「行政評価局」の検索結果

「行政評価局」に関する情報は見つかりませんでした。
「行政」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

五ノ怪 虎入(こい)
不機嫌なモノノケ庵 續 五ノ怪 虎入(こい) 泥棒の濡れ衣を着せられたモジャが、立法、行政と並ぶ隠世のトップスリー、司法(しほう)の邸“白洲獄(しらすごく)”に連行されてしまった。モジャの無実を訴えるため、安倍とともに隠世にやってきた芦屋は、対面した司法の思いがけない正体に驚く。一方で安倍は、今回の件に別の妖怪が関与していることを見抜いていた。それはもうひとりのトップスリー、行政。人間嫌いの行政は、隠世と縁の深い物怪庵に、人間の奉公人(アルバイト)がいることに強い不快感を抱いていた。そして、行政の策略により、芦屋と行政が対峙してしまう……。
コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道
コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道 コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道 仮面の反逆者ゼロとして、反ブリタニア勢力・黒の騎士団を増強していくルルーシュと、第3皇女ユーフェミアの騎士に任じられるスザク。それぞれに力をつけていく二人に運命の転機が訪れる。エリア11副総督としてユーフェミアが行政特区「日本」の発足を発表したのだ。行政特区日本の実現は、黒の騎士団の存在意義の消失を意味する。状況を打開するため、ルルーシュはユーフェミアとの面会を試みる。 守りたいもののために決めた覚悟。ギアスの代償。一縷の希望は悠久の野望と共に翻弄され、悲劇は加速していく――
二ノ怪 尾鳴(おお)
不機嫌なモノノケ庵 續 二ノ怪 尾鳴(おお) 芦屋が立法に頼まれ、行政に巻物を届けに行くことになった。その途中、巨大な猛獣の姿をした妖怪と出くわしてしまった芦屋は驚いて逃げ出すが、見た目とは違い親切な妖怪だと知ってひと安心。落し物をして困っているという妖怪の探し物を手伝った芦屋は、偶然にも行政の邸“鳴禽籠(めいきんろう)”に行くところだというこの妖怪の背中に乗って目的地まで送ってもらうことになる。 実はこの妖怪――。
七ノ怪 横好(よこすき)
不機嫌なモノノケ庵 續 七ノ怪 横好(よこすき) 突然、隠世から、立法が物怪庵にやってきた。立法は、自分の管理下にある物怪庵の奉公人(アルバイト)・芦屋に対し、行政が手荒な真似をした事に腹を立て、芦屋の「隠世出入り禁止」を撤回させようと、行政と“賭け”をしているという。だが当事者である芦屋には、隠世へ足を踏み入れることに迷いがあり……。 そんな中、安倍や芦屋の同級生藤原禅子(ふじわら ぜんこ)が、自治会長から依頼を受けた住職の父とともに「幽霊が出た」という場所を調査しに行くと、そこには――?
一ノ怪 肢簾(えす)
無料
不機嫌なモノノケ庵 續 一ノ怪 肢簾(えす) “現世(うつしよ)”にとどまる妖怪たちを、本来彼らが棲むべき“隠世(かくりよ)”へと送り届けることを生業としている “物怪庵(もののけあん)”――。 その物怪庵の主・安倍晴齊(あべの はるいつき)と、奉公人(アルバイト)・芦屋花繪(あしや はなえ)と妖怪のモジャが、安倍の上司・立法(りっぽう)からの依頼で隠世へとやってきた。立法の仕事を手伝う二人と一匹だったが、芦屋のミスで、立法とともに隠世を治めるトップスリーのひとり、行政(ぎょうせい)のもとに書類を届けることになってしまう。果たして行政とは――?
