「記憶 2話」の検索結果

今すぐ視聴する

第2話 悪魔の樹
ソードアート・オンライン アリシゼーション 第2話 悪魔の樹 絶命の危機にあるキリトが目を覚ますと、そこはファンタジーゲームを彷彿とさせる謎の世界の中だった。記憶が曖昧なままログアウトを試すも、現実世界に戻ることはできない。キリトが途方に暮れながら散策していると、やがて巨大な樹の下にたどり着く。そこで一人の少年と出会う。その少年の名は、ユージオといった。キリトはこの世界について話を聞き出そうとするが、ログアウトの方法はわからない。そしてユージオは、かつて自分の幼馴染だったアリスという少女のことについて語りはじめる。
第2話
無料
アラン使道伝 第2話 使道になったウノは、ある日、アランの持っていたかんざしを見てウノの母が持っていたかんざしと同じであることに気付く。アランが記憶を取り戻せば、ウノの母のことも何か手がかりがつかめると思い、ウノはアランの正体捜しを手伝うことにする。
第22話 剣の巨人
ソードアート・オンライン アリシゼーション 第22話 剣の巨人 《セントラル・カセドラル》の最上階。キリトとユージオとアリスは、ついにアドミニストレータの許へたどり着く。しかし、神聖術によって巨大なピエロへと姿を変貌させたチュデルキンが三人に襲い掛かる。アリスは《金木犀の剣》でチュデルキンの放つ炎を防ぎ、その隙にキリトとユージオは連携し斬りかかる。そんな様子を、アドミニストレータはつぶさに観察しながら、キリトたちに問いかける。
第12話 図書室の賢者
ソードアート・オンライン アリシゼーション 第12話 図書室の賢者 キリトとユージオは、地下牢の脱獄に成功するも、アリスの命令により待ち伏せていたエルドリエ・シンセシス・サーティワンに行く手を阻まれる。戦闘状態になる三人。キリトとユージオは先へ進むため、キリトがエルドリエの操る鞭を防ぎ、その間にユージオが撃ち込むという作戦でエルドリエに挑む。しかし、エルドリエの氷の鞭は蛇のようにうごめき、そして分裂して襲い掛かってくる。難敵に苦戦するキリトとユージオ。だが、ふとユージオは、エルドリエの顔に見覚えがあることに気づく。
第2話
キルミー・ヒールミー 第2話 ドヒョンとは180度違う凶暴な別人格のセギ。クラブで偶然リジンと出会い、逃げるリジンを病院まで追いかけてくる。一方、セギでいる間の記憶がないドヒョンは、別人格の出現を制御しつつスンジン財閥の後継者争いに身を投じることを決意する。万全の対策をして役員会議に臨もうとするが...。
第12話
無料
アラン使道伝 第12話 以前ウノが骨の墓の近くで見つけた護符が、チェ大監家にあるものと同じことから、ウノはチェ大監の家に見張りを付けることにする。壁を通り抜けられ姿を見られることもない幽霊は見張り役に適任ということで、アランの提案で見張りは幽霊たちが行うことに。
第12話 記憶のパズル
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第12話 記憶のパズル ウソクはシンファ本社に初出勤する日の朝、足を滑らせスインと唇を重ねてしまう。エンナンにボギョンとの婚約を進められてウンザリするドジンは、アルバイトの面接に来たミオを偶然見かけて追いかける。プングムはウォランにマ家の別荘に誘われて一夜を過ごそうと出かけていく。ベーカリーに面接を受けに行くスインの姿を目にしたウソクはこっそりあとをつける。そんなウソクのもとへ失った記憶に関する3通目の手紙が届き...。
第2話 私がここにいるために
グランベルム 第2話 私がここにいるために 一夜明け、満月は新月のアパートで目を覚ます。自宅に帰った満月は新月から魔術師の事や、“グランベルム”の事について話を聞く。新月は戦う意思が無いという満月の記憶を消そうとするが、うまく術が成功しない。半ば諦め気味の新月に、満月は改めて“グランベルム”について尋ねたのだった...。
