「記憶 第 1 話」の検索結果

今すぐ視聴する

第10話
本当に良い時代 第10話 ドンソクの事務官が事故に遭い、ケガを負ってしまう。それは、オ・チスの仕業だった...。そんな中、復讐計画が失敗の危機に瀕したヘウォンはドンソクの元を訪ねて昔のように付き合いたいと言う。一方、初めて父親の役割を果たすドンヒはスーツを着て、花束まで持って学校に向かうが、そこに電話一本の電話が入り...。
第11話
太陽を抱く月 第11話 フォンはウォルの過去について質問を浴びせるが、ウォルは、自分は別人だと涙ながらに訴える。ノギョンは営みの日に備えるため、厄受け巫女の代わりに合歓の札を入れるよう大王大妃(テワンテビ)に頼み込む。フォンはヨヌの最後の手紙に疑問を感じ、ヨヌの死について調べ始める。そんな中、元尚膳(サンソン)の家を訪ねた帰りに、町で偶然ウォルと会う。チャンシルがウォルを呼び出したと知り、陽明君は期待に胸を膨らませてウォルを待っていたが、フォンと一緒にいるウォルを見かけ愕然とする。
第12話
太陽を抱く月 第12話 王妃は厄受け巫女がヨヌと似ていると聞き不安を覚え、王の寝殿に向かう。その日から務めることになった合歓の札を見て、ヨヌとは似ても似つかない顔だと内心ホッとする。フォンは別の巫女が来たことに怒り、ウォルを呼びつけて勝手に去るなと命じる。フォンは元尚膳(サンソン)が自殺したと聞き、ホン・ギュテにヨヌの死の秘密を内密の捜査を命じる。王妃は父親と組んで営みを成就させようとフォンに圧力をかける。フォンは体調を理由に営みを拒否しようとするが、ウォルが巻き添えになることを案じて仕方なく王妃の寝殿に向かう。
第13話
太陽を抱く月 第13話 フォンは胸に激痛を覚えて王妃の前で倒れてしまう。ウォルは王に呪いをかけたという罪で捕らえられる。ユン・デヒョンはこの機会にフォンを押さえ込もうとして、ウォルに嘘の証言を強要するが、ウォルはそれを拒む。ウォルが激しい拷問を受けていた時、陽明君(ヤンミョングン)が現れてウォルの無実を証明する。フォンは陽明君が介入したと知り、王族の名誉を理由にウォルとは関わるなと警告する。陽明君はフォンの真意を誤解して、欲しい物を何一つ手に入れられない自分の境遇を恨むのだが...
第41話
本当に良い時代 第41話 ドンソクの家にやってきたヘウォンは、結婚式の日取りの話しになった時、ソシムに事故の事を謝罪しようとする。テソプはその様子を見ていて何とか話をやめさせようと目くばせする。豚足店で働きながら祖父の介護までするヘウォンの頑張る姿にドンソクは心が痛む。一方、テソプに傷つけられるヨンチュンを見てドンヒは一緒に家を出ることを提案する。
第12話 夜明け Beautiful Dream
無料
「東京喰種トーキョーグール:re」 第12話 夜明け Beautiful Dream ノロを相手に次々と仲間が倒されてゆく中、踏みとどまって戦う不知。その姿を目にし、必死で立ち上がる瓜江。ふたりの渾身の攻撃がノロを捉える。一方、月山の窮地に駆けつけ、怒涛の攻撃を仕掛けるカナエだったが、“カネキ”の記憶を取り戻し始めた琲世の反撃に瀕死の重傷を負う。そこに“隻眼の梟(せきがんのフクロウ)”と呼ばれる半喰種、エトが現れ悪意を振りまく。最後の力を振り絞るカナエだが……。そして、琲世がついに、“カネキ”として完全に覚醒し――。
第9話 亡霊 play
無料
「東京喰種トーキョーグール:re」 第9話 亡霊 play ホリチエから琲世の写真を見せられた月山は、“金木研”が生きていたことを知り喜々として会いに行く。だが“カネキ”としての記憶を失った琲世には、月山のことがわからない。そんな中、[CCG]准特等捜査官キジマ式が、ロゼの一件で捕らえた月山家の使用人、ユウマの拷問映像をSNS上に流す。それは月山家はもちろん、[CCG]内部でも反発がおきるほどショッキングなものだった。月山は何とかしてユウマを救い出そうと、捜査官である琲世に協力を頼もうと考えるが……。
第3話 インフルエンザ
無料
はたらく細胞 第3話 インフルエンザ 体内で増殖したインフルエンザウイルスの偵察に向かったナイーブT細胞。だが一度も敵と戦ったことがないナイーブT細胞は敵に怯えるばかりで、まったく役に立たない。そしてついには白血球(好中球)や先輩であるキラーT細胞が戦う中、戦場から逃げ出してしまう。自分を責めるナイーブT細胞。そんな彼を見かけた樹状細胞が優しく声をかけて……。
第13話 世界で唯一のふたりのために
