「記憶 ドラマ 日本 動画」の検索結果

「記憶 ドラマ 日本 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「記憶 ドラマ 動画」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

act.9 人生で最も記憶に残るキス
恋愛ドラマな恋がしたい2 act.9 人生で最も記憶に残るキス 今回8人が挑むドラマは、番組初の客演ゲストを迎えた三人芝居。前シーズンで伝説のキスをしたテジュの登場によって覚醒したメンバーたちは、観客60人を前にした異例のオーディションに挑む。はたして一体誰が主役を勝ち取るのか?そして主演の二人は感動的なキスシーンを演じることに!大注目のドラマを見逃すな!
第5話 スギ花粉アレルギー
無料
はたらく細胞 第5話 スギ花粉アレルギー 大量のスギ花粉が体内に侵入!スギ花粉を排除をするため、現場へと急行した白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?
第五話
無料
熱海の捜査官 第五話 新ドラマ「時効警察はじめました」は10月11日(金)よる11時15分スタート!(出演:オダギリ ジョー、麻生久美子 ほか)※一部地域を除く 東雲麻衣(三吉彩花)が星崎剣三(オダギリ ジョー)を訪ね、南熱海警察署に駆け込んできた。スクールバス失踪直前の“ある記憶”を取り戻したという。その記憶が正しければ、行方不明中の椹木みこ(山田彩)、月代美波(佐倉絵麻)、萌黄泉(岡野真也)がバスと一緒に海へと沈んだ可能性は消える…。北島(栗山千明)が事件解決の糸口を必死に探る中、星崎は意外な方法で事件の本質につながる“犯人の無意識にあるキーワード”を掴み出そうとする。 ※「熱海の捜査官」は複数回に分けて配信予定です。最終話まで無料でご覧いただけます。
#13 明けない夜の夜明け
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #13 明けない夜の夜明け 咲太の手助けで夜の学校に行くことができ、次は昼の学校にいくと意気込んでいたかえで。しかし、その翌日、突如“花楓”の記憶が戻り、2年間一緒に過ごしてきた“かえで”の記憶が消えてしまった。かえでがいなくなってしまったことに打ちひしがれる咲太の前に、ある人物が現れる。
第7話 がん細胞
はたらく細胞 第7話 がん細胞 一般細胞に化けていた敵が、ついにその正体を現した。敵の名はがん細胞。白血球(好中球)とキラーT細胞、そしてNK細胞は、この世界(体)を守るため、迫りくるがん細胞と対峙する。
第12話 出血性ショック(前編)
はたらく細胞 第12話 出血性ショック(前編) なんと新人赤血球の教育係をすることになった赤血球!先輩らしいトコを見せなきゃ!と気を引き締める彼女だが、道を間違えてしまったり、他の細胞に怒られたり、なかなか上手く行かず……。そんな中、体内世界を揺るがす大きな事件が発生する。
第1話 肺炎球菌
無料
はたらく細胞 第1話 肺炎球菌 ここは人間の身体の中。酸素や二酸化炭素を運搬していた赤血球は、ある日、体外から侵入した肺炎球菌に襲われ、白血球(好中球)に助けられる。体という世界を守るため、逃げた肺炎球菌を追う白血球(好中球)。だが敵は意外な場所に隠れていて──。
第2話 すり傷
無料
はたらく細胞 第2話 すり傷 穏やかな日常を過ごしていた赤血球の目の前で、突如として「すり傷」が発生した。傷口から侵入する細菌やウイルスと戦うため、白血球(好中球)は現場に駆けつけるが、黄色ブドウ球菌をはじめとした敵に苦戦する。果たして白血球(好中球)たちは、体内を守ることが出来るのか。
第4話 食中毒
無料
はたらく細胞 第4話 食中毒 胃の付近に細菌出現。さっそく現場に駆けつける白血球(好中球)。現場ではすでに白血球の一種である好酸球が応戦していたものの、苦戦を強いられていた。非力な好酸球の姿を見た周囲の細胞たちはあまりの頼りなさに陰口をたたく。白血球(好中球)は「好酸球にしかできない仕事がある」と言うが……。
第8話 血液循環
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……
第9話 胸腺細胞
はたらく細胞 第9話 胸腺細胞 訓練の最中、部下をヘルパーT細胞の部屋に投げ込んでしまったキラーT細胞。正反対なタイプの2人は言い争いを始める。今では立場が違う2人だが、樹状細胞によると、実は「胸腺学校」の同期だという。しかも昔の彼らは今とは全く違うキャラだった!わずか2~3%しか生き残れないという胸腺学校での地獄の特訓を耐え抜く中で、二人の間に芽生えたものとは……!?