第32話 人生はベルトコンベアのように流れる
銀魂 第32話 人生はベルトコンベアのように流れる 銀時が万事屋の解散を宣言し、江戸の町へ消えてから二週間が経った。宇宙船によって大破し、無残な姿を晒す万事屋で、一人籐椅子を揺らしながら酢昆布をむさぼる神楽。迎えに来た新八に対し神楽は、銀時が記憶を取り戻し帰ってくるまで諦めないと告げる。一方その頃、真選組の密偵としてマムシの工場に入り込んだ山崎は、そこで意外な顔を発見した。記憶を失った銀時と近藤だ。生き生きとした表情で勤労に励む銀時は、ジャスタウェイの組み立てスペシャリストとなっていたのだ。しかしジャスタウェイが爆発したことをきっかけに、騒動に巻き込まれてゆく…。
第12話
キルミー・ヒールミー 第12話 記憶の一部を取り戻したドヒョンは、自分の他にもう一人スンジン家に子供がいたことを思い出す。セギの行動の後始末をするためにテイムの元を訪れたドヒョンは、子供の情報についてテイムに尋ねる。ドヒョンの様子を不審に思ったテイムは、スコフィールド医師を訪ねることに。一方、ギジュンとの婚約を目前に控えたチェヨンは、衝動的にドヒョンの家に押しかけるが、リジンと鉢合わせてしまう。
第12話 ぱすてるメモリーズ
ぱすてるメモリーズ 第12話 ぱすてるメモリーズ 摩耶のコントロールを失ったウイルスの暴走によって、街が壊滅してしまったアキハバラ。これ以上の被害を出さないために、アキハバラのお店が協力し、みんなの力を合わせてウイルスに立ち向かうが…。
第22話 進化
ハイキュー!! 第22話 進化 第2セット、コートに戻った影山は、少しずつチームメイトへ意識を向けるようになる。ぎくしゃくしていた月島にも歩み寄りを見せる影山。攻撃に幅が出た烏野は、変人速攻を軸に優位に試合を進めていく。 そんな烏野を前に、及川には中学時代の記憶が去来するのだった――。
第12話 ひと皿の記憶
食戟のソーマ 第12話 ひと皿の記憶 四宮VS恵・創真の「非公式の食戟」開戦!懸けるのは、恵と創真の退学――。四宮の料理に続き、恵の料理の審査が始まる。初めて恵がメインシェフとなって作った料理。それは、四宮の課題「9種の野菜のテリーヌ」を意識した、7種の野菜の層による「虹のテリーヌ」だった!
第2話 「法の書(ほうのしょ)」
無料
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第2話 「法の書(ほうのしょ)」 暗号で書かれた魔道書『法の書』と、それを解読できる修道女が、天草式十字凄教によって拉致される。元・天草式の教皇(プリエステス)である神裂と連絡が取れない事態に、魔道書の持ち主であるローマ正教との衝突を危惧するイギリス清教。ことが起こる前に事件を解決するため、学園都市にステイルを派遣する。 一方、秋のイベント攻勢に向けて盛り上がる学園都市。各学校では、最初に開催される能力使用全面解禁の学校対抗運動会--大覇星祭に向けて、着々と準備が行われていた。そんな折、上条の元にインデックスがさらわれたという知らせが舞い込む。犯人の要求通り、学園都市の外にある廃劇場にひとりで向かった上条は……。
第12話 「天文台(ベルヴェデーレ)」
無料
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第12話 「天文台(ベルヴェデーレ)」 かろうじてオリアナの襲撃を退けた土御門。しかし、吹寄に続いて、姫神までがオリアナの手にかかり、重傷を負ってしまう。一般人を巻き込むことも辞さない彼女たちのやり方に、強い怒りを覚える上条。しかしそれは、オリアナにとっても想定外の事故だった。二度と過ちを犯さぬため、『使徒十字』で学園都市を支配する--その目的を果たすべく、再び動き出すオリアナ。一方、上条は彼女のあとを追いながら、その行動の不自然さに思い当たる。イギリス清教の報告から『使徒十字』の使用には星座が関わっていると推測されたが、決定打に欠けるまま、上条はオリアナを追いつづける。その頃、彼女の足跡を追っていた土御門が、あることに気付き……。
