「衛宮さんちの今日のごはん 三話」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第十話 「冷めても美味しいからあげ」
衛宮さんちの今日のごはん 第十話 「冷めても美味しいからあげ」 文化祭まであと一週間。一成達生徒会メンバーは、毎日遅くまで続く準備に疲れ果てていた。そんな彼らを見かねた士郎は、差し入れを持っていくことにする。
第十一話 「特製ふわとろオムライス」
衛宮さんちの今日のごはん 第十一話 「特製ふわとろオムライス」 凛に買い物の荷物持ちを頼まれたアーチャー。待ち合わせ場所で凛を待っていると、通りかかったランサーにカフェのアルバイトを手伝ってほしいと頼まれる。
第ニ話 「鮭ときのこのバターホイル焼き」
衛宮さんちの今日のごはん 第ニ話 「鮭ときのこのバターホイル焼き」 夕飯の買い出しに来た士郎。献立を考えながら商店街を歩いていると、魚屋で店番をしているランサーに出会う。士郎は鮭を使った料理を作ることを決めたが、何故かランサーが衛宮家に夕飯を食べにくることになり…
第四話 「春野菜とベーコンのサンドイッチ」
衛宮さんちの今日のごはん 第四話 「春野菜とベーコンのサンドイッチ」 バイト先の酒屋・コペンハーゲンで配達の手伝いを頼まれた士郎。最後の配達先であった柳洞寺で僧侶の零観から頼まれ、山菜を使ったサンドイッチを作ることになるのだが、山門で見かけたアサシンのことが気になり…。
第六話 「はじめてのハンバーグ」
衛宮さんちの今日のごはん 第六話 「はじめてのハンバーグ」 今日は雨。士郎は幼き日の記憶をふと思い出す。雨が降っていたある日、士郎は料理番組で作っていたハンバーグを作ることを決めた。それはハンバーグが好物なある人のためで…。
第八話 「遠坂さんの五目炒飯」
衛宮さんちの今日のごはん 第八話 「遠坂さんの五目炒飯」 士郎と桜は凛に家の片づけの手伝いを頼まれる。遠坂邸には、魔導装置や魔導書などがたくさん。三人で片づけをしているとちょうどお昼の時間に。今日のごはんは凛と桜が作ることになり―。
第九話 「秋の味覚-キャスター和食修行編-」
衛宮さんちの今日のごはん 第九話 「秋の味覚-キャスター和食修行編-」 士郎が商店街を歩いていると、突然後ろから腕を引っ張られる。振り返ると、そこにはキャスターがいた。 料理修行中のキャスターは、士郎にある料理の作り方を教えてほしいようで―。
第十二話 「フライパンだけで作るローストビーフ」
衛宮さんちの今日のごはん 第十二話 「フライパンだけで作るローストビーフ」 今日はクリスマス。イリヤは士郎たちをアインツベルン城に招待し、クリスマスパーティーを開く。みんなでパーティー料理を堪能していると、士郎の前にとある来訪者が現れ―。
第二十三話 柱合会議
鬼滅の刃 第二十三話 柱合会議 鬼殺隊の当主・産屋敷が、ついに炭治郎の前に現れた。彼は、炭治郎と禰豆子の入隊を容認するという。 だが、柱たちはその判断をすぐには飲み込めなかった。 風柱の不死川実弥は自らの腕を傷つけ、禰豆子の前に血を晒して、鬼の本性を引き出そうとする。
第三話 錆兎と真菰
鬼滅の刃 第三話 錆兎と真菰 鬼殺隊――古より存在し、鬼を狩る組織。 入隊のための試験「最終選別」に向けて、鱗滝左近次による炭治郎の訓練が始まった。 様々な罠が張り巡らされた山下り、刀の素振り、滝修行、そして呼吸法……。 狭霧山に来て一年、鱗滝は「もう教えることはない」と炭治郎へ言い放ち、巨大な岩の前で、最終選別へ行くための条件を突きつける―。