あなたの命が失われる前に~防災意識の転換点~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 あなたの命が失われる前に~防災意識の転換点~ 山形県戸沢村では2018年8月だけで2度の水害が発生した。排水能力を強化したポンプが設置されたばかりだったが、被害を防げなかった。 行政の対応に不満を募らせていた住民からは批判の声が相次ぐ。しかし、有識者は「ハード対策や、従来の行政主導の防災では限界だ」として、「自分の命は自分で守る」意識の醸成が必要だと訴える。 防災の転換点に直面し、かけがえのない命を守るため苦悩する被災地の取り組みを追った。
香港 覆面禁止法の違憲判断に中国政府「挑戦だ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 覆面禁止法の違憲判断に中国政府「挑戦だ」  香港の裁判所がデモの参加者にマスクなどの着用を禁じる「覆面禁止法」を認めない判断を示したことについて、中国政府は「行政長官の権力に公然と挑戦するものだ」と反発しました。  中国政府の香港マカオオフィスは19日に声明を出し、「覆面禁止法は香港基本法にのっとるもので、暴力と混乱を止めるために大きな役割を果たしてきた」と法律の必要性を主張しました。裁判所の判断については「香港行政長官の権力に公然と挑戦するものだ」と非難し、「社会に与える深刻な影響を注視する」としました。覆面禁止法は先月5日に施行されましたが、今月18日に裁判所が香港の憲法にあたる基本法に違反すると判断したため、警察はこの法律に基づく取り締まりを停止しています。
六ノ怪 光芽(みつが)
不機嫌なモノノケ庵 續 六ノ怪 光芽(みつが) 芦屋の友達、嵯峨(さが)と伏見(ふしみ)の誘いで、安倍と芦屋が写真部の合宿に参加することになった。行政との一件があったからか、はなれた場所にいる妖怪の気配を察知できるようになった芦屋。だがまだその能力を使いこなせてはおらず、安倍は、この合宿の間に芦屋の察知能力を鍛えようと考えていた。その練習相手としてヤヒコが呼ばれるが、ヤヒコが面白半分で仕掛けたイタズラが、芦屋が秘めた別の力を引き出すことになる――!
八ノ怪 脱羅(ぬら)
不機嫌なモノノケ庵 續 八ノ怪 脱羅(ぬら) 「一日だけ人間の姿になって、盆踊りの輪に入って一緒に踊りたい」――そう願う妖怪ケシを物怪庵に連れて来た芦屋と禅子は、安倍とも協力してケシを人間に変装させ、一緒に盆踊りを楽しむことにする。ケシの願いを叶え、隠世に送り届けた途端、安倍が疲れ果てて眠ってしまう。実は安倍は、芦屋に内緒で行政絡みの仕事を一件終わらせたあとだった。自分のせいで安倍がムリをしたのではないかと考える芦屋は、責任を感じ安倍の身を案じる。
香港行政長官と習主席の会談内容とは? 座り方・参加メンバーに注目か
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 香港行政長官と習主席の会談内容とは? 座り方・参加メンバーに注目か 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
香港デモで強制排除も なぜ路上から大学で籠城に?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモで強制排除も なぜ路上から大学で籠城に?  抗議活動が続く香港では大学にとどまる学生たちを警察が包囲して拘束が相次いでいます。  まるで廃墟と化した香港理工大学。現在も100人以上のデモ隊が立てこもり、その周囲を警察が包囲しています。収束の見込みが立たないばかりか、激しさを増す香港の抗議活動。そんななか、17日に旅行で理工大周辺を訪れていた東京農業大学3年の井田光さん(21)が現地で逮捕されていたことが明らかになりました。詳しい経緯は分かっていませんが、井田さんにけがはなく、体調も良好だということです。  理工大には一時、数万人が立てこもっていましたが、ここ数日、警官隊が突入を試み、催涙弾や火炎瓶が飛び交うなど衝突が激化。約400人が拘束されました。こうした状況を受け、香港の林鄭月娥行政長官。  香港・林鄭月娥行政長官:「デモ隊が武器を放置し、秩序を維持して警察の指示に従い、暴力を使わずに投降すれば平和的に解決できる」  と投降を呼び掛けました。林鄭長官は今月4日に中国の習近平国家主席とデモ開始後、初めて会談。習主席は「秩序の回復が香港の最重要任務」と対策を求め、林鄭長官は抗議活動に厳しく対処する姿勢を打ち出していました。習主席も14日、国際会議において「過激な暴力犯罪行為は香港の繁栄と安定を深刻に破壊し、『一国二制度』の原則への深刻な挑戦だ」と抗議活動を批判。取り締まりはさらに強まると見られています。  一方、デモ隊側に朗報が。デモ参加者を拘束しやすくするため、先月に施行された「覆面禁止法」に香港の高裁にあたる高等…
STAGE22 血染め の ユフィ
コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE22 血染め の ユフィ ユーフェミアの発案で、行政特区の立ち上げが決定した。驚喜するイレヴンたち。その記念式典にガヴェインで登場するゼロ。ゼロとして、そして兄としてユフィと対峙するルルーシュ。その時、それは起きた!
