「裁判傍聴」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

ピエール瀧被告に有罪判決 裁判官が「人生」説諭
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ピエール瀧被告に有罪判決 裁判官が「人生」説諭  コカインを使用した罪に問われた元ミュージシャンのピエール瀧被告(52)に対して東京地裁は懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。  (社会部・古賀康之記者報告)  主文を言い渡した後、裁判官は薬物事件の裁判では異例ともいえる約10分にわたって瀧被告に説諭をしました。その際、裁判官は何度も「人生」という言葉を使って話をしていました。ピエール瀧こと瀧正則被告は今年3月、コカインを使用した麻薬取締法違反の罪に問われています。今月5日の初公判で検察側は懲役1年6カ月を求刑したのに対し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めていました。18日の判決で東京地裁は「常習的な犯行」などとして懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。主文を言い渡した後、裁判官は瀧被告の関係先で撮影された「人生」という文字が写っている写真を見せました。そして、「人生の持つ意味を考えて下さい」などと話すと瀧被告は神妙な表情で話を聞いていました。
40年前の殺人事件「裁判やり直し」最高裁が退ける
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 40年前の殺人事件「裁判やり直し」最高裁が退ける  最高裁判所が異例の決定だ。40年前の殺人事件、いわゆる「大崎事件」で裁判をやり直すよう地裁と高裁が決定していたが、26日に取り消した。  無実の罪を晴らしたい。その訴えは今回も届かなかった。午後、最高裁が再審、裁判のやり直し請求を退けたことが分かった。40年前、鹿児島県大崎町で当時42歳の義理の弟の首を絞めて殺害した罪などで懲役10年の刑が確定し、服役した原口アヤ子さん(92)。捜査段階から一貫して無実を主張。服役を終えた後も納得できないとしてこれまでに3回、裁判のやり直しを求めていた。おととし6月、鹿児島地裁が再審を認めたのに続き、去年3月には福岡高裁宮崎支部も再審を認めたが、検察側はこれを不服として特別抗告していた。弁護側は死因は首を絞められたものではなく、自転車に乗っていた被害者が溝に落ちて事故死した可能性が高いと主張。それが地裁、高裁では認められた形だったが、最高裁は無罪を言い渡すべき明らかな証拠はないとして25日付で再審を認めない決定をした。2度、脳梗塞を患って現在、入院しているという原口さん。長女は26日の一報を聞いて諦めずに戦いを続けていきたいと話しているという。
#72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」
極楽とんぼKAKERUTV #72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」 【今週のKAKERUTVは?】 コンビ芸人による裁判企画!平成ノブシコブシやアルコピースが登場! 山本は原告を弁護し、ヘリクツで様々な人を黙らせてきた「リーガルK」こと加藤はどう考えても悪い方の弁護をする! 裁判の判決は視聴者が投票で決める! リーガルKは圧倒的な不利な状況をヘリクツ1つで逆転できるのか!?
争点は夫のDVの影響 女児虐待死で母親に有罪判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 争点は夫のDVの影響 女児虐待死で母親に有罪判決  周りの大人が救えず、虐待ののちに亡くなった栗原心愛さん。26日、夫の暴行を止めなかった母親に判決が下された。争点は夫のDVの影響がそこにあったかどうかだ。  日本中に怒りを呼び起こしたあの虐待死事件から5カ月。母親の判決を見届けようと門の前には長い列ができた。検察側が求めていた懲役2年に対し、裁判所が出した答えは執行猶予付きの懲役2年6カ月だった。1月、当時小学4年だった心愛さんが度重なる虐待を受けた末、命を落とした。父親の勇一郎被告(41)が傷害致死などの罪に。そして、母親・なぎさ被告(32)は暴行を止めなかったとして傷害幇助(ほうじょ)の罪に問われている。  検察側と弁護側、双方の主張はこうだ。  検察側の主張:「夫の虐待を認識しながら止めることも通報もせず、『まじ何様なんだろう。むかつくね』などとラインで告げ口していた」  弁護側の主張:「虐待を本心ではやめさせたかったが、勇一郎被告からDVを受け、逆らうことは極めて困難な状況だった」  これらを受けた千葉地裁の判断はこうだ。  裁判長:「もとより母として長女を守るべき義務を怠り、夫の犯行を幇助したことに対する非難は免れないが、支配的言動により、意向に逆らうことが難しくなっていたことは否定できず、相応に非難を減ずべきである。社会のなかで反省、悔悟の日々を送らせる形で更生の余地があると認め、刑の執行を猶予することとした」  真っすぐ前を見ながら聞いていたなぎさ被告へ裁判長は最後にこう語り掛けた。  裁判長:「あなたは『心…