第22話 「天罰術式(てんばつじゅつしき)」
無料
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話 「天罰術式(てんばつじゅつしき)」 打ち止め(ラストオーダー)を救うため、『ベクトル操作』の通じない相手--木原との絶望的な戦いに挑む一方通行(アクセラレータ)。チョーカーの電池切れで能力はおろか、まともに立つことすらできないはずの彼は、それでも木原に食らいつき……。虚数学区・五行機関展開のため、犠牲にさせられた「ともだち」--風斬氷華を助けるため、『神の右席』前方のヴェントに立ちはだかる上条。彼は、風斬自身も戦っている事実を感じ、なお拳を握りしめる。そして、風斬を元に戻すべく、全ての知識を動員して解決を図るインデックス。「核」のもとにたどり着いた彼女は、打ち止めも、風斬も、そして学園都市をも救おうと、己の本分たる祈りを捧げる--。
第2話 すり傷
無料
はたらく細胞 第2話 すり傷 穏やかな日常を過ごしていた赤血球の目の前で、突如として「すり傷」が発生した。傷口から侵入する細菌やウイルスと戦うため、白血球(好中球)は現場に駆けつけるが、黄色ブドウ球菌をはじめとした敵に苦戦する。果たして白血球(好中球)たちは、体内を守ることが出来るのか。
第12話 出血性ショック(前編)
はたらく細胞 第12話 出血性ショック(前編) なんと新人赤血球の教育係をすることになった赤血球!先輩らしいトコを見せなきゃ!と気を引き締める彼女だが、道を間違えてしまったり、他の細胞に怒られたり、なかなか上手く行かず……。そんな中、体内世界を揺るがす大きな事件が発生する。
第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA
ゾンビランドサガ 第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA 【第12話】 《さくら》の記憶が戻らない。 まったく「持っとらん」「持っとらん」とうらめしかやつだ。 だが、ここで諦める巽幸太郎ではない。 自分を信じろ。 俺は必ずアルピノのステージに『フランシュシュ』を立たせる。 そこからがプロジェクトの本当の始まり。 『ゾンビィランドサガ・プロジェクト』の始まりなのだ。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第12話 きっと運命じゃないんだ
運命のように君を愛してる 第12話 きっと運命じゃないんだ 発病を恐れたゴンは、記憶が戻っていることを隠したままミヨンに別れを告げる。ミヨンはそれを受け入れるが、別れ際に交通事故に遭い、ケットンを失ってしまう。深い悲しみの中にいるミヨンに、ダニエルは異国での新たなスタートを提案する。
第22話 結婚とは勘違いを一生涯し続けることだ
銀魂 第22話 結婚とは勘違いを一生涯し続けることだ ある朝のこと。いつも通り万事屋へと出勤した新八は、銀時を叩き起こそうとして信じられないものを見た。銀時の部屋のふすまを開けると、そこには布団の上で絡み合う銀時とくノ一の格好をした女の姿が…! 酒を飲んで昨夜の記憶がない銀時に、さっちゃんと名乗る女は納豆をこねながら、二人が夫婦の契りを交わしたと告げる。かくして、さっちゃんは押しかけ女房として万事屋に居座ることとなった。銀時の受難の日々が始まったかと思われたが、さっちゃん宛ての一本の電話が事態を急変させる…。
第12話 マギアコナトス
グランベルム 第12話 マギアコナトス 満月の想いを胸に最後の戦いに臨む新月。魔術師に足る者などいないと証明するために戦う水晶と、この世から魔術を無くすために戦う新月と満月。 激しさを増す戦闘の中で新月は、水晶に捕まってしまう。満月が必死に助けようとするも、新月は水晶の放ったビームに飲み込まれてしまうのだった...。
