「裁判 傍聴」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

ピエール瀧被告に有罪判決 裁判官が「人生」説諭
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ピエール瀧被告に有罪判決 裁判官が「人生」説諭  コカインを使用した罪に問われた元ミュージシャンのピエール瀧被告(52)に対して東京地裁は懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。  (社会部・古賀康之記者報告)  主文を言い渡した後、裁判官は薬物事件の裁判では異例ともいえる約10分にわたって瀧被告に説諭をしました。その際、裁判官は何度も「人生」という言葉を使って話をしていました。ピエール瀧こと瀧正則被告は今年3月、コカインを使用した麻薬取締法違反の罪に問われています。今月5日の初公判で検察側は懲役1年6カ月を求刑したのに対し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めていました。18日の判決で東京地裁は「常習的な犯行」などとして懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。主文を言い渡した後、裁判官は瀧被告の関係先で撮影された「人生」という文字が写っている写真を見せました。そして、「人生の持つ意味を考えて下さい」などと話すと瀧被告は神妙な表情で話を聞いていました。
#72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」
極楽とんぼKAKERUTV #72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」 【今週のKAKERUTVは?】 コンビ芸人による裁判企画!平成ノブシコブシやアルコピースが登場! 山本は原告を弁護し、ヘリクツで様々な人を黙らせてきた「リーガルK」こと加藤はどう考えても悪い方の弁護をする! 裁判の判決は視聴者が投票で決める! リーガルKは圧倒的な不利な状況をヘリクツ1つで逆転できるのか!?
第10話
君の声が聞こえる 第10話 殺人容疑で逮捕されたスハのために、ヘソンは国選弁護士を引き受けることを決める。担当検事のドヨンは量刑を減らすことと引き換えに有罪を認めるようスハに迫る。これに対しヘソンとグァヌは、無罪を勝ち取れる可能性がより高い国民参与裁判を選択する。裁判が進む傍ら、事務員のユチャンはスハの居所の通報者を訪れるが、その人物の不自然な態度に気付く。それを聞いたヘソンとグァヌは、ジュングクの生存を確信するのだった。
第7話
ウチに住むオトコ 第7話 いきなりやってきた刑事らは、シン・ジョンナム(キム・ハギュン)に対する脅迫、監禁の容疑で、ナンギルを連行する。ナリの頼みでナンギルと一緒に警察署に行ったドッボンは、どことなく妙な刑事らの態度や、いい加減な告訴状を指摘し、ダダ金融が裁判の準備をしているとの結論を下す。警察署から帰ってきたナリ、ナンギル、ドッボンは、裁判のための打ち合わせを始める。ドッボンは、ナリに友達ではなく、恋人としてつきあわないかと、ナリに告白するのだが...。
熊谷6人殺害 一審死刑のペルー人 責任能力が争点
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 熊谷6人殺害 一審死刑のペルー人 責任能力が争点  埼玉県熊谷市で男女6人が殺害され、一審で死刑判決を言い渡されたペルー人の男の控訴審の第1回公判が開かれました。裁判では改めて被告の責任能力の有無が争われます。  ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)は2015年9月、熊谷市で小学生2人を含む男女6人を殺害した強盗殺人などの罪に問われています。一審のさいたま地裁はナカダ被告の責任能力を認めて死刑判決を言い渡し、弁護側は判決を不服として控訴していました。10日に行われた控訴審の第1回公判では精神鑑定をした医師が出廷し、弁護側から事件当時のナカダ被告の精神状態について質問がありました。一方、検察側は控訴棄却を求めました。ナカダ被告は裁判長の質問には答えず、終始うつむいていました。
第11話
ウチに住むオトコ 第11話 ナリは裁判の過程でナンギルの暗い過去を知るが、動揺することなく、証人として出廷し、冷静に証言を続ける。裁判が終わった後、ナリは、ホン餃子に一切顔を出さなくなる。ナンギルは、そんなナリを心配するが、連絡する勇気が出ず、ためらう。そんなある日、台風がスルギ里を襲い、雨風の吹き荒れる中、ビニールハウスの様子を見に行ったナンギルは、過労から寝込んでしまう。ドクスンは、ホン餃子の従業員らにせかされて、ドッボンから渋々ナリの電話番号を聞き出すのだが...。
製薬会社「龍角散」の元部長 解雇無効など求め裁判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 製薬会社「龍角散」の元部長 解雇無効など求め裁判  製薬会社「龍角散」の元部長の女性(50代)が「セクシャルハラスメントについて社内調査をしたところ、不当に解雇された」として、解雇の無効などを求める裁判を起こしました。  元法務担当部長:「社長室に行ったらいきなり、きみはセクハラなんてなかったのに捏造(ねつぞう)しやがってけしからんと。自宅待機だと言われて携帯電話とパソコンと社員証を取り上げられて、追い立てられるように会社を出されました」  訴状によりますと、龍角散の元法務担当部長の女性は去年12月、藤井隆太社長が社内の忘年会で女性従業員に抱き付くなどセクハラとみられる行為をしたと同席した人から聞きました。元部長の女性は社内調査を行い、第三者による相談窓口の設置を検討していたところ突然、藤井社長に呼ばれて「セクハラ事件を捏造した」などとして自宅待機を命じられ、今年3月付で解雇されました。女性は解雇は不当だとして、会社側に地位の確認と賃金などの支払いを求めて東京地裁に提訴しました。龍角散は「訴状を見ていないのでコメントできない」としたうえで、「第三者機関が調査した結果、セクハラの事実はなかった」としています。
第1話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第1話 ム・ジニョク刑事の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。
第1部
無料
キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~ 第1部 法律事務所の弁護士よりも優秀な事務長グムジュは10年程前、試験恐怖症で司法試験に挫折した過去を持つ。絶えず大きな旅行用キャリアに裁判書類を詰め込んで事件の処理に奔走する。そうしてグムジュが夜を徹して仕事する間、夫はギャンブルに明け暮れ、浮気している始末。腹違いの妹ヘジュは弁護士になるが、グムジュを慕いついて回る。一方、ゴシップニュース会社K-factの代表ボッコは、酒の肴になる話題を求め日々、社員の尻を叩く。ついに名誉棄損などで起訴されてしまうが、相手の弁護士が何とヘジュだった。裁判の日、ボッコ側の弁護士が証人を立てて公判が不利に傾いていくと、グムジュはブラウスのファスナーを下ろしてボッコが触るように仕向け、セクハラだと騒いだ末に休廷に持ち込む。
第6部
キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~ 第6部 清譚洞のマダムのふりして病院に現れたグムジュ。そんな姿で現れた理由はシム院長を戸惑わせ部屋から出ていくように仕向けるためだった。結局、シム院長が部屋から出た隙にオ・アンナとマ・ソグ弁護士がシム院長の席で手術の動画を見つける作戦だったが、マ弁護士は方法が気に入らないと逃げだし、アンナだけがシム院長の部屋に入って資料を探す。うまく脂肪吸入手術の動画を見つけたものの、USBにコピーしようとした瞬間、看護師が入ってきて、部屋から追い出されてしまう。作戦失敗に肩を落とすアンナとグムジュの前に現れたマ弁護士。何と白衣を着て、シム院長の部屋から資料をコピーして現れたのだった。そしてグムジュはシム院長の手術で問題が生じて訴訟中の人や苦しんでいる患者を説得し、傍聴席に集めた。