「記憶 第 1 話」の検索結果

今すぐ視聴する

第6話
アラン使道伝 第6話 役所に忍び込みアランを刺し連れ去ったのはジュワルだった。ジュワルは、ある女性の指示を受けてアランを連れ去っていた。一方、ウノは、アランを助けた山にあった小屋で母のかんざしを発見し、小屋の近くにある不審な穴に気付く。
第8話
アラン使道伝 第8話 崖から転落し洞窟で一晩を明かしたウノとアラン。翌朝トルセが二人を見つけるが、救出中にロープが切れ、アランは崖下の川へ転落してしまう。役所に戻ったウノは、アランが心配で捜しに行くが、見つからない。
第9話
アラン使道伝 第9話 チェ大監が山の穴を勝手に埋めたため、ウノは使道としてチェ大監を役所に呼び出す。2人ははじめて対面するが、チェ大監はウノのことを「庶出」だと見下すばかり。その夜、悩んでいるウノを心配したアランは、気分転換にと真夜中の花見に誘う。
第19話
アラン使道伝 第19話 アランは体を渡すかわりに叶える願いとして、ウノの母をウノへ戻すことをホンリョンに約束してもらい、アランの体をホンリョンへ渡す準備をしていいた。そこへジュワル、死神、ウノがあらわれ、ホンリョンは一時的に力が弱まり、アランは救われる。
第195話 究極合体!ペッシェの本気
BLEACH 第195話 究極合体!ペッシェの本気 ネリエルが記憶を取り戻し、ノイトラとの戦いに身を投じているのを察したネリエルの従属官(フラシオン)、「ペッシェ」と「ドンドチャッカ」。ネリエルの元へと向かうため、ふたりはその真の力を発揮する。それは虚夜宮(ラス・ノーチェス)を去ったあとも、記憶を失っていたネリエルを護るために続けていた鍛錬の成果だった。そして、ザエルアポロに良いように弄ばれていた石田と恋次をも救い出した。かつてとはまったく違うその姿に驚くザエルアポロに、ふたりの合体技が炸裂する!
第7話 目の前の姉に...
イルジメ〔一枝梅〕 第7話 目の前の姉に... ヨンは妓生たちから姉の情報を聞き出そうとするが、春画売りの現場を押さえられ牢獄行きに。偶然にも同じ牢獄にはシフの告発で捕まったヨニがいたが、互いに気づかない。一方、ヨニがイ・ウォノの娘で弟ギョムを捜していたと知るピョン・シク。ウォノを暗殺した人物からギョム捜しを命じられ、ヨニに弟の居場所を吐かせようとするが、ヨンが弟と気づいたヨニは口を割らない。釈放されたヨンは同じ牢獄にいた官婢が姉と知り驚く。さらに処刑されると聞き...。
第8話 イルジメ誕生!
イルジメ〔一枝梅〕 第8話 イルジメ誕生! 父と姉を殺した人物を捜し出そうとするヨンは、捕卒になるためと嘘をつきセドルから盗みの技を教わる。そして夜な夜な官吏の屋敷に忍び込み、父を斬った剣に刻まれていた文様を手がかりに“仇”を捜す。ある晩、戸曹判書の屋敷から剣らしき物を盗み出すが、中に入っていたのは著名な画伯が描いた絵でヨンは捨ててしまう。だが、その絵を拾ったデシクが盗難容疑で連行。ヨンは王に再捜査を直訴するが、結局デシクが犯人とされる。そして処刑の日...。
第45話
凍える華 第45話 意識が戻り記憶が回復するも、セビョルの死を知り絶望の淵に落とされたナヨン。ペクドに乗り込もうとしたところをフィギョンに呼び止められる。ドヒに間違われたまま退院したナヨンは、記憶障害を装いペク家で生活を始めるが...。
第1話 魔王候補と第三の選択
無料
トリニティセブン 第1話 魔王候補と第三の選択 高校生・春日アラタは、けしからんオッパイの美少女に生命を狙われる。生命を救う代わりに記憶を消すという魔道士リリスにアラタは、生命も記憶も奪わせない第三の選択をする。しかし、行き着いた魔道学園の男風呂には、なぜか、全裸の美少女が?
