「記憶 ドラマ」の検索結果

今すぐ視聴する

第19話 6:00 P.M. - 7:00 P.M.
24 -TWENTY FOUR-(吹替) 第19話 6:00 P.M. - 7:00 P.M. ようやく得た情報によって、サーガスという町に向かったジャックとメイソンは手がかりとなる変電設備を発見するが、そこにあるはずの建物はどこにも存在しなかった。一方、フィルに送られて自宅に戻ったテリーを新たな刺客が襲う。しかし、際どいところで現れたトニーに救われ、同時に記憶も取り戻す。同じ頃、キムはリックの家にいた麻薬不法所持者たちとともに警察に連行されてしまう。
第19話 6:00 P.M. - 7:00 P.M.
24 -TWENTY FOUR-(字幕) 第19話 6:00 P.M. - 7:00 P.M. ようやく得た情報によって、サーガスという町に向かったジャックとメイソンは手がかりとなる変電設備を発見するが、そこにあるはずの建物はどこにも存在しなかった。一方、フィルに送られて自宅に戻ったテリーを新たな刺客が襲う。しかし、際どいところで現れたトニーに救われ、同時に記憶も取り戻す。同じ頃、キムはリックの家にいた麻薬不法所持者たちとともに警察に連行されてしまう。
最終話 絆
The OC(字幕) 最終話 絆 ジュリーとケイレブの結婚式当日。それは式そのものとは別のところで、皆の記憶に残る日となった。女性シンガー ジェムが、ポール・マッカートニーの“恋することのもどかしさ”を歌い、喜びに輝く花嫁ジュリー。しかし、この結婚がまた新たなる波乱の幕開けとなる...。
第13話 Savoureux(ザヴルー)
ハンニバル(吹替) 第13話 Savoureux(ザヴルー) 気絶していたウィルが目を覚ますや否や、人の耳を吐き出す。アビゲイルの耳だと判明するが、彼には記憶がない。ジャックたちはウィルが精神をかく乱しているのか、それとも正体を隠すために嘘をついているのか、頭を悩ませる。さらに、ウィルの部屋から彼が模倣犯の仕業だと主張していた事件の犠牲者たちにつながる証拠が見つかる。真犯人にハメられたと主張するウィルだったが...。
第13話 Savoureux(ザヴルー)
ハンニバル(字幕) 第13話 Savoureux(ザヴルー) 気絶していたウィルが目を覚ますや否や、人の耳を吐き出す。アビゲイルの耳だと判明するが、彼には記憶がない。ジャックたちはウィルが精神をかく乱しているのか、それとも正体を隠すために嘘をついているのか、頭を悩ませる。さらに、ウィルの部屋から彼が模倣犯の仕業だと主張していた事件の犠牲者たちにつながる証拠が見つかる。真犯人にハメられたと主張するウィルだったが...。
第3話 インフルエンザ
はたらく細胞 第3話 インフルエンザ 体内で増殖したインフルエンザウイルスの偵察に向かったナイーブT細胞。だが一度も敵と戦ったことがないナイーブT細胞は敵に怯えるばかりで、まったく役に立たない。そしてついには白血球(好中球)や先輩であるキラーT細胞が戦う中、戦場から逃げ出してしまう。自分を責めるナイーブT細胞。そんな彼を見かけた樹状細胞が優しく声をかけて……。
第6話 赤芽球と骨髄球
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
第10話 黄色ブドウ球菌
はたらく細胞 第10話 黄色ブドウ球菌 細菌に襲われる赤血球!そんな赤血球のピンチを救ったのは、ガスマスクに防護服をまとったような見た目をした「単球」だった。この単球もまた白血球の一種の免疫細胞だという。気を取り直して鼻腔へと酸素を届けに向かった赤血球だったが、またしても細菌に遭遇してしまう。細菌の名は「黄色ブドウ球菌」。この黄色ブドウ球菌は皮膚や毛穴などにいる常在菌だが、今回は何やら免疫細胞に敗けない秘策があるというが……!?
