「記憶 第 1 話」の検索結果

今すぐ視聴する

第11話 熱中症
はたらく細胞 第11話 熱中症 うだるような暑さに包まれた体内世界。発汗してもうまく体温冷却できない。異常な血流増加、上がり続ける体温……そう、体内世界は「熱中症」になっていた!この隙につけこんで好き勝手暴れ回るセレウス菌。頼みの白血球(好中球)も暑さのためヘロヘロになって本来の力が出せない……!この温暖化し続ける世界に、何か打つ手はないのか!?
第8話 血液循環
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……
第9話 胸腺細胞
はたらく細胞 第9話 胸腺細胞 訓練の最中、部下をヘルパーT細胞の部屋に投げ込んでしまったキラーT細胞。正反対なタイプの2人は言い争いを始める。今では立場が違う2人だが、樹状細胞によると、実は「胸腺学校」の同期だという。しかも昔の彼らは今とは全く違うキャラだった!わずか2~3%しか生き残れないという胸腺学校での地獄の特訓を耐え抜く中で、二人の間に芽生えたものとは……!?
第13話 世界で唯一のふたりのために
グランベルム 第13話 世界で唯一のふたりのために 遂に2人になった“グランベルム”。2人の騎体は、限界を超え激突するが、戦いの衝撃に耐え切れず、その機能を停止してしまう2騎。 生身となった新月と水晶は尚も戦いを続行するが、次第に新月は追い詰められてしまう。絶体絶命の新月の前に現れたのは、消滅したはずの満月だった...。
第12話 夜明け Beautiful Dream
「東京喰種トーキョーグール:re」 第12話 夜明け Beautiful Dream ノロを相手に次々と仲間が倒されてゆく中、踏みとどまって戦う不知。その姿を目にし、必死で立ち上がる瓜江。ふたりの渾身の攻撃がノロを捉える。一方、月山の窮地に駆けつけ、怒涛の攻撃を仕掛けるカナエだったが、“カネキ”の記憶を取り戻し始めた琲世の反撃に瀕死の重傷を負う。そこに“隻眼の梟(せきがんのフクロウ)”と呼ばれる半喰種、エトが現れ悪意を振りまく。最後の力を振り絞るカナエだが……。そして、琲世がついに、“カネキ”として完全に覚醒し――。
第10話 もの思う人形
グランベルム 第10話 もの思う人形 満月は新月の「友達が欲しい」という願いを叶えるために“マギアコナトス”が創りだした人形だった。水晶にいい様に翻弄され、まともに戦えない二人に九音は、この場から離れるように告げる。水晶に猛攻を仕掛ける九音だが、一瞬の隙をついて水晶が反撃をしかけるのだった...。
第10話
本当に良い時代 第10話 ドンソクの事務官が事故に遭い、ケガを負ってしまう。それは、オ・チスの仕業だった...。そんな中、復讐計画が失敗の危機に瀕したヘウォンはドンソクの元を訪ねて昔のように付き合いたいと言う。一方、初めて父親の役割を果たすドンヒはスーツを着て、花束まで持って学校に向かうが、そこに電話一本の電話が入り...。
第41話
本当に良い時代 第41話 ドンソクの家にやってきたヘウォンは、結婚式の日取りの話しになった時、ソシムに事故の事を謝罪しようとする。テソプはその様子を見ていて何とか話をやめさせようと目くばせする。豚足店で働きながら祖父の介護までするヘウォンの頑張る姿にドンソクは心が痛む。一方、テソプに傷つけられるヨンチュンを見てドンヒは一緒に家を出ることを提案する。
Episode07 入学編Ⅶ
魔法科高校の劣等生 Episode07 入学編Ⅶ 紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そうとする。敵のアジトに向かう達也に、深雪、エリカ、レオ、十文字、そして紗耶香を利用されたことに憤る桐原まで同行するという。達也の指揮の下、アジトに乗り込む 一同。そこには武装したブランシュのメンバーとそのリーダー・司一が待ち構えていた。
第9話 亡霊 play
「東京喰種トーキョーグール:re」 第9話 亡霊 play ホリチエから琲世の写真を見せられた月山は、“金木研”が生きていたことを知り喜々として会いに行く。だが“カネキ”としての記憶を失った琲世には、月山のことがわからない。そんな中、[CCG]准特等捜査官キジマ式が、ロゼの一件で捕らえた月山家の使用人、ユウマの拷問映像をSNS上に流す。それは月山家はもちろん、[CCG]内部でも反発がおきるほどショッキングなものだった。月山は何とかしてユウマを救い出そうと、捜査官である琲世に協力を頼もうと考えるが……。
