「裁判傍聴」の検索結果

「裁判傍聴」に関する情報は見つかりませんでした。
「裁判」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

虐待の動機解明に期待 千葉の虐待死事件あす初公判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 虐待の動機解明に期待 千葉の虐待死事件あす初公判  千葉県野田市で当時10歳の長女を虐待して死亡させた罪に問われた父親の裁判が21日に始まります。事件を検証してきた専門家は、これまでに明らかになっていない虐待の動機が裁判で解明されることに期待を寄せています。  栗原勇一郎被告(42)は去年1月、小学4年だった心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させたとされています。野田市の検証委員会の座長として1年間、行政の対応を検証してきた専門家は「行政側が命を救うチャンスは何度もあった」と指摘したうえで、被告がなぜ虐待を繰り返したのか、裁判ではその解明を求めています。  日本大学危機管理学部・鈴木秀洋准教授:「父親からこの事件をどう見ていたのか、心愛ちゃんをどう見ていたのか。(裁判では)かなり出てくると思いますので、そこをしっかりたどっていきたい」  裁判の争点は「犯行に至る経緯と状況」で、被告側は事実関係を争う可能性があります。
躍進した野党第2党に解党命令 タイの憲法裁判所
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 躍進した野党第2党に解党命令 タイの憲法裁判所  タイの憲法裁判所は、去年の総選挙で野党第2党に躍進して現政権を強く批判している「新未来党」について、政党法違反があったとして解党を命じました。  憲法裁判所は、党首のタナトーン氏が政党に多額の貸し付けを行ったのは違法献金にあたると認定し、解党を命じました。また、党幹部16人の政治活動も10年間禁止しました。新未来党側は「結論ありきの不当な判決だ。政党は解党されても闘い続ける」と反発しています。新未来党は去年8年ぶりに行われた総選挙で反軍政を掲げて結成され、若者を中心に約630万票を獲得していました。憲法裁判所は現政権に近いとされていて、今後、支持者の抗議活動が活発化する可能性もあります。
第36話
モンスター ~その愛と復讐~ 第36話 ピョン・イルジェのソウル市長選挙違反に関する裁判で特別検察官に任命されたスヨンは、ギタンと手を組み裁判の準備を進めていた。同じくイルジェも裁判で無罪を勝ち取るために策を講じていた。ギタンは裁判を控え気持ちが落ち着かない様子のスヨンを慰労しようとするが、ゴヌがスヨンに歩み寄る姿を見て諦める。
やまゆり園裁判きょう審理終了 最後に被告は何語る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 やまゆり園裁判きょう審理終了 最後に被告は何語る  神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害されて26人がけがをした事件の裁判は、19日ですべての審理を終えます。  (社会部・森本富人記者報告)  落ち着いた表情で入廷した植松聖被告(30)は感情を表すことなく、弁護人の主張を聞いていました。この裁判は植松被告の刑事責任能力の有無が争点です。これまで検察側は「完全責任能力があった」として植松被告に対して死刑を求刑した一方で、弁護側は19日の法廷で「大麻の乱用で別人格だった」と述べて主張が対立しています。さらに、この裁判にはもう一つの対立がありました。植松被告は一貫して「意思疎通が取れない障害者は不幸を作る」と持論を繰り返してきました。これに対し、殺害された当時19歳の美帆さんの母親が自ら法廷に立って「美帆がいて幸せでした。不幸を作ったのはあなたです」と声を震わせながら反論しました。また、姉を殺害された男性に「あなたの大切な人は誰ですか?」と問われた植松被告は、この裁判を通して初めて動揺して言いよどむ姿もありました。合わせて16日間、続けられた審理は19日で終了します。ここまで持論を曲げずにきた植松被告ですが、この後、最後に発言の機会を与えられます。ここで何を語るかが注目されます。判決は来月16日に言い渡されます。