現金送付先に容疑者が…“騙されたフリ”で女を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 現金送付先に容疑者が…“騙されたフリ”で女を逮捕  「だまされたふり」で特殊詐欺グループの女を逮捕です。  坂本由里容疑者(37)は仲間と共謀し、80代の男性から現金400万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性は行政書士を名乗る人物から「株の損失を補填(ほてん)できる」などと言われ、指定された住所にレターパックで現金1800万円を送りました。詐欺に気付いた男性が警察に相談したうえで、再びレターパックを指定された住所に送ったところ、坂本容疑者が回収にやって来たということです。取り調べに「詐欺はやっていません」と容疑を否認しています。
香港司法トップけが ロンドン訪問中に転倒?襲撃?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港司法トップけが ロンドン訪問中に転倒?襲撃?  香港政府は、司法部門のトップがロンドンで抗議活動の集団に襲われてけがをしたと発表しました。一方、自ら転倒した可能性もあると報じるメディアもあります。  香港政府は15日、鄭若カ司法官が訪問先のロンドンでイベントに出席した際に襲われ、けがをしたと発表しました。林鄭月娥行政長官は「襲撃行為は野蛮で非難すべきだ」と批判しました。一方、香港メディアは、司法官は抗議活動の集団に取り囲まれた後に転倒して腕をけがしたと報じました。誰かが司法官を押して転んだのか、それとも自ら転んだのか明らかではないとしています。
TURN 08 百万 の キセキ
コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 08 百万 の キセキ 新総督によって「行政特区日本」の設立が宣言された。イレブンにとってそれはブリタニアに対する怨念の一頁であったはずだが…。再び、血塗られた虐殺皇女の歴史が再現されてしまうのか? その時、ゼロがスザクに驚愕の取引を申し出る。果たして、百万のキセキとは…?
三ノ怪 行拶(ぎょうさつ)
不機嫌なモノノケ庵 續 三ノ怪 行拶(ぎょうさつ) 隠世から現世にエゲンという妖怪が来ることになった。「隠世に学校をつくる!」という夢を持つエゲンは、現世にある安倍や芦屋の高校を期限付きで視察するのだという。真剣な様子で学校視察をするエゲンのために、張り切ってその手伝いをしようとする芦屋。ところがなぜかずっと不機嫌な安倍に困惑する。安倍には今回の視察に関して少し気になることがあったのだが、芦屋はそんなことにはまったく気づかず――。
九ノ怪 榮影(えいえい)
不機嫌なモノノケ庵 續 九ノ怪 榮影(えいえい) 芦屋の母が急に体調を崩し病院に運ばれた。連絡を受け、安倍に頼んで病院まで送り届けてもらった芦屋は、母に取り憑いた妖怪アラナキを発見。慌ててアラナキを引き離すと母の体調はよくなったが妖怪の見えない母は不思議顔。そして芦屋は、母から失踪した父・榮(さかえ)とも昔、同じようなエピソードがあったと聞いて驚く。 一方、偶然病室の外で話を聞いていた安倍は、“芦屋榮”という名前に聞き覚えがあった――。
十ノ怪 黒遣(こっけん)
不機嫌なモノノケ庵 續 十ノ怪 黒遣(こっけん) 芦屋の父、榮のことを調べることにした安倍は、隠世まで出向いて手がかりを探すが決定的な情報は得られないでいた。そんな中、安倍と芦屋が通う高校の文化祭が始まり、二人は宣伝係をすることに。その途中、文化祭を散策していた禅子と出会うが、どうやら一緒に連れてきたヤヒコを見失ったらしい。いたずらを繰り返すヤヒコを捕まえて、二人で一緒に遊ぶことにした安倍。何の気なしに榮の話を振ってみると、ヤヒコから新たな情報が――。
十一ノ怪 帰居(きい)
不機嫌なモノノケ庵 續 十一ノ怪 帰居(きい) 安倍と芦屋は、妖怪のコモンの依頼で、コモンが面倒を見ていた5匹の小鳥妖怪を隠世に祓うことになる。ただ、5兄弟の末弟チュンゴはまだ飛ぶことが出来ず、隠世での生活には対応できそうにないため、コモンのもとに置いていくことになっていた。そんな中、訓練場の吊橋から落ちそうになるコモン。それを引っ張り上げて助けたのは、飛べないはずのチュンゴだった。何かを察する安倍。チュンゴは飛べないふりをしていた理由とは――?