第4話 風水師リンフェンフェン
グランベルム 第4話 風水師リンフェンフェン 満月が体験する2度目の“グランベルム”。それぞれの想いが交錯し、戦いが激しくなる中で、寧々のアルマノクス「ジーグァンロン」が行動を開始する。遠距離攻撃を得意とする「ジーグァンロン」に苦戦する満月たち。そんな中、とある騎体が寧々たちに迫っていた...。
第6話 魔石
グランベルム 第6話 魔石 寧々の過去を垣間見た満月は、“グランベルム”で戦うということの意味を知ると同時に、その謎も深まり戸惑う。それぞれが戦う理由を知った満月。 一方アンナは、フーゴ家に伝わる強力な魔石「フーゴの魔石」を持ち出そうとする。そんなアンナを見限ってか、水晶はフーゴ家を後にするのだった...。
第9話 ノクターン、染め上げて
グランベルム 第9話 ノクターン、染め上げて 寧々は魔力の異常な計測値について調べるうちに、その中心に満月がいることを突き止める。一方、九音は姉の四翠の事を考えていたところ、寝ているはずの姉からメッセージが届く。呼び出し場所に向かうと、そこにいたのは、姉に呪いをかけた張本人の水晶だった...。
第25話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第25話 意識が戻ったヒョンスは、記憶喪失になっていた。なんとかヒョンスを逮捕したいユジョンだが、なかなか令状がおりない。1人で食事をしている彼女を見かけたウニョクは、声をかける。
第155話 ルキア反撃!決死の鬼道を放て
BLEACH 第155話 ルキア反撃!決死の鬼道を放て 皆に敬愛された海燕が、ルキアに対し「“自分を見逃す代わりに仲間を差し出せ”などと言うわけがない!」。 激怒したルキアはこの海燕が偽者であると確信。自らの技の限りを尽くして攻撃する。しかし、その攻撃はことごとくかわされる。「自分は本物の海燕なのだからお前の戦い方は全て熟知している」と言われるも、抵抗の意思を見せるルキア。それに対してついに敵は斬魄刀を解放する。それは本物の海燕が使っていた斬魄刀「捩花(ねじばな)」だった。記憶の中にある海燕の技と全く同じ攻撃を受けてルキアはますます混乱する。
第160話 遺言、心は此処に…
BLEACH 第160話 遺言、心は此処に… アーロニーロは、死んだホロウを喰らってその能力と霊圧を自分のものにする能力を持っていた。その力で、海燕と融合したまま死んだホロウの霊体を喰らい、その記憶と能力を我が物にしていたのだ。海燕が死の間際にその体をホロウから奪い返したのだと信じていたルキアは、その事実にショックを受け、正体を明かしたアーロニーロは自分の斬魄刀を解放してルキアに襲い掛かかる。しかし、ルキアにはもはや、その攻撃をかわす気力は残っていなかった――。 アーロニーロの攻撃に貫かれたルキアの脳裏には、海燕と過ごした過去が浮かんでくる――。
第167話 決着の時、グリムジョーの最期
BLEACH 第167話 決着の時、グリムジョーの最期 一護の渾身の一撃を受けたグリムジョー。しかし、崩れ落ちそうになるグリムジョーが、斬月を掴んで強引に立ち上がる。その脳裏にただのアジューカスだった頃の記憶がよぎる。魂の渇きが極端に強いホロウが同属のホロウを求め、あげくギリアンになってもその行動を繰り返し、ついにはアジューカスへと進化する。しかしアジューカスになった者は、退化の恐怖にさらされる。ホロウを喰らい続けなければギリアンへと退化してしまうのだ。同属を襲い続けるグリムジョーは、ある時、あるアジューカスの一団と出会う…。
第27話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第27話 ヒョンスに刺され倒れたジウクは、幼い頃の記憶を思い出す。悩むジウクだったが、意を決してボンヒに打ち明ける。一方ウニョクは、倒れたユジョンを心配し、何かと気にかけるが...。
第62話
本当に良い時代 第62話 ソシムの話を聞き真意を理解した家族は、ソシムの意思を尊重した。離婚騒動から一ヶ月、離婚し家から離れたソシムは、やっと自分だけの人生を生き、文字を覚えるために学校にも通い始める。一方、テソプも申し訳ない気持ちで家を出た。そして、ドンヒはマリを紹介するためにソシムとヨンチュンを訪ねる。
第7話