第3回 敗・北
SSSS.GRIDMAN 第3回 敗・北 憂鬱な雨の日、1時間目をサボった六花は公園で1人の少年と出会う。いくつか言葉を交わすが少年は何処かへ消えてしまう。その頃、裕太に怪獣の正体について話す内海は1つの恐れを指摘する。そこへ突然怪獣が現れる。グリッドマンに変身した裕太は、言葉を話すその怪獣を前にして動きを止めてしまう。
第2話 私がここにいるために
グランベルム 第2話 私がここにいるために 一夜明け、満月は新月のアパートで目を覚ます。自宅に帰った満月は新月から魔術師の事や、“グランベルム”の事について話を聞く。新月は戦う意思が無いという満月の記憶を消そうとするが、うまく術が成功しない。半ば諦め気味の新月に、満月は改めて“グランベルム”について尋ねたのだった...。
第15話 封じられた真相
無料
イルジメ〔一枝梅〕 第15話 封じられた真相 不正に富を蓄える官吏の家に忍び込み、盗んだものを民衆に届けるイルジメ。町ではイルジメ人気が高まる一方、義禁府はイルジメを捕らえようと躍起になるばかり。そんな中、ウォノの息子が生きているという情報を得たキム・イッキはヨンに会おうとしていた。父の死の真相が明らかになると思ったヨンだったが、仁祖の命令によりキムは暗殺されてしまう。さらに清の勅使チョンは町の若者達を捕らえ、イルジメをおびき寄せる作戦に出る。
第13話 幼い命のために
無料
イルジメ〔一枝梅〕 第13話 幼い命のために 武術の修行を終えたヨンはコンガルから刃のない剣を渡される。人を殺すためではなく助けるために剣を使えというコンガルの言葉を胸に町へ戻ったヨン。その頃、町では清の勅使の息子チョン・チホンが酒を飲んで馬を乗り回し、八百屋の娘ヤンスンをひき殺すという事件が起きていた。ポンスンら民衆は使臣館に逃げ込んだチホンに抗議し座り込みを開始。これを暴力で押さえ込もうとする義禁府のやり方を目にし、ヨンは密かにある準備を始める。
第18話 復讐を前に
イルジメ〔一枝梅〕 第18話 復讐を前に ピョン・シクを犯人だと思い込んだイルジメは、ウンチェを人質にし父の死の真相を問い詰めるが、殺害を命じたのは殺されたイ・ギョンソプだと聞き愕然とする。復讐を断念しイルジメを葬ることを決意するヨン。一方、ポンスンもイルジメの正体を知ることに。宮殿では清へ支援兵を送るため志願兵を募るが、ヨンの親友デシクも志願。彼らの危険を察したヨンは再びイルジメとして立ち上がる。だがイルジメとウンチェが恋仲と知ったサチョンも動き出し...
第1話 忍び寄る影
無料
イルジメ〔一枝梅〕 第1話 忍び寄る影 颯爽と宝を盗み、去っていく義賊イルジメ― 時は13年前に遡る。王の功臣イ・ウォノは息子ギョムと漢陽(ハニャン=今のソウル)へ。そこで、泥棒の濡れ衣を着せられていた少年チャドルを、ギョムの洞察力が救う。一方チャドルの義父・コソ泥セドルは、息子のためにコソ泥をやめようと改心した。そんなセドルにある仕事が舞い込む。チャドルのためお金が必要だったセドルはイ・ウォノの命に関わる仕事だとは知らず引き受ける。しかしこのことによってチャドルは権力者ピョン・シクの家に養子に出され、“シフ”という名前になり、セドルと離れ離れに...!