episode12 Knockin' on heaven's door
Angel Beats! episode12 Knockin' on heaven's door 増え続ける無数の影を天使が全力で殲滅していく中、音無・日向・直井も戦う事を決意する。 影のあまりの多さに一瞬怯んだ彼等であったが、野田・大山・TK・藤巻・松下五段・椎名といった戦線メンバーの参戦もあり、影との総力戦を繰り広げていくのであった。 一方その頃、ゆりは、NPCを影に変え自分達に襲い掛からせている神様気取りの何者かを突き止めるため、ギルド深くを目指し歩を進めていた。 そして、なんとかオールドギルドまで辿り着いたゆりであったが、突如襲いかかってきた影に飲み込まれてしまうのであった…。
episode2 Guild
Angel Beats! episode2 Guild 死んだ世界戦線のメンバーが天使との戦闘時に使用する武器や弾薬を作る組織・ギルド。 弾薬が尽きそうだという連絡を受けたゆりは、学園の地下深くに存在するギルドへの降下作戦を決行する。 そして、ギルドへ歩を進めようとする戦線メンバー達であったが、解除したはずの対天使用即死トラップが彼等に襲いかかる。 トラップ再発動の理由を、天使が現れたからだと気付いたゆりは、天使より先にギルドへ辿り着く為に進軍を判断する。 だが、到る処に仕掛けられたその強力なトラップに巻き込まれ、ひとり、またひとりと、犠牲者が出てしまう事態へと陥ってしまう…。
第2話 牛鍋は湯気にかすむロマン
明治東亰恋伽 第2話 牛鍋は湯気にかすむロマン 鹿鳴館で警官の藤田五郎から不審者扱いされた芽衣を、「僕の大事なフィアンセ」だと言い抱き寄せる鴎外。そのまま行き場のない芽衣を連れ帰り、記憶が戻るまでの間、屋敷にいて構わないと言う。鴎外の優しく甘い言葉に翻弄される芽衣。一方、同じ居候で美術学生の春草は、迷惑そうな様子で態度もつれないが……
第12話 ストロベリームーンに抱かれて
明治東亰恋伽 第12話 ストロベリームーンに抱かれて 芽衣は失っていた現代の記憶を取り戻す。お化けの声が聞こえることで孤立してしまったこと、傷つくことを恐れて様々なことから耳をふさいでいたこと……。すべてを思い出した芽衣の心に、ある感情が芽生え始める。そして、約束の満月の夜がやってくる――
第2話
本当に良い時代 第2話 ドンソクの弟ドンヒは出所するなり騒ぎを起こしていた。理容室で大暴れしたドンヒを止めに入るチャ・ヘウォン。ヘウォンは借金返済の催促に来て備品を差し押さえようとしたのだが、それをドンヒが壊したため騒動になっていたのだ。ドンヒと争うヘウォンの前にドンソクが現れ、15年ぶりの再会を果たす。
第22話
本当に良い時代 第22話 ヘウォンはオ・チスに、自分に何が足りなくて結婚できないのかとまくし立てる。オ・チスは激怒しヘウォンに水をかけ、その様子をドンソクが目撃していた。ヘウォンはドンソクの姿を見て驚き、思わずその場を後にする。一方、ドンヒはドンジュとドンウォンを連れて海に行き、本当の父親について話すが、それを聞いた二人は泣き出す。
第32話
本当に良い時代 第32話 事件が解決し、ドンソクは改めてヘウォンにプロポーズする。しかし、ヘウォンは自転車事故の原因は自分の父親にあり、それを知りながら自分なんかと結婚するのかとプロポーズを受け入れようとしなかった。一方、ミン・ウジンはキム・マリと一緒にドンヒを呼び出して、ドンオクと付き合いたいから承諾してくれとお願いする。
第62話
本当に良い時代 第62話 ソシムの話を聞き真意を理解した家族は、ソシムの意思を尊重した。離婚騒動から一ヶ月、離婚し家から離れたソシムは、やっと自分だけの人生を生き、文字を覚えるために学校にも通い始める。一方、テソプも申し訳ない気持ちで家を出た。そして、ドンヒはマリを紹介するためにソシムとヨンチュンを訪ねる。