十二ノ怪 上蜘(じょうち)
不機嫌なモノノケ庵 續 十二ノ怪 上蜘(じょうち) コモンから、以前物怪庵にいたという人間の奉公人の話を聞いた安倍は、その真偽を確かめたくなる。そんな安倍に立法は、白洲獄に何か資料が残っているかもしれないと助言。何とか白洲獄に入り込み、資料を調べていた安倍は関係のありそうな資料を見つけるが、そこに書かれていたこととは…。 一方、禅子から妖怪がらみの相談を受け禅子の実家の寺にやってきた芦屋は、偶然ヤヒコから“芦屋榮”と会ったことがあると聞き――。
四ノ怪 臼舂(うすつく)
不機嫌なモノノケ庵 續 四ノ怪 臼舂(うすつく) 無邪気なキツネの妖怪・ヤヒコは、山でかわいらしい妖怪を見つけた。この妖怪を連れ帰ったヤヒコは “キナコ”と名づけてかわいがり、キナコもヤヒコに懐く。ところがキナコは現世にとどまり続けるには弱すぎて、いずれ消滅してしまうかもしれないことがわかる。キナコを助けたいヤヒコは、物怪庵の安倍や芦屋に頼んで隠世へと祓ってもらうことにするが、「ヤヒコと一緒じゃないと隠世に行かない」と言うキナコと、事情があって隠世に行けないヤヒコが対立。そんな中、芦屋がある提案をする――。
十三ノ怪 翻寧(ほんね)
不機嫌なモノノケ庵 續 十三ノ怪 翻寧(ほんね) 禅子から相談を受け、安倍とともに「妖怪を見た」との噂がある神社を訪れた芦屋が突然、妖怪に取り憑かれてしまった! ササというこの妖怪は、金髪、金眼で、強力な妖怪さえも屈服させる力“威光(いこう)”を使う“人間”によって、長い間、狭い社に封印されていた。自分の自由を奪った人間とよく似た安倍に悪意をむき出しにするササ。安倍はそんなササに操られた芦屋の動きを止めるため威光を使い芦屋を気絶させるが、ササはさらに憎悪を募らせ……。その後、意識を取り戻した芦屋だったが、いつもと違う様子と冷たい瞳に、安倍はある人物を思い浮かべる――。
森田知事“プライベート視察”元知事らから疑問の声
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 森田知事“プライベート視察”元知事らから疑問の声  台風15号が千葉県を直撃した翌日、公用車で別荘へ行ったとの疑惑を報じられた森田健作知事。「別荘ではなく自宅」に立ち寄って「私的な視察に行った」と説明しました。今回、問題が指摘されたのは台風15号が直撃した翌日に森田知事が行ったという“プライベート視察”です。  森田知事によりますと、9月10日午後に公用車で千葉県芝山町の自宅に向かい、そこで自家用車に乗り換えて千葉県酒々井町や富里市の被災状況を車内から見たそうです。森田知事は比較的、災害情報が少なかった千葉東部の状況を「車の中でいいから見たい」と説明しましたが、同じく行政の責任ある立場を務めた元東京都副知事の青山やすしさんは「知事は現場のトップ、お忍びで調べる立場にない」「プライベート視察はあり得ない」と指摘します。さらに、元鳥取県知事の片山善博さんも「理解できない。私なら関係者を連れて、まずは一番ひどいと思う場所に行く」と、公表して視察すべきだったという見解です。  また、森田知事は公用車で公的な視察をすると現場の自治体側が「かえって足かせになる」という理由で自家用車でプライベート視察をしたと説明しました。こうした一連の説明に対し、片山元鳥取県知事は「県民の理解を得られるのか」と疑問を呈しています。