第17話 最期の言葉
イルジメ〔一枝梅〕 第17話 最期の言葉 ヨンを助けようとイルジメに扮して捕まったセドルは、ひどい拷問を受け瀕死の状態に。シフに背負われタンの元に戻るが、そんな時でも二人の息子たちを案じていた...。ヨンはセドルが忍び込んだ屋敷に侵入するが、主人はすでに殺されていた。さらに次の標的の邸宅に忍び込むが、義禁府の役人に追われ、ついにシフに刺され重傷を負う。イルジメの格好で戻ってきたヨンを目にしたタンは、シフからヨンを守るため二人が兄弟だと明かしてしまう...
第12話
アラン使道伝 第12話 以前ウノが骨の墓の近くで見つけた護符が、チェ大監家にあるものと同じことから、ウノはチェ大監の家に見張りを付けることにする。壁を通り抜けられ姿を見られることもない幽霊は見張り役に適任ということで、アランの提案で見張りは幽霊たちが行うことに。
第13話
アラン使道伝 第13話 ウノは自分の気持ちをアランに伝えるが、アランはウノとは違う気持ちだと言う。ウノはアランの気持ちを尊重し、天上へ帰れるよう協力する約束をする。翌日、巫女から護符の秘密を知らされたウノとアランは、チェ大監になぜ護符が必要なのか不思議に思い、チェ大監家に向かう。
第10話 昼の顔・夜の顔
イルジメ〔一枝梅〕 第10話 昼の顔・夜の顔 幼い頃に出会った少年が持っていた帯飾りを拾って以来、持ち主を捜していたポンスンだが、それがヨンのものと知り驚く。そのヨンは天友会の歓送会に変装して潜入。“黄金のカエル”を盗み出すが、ふと父が天友会に所属していたことを思い出し、“仇”は会の一員だと確信する。そしてウォノの命日。いまだ法事を行い続けているタンをセドルは切なく見つめていた。一方、ヨンはシワンに連れられピョン・シクの屋敷に行くが、そこで天友会の名簿を発見。父の名が「謀反を図り自決」として抹消されていることを知り、怒りに震える。
第12話 ジェニファー
被告人 第12話 ジェニファー 一人の女性がソノを訪ねて来た。ヨニの親友と同時にソノとも親密な仲だった彼女は、ソノの様子が違っていることに疑いを抱き、ある仕掛けを試すのだが...。一方、記憶が戻り、ハヨンが生きていることを確証したジョンウは、ミノがハヨンを殺しにかかることを恐れて上告を放棄し、刑務所を抜け出す計画を練り始める。
第4話 人助け
無料
華麗なる遺産 第4話 人助け 露天で餃子を売りながらウヌを捜し始めたウンソン。ひょんな事から怪我をして一時的に記憶を失ったおばあさんを介抱することに。このおばあさんこそ、ファンの祖母でチンソンソルロンタンの経営者であるスクチャだった。 スクチャはウンソンがお金を大切にする姿を見て昔の自分の姿を思い出し、記憶が甦る。そして部下に連絡して「数日休む」とだけ伝える。 一方ジュンセはウンソンの力になろうとしたアドバイスで、逆にウンソンを怒らせてしまい...