第13話 出血性ショック(後編)
はたらく細胞 第13話 出血性ショック(後編) 「生命に関わるレベルのダメージを確認!」この緊急事態を受け、現場付近に急行した白血球(好中球)。だが、そこには守るべき血球たちの姿はなかった……!大量出血により、すでにおびただしい数の血球たちが、傷口の外へと飛ばされてしまっていたのだ。今もなお続く出血――過酷さが増す状況下だが、この世界を守るため、仲間たちを救うため、赤血球は後輩赤血球とともに酸素を運び続ける。終わりゆく世界、細胞たちを待ち受ける運命は――!?
第13話
君の声が聞こえる 第13話 刑の執行停止で釈放されたタルジュンは、入院中の病院でとある女性を目撃する。その女性への殺人未遂で再び捕まった彼は、その相手こそ過去に自分が殺したはずの妻であり自分は陥れられたのだと主張する。一方、記憶とともに心を読む力も回復したスハだが、ヘソンと別れたくないために事実を隠そうとする。しかしタルジュンの弁護人となったヘソンが彼の娘を捜すのに苦労しているのを見て、スハは全てを告白することになり...
第7話 22歩
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第7話 22歩 自閉症の若者リアムが、降りるバス停を間違えてパニックになり、転んで額にけがをして運び込まれる。ショーンの対応でリアムは落ち着くが、黄疸と発熱があったため、検査したところ胆道に瘢痕が見つかる。リアムはじっとしていられないためMRI検査が行えず、診断のためにはリスクを伴う腹腔鏡検査を行わざるを得なくなるが、リアムはやはりパニックを起こしてしまう。
第18話 友情と思い出
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第18話 友情と思い出 ショーンはグラスマンとまた友達になろうとするが、グラスマンが手術不能な脳腫瘍で余命約1年半だと知る。ショーンはその診断を受け入れず、グラスマンにセカンドオピニオンを受けるよう促す。メレンデスは大学生ケイデンを手術するが、手術中に容体が急変。ケイデンの付き添い人を問いただすと、彼はクラブの入会儀式でジェル状洗剤を食べていたことが分かる。
第7話 22歩
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第7話 22歩 自閉症の若者リアムが、降りるバス停を間違えてパニックになり、転んで額にけがをして運び込まれる。ショーンの対応でリアムは落ち着くが、黄疸と発熱があったため、検査したところ胆道に瘢痕が見つかる。リアムはじっとしていられないためMRI検査が行えず、診断のためにはリスクを伴う腹腔鏡検査を行わざるを得なくなるが、リアムはやはりパニックを起こしてしまう。
第18話 友情と思い出
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第18話 友情と思い出 ショーンはグラスマンとまた友達になろうとするが、グラスマンが手術不能な脳腫瘍で余命約1年半だと知る。ショーンはその診断を受け入れず、グラスマンにセカンドオピニオンを受けるよう促す。メレンデスは大学生ケイデンを手術するが、手術中に容体が急変。ケイデンの付き添い人を問いただすと、彼はクラブの入会儀式でジェル状洗剤を食べていたことが分かる。
第25話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第25話 意識が戻ったヒョンスは、記憶喪失になっていた。なんとかヒョンスを逮捕したいユジョンだが、なかなか令状がおりない。1人で食事をしている彼女を見かけたウニョクは、声をかける。
第27話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第27話 ヒョンスに刺され倒れたジウクは、幼い頃の記憶を思い出す。悩むジウクだったが、意を決してボンヒに打ち明ける。一方ウニョクは、倒れたユジョンを心配し、何かと気にかけるが...。
第4話 突然の訪問者
