「表慎太朗」の検索結果

「表慎太朗」に関する情報は見つかりませんでした。
人気の「未解決事件」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話「灰の轍」
無料
未解決の女 警視庁文書捜査官 第1話「灰の轍」 【毎週木曜 よる9時00分放送】 テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかった。奇妙なことに、遺体の周辺には破られた紙片が散乱。貼り合わすと、不穏な一文が浮かび上がる。それは…「もーいちど ころす しょーしたい」という文言だった! 警察はすぐさま、有田の家族や勤務先の法律事務所、そして愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花)への聴取を開始。だが、有力な容疑者は特定できず、時は過ぎていったのだった――。 この未解決事件の発生から5年。警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守(工藤阿須加)が、つい先日係長に昇進した桑部一郎(山内圭哉)の依頼を携え、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪問。ある新事件の文書を解読してほしい、と頼みに来る。被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太)。現場から逃亡した男に火をつけられたと思われる幸坂は、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかった上、彼の部屋にはなんと「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていたのだ!
ハート泥棒を捕まえろ!
ハート泥棒を捕まえろ! ハート泥棒を捕まえろ! “検挙率100%、未解決事件ゼロ”を誇る専門プロファイラー、イ・ホテ。今回の容疑者は世界的に有名な美術品を盗んだ伝説のカリスマ泥棒 ユン・ジンスク。ホテは偶然、ひき逃げ車両の持ち主を探す途中にジンスクの所在を知り、彼女の家を尋ねるが何とジンスクは他でもない、10年前に別れたホテの初恋の彼女だったのだ。運命のいたずらにホテは次第に窮地に追い込まれることになるが...
予告編【ハート泥棒を捕まえろ!】
無料
ハート泥棒を捕まえろ! 予告編【ハート泥棒を捕まえろ!】 【4月30日(木)16時20分〜放送開始】 “検挙率100%、未解決事件ゼロ”を誇る専門プロファイラー、イ・ホテ。今回の容疑者は世界的に有名な美術品を盗んだ伝説のカリスマ泥棒 ユン・ジンスク。ホテは偶然、ひき逃げ車両の持ち主を探す途中にジンスクの所在を知り、彼女の家を尋ねるが何とジンスクは他でもない、10年前に別れたホテの初恋の彼女だったのだ。運命のいたずらにホテは次第に窮地に追い込まれることになるが...
PIECE1
無料
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE1 薬物絡みの未解決事件を扱う独立捜査機関「スタンド」。メンバー候補は厚生労働省麻薬取締部(マトリ)、警視庁捜査一課から民間人まで幅広い。所属の垣根を越えてメンバーをスカウトする、その重要な役に任命されたのは泉 玲。一部の薬物に対して耐性がある「薬効体質」の持ち主だ。泉はさっそく、捜査企画課のエース・青山 樹と共に警視庁を訪れ、捜査一課のスタンド候補者たちに協力を依頼することに。
第1話
無料
シグナル 第1話 プロファイラー、パク・ヘヨンはある晩、廃棄処分寸前の無線機から自分を呼ぶ声を聞く。相手はイ・ジェハンと名乗る刑事で、突然15年前の未解決事件の犯人とされていた男の白骨死体の場所を言い始める。ジェハンの部下だったチャ・スヒョン刑事はヘヨンが死体を発見したことに不審を抱き、真犯人逮捕のために動き始める。
第2話
無料
シグナル 第2話 真犯人逮捕がきっかけで時効が廃止され、長期未解決事件専門チームが発足。ヘヨンも一員となり、スヒョンの下で「京畿南部連続殺人事件」を捜査する。再びジェハンと交信したヘヨンは、今まさに同じ事件を追っているという彼の話が納得できないまま、被害者情報を提供。するとヘヨンの手元の捜査資料が書き変わり...。
PIECE5
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE5 スタンドの力になるどころか、このままではお荷物になってしまうと落ち込む泉。そこへ追い打ちをかけるように、上層部からスカウト業務の一時中断が通達され、次のスカウト対象者の指定があるまで通常のマトリ業務へと戻ることに。仕事に没頭する泉だったが、カラ元気であることを察するマトリメンバー。そんな泉を自宅へ招待する青山の真意とは。
PIECE9
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE9 『行き過ぎた正義の終着点はどこでしょう?』捜査一課の課長・服部 耀は、15年前に起きた「名無し事件」の容疑者と自分の過去について語り始める。「スタンド」を設立した上層部の思惑、その候補者がこの事件の重要参考人ばかりである真相を知った泉は、決断を迫られる。そして、それぞれの正義が大きく動き出す―――。