心愛さん虐待死事件初公判 被告父「しつけ超えた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 心愛さん虐待死事件初公判 被告父「しつけ超えた」  去年1月、千葉県野田市で当時10歳の長女を虐待し、死亡させた罪に問われている父親の初公判が21日午前に始まりました。千葉地裁前から報告です。  (鈴木大二朗記者報告)  裁判の冒頭、裁判長から起訴内容について間違いないかと問われた栗原勇一郎被告(42)は、その前に「私の気持ちです」と言って「私のしてしまったことはしつけの範囲を超えてしまった」「みーちゃん本当にごめんなさい」と謝罪の言葉を用意してきた文書で読み上げました。勇一郎被告は去年1月、野田市の自宅アパートで当時小学4年だった長女の心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させた傷害致死など合わせて6つの罪に問われています。今月21日の初公判に勇一郎被告は髪を短く切った姿で現れました。裁判長からの問い掛けにはかなり小さい声でボソボソと答えていました。そして、裁判長から起訴内容に間違いはないか問われると、傷害致死の「罪について争いません」としたものの「娘を飢餓状態にし、冷水を掛けたりしたことはしていません」と述べました。罪については大筋で争わない姿勢を見せましたが、一つひとつの行為については認めていない部分も多く、今後の裁判で一つひとつの事例について明らかになっていくものと思われます。
滋賀・園児ら16人死傷 新立文子被告にまもなく判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 滋賀・園児ら16人死傷 新立文子被告にまもなく判決  大津市で園児16人が死傷した事故の裁判で判決の言い渡しが延期される異例の事態となっていましたが、まもなく被告の女に判決が言い渡されます。  (宮脇望来記者報告)  17日の裁判の新立文子被告(53)は、これまでの様子と違って弁護士の質問にはっきりと答え、自分の主張をしたうえで被害者側、また遺族側に謝罪しました。  新立被告は去年5月、大津市の交差点を右折する際、前から来た直進車と衝突して歩道にいた園児ら16人を死傷させた罪などに問われています。判決は先月に言い渡される予定でしたが、新立被告が起訴内容を一部争う姿勢に転じたため、大津地裁は審理を続ける必要があるとして期日を延期していました。  新立文子被告:「もしも、その時に(直進車の)せめて減速、あるいはブレーキ(があったら…)」  今月17日に再開された裁判で新立被告は事故を起こしたことは認めたうえで、損害賠償の過失割合は直進車が2割だとする証拠などを提出しました。検察側は「これまでの態度で責任転嫁している」として、前回と同じ禁錮5年6カ月を求刑しました。判決はまもなく言い渡されます。裁判はまだ続いています。
揺らぐ裁判員裁判 熊谷6人殺害死刑破棄
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 揺らぐ裁判員裁判 熊谷6人殺害死刑破棄 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
「菊池事件」巡る“特別法廷”地裁が違憲性認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「菊池事件」巡る“特別法廷”地裁が違憲性認める  ハンセン病とされた男性が無実を訴えながら死刑を執行された「菊池事件」を巡る国家賠償訴訟で、熊本地裁は「特別法廷」の違憲性を認めました。  菊池事件では、ハンセン病とされた男性が殺人罪などに問われ、無実を訴えながら1962年に死刑を執行されました。ハンセン病の元患者6人は、この男性が裁かれた隔離施設での事実上非公開の「特別法廷」が違憲で、検察側が裁判のやり直しをしないのは違法として、損害賠償を求めていました。熊本地裁の小野寺優子裁判長は「検察官の再審請求権限の行使は有罪の言い渡しを受けた本人のためのもので、原告にその権利は法律上、保護されていない」などとして、原告の訴えを棄却しました。しかし、裁判のポイントとされていた特別法廷の違憲性については「ハンセン病に対する偏見・差別に基づき、人格権を侵害したものとして憲法に違反する」などとしています。
裁判員って必要?市民感覚なぜ判決覆る
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 裁判員って必要?市民感覚なぜ判決覆る 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
