「覚醒剤 逮捕」の検索結果

今すぐ視聴する

槇原容疑者の自宅から押収のパイプに唾液と覚醒剤
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原容疑者の自宅から押収のパイプに唾液と覚醒剤  歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚醒剤などを所持していたとして逮捕された事件で、自宅から押収されたパイプに槇原容疑者の唾液や微量の覚醒剤が付着していたことが分かりました。  槇原容疑者は、東京・港区の自宅マンションで覚醒剤などを所持していたとして逮捕されました。その後の捜査関係者への取材で、自宅から押収されたガラス製のパイプに槇原容疑者の唾液や微量の覚醒剤が付着していたことが分かりました。警視庁は、槇原容疑者がこのパイプで覚醒剤を吸っていたとみて調べています。槇原容疑者は逮捕された直後、「僕は長いこと覚醒剤はやっていません」と供述していましたが、その後は使用について黙秘しているということです。
槇原敬之容疑者 逮捕当日も自宅に危険ドラッグか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原敬之容疑者 逮捕当日も自宅に危険ドラッグか  歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚醒剤などを所持していたとして逮捕された事件で、逮捕当日に自宅から危険ドラッグとみられる液体の入った容器が押収されていたことが分かりました。  槇原容疑者の逮捕容疑は、おととしに東京・港区の自宅マンションで覚醒剤と危険ドラッグを持っていた疑いです。その後の捜査関係者への取材で、逮捕された今月13日にも危険ドラッグとみられる液体の入った容器が自宅から押収されていたことが分かりました。また、おととしに押収されたガラス製のパイプに槇原容疑者の唾液や微量の覚醒剤が付着していたことも分かりました。槇原容疑者は覚醒剤の使用について黙秘しています。警視庁は、槇原容疑者が最近になっても違法な薬物を使っていた疑いもあるとみて調べています。
「何度も覚醒剤求められ…」槇原容疑者と同居元社長
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「何度も覚醒剤求められ…」槇原容疑者と同居元社長  歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤所持などの疑いで逮捕された事件で、一時、同居していた事務所の元社長が「何度も覚醒剤を求められて渡した」と説明していたことが分かりました。  槇原容疑者はおととし、自宅マンションで覚醒剤などを所持していた疑いが持たれています。当時、槇原容疑者は個人事務所の元社長と東京・港区のマンションで同居していました。その後の捜査関係者への取材で、元社長が「同居していた時に何度も槇原容疑者から覚醒剤を求められて渡した」などと警視庁に説明していたことが分かりました。槇原容疑者は覚醒剤などの所持については認めていますが、使用については「長いこと使っていない」と供述しています。
槇原容疑者 薬物2種類併用で効果を強化か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原容疑者 薬物2種類併用で効果を強化か  歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚醒剤取締法違反などで逮捕された事件で、槇原容疑者と同居していた元社長の部屋からも覚醒剤などが見つかっていたことが新たに分かりました。  槇原容疑者はおととし、自宅マンションで覚醒剤などを所持していた疑いが持たれています。当時、槇原容疑者は個人事務所の社長だった知人男性と同居していました。その後の捜査関係者への取材で、槇原容疑者の部屋と元社長の部屋からそれぞれ覚醒剤や危険ドラッグが見つかっていたことが分かりました。槇原容疑者と元社長は当時、より強力な効果を得るために2つの薬物を同時に服用していた疑いもあるとみられています。警視庁は引き続き、覚醒剤の入手ルートについて調べています。
槇原敬之容疑者の勾留を延長 来月4日まで
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原敬之容疑者の勾留を延長 来月4日まで  歌手の槇原敬之容疑者(50)の勾留延長が決まりました。  槇原容疑者は自宅マンションでおととし、覚醒剤と危険ドラッグを所持していた疑いで警視庁に逮捕されました。槇原容疑者の勾留期限の23日を前に、東京地裁は勾留の延長を認める決定をしました。勾留は来月4日まで続くことになります。警視庁の調べに対して槇原容疑者は、覚醒剤などの所持については認めていますが、使用については「長いこと使っていない」と供述しています。