マスターズ・オブ・セックス シーズン1(字幕) 第4話 突然の訪問者 マスターズの性反応の実験は再び病院で行われるようになっていた。実験を終えたバージニアが夜遅く家に帰ると、家主から追い出された元夫のジョージが転がり込んでいた。彼はバージニアをベッドに誘い一晩泊まると、ヘンリーとテッサの面倒を見るから居候させてくれとバージニアに申し入れる。子供の誕生を控えたマスターズは、厳しかった父親の苦々しい記憶がよみがえり不安を募らせていた。そこへ母親のエスタブルックスが妻リビーの世話をしにやって来る。
第2話 嘘と皮肉
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第2話 嘘と皮肉 聖ボナベントゥラ病院での勤務初日に5分遅刻をしたショーンは、「遅れたのはバスであって自分ではない」と言う。メレンデスは、善しあしの区別がつかないショーンに単調な仕事を担当させる。その後、ショーンは外来患者を診るが、耳の感染症の患者に頭部MRI検査を行うなど診断方法が度を越していた。そして、腹痛を訴える少女に詳しい検査を行おうとするショーンを止めたメレンデスは、ストレス性の腹痛だと判断する。
第3話 ひとつの命
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第3話 ひとつの命 肝不全のチャックのために、サンフランシスコの病院へ移植用の肝臓を取りに行ったショーンとクレア。摘出から移植までの許容時間は8時間だが、肝臓は2人が到着したとき、すでに摘出から3時間が経過していた。濃霧のためヘリコプターが飛べず、救急車も出払っており、ショーンとクレアはパトカーに乗って聖ボナベントゥラ病院を目指す。しかし、肝臓に血栓があると分かって、急きょ路上で手術することにする。
第4話 眠れぬ夜に
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第4話 眠れぬ夜に 胎児の腫瘍摘出が必要と診断された妊娠22週のバーバラは、抗リン脂質症候群で血栓ができやすく長時間の手術に耐えられないため、メレンデスは中絶を勧める。だが、ショーンとクレアがリスクの少ない方法を提案しメレンデスは手術を行う。しかし、術中にバーバラが冠不全を起こし、子宮を開く前に手術は中止となってしまう。再手術は不可能で、中絶をしない限り母子ともに死に至ると判断したメレンデスは...。
第5話 偽りの希望
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第5話 偽りの希望 アナフィラキシーショックで救急搬送された患者ウィルクスは、腹部に激痛があり、CTスキャンで膵臓に病変が見つかる。ジャレッドが生検のため検体を採取していたとき、ウィルクスは再びアナフィラキシーショックを起こしてしまう。一方ショーンは、亡くなった弟スティーヴにそっくりの少年エヴァンに遭遇する。エヴァンは転んで腕を骨折し入院していたが、ショーンはエヴァンの眼振に気付き、CTスキャンで検査をする。
第6話 決断と結果
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第6話 決断と結果 ショーン、クレア、ジャレッドがERで深夜勤務中、結婚式の送迎バスの横転事故で、20人以上の負傷者が運び込まれる。激しく大腿骨を損傷していたマルコを担当したショーンは、足を切断するしかないと判断するが、クレアの発案で3Dプリンターを使いチタンの大腿骨を作ることに。しかし、前例がないため、マルコの両親はリスクを案じて切断を選ぶ。今回の式でマルコの妻になるはずだったソニアは、大腿骨の交換を主張する。
第8話 過ちとリンゴ
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第8話 過ちとリンゴ ショーンの部屋を訪れたリアが、ショーンのリンゴを食べてしまったため、ショーンはスーパーへリンゴを買いに行く。すると、そこで強盗に遭遇してしまった上、強盗の指示通り財布を出さなかったために逆上した強盗が発砲。居合わせたカップルの女性エイヴリーが腹部に被弾してしまう。聖ボナベントゥラ病院に搬送されたエイヴリーだが、カップルの男性ブランドンは、エイヴリーが撃たれたのはショーンのせいだと言い放つ。
第9話 心音のリズム