検事総長、保釈巡り指示「必要なら躊躇なく抗告を」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 検事総長、保釈巡り指示「必要なら躊躇なく抗告を」  全国の高検や地検のトップが集まる検察庁の会議が開かれ、稲田伸夫検事総長が「保釈が不相当な事案は裁判所に対して意見を述べ、適正な判断を求めてほしい」と指示しました。  稲田伸夫検事総長:「保釈や再保釈が不相当な事案については裁判所に対し、具体的な理由や根拠を示すなどして説得力のある意見を述べ、必要な場合はちゅうちょすることなく抗告するなどして、検察として積極的に裁判所の適正な判断を求めて頂きたい」  また、去年に保釈中の被告らが逃走する事件が相次いだことを踏まえ、稲田総長は「部下任せにせず、幹部自ら実情を把握し、円滑かつ確実な収容の実施に努めてほしい」などと訓示しました。  一方、森雅子法務大臣はカルロス・ゴーン容疑者の逃亡事件を契機に「日本の刑事司法制度がいわれのない非難を国際的に受け、大変、心を痛めている」と述べました。そのうえで、今年4月に京都で行われる国連の「犯罪防止刑事司法会議」を通じ、日本の刑事司法制度について正確な理解を得られるように努める考えを示しました。
再審漂流 証拠隠しとやまぬ抗告
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 再審漂流 証拠隠しとやまぬ抗告 1979年に鹿児島県で起きた「大崎事件」。 殺人などの疑いで逮捕された原口アヤ子さんは無実を訴え、裁判のやり直しを求めている。再審請求では、無罪につながる証拠が新たに見つかり、再審開始決定が出されるケースがある。弁護団は、2回目の請求で検察と警察に対して、未提出の証拠を開示するよう求めたが「見当たらない」などと回答。鹿児島地方裁判所も勧告や命令を一切行わなかった。ところが、のちに存在することが判明。 真実の究明や救済を遠ざける再審制度の問題点やあり方を考える。
第2話 体験一日獄卒/ワーカホリックと匠の境
無料
「鬼灯の冷徹」第弐期 第2話 体験一日獄卒/ワーカホリックと匠の境 地獄アイドル、ピーチ・マキと、同じ事務所の売れないアイドルのミキは『鬼卒道士チャイニーズエンジェル』で共演……正確に言えば、ストーカーをぶっとばしたのをきっかけに、ユニット「まきみき」を組み大ブレイク!歌にテレビにと忙しい日々を送っていたが、一日獄卒の仕事で閻魔庁に行くことになる。二人を待ち受けていたのは勿論、第一補佐官の鬼灯。さて、二人が体験する一日獄卒の仕事とは?/十王の裁判はとても厳正で、嘘など決して許されない。しかも、生前の善行、悪行は全て記録され、言い逃れを封じる尋問グッズまで実はある。閻魔大王いわく、裁判に使われる亡者達の記録は、細かい上に浄玻璃鏡でウラを取っても一寸の狂いもない正確さ。では、その記録は一体誰が書いているのか?丁度、裁判も終わったお昼の時間。使った記録を返しに、鬼灯は唐瓜と茄子を連れ、ある場所へと向かう!
植松被告「どんな判決でも控訴しません」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 植松被告「どんな判決でも控訴しません」  最後に「どんな判決でも控訴しません」と宣言しました。  植松聖被告(30)は2016年、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害して26人にけがをさせた罪などに問われています。19日で裁判は結審し、弁護側は「今回の事件は大麻精神病による異常な思考に突き動かされたもの」と主張し、改めて無罪判決を求めました。植松被告は最後に「どんな判決でも控訴しません。これは文句ではなく、裁判はとても疲れるので負の感情が生まれます」と訴え、反省の言葉はありませんでした。
野田市長女虐待死事件 専門家は父親の心情に注目
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 野田市長女虐待死事件 専門家は父親の心情に注目  千葉県野田市で当時10歳だった長女を虐待死させた罪に問われた父親の裁判が21日から始まります。野田市の検証委員会で1年間、事件を検証してきた専門家は、父親が動機をどのように語るのかに注目しています。  栗原勇一郎被告(42)は去年1月、小学4年だった心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させた罪に問われています。鈴木秀洋准教授は事件後、野田市の検証委員会の座長としてなぜ事件が起きたのか、なぜ防げなかったのか、検証を続けてきました。  