第5話 「十二時(リミット)」
無料
とある魔術の禁書目録 第5話 「十二時(リミット)」 一〇万三〇〇〇冊もの魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の一五%しか脳を使えないインデックス。完全記憶能力を持つがゆえに、その記憶をきっかり一年周期で消さなければ、彼女は死んでしまう。その事実を知らされた上条の元に、神裂から連絡が入る。タイムリミットは午前0時。それを過ぎてしまえば、インデックスは死んでしまう。その前に別れを済ましておくように、と。高熱と激痛にうなされるインデックスを前に、何とか記憶を消さずにすむ方法を探る上条。その努力もむなしく、彼の前にステイルと神裂が現れる。はたして、上条にインデックスを救う術はあるのか──。
第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」
無料
とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完全記憶能力によって脳が圧迫されるせいでも、一〇万三〇〇〇冊の魔道書を記憶しているせいでもなかった。わずかな違和感から、上条はその事実にたどり着き、教会の手により、インデックスの脳のほとんどを使用して仕掛けられていた「何か」を、右手の「幻想殺し(イマジンブレイカー)」で破壊する。それと同時に発動する「聖ジョージの聖域」。インデックスの脳に収められた魔道書を狙うものたちを排除すべく、次々と術式が展開される。ステイルと神裂の助けを借りて、上条の右手は、神の作った幻想をぶち壊すことができるのか――。
第14話
太陽を抱く月 第14話 ウォルは、王族を誘惑した罪で西活人署(ファリンソ)行きを命じられる。陽明君(ヤンミョングン)は王室の名誉を失墜させたと禁足令に処せられる。王妃と大王大妃(テワンテビ)は隠月閣(ウノルカク)からの泣き声に苦しめられる。大王大妃は観象監(クァンサンガム)の教授に相談を持ちかけ、ウォルに隠月閣の怨霊を受け止めさせよと命じる。ウォルの身柄は観象監の者に引き渡され、王宮にて隠月閣の霊を慰めるように言われる。皆既日食の儀式が行われ、フォンはヨヌの死が呪術によるものだという推論に至る。同じ時刻、ウォルは記憶がよみがえり、自分がヨヌであると知る。
第4話 指紋
被告人 第4話 指紋 相変わらず記憶が戻らないジョンウに、同房の囚人たちは気を遣ってくれる。特に年下のソンギュは兄のように慕っている。現場検証の映像に疑問を持ったウネは、担当検事ジュニョクを訪ねる。ジュニョクはジョンウの友人だが、死刑を求刑していた。刑務所長の元を訪れていたミノは、ペンの芯を持ったジョンウに襲われる。
第6話 ライバル
被告人 第6話 ライバル 親友でありライバルでもあったジュニョクは、ジョンウの記憶喪失さえ信じられない。懲罰房の落書が自分で書いたものだと思い出したジョンウは、わざと暴れて懲罰房へ入れられるが、落書の部屋には前に逮捕したシン・チョルシクが収監されていた。ミノの元に“先端恐怖症”と書かれた書類が届き、ミノは激しく動揺する。
Episode 24 心をひとつに
テニスの王子様 OVA 全国大会篇 Final Episode 24 心をひとつに ついに青学ゴールデンペアとしての中学最後の試合が訪れた。相手は全国屈指のダブルスペア丸井・ジャッカル。関東大会で桃城・海堂はパワーリストを外させることが出来なかったが、大石・菊丸は最初の1ゲームを奪取しついに彼らのパワーリストを外させた。本気になった立海最強ダブルスペア。大石と菊丸は「ダブルスの無限の可能性」を見せることが出来るのか?!一方、軽井沢で記憶を失ったリョーマは…
第三話 神器ロストヴェイン
七つの大罪 戒めの復活 第三話 神器ロストヴェイン ギーラとジールから記憶を奪ったのは、感情を理解する心を欲するゴウセルだった。記憶をもてあそぶような行為を許せないディアンヌは、神器を手にするゴウセルとぶつかることに。そこへメリオダス、マーリンも駆けつけ、ついにゴウセルの正体が明らかになる……!
第8話 魔術師になるということ
グランベルム 第8話 魔術師になるということ 水晶と戦う満月と九音は、水晶の不気味な雰囲気に押され、苦戦するも切り抜ける。新月の家で目を覚ました満月は、寧々からのメッセージに気づき、家を訪ねる。昨夜の戦いを振り返るも、寧々からアンナについての記憶が消えてしまっていた。違和感を覚えた新月たちは急いでフーゴ家に向かうのだが...。
第9話 解離法《スカイ・ウォーク》
ノーゲーム・ノーライフ 第9話 解離法《スカイ・ウォーク》 白が目を覚ますと空は消えていた。まるで最初から存在していなかったかのように、白のスマホの連絡先からも、ステフやジブリールの記憶からも消え去ってしまった空。確かに空は存在したはずなのに、状況の全てがそれを否定していた。取り乱す白を見て、ジブリールは白が勝負に負け、偽の記憶を植え付けられてしまったのではないかと疑う。