「読み方」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#479 読み聞かせだゾ
クレヨンしんちゃん #479 読み聞かせだゾ サトーココノカドーで、母親が買物中、子供達に本の読み聞かせをするサービスが始まる。早速みさえ達は、しんのすけ達を預けるが、読み聞かせにやって来た人は、暗~いお姉さんだった。
FILE 02:赤いQRコードの呪い
あれほど逃げろと言ったのに… FILE 02:赤いQRコードの呪い 【FILE 02】 <隣のカップル> 漫画喫茶でライブ配信をしていると、隣からカップルの喧嘩が。のぞいてみると… <赤いQRコード> 赤いQRコードは絶対に読み取ってはいけない。読み取ると… <パルクール> 廃墟でパルクールの下見をしていると… <日常生活> とある男の日常。しかし真相は…
第16Q やろーか
黒子のバスケ 第1期 第16Q やろーか 青峰が会場に到着しない中、桐皇と誠凛の試合が始まった。青峰抜きでも主将の今吉を中心に、各メンバーの個人技で全国レベルの強さを見せつける桐皇だが、誠凛もチームプレイで対抗する。しかし桐皇マネージャーの桃井による、圧倒的な情報収集力と、現状のみならず成長性まで読み切った分析力により、はじめて見せる連携プレイですら阻止されてしまう。本領を発揮させないまま誠凛を封じ込めようとする桃井…。だが実は予測不可能な黒子の動きだけは読み切れないのだった!
#44『データ送受信の限界を変えた!大容量かつシンプル...QRコードの秘密とは』デンソーウェーブ:原 昌宏
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #44『データ送受信の限界を変えた!大容量かつシンプル...QRコードの秘密とは』デンソーウェーブ:原 昌宏 四角い模様を読み取るだけで、連絡先の交換から飛行機の搭乗手続き、さらにキャッシュレス決済などなど、様々な情報をスピーディーにやり取りできる...それが、1994年に誕生した「QRコード」です。 開発のきっかけは、生産現場からあがった不満の声。当時の商品管理で主流だったバーコードは、盛り込める情報量が少ないため、ひとつの商品に10ものコードが必要でした。たった一つでより多くの情報をやり取りできる、新たな形式のコードが求められたのです。 しかし、盛り込める情報量を増やせば、コードの構造は複雑になり、読み取りが困難になってしまう...。新たなコード開発には、数え切れない苦労があったといいます。 今や日常生活のあらゆる場面で使われているQRコード。その生みの親の原さんに、開発成功のカギとなった“あるモノ”、そして誕生秘話を伺いました。 【提供】日産自動車
第六章 『会合』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第六章 『会合』 ルッツをオットーに紹介することになったマイン。だが、それはただの会合ではなく、見習い先を紹介してもらうという意味を持っていた。身なりを整え、緊張しつつ会合に臨むマインとルッツ。そんな二人の前に、オットーとベンノが現れる。オットーの旅商人時代の知り合いだというベンノは、値踏みするように二人を見、ルッツに商人になって何を売りたいかを聞く。果たして二人の答えは……。
第八章 『ルッツのマイン』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第八章 『ルッツのマイン』 本格的に紙作りの作業が始まった。マインとルッツは作業用の倉庫を借り、必要な道具を揃えていく。さらに二人は森へ行き、木の枝を蒸して紙を作ることに。だが、慣れた様子で紙作りを進めていくマインに、ルッツはさらに違和感を募らせる。紙ができたら話をしたいと言うルッツ。そして最初の紙が完成した時、ルッツはマインに、これまでの疑念をぶつけるのだった。
第九章 『ギルド長の孫娘』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第九章 『ギルド長の孫娘』 ベンノに連れられて商業ギルドへ行ったマインたちは、そこでギルド長に会うことになった。マインが作っているという髪飾りを見て、驚くギルド長。それは、ギルド長の孫娘・フリーダが欲しがり、ずっと探していた髪飾りだったのだ。ギルド長から、フリーダの髪飾りを作るよう依頼されたマインは、フリーダに会いに行くことに。フリーダは、可憐で可愛らしい少女だったのだが……。
第十章 『二度目の冬に向けて』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十章 『二度目の冬に向けて』 すっかりフリーダに気に入られたマイン。フリーダの話から、マインは身食いという病気だったことが分かる。治すためには、多額のお金がかかるらしい。そのことに気づいていたベンノは、商品についてのマインの情報を買ってくれる。さらに髪飾りの注文を受け、新しい商品のアイデアも次々と考えていくマイン。だが、そんな最中にも身食いの熱はマインを蝕んでいき……。
第十四章 『決着』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十四章 『決着』 神殿に呼び出されるマインと両親。交渉次第では、貴族に近い扱いの青色巫女見習いになれるかもしれないと聞き、ギュンターはマインを守る覚悟を決める。そして、交渉の日。神殿長は、マインの両親の貧しい身なりを見たとたん、これまでの温和な態度を一変。両親の言葉には聞く耳をもたず、マインを差し出すよう命じる。断固として断るギュンター。そんなギュンターに神殿長が牙を剥く!
#12:夏休みに観たい・読みたい!弘中アナおすすめの映画と本をご紹介!
ひろなかラジオ #12:夏休みに観たい・読みたい!弘中アナおすすめの映画と本をご紹介! 弘中アナがすすめる!この夏おすすめの本&ムービーをご紹介!インスタ質問箱では、ついつい背伸びしちゃうこと...についてトーク!