PIECE12
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE12 九条の車から「プラス」と思しきものが押収された。しかし、九条は何者かに陥れられた可能性が高いと考えたマトリは、真犯人の特定を急ぐことに。一方、泉は九条家から姿を消した宮瀬を探していた。宮瀬は「もりのゆうえんち」に一人佇み、過去を思い起こしていく。母と九条家の別宅で暮らしていた宮瀬。優しい母とつつましやかに過ごしていたが…。
PIECE2
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE2 政財界や芸能界にも太いパイプを持つ情報屋「Revel」。そのメンバーでスタンド候補者である大谷羽鳥から突然声をかけられた泉は、彼の協力でRevelのリーダー・桧山貴臣との面会をはたす。彼にスタンドの重要性を訴えた泉はその後、大谷の誘いでRevelのたまり場になっているというバーへ。神楽亜貴が泉を冷たくあしらうなか、槙 慶太は警戒心を持ちながらも優しい一面を見せるが……。
PIECE3
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE3 繁華街で暴れて逮捕された男のアパートから、白と青の2錠1セットになった謎のドラッグが発見された。十数年前に一時的に出回った「プラス」と成分が似ているが、詳細な情報は不明。一方、泉は桧山からスタンド候補者のベストセラー作家・都築 誠を紹介され、捜査一課の荒木田蒼生と共に会いに行く。だが、誠はマトリを信用してないとバッサリ。後日、再度説得しようと向かった泉は、誠の弟で若手人気俳優・都築京介と出会う。
PIECE4
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE4 居酒屋でスカウト状況の報告を受けるマトリのメンバー。スタンド候補者・都築 誠のスカウトは一時中断することに。同じくスタンド候補者で人気の若手俳優の弟・都築京介「通称=きょんくん」の話題になり、京介から頻繁に連絡や食事の誘いを受けていると告白する泉。泉が超人気の若手俳優から口説かれていると知り、盛り上がる一同。翌日、警視庁へ届け物に行った泉を待っていたのは、京介だった。
PIECE6
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE6 「命が惜しければ、これ以上深入りするな」――泉の携帯に届いた差出人不明の脅迫メール。それについて青山に報告するが、心配をかけたくないという思いから、マトリメンバーには黙っていてほしいと頼み込む。一方マトリのメンバーは、京介が一日警察署長を務める厚労省・警視庁・消防庁が合同で行うイベント「安心安全わいわいフェア」の助っ人として動員されることに。イベント会場には警視庁の面々をはじめ、九条家の人間の姿もあり……。
PIECE7
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE7 ついにスカウト業務が再開された。スカウト対象者は大森製薬会社の役員であり、九条家の当主でもある九条壮馬。十数年前に出回り、最近また姿を現したドラッグ「プラス」と関与の疑いがある人物だ。アポイントを取り、青山と泉は共に九条邸へと赴く。九条家の面々の鋭い視線のなか、スタンドについて丁寧に説明を始めるものの、九条からの質問にうまく答えられない泉に青山も助け舟を出し、さらなる説得を試みるが……。
PIECE10
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE10 警視庁の上層部が「名無し事件」の解決を最優先にしているのは、身内の汚点を隠蔽するためだったことが明らかになった。事件の容疑者である伊田正義の情報を知っている可能性があるために拘束された誠だが、依然として黙秘を続ける。九条家が事件に関わっているのか不明な中、「もりのゆうえんち」で宮瀬と待ち合わせた泉は、15年前に起きた事故に宮瀬も居合わせていたことを知る。
PIECE11
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE11 九条がドラッグの取引に動いた可能性が浮上した。マトリは令状を請求するが、確証がないことを理由に却下されてしまう。取引場所を特定し九条を現行犯逮捕すべく、由井と夏目が九条家に乗り込む。動揺する九条家の面々を制して九条のPCを確認し、取引相手と思しき人物とのメールのやりとりを発見。すると、マトリが急行した現場には捜査一課の面々も駆けつけていて…。
第8話 ナチュラル・ボーン・キラー
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第8話 ナチュラル・ボーン・キラー 首を一気に切られた老夫婦の惨殺死体が発見される。さらに死体には拷問の痕跡も見受けられた。しかしギデオンは、バスタブに残された血痕から第三の被害者の存在を指摘、さらに異様に熟達した殺害手口から、犯人は何度も殺人を経験していると推測。そして彼らの調査は幾つかの未解決事件にたどり着くが・・・。
第8話 ナチュラル・ボーン・キラー