グランベルム 第13話 世界で唯一のふたりのために 遂に2人になった“グランベルム”。2人の騎体は、限界を超え激突するが、戦いの衝撃に耐え切れず、その機能を停止してしまう2騎。 生身となった新月と水晶は尚も戦いを続行するが、次第に新月は追い詰められてしまう。絶体絶命の新月の前に現れたのは、消滅したはずの満月だった...。
第11話
キルミー・ヒールミー 第11話 息子のジュンピョの病室にセギが侵入したと知ったテイムは、内密に2人の行方を捜すよう部下たちに告げる。一方、自分の意思で主治医の仕事に戻ることを決めたリジン。自分とドヒョンのどちらかを選べと強要するセギに対し、互いの長所を尊重しながら共存することを提案する。セギはリジンに、ドヒョンらしく振る舞うことを約束して出社するが...。
第10話 もの思う人形
グランベルム 第10話 もの思う人形 満月は新月の「友達が欲しい」という願いを叶えるために“マギアコナトス”が創りだした人形だった。水晶にいい様に翻弄され、まともに戦えない二人に九音は、この場から離れるように告げる。水晶に猛攻を仕掛ける九音だが、一瞬の隙をついて水晶が反撃をしかけるのだった...。
第二十一話
猟奇的な彼女 第二十一話 ウォルミョンに狙われた鬼仮面を助けたキョン・ウは、怪我を負い意識を失う。そしてその間に、失われていた10年前の記憶が蘇り、自らの勘違いで元王妃を廃位へ追い込んだことを思い出す。ヘミョンは負傷したキョン・ウを心配するが、キョン・ウの母から息子と関わらないで欲しいと突き放される。一方捕まったウォルミョンは黙秘を貫いていたが、チョン・ギジュンはある策を練っていた。
第10話
キルミー・ヒールミー 第10話 ドヒョンの寝室で目覚めたセギは、リジンがドヒョンと一緒にいたことに腹を立てる。別人格たちが平和に共存するための仲介役をしているのだと説明するリジンだったが、セギは聞く耳を持たない。一方、リジンをドヒョンの秘書だと思っているファランは、リジンを呼び出してドヒョンの様子を聞きだそうとするが...。
第13話
キルミー・ヒールミー 第13話 テイムによって副社長を解雇されたドヒョンは、自分が多重人格になった原因を調べ始める。テイムの家で地下室に行ったリジンは、突然めまいがして倒れてしまう。一方、再び悪夢を見始めたリジンを心配するリオンは、ドヒョンを呼び出してリジンに深入りしないよう警告しに行くが、なぜかヨナと対面するはめに。
第14話
キルミー・ヒールミー 第14話 ヨナの姿のまま気絶して、リジンの実家で目覚めたドヒョン。戸籍上の母であるミン・ソヨンの写真が庭に落ちているのを見つける。また、リジンの母のスニョンからリジンが子供の頃のアルバムを見せてもらうが、リジンの写真を見たドヒョンはなぜか既視感に襲われる。再び子供時代を思い出したドヒョンは、少女の別人格であるナナと会うことになるが...。
第5話 絶望の果て
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第5話 絶望の果て スインは懲役2年の刑を言い渡される。彼女が送られた韓国女子刑務所の10房にはボンニョ、プングム、ミオとその息子のクァンテンがいた。打ちひしがれ、生きる気力を失うスイン...。ウソクは差出人不明の手紙を受け取る。幼い頃の記憶がない彼は、手紙に書かれていたとおり春川の希望保育院で過去の手がかりを見つけようとする。難癖をつけられ、ヨンオクとケンカになったスインらは、刑務所長の命令で製パン技術を学ぶことになり...。
第10話 黄色ブドウ球菌
はたらく細胞 第10話 黄色ブドウ球菌 細菌に襲われる赤血球!そんな赤血球のピンチを救ったのは、ガスマスクに防護服をまとったような見た目をした「単球」だった。この単球もまた白血球の一種の免疫細胞だという。気を取り直して鼻腔へと酸素を届けに向かった赤血球だったが、またしても細菌に遭遇してしまう。細菌の名は「黄色ブドウ球菌」。この黄色ブドウ球菌は皮膚や毛穴などにいる常在菌だが、今回は何やら免疫細胞に敗けない秘策があるというが……!?
第13話 出血性ショック(後編)
はたらく細胞 第13話 出血性ショック(後編) 「生命に関わるレベルのダメージを確認!」この緊急事態を受け、現場付近に急行した白血球(好中球)。だが、そこには守るべき血球たちの姿はなかった……!大量出血により、すでにおびただしい数の血球たちが、傷口の外へと飛ばされてしまっていたのだ。今もなお続く出血――過酷さが増す状況下だが、この世界を守るため、仲間たちを救うため、赤血球は後輩赤血球とともに酸素を運び続ける。終わりゆく世界、細胞たちを待ち受ける運命は――!?