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第9話 心音のリズム 聖ボナベントゥラ病院の人道的な国際支援プログラムの対象に、重度の先天性心疾患があるガブリエルが選ばれる。オペは不可能だとメレンデスは判断していたが、アオキが彼を選んだのだ。循環器内科のメータはガブリエルを救えるのではと期待したが、心エコー検査で想像より容体が悪いことが分かる。一方アンドリュースは、がんの疑いのあるエリザベスの喉の結節を切除して生検に出すが、その検体が行方不明になってしまう。
第10話 勇気と犠牲
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第10話 勇気と犠牲 プロゲーマーのVIP、ボビーの肘の靭帯再建をジャレッドとショーンが手伝う。手術は無事終了するが、MRI検査で腫瘍が見つかった。3年前にがんを患っていたボビーだが、肘の手術とは無関係と黙っていたのだった。さらに詳しく調べると脳幹に転移が見られ、腫瘍を摘出するには脳幹の一部を切除しなければならない状態と判明。術後に左半身不随などの障害が生じる危険性を伴うが、ボビーはこの手術を承諾する。
第11話 思い出の作り方
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第11話 思い出の作り方 グラスマンはショーンを捜しに来るが、ショーンはリアの部屋に隠れてやり過ごす。リアは、動揺しているときは大事な決断をせずにひと休みすべきだと言って病欠の連絡をするよう促すが、ショーンは無断欠勤してしまう。そんな彼をリアはドライブ旅行に連れ出し、ハッピーに生きることを教えていく。一方、メレンデスは頭部結合双生児のジェニーとケイティの腎移植手術をする。手術は成功したものの、ジェニーが心不全になり...。
第12話 思い出の紡ぎ方
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第12話 思い出の紡ぎ方 分離手術後、目を覚ましたジェニーはバイタルが安定し会話もできる。だがケイティは覚醒せず昏睡状態になり、脳にほとんど血流がないことが判明。メレンデスたちは昏睡状態のケイティの心臓をジェニーに移植するのが最善だと考え、姉妹の母親グレンダはジェニーを救うためにケイティの人工呼吸器を外すことに同意するが...。一方、ショーンは、リアを追ってペンシルベニア州に移るためにメレンデスに推薦状を依頼する。
第13話 7つの理由
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第13話 7つの理由 くも膜下出血のため、男性が聖ボナベントゥラ病院に運び込まれた。男性の妻テッサによれば6年前に倒れて以来薬を飲んでいたという。リムが執刀して手術は無事に終わるが、術後の画像検査で脳に動脈瘤が見つかる。意識のない夫に代わり、動脈瘤を切除しなければ死ぬが、手術で脳に損傷が生じて重度の麻痺になる可能性もあると説明を受けたテッサ。彼女は、夫が「不自由な体で生きたくない」と明言していたと手術を拒否する。
第14話 彼女たち
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第14話 彼女たち ショーンとジャレッドはリムの下で、腹痛を訴えるクインを診る。クインは一見、少女に見えたがトランスジェンダーだった。検査でクインは精巣がんと判明。また、第二次性徴遮断薬の服用で骨減少にもなっていた。18歳になったら性別適合手術を受けるつもりだったと言うクインに両親も賛成するが、クインの祖母ルースは反対する。しかし、結論が出る前にクインが睾丸捻転を起こして、両親は急きょ決断を迫られる。
第15話 親愛なる誰かへ
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第15話 親愛なる誰かへ ショーンとモーガンは、生まれつき心臓が胸郭の外にある10代の少女スピリットを担当する。彼女は成長して胸郭が大きくなり手術が可能になるまで14年待ち、ようやくオペの日を迎えるが、直前になって心臓が大きくなりすぎて収まらないことが分かる。一方、警官を15年やってから医者になった45歳のアレックス・パクが、メレンデスのチームに加わることに。アレックスはクレアたちと肝移植を受ける少年を担当する。