発砲現場に黒煙 香港警察の強硬姿勢に衝突激化か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 発砲現場に黒煙 香港警察の強硬姿勢に衝突激化か  香港で抗議活動が始まってから警察官が参加者に発砲して負傷させたのは今回が2回目になり、警察は強硬姿勢を強めています。  (南出拓平記者報告)  発砲事件があった現場では、今も血痕が残っています。市民らが道路に火を放ったことを受けて、いったん退いていた警官隊がこの場所に戻ってくるということです。市民らが慌ただしくこの場所を後にしています。道路からは激しい黒い煙が出ています。  香港では先週、警察の強制排除中に大学生が死亡したことを受け、連日、追悼集会が開かれるなど市民の反発が強まっています。一方、警察も強硬姿勢を強めています。11日の発砲が最たるものですが、最近は催涙弾やゴム弾は警告なしに撃つのが日常となっています。また、デモ隊だけではなく、民主派の議員を次々と逮捕・起訴するなど当局は様々な形の圧力を強めています。  強硬姿勢を強めてきた先週というのは、ちょうど中国の習近平国家主席が香港の林鄭月娥行政長官に対して直接、デモ対策の強化を指示したタイミングです。そこから強化が一層、進んでいるということで、今後もさらなる衝突が心配されます。
香港警察 実弾で再び負傷者 背景に習主席の圧力も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港警察 実弾で再び負傷者 背景に習主席の圧力も  抗議活動が続く香港で11日朝、警察官が実弾3発を発砲しました。香港から報告です。  (南出拓平記者報告)  (Q.警察当局は日に日に強硬姿勢を強めているように感じるが?)  男性が撃たれた現場では血痕の跡をスプレーでマーカーしています。生々しい跡が残っています。そして、道路にはれんがや段ボールなどが市民らによって投げ入れられ、発砲直後には「警察は殺人者だ」などというシュプレヒコールがあがるなど市民の怒りが爆発しています。そして、警察の行動は先週から一層、強硬になっていると現場にいて感じます。先週は中国の習近平国家主席が直接、香港の行政長官にデモ対策の強化を指示したタイミングです。11日の実弾発砲が最たるものですが、週末も警告なしの催涙弾やゴム弾の発砲被害が多く出ています。また、対象はデモ隊だけではなく、香港当局はこの数日間で民主派の議員7人を議会の進行を妨げた罪で逮捕・起訴するなど様々な形での圧力を掛けてきています。一方、市民側にとっても先週、抗議活動で初めての死者が出たことで警察などへの反発が強まっていて、今後、警察と市民らの衝突がさらに過激化することが予想されています。
第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」
無料
フリージ 第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」 「ご近所崩壊?」いつものように4人でウム・サイードの家でコーヒーを飲んでいると、天井から、建材のかけらが落ちてきて、ウム・サイードの頭を直撃。「痛い!」「だから引っ越しなさいって言ってるのよ」とウム・アラウイ。「嫌よ、あたしの家はここ!絶対に引っ越さないわ!」と主張するウム・サイード。「でも、顔見知りがどんどんいなくなっていく。そして、どんどん知らない人が近所に増えていく。」とぼやく。事実、ご近所の人たちは、外国から入ってくる労働者に家を貸して、郊外へ引っ越していく。「あたしがなんとかするわよ!」とウム・ハマスが立ち上がるが、インド人労働者に囲まれ、すぐに撤退。結局、ウム・アラウイの発案で、ご町内の問題解決をする行政機関に依頼する事に。他