第11話 熱中症
はたらく細胞 第11話 熱中症 うだるような暑さに包まれた体内世界。発汗してもうまく体温冷却できない。異常な血流増加、上がり続ける体温……そう、体内世界は「熱中症」になっていた!この隙につけこんで好き勝手暴れ回るセレウス菌。頼みの白血球(好中球)も暑さのためヘロヘロになって本来の力が出せない……!この温暖化し続ける世界に、何か打つ手はないのか!?
特別編 風邪症候群
はたらく細胞 特別編 風邪症候群 同じ作業(細胞分裂)を繰り返すだけの毎日に飽き飽きしていた一般細胞の前に、 ステキな帽子をかぶった謎の細胞が現れる。その細胞は白血球(好中球)やキラーT細胞らに いたずらを仕掛けようと一般細胞を誘う。 日頃のうっぷん晴らしをして楽しむ一般細胞。 だが、このステキな帽子をかぶった細胞はいったい何者なのか……?
第3話 インフルエンザ
無料
はたらく細胞 第3話 インフルエンザ 体内で増殖したインフルエンザウイルスの偵察に向かったナイーブT細胞。だが一度も敵と戦ったことがないナイーブT細胞は敵に怯えるばかりで、まったく役に立たない。そしてついには白血球(好中球)や先輩であるキラーT細胞が戦う中、戦場から逃げ出してしまう。自分を責めるナイーブT細胞。そんな彼を見かけた樹状細胞が優しく声をかけて……。
第6話 赤芽球と骨髄球
無料
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
第10話 黄色ブドウ球菌
はたらく細胞 第10話 黄色ブドウ球菌 細菌に襲われる赤血球!そんな赤血球のピンチを救ったのは、ガスマスクに防護服をまとったような見た目をした「単球」だった。この単球もまた白血球の一種の免疫細胞だという。気を取り直して鼻腔へと酸素を届けに向かった赤血球だったが、またしても細菌に遭遇してしまう。細菌の名は「黄色ブドウ球菌」。この黄色ブドウ球菌は皮膚や毛穴などにいる常在菌だが、今回は何やら免疫細胞に敗けない秘策があるというが……!?
第13話 出血性ショック(後編)
はたらく細胞 第13話 出血性ショック(後編) 「生命に関わるレベルのダメージを確認!」この緊急事態を受け、現場付近に急行した白血球(好中球)。だが、そこには守るべき血球たちの姿はなかった……!大量出血により、すでにおびただしい数の血球たちが、傷口の外へと飛ばされてしまっていたのだ。今もなお続く出血――過酷さが増す状況下だが、この世界を守るため、仲間たちを救うため、赤血球は後輩赤血球とともに酸素を運び続ける。終わりゆく世界、細胞たちを待ち受ける運命は――!?
第10話
本当に良い時代 第10話 ドンソクの事務官が事故に遭い、ケガを負ってしまう。それは、オ・チスの仕業だった...。そんな中、復讐計画が失敗の危機に瀕したヘウォンはドンソクの元を訪ねて昔のように付き合いたいと言う。一方、初めて父親の役割を果たすドンヒはスーツを着て、花束まで持って学校に向かうが、そこに電話一本の電話が入り...。
第15話
本当に良い時代 第15話 ドンソクはヘウォンを探すが見つからず、事件のカギを握っているハン部長が目覚めたという連絡をもらう。そこに必死に探していたヘウォンが現れ、そのままキスをする。ドンソクはラジオを聞きながら昔のことを思い出す。家族の復讐のためにヘウォンに駆け落ちしようと言ったが、それがすべてではなかった...。
第27話
本当に良い時代 第27話 へウォンはドンソクが突然逃げようと言ったことで、何があったのか確かめに向かう。そこでソシムからドンオクのことがあり、ドンソクを可愛がることができなかったという反省の言葉を聞かされる。一方、ドンソクはオ・チスの脅迫に対して決着をつける。ドンソクとヘウォンは、家族の反対にも関わらずお互いに対する愛を確認するのだった。
第28話