おすすめの作品

覚醒剤6億円分をドバイから密輸か 運び役募り監視
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 覚醒剤6億円分をドバイから密輸か 運び役募り監視  ドバイから6億円相当の覚醒剤を密輸した疑いです。  宗武容疑者(41)ら3人は去年7月、運び役の男らを使って覚醒剤約10キロ、末端価格で6億円相当をスーツケースに隠してドバイから密輸した疑いが持たれています。警視庁によりますと、宗容疑者らはツイッターなどに「短期高収入」と書き込んで運び役を募集していました。集まった男らをドバイに連れて行き、自分たちは密輸を監視していました。覚醒剤は税関の検査で見つかり、男らの証言から宗容疑者らの関与が浮上しました。宗容疑者らは「知らない」と容疑を否認しています。
槇原敬之容疑者「長いこと薬はやっていません」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原敬之容疑者「長いこと薬はやっていません」  歌手の槇原敬之容疑者(50)がおととしに覚醒剤などを所持していたとして逮捕された事件で、逮捕後の取り調べに対して「僕は長いこと薬はやっていません」と供述していることが分かりました。  槇原容疑者はおととし、自宅マンションで覚醒剤などを所持していた疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、槇原容疑者は今月13日の逮捕後の取り調べで「僕は長いこと薬はやっていません」「検査をしても反応は出ないと思います」と供述していたことが新たに分かりました。その後に行われた簡易検査で覚醒剤などの使用の反応はなかったということです。一方で、槇原容疑者は自宅マンションで見つかった薬物について自分のものだと容疑を認める供述をしているということです。警視庁は引き続き調べを進めています。
槇原容疑者の尿は陰性 危険ドラッグの入手先も捜査
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 槇原容疑者の尿は陰性 危険ドラッグの入手先も捜査  槇原敬之容疑者の尿鑑定の結果は「陰性」でした。  槇原容疑者はおととし、当時、住んでいた東京・港区の自宅マンションで覚醒剤などを所持していた疑いが持たれています。警視庁によりますと、槇原容疑者の尿を詳しく鑑定した結果、違法薬物の反応は出なかったということです。
日本人詐欺グループを移送 新たにメンバー9人逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日本人詐欺グループを移送 新たにメンバー9人逮捕  フィリピンで拘束された日本人詐欺グループ36人のうち9人が逮捕された事件で、警視庁はさらに9人を日本に移送して逮捕しました。  9人は仲間と共謀のうえ、去年11月にフィリピンから東京・渋谷区に住む60代の女性に警察官を装って電話を掛けてキャッシュカード5枚を盗み取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、このグループと同様の手口での被害は2018年からの2年間で全国1700件、15億円以上に上るとみられ、警視庁は被害の実態解明を進めています。これでフィリピンで拘束された36人のうち半分の18人が逮捕されました。警視庁は残りのメンバーについても順次、現地から移送して逮捕する方針です。
逮捕前に直撃…「ケフィア」元代表が語った言葉とは
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 逮捕前に直撃…「ケフィア」元代表が語った言葉とは  1000億円以上の負債を抱えて破産した通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表らが逮捕されました。逮捕前の直撃取材に元代表の男が語った言葉とは。  逮捕の4日前、我々は渦中の人物を捉えていました。質問を無視するかのように歩き続けたのは、通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表・鏑木秀弥容疑者(84)です。高齢者など19人から不正に金を集めたとして部下ら8人とともに逮捕されました。  鏑木容疑者らが集めた金は約1億8000万円。さらに、全国で2200億円以上を出資させたといいます。しかし…。  出資した人:「返ってこない。お金ですか、私個人の6800万円くらいですかね」  その手口は、鏑木容疑者らは通販の客らから出資を集い、干し柿や乳製品などの製造を委託。これを買い取って販売するとしていました。配当は半年で約10%などとされましたが、戻らず。出資者は4万人以上に達します。ケフィアはおととしに倒産。翌年、鏑木容疑者の長男は自殺しました。  重い口を開いた鏑木容疑者。最後はおわびの言葉が。  逮捕された鏑木秀弥容疑者:「(Q.なにか一言でも言葉があればと思うんですが)それは皆に申し訳ないと言っています」  警視庁は今後、金の流れなどを詳しく調べる方針です。