第10話
君の声が聞こえる 第10話 殺人容疑で逮捕されたスハのために、ヘソンは国選弁護士を引き受けることを決める。担当検事のドヨンは量刑を減らすことと引き換えに有罪を認めるようスハに迫る。これに対しヘソンとグァヌは、無罪を勝ち取れる可能性がより高い国民参与裁判を選択する。裁判が進む傍ら、事務員のユチャンはスハの居所の通報者を訪れるが、その人物の不自然な態度に気付く。それを聞いたヘソンとグァヌは、ジュングクの生存を確信するのだった。
第7話
ウチに住むオトコ 第7話 いきなりやってきた刑事らは、シン・ジョンナム(キム・ハギュン)に対する脅迫、監禁の容疑で、ナンギルを連行する。ナリの頼みでナンギルと一緒に警察署に行ったドッボンは、どことなく妙な刑事らの態度や、いい加減な告訴状を指摘し、ダダ金融が裁判の準備をしているとの結論を下す。警察署から帰ってきたナリ、ナンギル、ドッボンは、裁判のための打ち合わせを始める。ドッボンは、ナリに友達ではなく、恋人としてつきあわないかと、ナリに告白するのだが...。
“父親の暴力”母親が涙の証言 名古屋市・長男殺害
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “父親の暴力”母親が涙の証言 名古屋市・長男殺害  3年前、名古屋市のマンションで中学受験を巡って当時小学6年の長男を殺害したとして殺人罪に問われた父親の裁判で、母親が涙ながらに父親の暴力について証言しました。  中学受験を巡るトラブルで息子を殺害した罪に問われている父親の裁判。殺人の罪に問われているのは、名古屋市北区の無職・佐竹憲吾被告(51)です。 起訴状によりますと、佐竹被告は2016年8月に自宅で小学6年の長男・崚太君(当時12)の胸を包丁で突き刺して殺害したとされています。  21日の初公判、冒頭陳述で検察側は「崚太君が自分の指示通り勉強しないことに激高することがあり、暴力を振るっていた」と主張しました。佐竹被告は「死に至らしめたことは事実ですが、殺意は持っていません」と起訴内容を否認しました。  そして、24日の裁判では母親が証言台に立ちました。親子の関係をつぶさに見ていた母親は、佐竹被告の暴力的な一面を語りました。  母親:「崚太のことをたたいたり、物に当たったり、どんどんエスカレートしていく一方でした」「(Q.崚太君にそういうことをするのはどういう時?)勉強を教える時」  中学受験を控えた崚太君に対し、佐竹被告の暴力は激しさを増していったそうです。それを見かねた母親が「2人で家を出よう」と崚太君に相談すると…。  母親:「『パパとママが一緒がいいからやだよ』って。『お願いだから一緒にいて』って」  そして、事件の直前の崚太君との別れについて涙ながらに語りました。  母親:「崚太が起きる時間になったので起こしに…
第11話
ウチに住むオトコ 第11話 ナリは裁判の過程でナンギルの暗い過去を知るが、動揺することなく、証人として出廷し、冷静に証言を続ける。裁判が終わった後、ナリは、ホン餃子に一切顔を出さなくなる。ナンギルは、そんなナリを心配するが、連絡する勇気が出ず、ためらう。そんなある日、台風がスルギ里を襲い、雨風の吹き荒れる中、ビニールハウスの様子を見に行ったナンギルは、過労から寝込んでしまう。ドクスンは、ホン餃子の従業員らにせかされて、ドッボンから渋々ナリの電話番号を聞き出すのだが...。
第1話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第1話 ム・ジニョク刑事の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。
第2話
ラブ・レーシング 第2話 チュンジャの家では朝になるとごはんが消えている事件が続いていた。サングの写真を捨てられずにいるソリを見かねたジュリは、ソリをクラブに連れ出すが、酔ったソリはそこで見知らぬ男にキスをする。チョロンはある日、屋根裏部屋で寝ている男を発見するが、それはチュンジャの弟チュンドンだった。一方でジュリは、外見も学歴も性格も完璧だがセックス音痴の恋人と、何も取り柄はないがセックスだけは完璧な恋人の3人のうち、どちらを選ぶか悩んでいた。