日本大学危機管理学部・鈴木秀洋准教授:「心愛ちゃんは最初からずっとSOSを発していた。それがなくなってしまった。だとしたら、僕ら大人はどうしたら良いのかっていうのはすごく象徴的な事案だと思うんですよね」  また、鈴木准教授はなぜ父親である勇一郎被告が娘の心愛さんへの虐待を繰り返したのか、この1年間考え続けてきましたが、どうしても理解できない部分があり、勇一郎被告自身が法廷で自らの心情をどのように語るのか注目しているといいます。  日本大学危機管理学部・鈴木秀洋准教授:「今回の裁判に、ある意味どういう気持ちだったのかなと、自分が想像した気持ちとはかなり違う部分が出てくるのかなと。その意味でも父親の景色というのをこの裁判でたどってみたいというふうには思います」
第10話
君の声が聞こえる 第10話 殺人容疑で逮捕されたスハのために、ヘソンは国選弁護士を引き受けることを決める。担当検事のドヨンは量刑を減らすことと引き換えに有罪を認めるようスハに迫る。これに対しヘソンとグァヌは、無罪を勝ち取れる可能性がより高い国民参与裁判を選択する。裁判が進む傍ら、事務員のユチャンはスハの居所の通報者を訪れるが、その人物の不自然な態度に気付く。それを聞いたヘソンとグァヌは、ジュングクの生存を確信するのだった。
千葉虐待死裁判 心愛さん母が被告の主張を否定
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千葉虐待死裁判 心愛さん母が被告の主張を否定  死亡した心愛さんの母親が父親の主張を否定しました。  当時10歳だった心愛さんを虐待死させた罪に問われている栗原勇一郎被告の裁判では、心愛さんの母親がビデオ電話を通じて証言しました。母親は「被告の束縛が強く、どうすることもできなかった」と話しました。「太ももやお尻にまだあざあるよ」「あすも学校休ませる?」といった被告とのラインのやり取りも示され、母親が被告の言動を容認するようになった過程も証言しました。勇一郎被告から受けた暴行については、被告側が「妻が暴れるため押し付けた」と主張しているのに対し、「そんなことはありません」と否定しました。母親の証人尋問は27日も続けられ、心愛さんが死亡した日のことを証言する予定です。
秋元被告の会見うけ自民幹部「ちゃんと答えた」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 秋元被告の会見うけ自民幹部「ちゃんと答えた」  衆議院議員の秋元司被告が保釈後、公の場に初めて姿を見せて会見で無罪を主張しました。  衆院議員・秋元司被告:「私がいわゆる特定の事業者、そのために何か便宜を働くことは断じてありませんし、今回、贈賄側とされている事業者に対しても非難されるような癒着した関係とか、そして、また当然、賄賂を受け取ったことは一切、ありません」  秋元被告は裁判でIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件の起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張していく考えを強調しました。また、秋元被告は「3月には国会に復帰し、活動を再開したい」と話しました。逮捕前に秋元被告が所属していた自民党では、幹部が「あいまいなところがなく、ちゃんと答えた」「あとはもう裁判だ」などと話しています。
第7話 男と女と衆合地獄/地獄式鍼灸術と浄玻璃鏡の使い方
「鬼灯の冷徹」第壱期 第7話 男と女と衆合地獄/地獄式鍼灸術と浄玻璃鏡の使い方 「この鏡を見よ!」。裁判中の閻魔大王が、この期に及んで言い逃れようとあがく亡者に、閻魔殿の法廷に置かれた鏡を指し示す。「浄玻璃鏡」は、あらゆる亡者の現世での行いを映す、いわば超高性能監視カメラ。目の前に映し出された過去の自分の悪業を見た亡者は、たちどころに白状し罪を認める。そんないつもの裁判風景の後、閻魔大王が疲れた体をほぐそうと腰をひねった瞬間、とんでもない激痛が襲いかかる!
第13話 盂蘭盆地獄祭/雑談閻魔大王
「鬼灯の冷徹」第壱期 第13話 盂蘭盆地獄祭/雑談閻魔大王 盂蘭盆祭も終わり、通常業務に戻った閻魔庁。閻魔大王への報告を遮る亡者の恨み節を力ずくで黙らせた鬼灯は、何事もなかったかのように、裁判にかけられる亡者達の到着が遅れると伝え直す。閻魔大王、思いもかけず出来た時間に休憩を取ろうとするが、どうも喉の調子がよくなく咳払い。盂蘭盆祭前の駆け込み裁判が多く、また声を張り過ぎたせいで喉を傷めたかも、と話す閻魔大王に鬼灯がした事とは?