本当に良い時代 第7話 ヘウォンは父を死なせたオ・チスに復讐するために彼の息子スンフンに電話して今夜は一緒にいたいと誘う。スンフンと一緒にホテルに泊まったヘウォンはオ・チスに見せるために、ホテルのレストランでわざと仲良くしている姿を演出する。一方、ドンソクはペ・テジン事件の調査を最初からやり直すが、そのうちにヘウォンの事件と関連しているという情報を入手する。
第8話
本当に良い時代 第8話 ドンオクはドンタクと一緒にショッピングに出かけるが、そこでミョンスンとへジュに会ってしまう。2人に責められパニックになったドンオクは、店を飛び出してしまい大騒動に。ドンソクもドンオクを探し回るがなかなか見つからない。へウォンの話を聞いたドンソクは、へウォンの家族がどんなにドンオクに対して酷い事をしてきたのかを知ることに...。
第20話 勝利宣言
被告人 第20話 勝利宣言 ソンギュは病院へ運ばれ、ハヨンはミノの別荘に連れて行かれる。ジョンウに電話し、「俺の勝ちだ」と叫ぶミノ。自分の身を守るためジスを刺した刃物を探すジュニョクは、ムナン休憩所を目指す。一方、ハヨンを捜すジョンウとチョルシクもムナン休憩所に立ち寄ることに。ミノは自分の正体を知っていた父に、強い憤りを覚える。
第57話
本当に良い時代 第57話 突然テソプを気遣うようになったソシムの態度を家族はあやしく思う。ソシムの荷物の中から一通の封筒を発見したヘウォンは、中身を見て驚愕する。封筒の中に離婚届が入っていた事をドンソクに打ち明けるヘウォン。ドンソクとへウォンはソシムに真意を問いただすが、ソシムの離婚する決意はかたかった。
第11話
本当に良い時代 第11話 ドンソクはペ・テジン事件のカギを握っているヘウォンを利用するために再びヘウォンに告白し、へウォンと契約恋愛をする事となる。ドンソクはスンフンが見合い相手と揉めているところに偶然出くわし、止めようと間に入るが、スンフンと喧嘩になり警察沙汰になってしまう。ドンソクはスンフンでなければだめなのかと聞くが、ヘウォンはスンフンでないとだめだと答える。
第15話
無料
本当に良い時代 第15話 ドンソクはヘウォンを探すが見つからず、事件のカギを握っているハン部長が目覚めたという連絡をもらう。そこに必死に探していたヘウォンが現れ、そのままキスをする。ドンソクはラジオを聞きながら昔のことを思い出す。家族の復讐のためにヘウォンに駆け落ちしようと言ったが、それがすべてではなかった...。
第2話
本当に良い時代 第2話 ドンソクの弟ドンヒは出所するなり騒ぎを起こしていた。理容室で大暴れしたドンヒを止めに入るチャ・ヘウォン。ヘウォンは借金返済の催促に来て備品を差し押さえようとしたのだが、それをドンヒが壊したため騒動になっていたのだ。ドンヒと争うヘウォンの前にドンソクが現れ、15年ぶりの再会を果たす。
第3話
本当に良い時代 第3話 ドンソクの帰郷を喜ぶ家族だったが、母は嬉しそうではなかった。一方、へウォンの母イ・ミョンスンと姉へジュは多額の借金をし、着飾って顔合わせに臨んでいた。相手が開業医で何とか結婚にこぎつけようとしていたのだ。15年前、駆け落ちしようとしたドンソクとへウォン。しかし、現れたドンソクは、一度も君を好きになったことがないと告げたのだった。
第6話
本当に良い時代 第6話 15年前の駆け落ちはドンソクがヘウォンの母親に復讐したかったからだった。どうすればヘウォンを突き放してくれるのかと尋ねたミョンスンにドンソクは自分の母へ謝罪する事を求めた。ミョンスンが要求を受け入れたことで、ドンソクはヘウォンを家に帰したのだった...。スンフンに付きまとうヘウォン。だがスンフンの父、オ・チスに息子は諦めろと忠告される。
第12話
本当に良い時代 第12話 新しい彼氏を喫茶店で待つジョンア。そこでドンヒはジョンアに向き合い、必死で怒りを押さえながらも家に帰ろうと伝える。しかしジョンアは、今が一番幸せだとそれを拒む。そこにジョンアの彼氏が現れ、ドンヒは悲しみを抱え家へ帰るのだった。一方、ムルと口喧嘩の末、地面に寝転んでお餅を食べていたドンウォンがのどを詰らせ...。
第4話
本当に良い時代 第4話 ドンソクは検察庁に出勤すると早速、先輩検事が担当していた事件を調べ始める。へウォンは理容室をめちゃくちゃにしたドンヒに補償を求め、代償としてドンヒの指輪を預かった。そんな中、ドンソクは祖父のために官舎ではなく、実家で暮らすことに。一方、ヘウォンに会いに行った妹のドンオクがバイク事故に遭ったと連絡が入る。