第4話 風水師リンフェンフェン
グランベルム 第4話 風水師リンフェンフェン 満月が体験する2度目の“グランベルム”。それぞれの想いが交錯し、戦いが激しくなる中で、寧々のアルマノクス「ジーグァンロン」が行動を開始する。遠距離攻撃を得意とする「ジーグァンロン」に苦戦する満月たち。そんな中、とある騎体が寧々たちに迫っていた...。
第6話 魔石
グランベルム 第6話 魔石 寧々の過去を垣間見た満月は、“グランベルム”で戦うということの意味を知ると同時に、その謎も深まり戸惑う。それぞれが戦う理由を知った満月。 一方アンナは、フーゴ家に伝わる強力な魔石「フーゴの魔石」を持ち出そうとする。そんなアンナを見限ってか、水晶はフーゴ家を後にするのだった...。
第9話 ノクターン、染め上げて
グランベルム 第9話 ノクターン、染め上げて 寧々は魔力の異常な計測値について調べるうちに、その中心に満月がいることを突き止める。一方、九音は姉の四翠の事を考えていたところ、寝ているはずの姉からメッセージが届く。呼び出し場所に向かうと、そこにいたのは、姉に呪いをかけた張本人の水晶だった...。
第二十話
猟奇的な彼女 第二十話 大臣達の屋敷に「因果応報」と書かれた矢文が届いていた。大臣達はそれを隠していたが、キョン・ウは鬼仮面が彼らの過去を知っているのではないかと推察する。そんな中、過去の密通騒ぎはねつ造であるという内容の落とし文が新たに撒かれる。チョン・ギジュンは、チュソン大君側の唯一の生き残りであり現在は手下のウォルミョンに釘を刺す。そしてキョン・ウは自らの記憶に違和感を感じ始める。
第15話 奇策
被告人 第15話 奇策 チョルシクに腹を刺させて、ミノに濡れ衣を着せ、自分は外の病院に搬送されるという驚きの方法で脱獄を試みたジョンウ。ミノの指示でチャミョンの病院に連れて行かれるが、そこには肺炎にかかったハヨンも連れて来られていたのだった。ミノの追っ手が迫る中、必死にハヨンを守っていたのは他ならぬソンギュだった。
第16話 外科医
被告人 第16話 外科医 眠るハヨンを抱えて病院を抜け出したジョンウとソンギュだったが、ジョンウはミノの追っ手に捕まってしまう。手術もしないまま刑務所に戻されたジョンウは、精神科医のソナと同房ミリャンの助けで一命を取り留める。本格的に脱獄計画を始めたジョンウとチョルシク、それに同房のムンチも加わり、3人は脱獄準備を着々と進めていく。
第17話 間一髪
被告人 第17話 間一髪 ジョンウが脱獄の予行を試みた夜、刑務所内でタバコの取引があることを知った所長が、房内検査を命令する。間一髪のところで部屋に戻るジョンウ。ソノとミノの母は会社を訪ね、旅行中のミノに連絡を取ってほしいとせがむ。取り繕うチャ代表に、ソノはどこにいるのかと迫る。騒ぎたてる母に何も言えないまま病院に送り返すミノ。
第18話 大脱走
被告人 第18話 大脱走 ジュニョクはチャ代表がミノだと感づき本人を呼び出すが、弱いところを突かれてしまう。ついに脱獄決行の日がやってきた。予定どおりジョンウ、チョルシク、ムンチの3人は動き出す。サイレンの音が鳴り響き、辺り一帯は騒然とする中、垂れ下がったロープを発見し銃を向ける保安課長の前に立ちはだかったのは、テスだった...。
第19話 嘘発見器
被告人 第19話 嘘発見器 チャミョンの不正を暴くため、検察が動き出した。内部資料をリークしたのは他でもない、ヨニだった。取り調べを受けるミノは嘘発見器で「チャ・ソノさん」との問いかけに、大幅に針が揺れてしまう。ジョンウはハヨンを捜し始めるが、あと一歩のところで逃し、ハヨンを連れて逃げるソンギュは、ミノの手下に刺されてしまうのだった...。
第21話 悲願の再会
被告人 第21話 悲願の再会 ジョンウはミノを拘束し取引を始める。指定場所に向かったテスとウネは、無事にハヨンを保護し、ジョンウは愛娘と悲願の再会を果たす。ハヨンを連れて検察庁に現れたジョンウは、マスコミの前で無実を明かすために自首すると告げる。取り調べで、真犯人は誰かと聞かれたジョンウは、ジュニョクが知っていると答えるのだった。
第23話 最善の方法
被告人 第23話 最善の方法 ミノは会社の不正資料を持って父を訪ねるが、口論のうち、突然胸の痛みで倒れた父を振り切って部屋を出てしまう。すべての罪を父になすりつけ、不起訴となったミノは、会長の座を引き継ぐことになる。一方、検事として復職を果たしたジョンウは、ミノ、そしてジュニョクに対し、1つずつ全て捜査していくことを誓う。
第3話
キルミー・ヒールミー 第3話 人質に取られたリジンを助けるために別人格のセギを呼び出すはずが、元船員で爆弾好きの中年男フェリー・パクを出現させてしまったドヒョン。秘書であるアン室長の制止を振り切って、リジンのいる倉庫へ向かう。以前と様子の違うドヒョンを見て驚くリジンだったが、別人格が現れる瞬間を目にすることに。一方、叔従父でスンジン建設社長のヨンピョは、会長に閉会を促すが...。