本当に良い時代 第28話 ソシムはドンソクが車で寝ているのを見かけてドンソクが大きな悩みを抱えていると感じ、へウォンとの結婚を許す。喜んだヘウォンはソシムを訪ね、感謝の気持ちを伝えるが、その理由が分からない家族は戸惑う。泥酔したドンソクはドンヒに今でも自分を憎んでいるかと問うが、ドンヒは答えに窮する。そんな中、ドンヒは父親授業のために学校に行くが...。
第29話
本当に良い時代 第29話 ヘウォンは正式な挨拶のためにドンソクの家に行き、それを聞いたドンタクとヘジュも二人の関係を発表するために家に向かう。しかし、ドンソクとへウォンのスキャンダルの記事が出回る。ドンソクは検察で上司から事情を聞かれていた。そして結局オ・チスの事件から担当を外されてしまう。一方、何も知らないヘウォンはドンソクの家で家族と楽しい時間を過ごす。
第30話
本当に良い時代 第30話 ドンソクはヘウォンを連れて家を出ようとするが、二人の前に捜査官が現れる。ドンソクはヘウォンにスンフンの罪をなすりつけられたと告げ、余計なことは言わず事実だけ話せと告げる。ドンソクは懲戒にかけられてしまう。そこでドンソクはヘウォンとの関係を認め辞表を提出するが、辞めるのはチャ社のペ社長とハン部長たちを襲った人物を捕らえてからだと言う。
第31話
本当に良い時代 第31話 ヘウォンに対するドンソクの家族の態度が冷たい。ヘウォンを助けようとしたドンソクはドンタクと争う。ドンソクはヘウォンに家族からの反対を押し切ってでも結婚したいと思っているとの意思をはっきりと伝えるが、へウォンはドンソクと結婚しないと言う。一方、オ・チスの手下に襲われるスンフンをドンヒが助けるが、その場にいたドンソクは刃物で刺されてしまう...。
第32話
本当に良い時代 第32話 事件が解決し、ドンソクは改めてヘウォンにプロポーズする。しかし、ヘウォンは自転車事故の原因は自分の父親にあり、それを知りながら自分なんかと結婚するのかとプロポーズを受け入れようとしなかった。一方、ミン・ウジンはキム・マリと一緒にドンヒを呼び出して、ドンオクと付き合いたいから承諾してくれとお願いする。
第33話
本当に良い時代 第33話 ドンソクが入院した病院に駆けつけたヘウォンは、彼のそばで看病するうちに心が揺れ動く...。ヨンチュンはドンジュとドンウォンに母親が生きているという事実を言ってしまう。それに怒ったドンヒはヨンチュンを追い出そうとするが、そこでドンタクが秘密を明かしてしまう。一方、ヘウォンは道ばたで借金取りに追われている男に出会い、彼を助ける。
第34話
本当に良い時代 第34話 ドンソクたちの父親が、長い間行方不明だったにも関わらず、一切悪びれることなく帰って来た。ちょうどその時、ドンヒがヨンチュンを家から追い出そうとしていた。男の顔を見たヨンチュンは氷のように固まる。ヨンチュンはすぐにカン・テソプだと分かったが、テソプはヨンチュンのことも息子のことも覚えていなかった...。
第35話
本当に良い時代 第35話 ソシムはテソプが家に入ることを頑なに許さなかったが、ドンタクがこっそりと家に入れてしまう。借金取りに追われていたテソプはドンソクに相談に乗ってもらおうとする。しかしドンソクは相談に乗る気などなく、警察に行くようにと追い払ってしまう。するとテソプは、へウォンのアルバイト先のカフェに入り浸るようになってしまう...。
第36話
本当に良い時代 第36話 酔っ払って部屋に入ろうとするテソプにソシムは“あの日”の話をしながら腹を立てる。ヨンチュンとテソプの弟たちは、“あの日”の話を知りたがる。一方、ドンジュとドンウォンに母親に会いたいとせがまれたドンヒは、ジョンアに電話するも、これ以上関わりたくないと冷たく突き放される。途方に暮れたドンヒは教師のマリに相談する。
第37話
本当に良い時代 第37話 家の前でうろつくヘウォンは勇気を出してドンソクの家に上がったが、ソシムはヘウォンのことを待っていたため何の問題もなかった。そんな中、ドンソクは食堂でウジンと一緒にいるドンオクを見かける。ドンソクはウジンにいつからドンオクと交際しているのか聞くと、責任をとれないならもうドンオクには会わないでほしいと告げる。