籠池泰典被告に懲役5年 諄子被告と手と手を重ね…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 籠池泰典被告に懲役5年 諄子被告と手と手を重ね…  19日、森友学園の前理事長・籠池泰典被告(67)に懲役5年、妻の諄子被告(63)には懲役3年、執行猶予5年の判決が下りました。2人は手と手を重ね、読み上げられる判決を聞いていました。  大阪地裁前は朝から大騒ぎに。籠池泰典被告と妻・諄子被告。検察側に間違いがあると主張しました。  小学校建設の補助金などをだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた裁判。両被告が否認や無罪を主張するなか、裁判長は懲役5年と3年の有罪判決を言い渡しました。判決の読み上げ中、2人は手と手を重ねていました。  籠池泰典被告に執行猶予が付かないなか、閉廷後に出てきたのは諄子被告だけ。控訴をするかは、はっきり言えないとしながら、改めて、こう主張しました。  諄子被告:「この国は冤罪(えんざい)だらけです。不公平な司法です。この司法のやり方を変えていってほしい」
最終話 愛の力
被告人 最終話 愛の力 拘束されたミノは心神喪失を装い、病状の悪化を理由に外部の病院に出る。そして行われたチャ・ミノの裁判。ジュニョクは刑事罰を覚悟でミノとの関係を証言し、ソクもミノの指示ですべて動いたと証言する。しかしミノの病状が悪化し、裁判も休止かと思われたとき、ジョンウが証人として呼んだのは、ヨニだった...。
“やまゆり園事件” 検察側「完全責任能力がある」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “やまゆり園事件” 検察側「完全責任能力がある」  2016年に神奈川県の障害者施設で入所者19人が殺害されて26人がけがをした事件の裁判で、検察側は植松聖被告に対して「完全責任能力がある」と指摘しました。  (社会部・森本富人記者報告)  植松被告は時折、ため息をつきながら表情を変えずに検察側の主張に耳を傾けていました。この裁判は植松被告の刑事責任能力の有無が争点で、弁護側は植松被告は事件当時、「大麻の乱用で精神疾患があった」と主張しています。17日の論告で、検察側は起訴後の精神鑑定の診断結果をもとに「障害者を殺害する考えは植松被告の人格に基づいている。犯行も計画的で冷静な判断をしていて、大麻の影響はなかった」と主張しました。そのうえで、「完全責任能力があると明らかになったと考える」と述べました。現在も法廷では検察側の論告が続いていて、正午すぎには求刑が読み上げられるものとみられます。
心愛さん母「被告の監視や束縛強く…」虐待死裁判で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 心愛さん母「被告の監視や束縛強く…」虐待死裁判で  千葉県野田市で、当時10歳の栗原心愛さんを虐待して死亡させたとして父親が傷害致死などの罪に問われている裁判で、心愛さんの母親が証言しています。  (社会部・鈴木大二朗記者報告)  証人として呼ばれた心愛さんの母親は勇一郎被告(42)からの暴言や暴力などの話になると、言葉に詰まる場面もありました。傷害幇助(ほうじょ)の罪で、母親は執行猶予付きの判決が確定しています。証人尋問はビデオ電話で行われ、傍聴席と勇一郎被告には声のみが聞こえていました。その間、勇一郎被告は全く表情を変えずに一点を見つめて聞いていました。心愛さんが死亡する1年半前の話になると、心愛さんが「毎日が地獄だった」「夜中にパパに起こされたり、立たされたりする」と自分に伝えてきたと証言しました。また、検察官から「なぜ、その訴えに対処しなかったのか」と聞かれると、「勇一郎被告の監視や束縛が強く、どうすることもできなかった」と改めて被告から支配される関係だったと話しました。26日午後と27日も心愛さんの母親は証人として呼ばれています。