Ep.1
塀の中の一週間 Ep.1 逮捕された者たちが収容施設に入って過ごす最初の1週間を追ったドキュメンタリー/20代の男性3人が過酷な収容施設での暮らしの中、犯した罪を振り返る。29歳のクリストファーは家庭内暴行で逮捕された。手錠をかけられる瞬間を娘に目撃されてしまった彼は娘との関係を修復したいと願うが、友人には少額の保釈金すら出してもらえない。26歳のコニーは性的暴行、誘拐、強盗の容疑で逮捕された。2日目にして大暴れし、監房に閉じ込められてしまう。有罪となれば18年の刑になる恐れがある。28歳のジェイムズは売春あっせんで逮捕された。最初は無実を訴えるも、後日、罪を認める。彼は子供たちのよき父親になろうと決心するのだった。
同僚の背中を刃物で…ミャンマー人技能実習生を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 同僚の背中を刃物で…ミャンマー人技能実習生を逮捕  17日、三重県四日市市でミャンマー人の男性が刃物で刺されて死亡しているのが見つかった事件で、同僚のミャンマー人の男が逮捕されました。  殺人の疑いで逮捕されたのは技能実習生のカン・ジョ・テッ容疑者(28)です。テッ容疑者は16日午後4時ごろ、四日市市にある塗装会社の食堂で同僚のミャンマー人の技能実習生、エイ・テツ・ジョーさん(25)の背中を刃物で刺すなどして殺害した疑いが持たれています。テッ容疑者は事件後、行方が分からなくなっていましたが、18日午前0時すぎに四日市市内の会社の従業員寮に現れ、警察に逮捕されました。
都の暴排条例改正後初 みかじめ料支払い経営者逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 都の暴排条例改正後初 みかじめ料支払い経営者逮捕  暴力団にみかじめ料を支払ったとして、東京・大田区でキャバクラ店を経営する男が逮捕されました。みかじめ料を支払った側の逮捕は都の暴力団排除条例が改正されてから初めてです。  瀬田川幸一容疑者(53)は去年10月、経営するキャバクラ店のみかじめ料として同じく逮捕された指定暴力団稲川会系幹部の石沢州鏡容疑者(51)に10万円を渡した疑いが持たれています。警視庁によりますと、瀬田川容疑者は約10年間にわたって合わせて1000万円以上を渡したとみられています。取り調べに対して、2人とも容疑を認めているということです。
渋谷の店に押し入り現金脅し取ろうとした男を再逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 渋谷の店に押し入り現金脅し取ろうとした男を再逮捕  東京・新宿区の携帯電話買取店にスタンガンを持って押し入ったなどとして逮捕・起訴された30歳の男が、東京・渋谷区の別の店にも押し入ったとして再逮捕されました。  天願頌容疑者は先月17日夜、渋谷区道玄坂の携帯電話買取店に押し入り、仲間が持っていたスタンガンを指して「お金が欲しい」などと脅して現金を奪おうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、天願容疑者らは客を装って店に入りましたが、従業員の男性に抵抗されて何も取らずに逃げました。取り調べに対し、黙秘しているということです。天願容疑者は去年、新宿区の携帯電話買取店に押し入り、店員の男性にけがをさせるなどしたとしてすでに逮捕・起訴されています。
「オカネダケ」マンション強盗 ブラジル人の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「オカネダケ」マンション強盗 ブラジル人の男逮捕  先月、東京・品川区のマンションに男が押し入って住民の女性(31)から現金を奪って逃げた事件で、警視庁はブラジル国籍の男を逮捕しました。  無職のクマモト・ダニエル容疑者(37)は先月29日、品川区のマンションにベランダから侵入し、住民の女性を羽交い締めにして「オカネダケ、オカネダケ」と言い、現金1万円を奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、クマモト容疑者は事件の2日後、現場から1.5キロ離れた一軒家の敷地に侵入したとして現行犯逮捕されていました。クマモト容疑者は去年、建築会社の仕事をけがのため辞めていて、生活保護を受けていたということです。逮捕の際、所持金は1円玉数枚だけでした。取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めています。警視庁は余罪もあるとみて捜査しています。