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(字幕) 第8話 ナチュラル・ボーン・キラー 首を一気に切られた老夫婦の惨殺死体が発見される。さらに死体には拷問の痕跡も見受けられた。しかしギデオンは、バスタブに残された血痕から第三の被害者の存在を指摘、さらに異様に熟達した殺害手口から、犯人は何度も殺人を経験していると推測。そして彼らの調査は幾つかの未解決事件にたどり着くが・・・。
PIECE8
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE8 九条家の使用人・宮瀬 豪と喫茶店で落ち合う泉。宮瀬から九条家のサーバーで見つけた「SQUARE」について問われる。「プラス」の元になったと考えられている「SQUARE」が、大森製薬で開発されていた新薬であることを知る泉は、「マトリが現在調査している案件と関わりのある薬物」とだけ答えるが……。新薬との関連が疑われる九条家から離れるべきなのかもしれないとわかっていても「離れたくない」と悩む宮瀬に、泉はある提案を持ちかける。
第4話
シグナル 第4話 車掌殺しと「京畿南部連続殺人事件」の犯人として運転手チョングが自首する。だが、スヒョンとヘヨンは、連続殺人犯はチョングの息子ジニョンだと確信。ジニョンは当時ウォンギョンを殺害した後、真犯人だと気付いたジェハンに追われてビルから墜落し下半身不随となっていたが、真犯人の証拠もなく逮捕できずにいた。
第5話
シグナル 第5話 ヘヨンは15年前に失踪したジェハンについて調べ始める。そんなヘヨンを見て当時ジェハンと強行班で一緒だった局長と係長は警戒する。当時、ジェハンは賄賂事件を起こし失踪した事になっているが、捏造だと思うヘヨンは内部の仕業だと考える。一方、1995年のジェハンは「大盗事件」と呼ばれる窃盗事件を捜査していた。
第6話
シグナル 第6話 「大盗事件」の犯人ギョンテが出所後、誘拐事件を起こす。20年前ギョンテの娘は手抜き工事された橋の崩落事故で死亡、当時、誤認逮捕され助けられなかった恨みから同じ事故で助けられた娘を誘拐。娘を冷凍車に監禁したと突き止めたスヒョンは事故現場のそばで車を発見。ドアを開けると、中には爆弾が仕掛けられており...。
第13話
シグナル 第13話 ソンボムの家の敷地から見つかった遺体がジェハンと認定され、悲しみに沈むスヒョンたち。遺品の中にあった名刺の店を訪ねたヘヨンは、ジェハンが自分を見守ってくれていたと知る。ジェハンを案じるヘヨンは、事件を諦めるよう言うが彼は聞かない。事件を秘かに再捜査するスヒョンはヘヨンと共に被害者ヘスンを見つけ出す。
第14話
シグナル 第14話 ヘスンから真犯人が兄ではないと聞かされたヘヨンは、ソヌが自殺ではなく殺された可能性があると気付く。少年院を出たソヌは無実の証拠となるマフラーを入手し、ジェハンに連絡するも、ジェハンは捜査中に刺されてしまう。救急車の中でスヒョンは彼への想いを告げる。現代ではスヒョンが無線機についてヘヨンに尋ねると...。
第15話
シグナル 第15話 凶器が見つかりヘヨンはチス殺害犯として逮捕されることに。ジェハンはソヌが殺されるのを防げずヘヨンに謝罪するが、そのとき無線機を手にしていたのはスヒョンだった。ヘヨンは、ボムジュに狙われ潜伏するソンボムに会うため、スヒョンの助けで逃走。ソンボムは2人に、ジェハンがボムジュに監禁された顛末を話す。
最終話
シグナル 最終話 ソンボムと会っているところを銃撃され危篤となるヘヨンだが、目覚めると過去は変わっておりヘヨンは交番勤務のままだった。そして、ソヌの冤罪は晴らされ、警察には彼を知る者はいなかった。失踪中のジェハンはヘヨンに、チャン議員の汚職を暴くフロッピーディスクを送っていた。ヘヨンは消印を頼りに海辺の町を訪れる。
第3話
無料
シグナル 第3話 ヘヨンはジェハンのいる時代が1989年だと聞いて混乱するが、交信で事件を防げるはずだと考える。犯人が路線バスに乗ったと睨んだジェハンは、運転手と車掌から話を聞くも収穫はない。間もなく、ジェハンはヘヨンから、9人目の被害者の名前を教えられる。しかし、それはジェハンが片想いしていたウォンギョンだった...。
第7話
シグナル 第7話 ヘヨンとジェハンは協力し合い「大盗事件」を再捜査し、1995年のジェハンが真犯人を逮捕する。一夜明けたヘヨンは死んだはずのスヒョンの生存を知り安堵するが、ジェハンに逮捕されたセギュは検事長の父の力で微罪、そして釈放されたギョンテは結局人殺しをしてしまう。無力感を抱いたヘヨンは、無線機を捨てようと...。
第8話
シグナル 第8話 20年前に自殺した女性ダヘを捜査していたスヒョンとヘヨンは、それが「大盗事件」と関係していると気づく。そしてセギュが、盗んだネックレスを持ち去ったダヘを殺したことを確信。だが、彼が殺したのはダヘの後輩だった。一方、ネックレスの箱に隠されていた「大規模汚職事件」の証拠となるディスクは、ボムジュの手に。
第9話
シグナル 第9話 ヘヨンは、係長チスとジェハンが1999年の「インジュ市女子高生集団暴行事件」で出会ったと知る。ヘヨンの兄は事件の犯人とされて自殺していた。その頃、袋を被せられて絞殺された白骨死体が山で発見される。1997年に同様の手口で殺されそうになった経験があるスヒョンは山狩りを提言。すると複数の死体が見つかる。