“森友”籠池前理事長に懲役5年 妻に猶予付き判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “森友”籠池前理事長に懲役5年 妻に猶予付き判決  森友学園の前理事長夫妻が国などの補助金をだまし取った罪に問われている裁判で、大阪地裁は籠池泰典被告(67)に懲役5年、妻の諄子被告(63)に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。  (塚田隆介記者報告)  判決の前に諄子被告が弁護人の腕をつかんで取り乱し、法廷が30分近く休廷する場面もありました。  籠池諄子被告:「国家のいじめです。これはおかしいですよ」  籠池泰典被告:「まさに国策捜査、国策逮捕」  泰典被告と諄子被告は、小学校建設に伴う国などからの補助金約1億7600万円をだまし取ったとされる詐欺や詐欺未遂の罪に問われています。泰典被告は「だますつもりはなかった」と起訴内容の多くを否認し、諄子被告は「一切、関与していない」と無罪を主張していました。19日の裁判では弁護側が主張する被害額の弁済を巡っていったんは審理が再開されましたが、その後に再び結審し、泰典被告に懲役5年、諄子被告には懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。判決の直後、籠池夫妻は納得できないような表情にも見えました。判決の読み上げは今も続いています。
第1話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第1話 ム・ジニョク刑事の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。
第14話 閻魔庁の日々/一汁三菜十肉
無料
「鬼灯の冷徹」第弐期 第14話 閻魔庁の日々/一汁三菜十肉 緊迫した空気のなか、裁判長席の閻魔がビシっと笏を突きつけ、威厳をもって亡者に判決を言い渡したその瞬間!裁判の見学は以上、と新人たちに告げる唐瓜。研修中の新人たちに、先輩らしくテキパキと指示を出す唐瓜の横の茄子はいつもの調子ではあるが、それでも二人の姿に成長を感じとった鬼灯とお香が、感慨深げな様子を見せる。しかし、地獄は常に人手不足。今日は獄卒の採用試験があるようだが?/にぎわう昼時の食堂で「飼い主あるある」を話す犬獄卒たち。そこに駆け込んできた大興奮のシロがくわえていたのは「大盛り、20分で完食したらタダ!」と書かれたチラシだった。竹コースはステーキ大盛り、松コースの地獄飯も気になるが、梅コースは高級小豆使用の赤飯&ぜんざい大盛りという組み合わせ。それを聞きつけた小豆大好き座敷童子とシロに、店に連れていってほしいと頼み込まれた鬼灯は!
第11話 JUDGEMENT
BEM 第11話 JUDGEMENT 世間の大きな注目を集める中、ギャヴィン殺害事件についての、ベムの裁判がはじまった。 フェルトはベラ、ベロの存在も公表し、裁判所に衝撃が走る。口を閉ざすベムに人々の好奇の視線が突き刺さる。 そんな中ベラはハイスクールの友人たちに呼び出される。 また、ベロは自分をつけ狙う影男と激しく交戦していた。
傍聴席わずか19 間近で見た沢尻裁判
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 傍聴席わずか19 間近で見た沢尻裁判 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
大津園児死傷事故 新立文子被告に禁錮4年6カ月
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大津園児死傷事故 新立文子被告に禁錮4年6カ月  大津市で園児ら16人が死傷した事故の裁判で、大津地裁は新立文子被告に対して禁錮4年6カ月の判決を言い渡しました。判決は先月に言い渡される予定でしたが、新立被告が起訴内容の一部を争う姿勢に転じたため、大津地裁は審理を続ける必要があるとして期日を延期していました。
第1話 この不当な裁判に救援を!
無料
この素晴らしい世界に祝福を!2 第1話 この不当な裁判に救援を! 「これより、被告人サトウカズマの裁判を執り行います」 機動要塞デストロイヤーを撃破し、アクセルの街を守ったカズマたちは一躍街の英雄に!!……のはずが、爆発寸前のコロナタイトは運悪く領主の館へ転送され、館を爆破してしまっていた。領主の命を狙ったと誤解され、カズマは国家転覆罪の容疑者に。最初は擁護していた冒険者たちも、とばっちりを恐れて目を逸らし、アクアとめぐみんに至ってはカズマに罪をなすりつけるという始末。 「どいつもこいつも覚えてろよおぉぉ!!」 血を吐くような叫びを残し、哀れカズマは逮捕されてしまう。国家転覆罪は最悪、死刑! カズマの命は風前の灯火!!