香港デモ過激化…催涙弾に火炎瓶で応戦 弓矢も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ過激化…催涙弾に火炎瓶で応戦 弓矢も  政府への抗議活動が続く香港で12日、警察が大学構内に突入して多数の負傷者や逮捕者が出ています。また、デモ隊の行動によって交通機関がまひするなど、市民生活への影響も深刻化しています。  警官隊の催涙弾。対するデモ隊は火炎瓶で応戦です。香港の中文大学で、警察はデモの主力となっている学生らに対してキャンパスでの摘発を本格化させています。別の抗議活動の現場でデモ隊が取り出したのが「弓」。警官隊に向けて弓矢を放っています。ショッピングモールでは、デモ隊の一人が火炎瓶を投げると中央にあったクリスマスツリーに引火。テニスラケットによるガラスの破壊行為のそばで、ツリーはあっという間に火に包まれてしまいました。  香港ではこうした警官隊以外への攻撃も続いています。停止したバスのフロントガラスにスプレーを噴射したり路上に火を放ったりするなど、デモ隊による抗議活動が収まらない香港では今、交通機関への妨害が深刻化しています。そんななか、デモが収まった後に見られたのがボランティアなどが散らかった道路を片付けている光景でした。デモ活動の一方で、この香港の状況を何とかしたいと考える人もいるのです。  発端となった「逃亡犯条例」の改正案が撤回された今も続く激しい抗議活動。林鄭月娥行政長官は学生たちによる過激な行為を強く非難しています。
国会論戦“最大の見せ場” 与野党攻防のウラには…
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 国会論戦“最大の見せ場” 与野党攻防のウラには…  先日の衆議院に続いて8日に参議院でも集中審議が行われました。野党は英語の民間試験導入延期の責任などを追及しました。  (政治部・山本志門記者報告)  (Q.8日の集中審議は相次ぐ閣僚の辞任に対する安倍総理大臣の任命責任のことを野党は相当、追及していましたが、この論戦をどう見たか?)  安倍政権としては、とりあえずこの場は乗り切ったという印象です。しかし、そもそも政府・与党内には閣僚の相次ぐ辞任に相当な危機感を持っています。今から13年前の第一次安倍政権では、失言などで閣僚が相次いで交代して支持率も急落して追い込まれ、結局倒れました。当時の総理側近の1人が語っていましたが、「政権は総理自身というよりも周りの問題で潰れていくものだ」という言葉が私には強く印象に残っています。今の政権の求心力を維持していくためには、何としても萩生田大臣を守らなければいけない。他の閣僚の辞任ドミノは避けなければいけない。こうした危機感から、安倍総理も「行政を前に進めていくことで責任を果たしたい」と繰り返すしか、しのぐ方法しかなかったわけです。結局、その答弁が繰り返される限り、野党側も次第に攻め手を失っていった感じでした。  (Q.もう一つの大きな論点、大学入試の英語試験を巡る問題はどんな議論になったか?)  政府は、試験制度は「今後、検討する」と繰り返す一方で、野党側は「大きな混乱を与えた」と責任追及がほとんどで、政策的な議論は全く深まりませんでした。追い込む姿勢を強調することで有権者たる18歳の受…
第6話 『旅の道連れ』
Fairy gone フェアリーゴーン 第6話 『旅の道連れ』 皇帝、首相、二人の大公を迎え、盛大に行われる終戦記念式典が迫りつつある最中、試験配備されていた軍の新型人工妖精の暴走事故が起こる。 調査にあたるドロテアの面々。妖精の保全や行政を担当する妖精省、軍を管轄する軍部省も事態を重く見て動き出す。 さらに黒の妖精書〝黒の四〟に関する新たな情報が入り、マーリヤは同僚のクラーラと共に手がかりとなる男を追う。