪 上蜘(じょうち)
不機嫌なモノノケ庵 續 十二ノ怪 上蜘(じょうち) コモンから、以前物怪庵にいたという人間の奉公人の話を聞いた安倍は、その真偽を確かめたくなる。そんな安倍に立法は、白洲獄に何か資料が残っているかもしれないと助言。何とか白洲獄に入り込み、資料を調べていた安倍は関係のありそうな資料を見つけるが、そこに書かれていたこととは…。 一方、禅子から妖怪がらみの相談を受け禅子の実家の寺にやってきた芦屋は、偶然ヤヒコから“芦屋榮”と会ったことがあると聞き――。
朝日新聞が誤報お詫び なぜ間違えたのか?筆が走った!? 元記者たちと読み解く
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 朝日新聞が誤報お詫び なぜ間違えたのか?筆が走った!? 元記者たちと読み解く 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
四ノ怪 臼舂(うすつく)
不機嫌なモノノケ庵 續 四ノ怪 臼舂(うすつく) 無邪気なキツネの妖怪・ヤヒコは、山でかわいらしい妖怪を見つけた。この妖怪を連れ帰ったヤヒコは “キナコ”と名づけてかわいがり、キナコもヤヒコに懐く。ところがキナコは現世にとどまり続けるには弱すぎて、いずれ消滅してしまうかもしれないことがわかる。キナコを助けたいヤヒコは、物怪庵の安倍や芦屋に頼んで隠世へと祓ってもらうことにするが、「ヤヒコと一緒じゃないと隠世に行かない」と言うキナコと、事情があって隠世に行けないヤヒコが対立。そんな中、芦屋がある提案をする――。
十三ノ怪 翻寧(ほんね)
不機嫌なモノノケ庵 續 十三ノ怪 翻寧(ほんね) 禅子から相談を受け、安倍とともに「妖怪を見た」との噂がある神社を訪れた芦屋が突然、妖怪に取り憑かれてしまった! ササというこの妖怪は、金髪、金眼で、強力な妖怪さえも屈服させる力“威光(いこう)”を使う“人間”によって、長い間、狭い社に封印されていた。自分の自由を奪った人間とよく似た安倍に悪意をむき出しにするササ。安倍はそんなササに操られた芦屋の動きを止めるため威光を使い芦屋を気絶させるが、ササはさらに憎悪を募らせ……。その後、意識を取り戻した芦屋だったが、いつもと違う様子と冷たい瞳に、安倍はある人物を思い浮かべる――。
第6話 『旅の道連れ』
Fairy gone フェアリーゴーン 第6話 『旅の道連れ』 皇帝、首相、二人の大公を迎え、盛大に行われる終戦記念式典が迫りつつある最中、試験配備されていた軍の新型人工妖精の暴走事故が起こる。 調査にあたるドロテアの面々。妖精の保全や行政を担当する妖精省、軍を管轄する軍部省も事態を重く見て動き出す。 さらに黒の妖精書〝黒の四〟に関する新たな情報が入り、マーリヤは同僚のクラーラと共に手がかりとなる男を追う。